スポンサードリンク

お知らせ

2chまとめx3
2chMX
情報屋さん
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2017/01/24(火) 11:59:08.00


西内まりや主演の新月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」初回視聴率は8・5%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000036-sph-ent

続きを見る

1: 2017/01/22(日) 05:40:35.61 _USER9
2017年1月22日 5時10分

 俳優の加瀬亮(42)が17日に都内で行われた映画『沈黙~サイレンス~』のジャパンプレミアで取材に応じ、下積み時代に付き人をしていた浅野忠信(43)とのハリウッド共演を語った。

 遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した本作。江戸時代初期の日本を舞台に、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために来日した宣教師の体験を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを問う歴史大作で、日本から加瀬や浅野、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈らが出演している。

 「スコセッシ監督は学生のときからかなり観ている監督だったので緊張はありましたが、(撮影に)行く前からうれしかった」と語る加瀬だが、浅野との共演については「何度か共演したことがあるんですけど、やっぱり今でも浅野さんの前に立つと、そういう関係になってしまうので、やりにくいはやりにくいですね(笑)」と本音をポロリ。一方、そんな加瀬に対して浅野は「もうそんなことは今後一切、言わせないように教育し直さないといけないな」と師弟関係をのぞかせ、笑いを誘った。

 二人は現在も同じ事務所の先輩後輩で、ジャパンプレミア後には浅野がInstagramやTwitterで加瀬と肩を組んで写るツーショットを公開。今では日本映画界に欠かせない存在となった二人の写真にファンからは歓喜の声が上がっている。(編集部・中山雄一朗)

映画『沈黙~サイレンス~』は公開中


・「やりにくいはやりにくいですね(笑)」
https://img.cinematoday.jp/a/N0089087/_size_560x/_v_1485029400/main



沈黙ジャパンプレミア最高でした! [tadanobu_asano]


続きを見る

1: 2017/01/23(月) 16:22:21.54
1月22日、愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで行われた
「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs六角」公演内で、
出演者が持っていたラケットが客席に飛び、客が流血する事故がありました。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/23/news055.html

続きを見る

1: 2017/01/24(火) 05:04:16.89 _USER9
 TBS系生情報番組「王様のブランチ」(土曜前9・30)の司会が4月から、お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(44)とモデルの佐藤栞里(しおり、26)に代わることが23日、分かった。

 3月いっぱいまで務める俳優の谷原章介(44)とモデルで女優の新川優愛(23)から、バトンを受ける。番組は書籍や映画、グルメなどの最新情報を伝え続けて約20年。4月から放送21年目に入るのを前に、新司会コンビが決まった。渡部は男性司会の3代目、佐藤は女性司会の6代目となる。

 プロデューサーの平賀渉氏は、渡部の起用理由について「グルメはもちろん、音楽やスポーツにも精通し、あらゆる情報を敏感かつ的確に伝えられる」と説明し、「しかも、お笑いのエッセンスを盛り込むことができる」と大きな期待を寄せる。

 佐藤についても「持ち前の素敵な笑顔が老若男女を問わず日本中を魅了し、土曜の朝にひときわ爽やかな潤いを与えてくれると確信しています」とゾッコンだ。

 期待を担う渡部は「歴史ある番組に抜てきいただき、大変光栄。(相方の)児嶋(一哉、44)という足手まといもいないので、精いっぱい頑張りたい」とユーモアを交えて抱負。佐藤は「生放送の司会は初めてなので不安でいっぱい。でも、渡部さんはじめ皆さんのお力を借りて、私自身も思いきり楽しんで、ワクワクできる情報をお届けしたい」と気合が入っている。

サンケイスポーツ 1/24(火) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000502-sanspo-ent

続きを見る

1: 2017/01/23(月) 21:11:26.95 _USER9
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170123-OHT1T50116.html
2017年1月23日20時34分 スポーツ報知

脳リンパ腫のため21日に74歳で亡くなった俳優・松方弘樹(本名・目黒浩樹=めぐろこうじゅ)さんの次男で俳優・仁科克基(34)が23日、お悔やみのコメントを発表した。
仁科は、松方さんにとって2度目の結婚となった仁科亜季子(63)との間に1982年に誕生。松方さんと仁科亜季子は98年に離婚、仁科克基の親権は仁科亜季子が持った。

■以下、コメント全文。

突然の事で、本当で残念で仕方ありません。
15年以上も、会えないままの別れになってしまいました。
最後にもう一度会って、一緒にお酒でも、飲みたかったです。
僕にとって、偉大で、大変尊敬する役者でした。
心からご冥福をお祈り致します。
2017年1月23日
仁科克基

続きを見る

1: 2017/01/23(月) 21:25:38.97 _USER9
「田村は匿名のつもりで、動画を見ながら狩野を追及する記者を批判し、『記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ』とコメントした。ところが、田村のアカウントはTwitterとも連動しており、そのままツイートされてしまった。
すぐに気付いた田村は該当ツイートを削除し、『業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております』と、謝罪したのですが……」(スポーツ紙記者)

 図らずも“芸能界の裏側”に言及してしまったのだ。

■誰もが知ってる芸能事務所の圧力

 田村の意図はわからなくもない。かねてからジャニーズ事務所やバーニングプロダクションなどには“圧力”疑惑が付きまとってきた。

「そのため、ネットユーザーからの称賛に加え、各テレビ局や芸能事務所からも『誰もが思っていたことを言ってくれた』など好意的な声が多く聞かれます」(前出・スポーツ紙記者)

 一部では、田村や所属の吉本興業への“圧力”が懸念されていたというが、22日放送の『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)が普通にオンエアされたことで、ひとまず田村の“安否確認”が行われた。


「大手プロの圧力といえば、今月13日の『フライデー』で不倫が報じられたにも関わらず、テレビで一切触れられていないマギー(24)が所属するレプロエンタテインメントや、EXILE所属のLDHも激しいと言われる。だから田村の発言に共感する関係者が多いんです。
逆に、創業60年以上となる狩野が所属するマセキ芸能社を“弱小”と言ってしまったことの方が大ミスだったので、何にせよ今後はもっと慎重になるべきでしょうが」(芸能プロ関係者)

 今後、田村が各事務所から圧力を掛けられないことを祈るばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/intro/1264434/

続きを見る

1: 2017/01/23(月) 15:22:30.87 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00000026-the_tv-ent

「文春砲」ついにドラマ化 週刊文春のスクープ取材の裏側がドキュメンタリードラマに

動画サービス「niconico」がドキュメンタリー配信企画「ニコニコドキュメンタリー」にて「ニコニコドキュメンタリー総力特集『文春砲』」を開始。

2月4日(土)に、2016年世間を揺るがせた「週刊文春」のスクープの裏側を明らかにした番組「ドキュメンタリードラマ『直撃せよ!~2016年文春砲の裏側~』」を放送することがわかった。

続きを見る

1: 2017/01/23(月) 14:34:29.82 ID:z12o1M1y0
いないすごい
no title.jpg

続きを見る

123456