スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

1: 2020/05/30(土) 14:16:21.44
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/30/kiji/20200530s00041000233000c.html
2020年5月30日

 女優の高畑充希(28)が29日、自身のインスタグラムを更新。ネット上での誹謗(ひぼう)中傷問題について思いを書き込んだ。

この投稿をInstagramで見る

上には何が見える?     #高畑徒然日記

高畑充希(@mitsuki_takahata)がシェアした投稿 -


続きを見る

1: 2020/05/29(金) 19:22:12.15
ナダル、左前脚骨折で電撃引退 米無敗馬 バファート厩舎大打撃
2020.05.29(Fri)

 デビューから4戦4勝、9月の米G1ケンタッキーダービーの優勝最有力候補だったナダルがカリフォルニア州サンタアニタで調教後に左前脚の骨折が判明し、
電撃引退したと28日(日本時間29日)、ルイビル・クーリエ・ジャーナル(電子版)が伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3141451460ee951a0c5180e7c07fa140ab264e5f

続きを見る

1: 2020/05/30(土) 10:50:58.84

続きを見る

1: 2020/05/29(金) 20:41:59.59
LINEは5月25日、「年代ごとの流行語や認知度」に関する調査結果を発表した。調査は4月にネット上で実施し、15~59歳の男女5250人から回答を得た。

10代に「普段使っている流行語」を聞いたところ、最も多かったのは「それなー」(69.6%)。次いで「詰んだ」(56.4%)、「陽キャ/陰キャ」(55.8%)が続いた。一時期流行した「タピる」は上位にランクインしなかった。

印象的だった流行語 30代「チョベリグ」「激おこぷんぷん丸」

10代の流行語について、親世代(40~50代)はどれほど知っているかを聞いた。「それなー」は半数以上の人が意味を理解できると回答。「じわる」「エモい」「〇〇み」も3割以上の人が知っていると回答した。

世代別に見ると、「詰んだ」「陽キャ/陰キャ」「ぴえん」「尊い」は、各年代で2割以上の人が知っているが、40代以上の年代は知らない人が多い。また、「あっ… (察し) 」「えぐいて」「レベチ」は20代には通じても30代以上には通じない可能性が高いようだ。

以前に流行っていた印象的な流行語を聞くと、10~20代では「卍」「マジ卍」が多く挙がった。また10代では「草」「エモい」が、20代では「KY」「どんだけ」も多く回答された。

30代~40代では「チョベリグ、チョベリバ」が多く挙がり、30代に限定すると「激おこぷんぷん丸」も挙げられ、当時のギャル語が目立った。また40代では「だっちゅーの」を挙げる人も多かった。50代からは「ナウい」の回答が多く見られた。
https://news.careerconnection.jp/?p=94380

続きを見る

1: 2020/05/28(木) 07:25:08.85 ID:RpODCvQC0
これはガチ、実際に声帯と身長の関係は科学的に証明されてる

チビのカス共は歌が下手だったらまじでてめえらに取りえねえぞ

続きを見る

1: 2020/05/28(木) 01:24:29.17
番組の再現VTRによると、女性は学生時代の失恋から「もっと痩せていたら」と思い、食への関心が高まったという。特に日本の伝統的な食文化にのめり込み、「体に良い食べ物しか食べない」という考えに。そこからタンパク質やミネラルといった栄養が豊富な白米ばかりを食べるようになったと紹介された。

だがその後、体重が30キロ台に減るなど体調に異変が。坂道で足が上がらなくなる、夜に激しい胸の痛みに襲われるといった症状が生じる。病院で診てもらったところ、「摂食障害」と診断されたという。

そのことについて番組は、「特にビタミンB1が足りなかったと思われる」と紹介。続けて、「これが不足すると食欲不振や倦怠感、神経に症状が出るので手足が動かしにくくなることがあり…最悪は心不全で死に至ることも」と説明した。

女性が体調を崩したのは、あたかも“ビタミンB1不足が原因”だと視聴者の多くが受け取るような番組づくり――。しかし、事実は異なるようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/406d8c05683c9d551ff11541648b533fff4f2753

続きを見る

1: 2020/05/29(金) 22:12:13.04
「そんな中、注目を浴びているのが“あえてSNSをしない”芸能人の存在です。
女優の新垣結衣は雑誌の企画で雑誌のインスタライブに登場した際に、ファンからの『インスタ始めないのですか?』という声に、『映える毎日を送ってないんですよ、本当に。
見せたいものがない』とハッキリ断っています。また、北川景子もバラエティ番組に出演した際に、『(自分の写真に)ブタ鼻や、うさぎの耳を(加工して)つけたりしているのを見ると、
何とも言えない気持ちになる』と、加工アプリを使った投稿をバッサリ切り捨てていますね。もちろん、そんな理由もあるのでしょうが、SNSは上手に利用すればファンとの距離を縮めることができ、
プロモーションにも有効に活用できますが、ちょっとでも“うかつな発言”をすると、大炎上のきっかけになりかねません。割り切って最初から手を出さないというのは賢明と言えるでしょうね」(ITジャーナリスト)

 女優の綾瀬はるかはSNSをやらない理由として、“やり方がわからない”“面倒くさい”“必要がない”の3つを挙げている。

 そもそも人気のある芸能人はそもそもSNSなど必要ないのかもしれないが、芸能人に限らず、毎度自分の発言にビクビクして投稿を続けるくらいなら、いっそ思い切ってやめてみるというのも大いにアリなのかもしれない。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-150378/

続きを見る

1: 2020/05/29(金) 20:54:03.92
木村さんの死をきっかけに社会問題にまで発展した“テラハ騒動”の真相はとは。2012年に同番組に出演していた「ちゃんもも◎」(出演時の名前は竹内桃子)が取材に応じた。


――亡くなった木村さんと親交はありましたか?

いえ、お話したこともお会いしたこともありません。この度は、木村花さんがご逝去されたことについて、お悔やみ申し上げます。またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。彼女がご逝去されたことをネットニュースで知りました。大変驚きましたが、木村さんの気持ちを想像することはできました。

――「想像」というのは?

テラスハウスではメンバー間のけんかやもめごとが起きた場合、謝罪するなどの、その後のストーリーを必ず放送します。謝罪じゃなくても、「なぜあんなことをしたのか」について語るシーンなどが流されるんです。

――その後のストーリーを番組側が出演者に指示して撮影するのですか?

ネット上では「やらせ疑惑」が報道されていますが、少なくとも私が出演していた「テラスハウス」にやらせは一切ありませんでした。メンバーも番組を視聴するので、自分の良くないシーンが放送されたら「挽回したい」「謝りたい」という気持ちが生まれます。
だから、木村さんにも「その後」が必ずあったと思います。それが放送されていれば、彼女に対する視聴者のイメージは180度変わっていた可能性もあります。

――一部報道では、「関係者」や「現役スタッフ」らが製作側の演出や指示があったことを語っています。

今までの出演者全員が「やらせはない」って知っていると思います。でもそれを声に出すのって結構勇気がいることなんです。
私はまだ芸能界にいますが、すでに引退した人も少なくない。そういう人たちは守ってくれる事務所もないので、不愉快だとしても発信することは難しいと思います。

――制作側から「指示」を受けた経験は一度もありませんか?

あくまでも「テレビ番組」なので、そもそも姿が映っていないと成り立ちません。だからカメラワークについて「この場所で」とかそういう指示を受けたことはあります。
でも台本はありませんし、演出としての指示を受けたことは一度もありません。

――木村さんへは「いなくなれ」や「*ね」など度重なる誹謗中傷があったそうです。

そうしたことがあると、テラハメンバーで助け合うのが常でした。メンバー間で話し合って、「気にしないようにしよう」とか、お互いを慰め合っていました。木村さんの場合はコロナで収録が止まり、それができず、自宅で一人で受け止めてしまったんだと思います。
また、本業のプロレスができなかったことも大きいと思います。自分を好きでいてくれるファンの前と接すると傷ついた心は回復していくものです。彼女はその機会もコロナによって奪われてしまった。

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/7541f2d03660676a661b47dd78091e5701275e5c?page=1

続きを見る

123456789