スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

2019年08月19日 12:12:00 芸能

2 コメント

【悲報】能年玲奈ことのんさん、凸られる

1: 2019/08/18(日) 18:35:48.04
2019.08.18
女優のんさん楽屋前に侵入疑い56歳男逮捕「会いに来た」
https://www.daily.co.jp/society/national/2019/08/18/0012619371.shtml


 女優のんさん(能年玲奈から改名)が出演する舞台の楽屋前に忍び込んだとして、福岡県警春日署は18日、建造物侵入の疑いで、長崎県大村市の無職の男(56)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を認め「のんさんに会いに来た」と供述している。

 逮捕容疑は18日午後0時35分ごろ、舞台「私の恋人」が上演される福岡県大野城市の多目的複合施設「大野城まどかぴあ」に、関係者入り口から侵入した疑い。

 舞台関係者が開演前、楽屋前の通路にいるのを不審に思い、取り押さえて110番した。「自分も出演者」と話していたという。この日の舞台は予定通り上演された。

(おわり)

続きを見る

1: 2019/08/19(月) 05:06:00.45
8/19(月) 5:00 スポニチアネックス
佐藤仁美“ライザップ婚”、5歳下「テニプリ」俳優細貝圭と 12キロ減量で彼のハートに“コミット!”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000002-spnannex-ent

結婚することが分かった佐藤仁美(左)と細貝圭




 女優の佐藤仁美(39)が、俳優の細貝圭(34)と結婚することが18日、分かった。交際約1年でのゴールイン。2人とも誕生日が10月10日で、佐藤が5歳年上。早ければ、佐藤が40歳を迎える今年の誕生日にも婚姻届を提出する予定。

 2人は17年8月に舞台「History of Pops」で共演し、仲良くなった。佐藤は同年10月のツイッターで、一緒に誕生日を祝ったことを明かし「同じ誕生日の細貝圭くん お祝いにきっつーいお酒をもらった」などと紹介。昨年1月にも「細貝圭くんの舞台見に行って来たよ~」とつづっており、その後に本格的な交際がスタートした。

続きを見る

1: 2019/08/18(日) 18:38:26.79
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/18/kiji/20190818s00041000340000c.html
2019年8月18日 16:17

 劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」(監督大塚隆史)の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で開かれ、声優の田中真弓らが出席した。

 同作は17日までの興行で、観客動員数231万人、興行収入30.5億円突破を記録したことが発表された。公開9日間での興行収入30億円突破は、2000年以降の東映歴代最高収入となる68.9億円を記録した2012年公開の「ONE PIECE FILM Z」の公開10日間での突破を超えて、2000年以降、東映史上最速記録となる。

続きを見る

1: 2019/08/18(日) 20:50:06.43

続きを見る

1: 2019/08/18(日) 13:09:33.80
鳥羽一郎御大の歌唱後((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




続きを見る

1: 2019/08/18(日) 14:04:26.03


続きを見る

1: 2019/08/18(日) 14:57:00.39 BE:425021696-2BP(1500)
完全勝利


続きを見る

1: 2019/08/18(日) 06:02:05.58
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00945367-jspa-life

フタを開けてみると…意外な好評の声

 8月に入り、宮迫さん不在のまま通常編集で『アメトーーク!』は放映されるようになりました。
彼がいた席には、助っ人として有吉弘行さん、陣内智則さん、千鳥の二人など、ツッコミ役がこなせる中堅芸人が座り、蛍原さんをサポートしています。

 今まで『スポーツ推薦芸人』『もっと売れたい芸人』などが放映されましたが、不安視もなんのその、つつがなく進行し、SNSなどではむしろ好評の声が多数上がりました。

「宮迫さんのキツイ突っ込みが苦手だったので、安心して見ることができた」

「噛んだり、言い間違えや弱点などをいじる場面がなくなったので、子供にも安心して見せられる」

「若手芸人がのびのびやっているように見える」

 以前から宮迫さんの、若手やいじられ役芸人の失敗に対するキツイ突っ込みが苦手だと言っていた視聴者からは、『嫌な気分をせずに笑うことができる』と、この降板劇をいい方に受け取る人も少なくありません。
宮迫さんのファンだったという視聴者からも「主役はゲストの芸人なので、これはこれでいい」という声もあがっていました。

続きを見る

12345678