スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

ドラマ・番組

1: 2017/06/19(月) 23:24:04.40
日テレ「バトルシップ」放送中止…事故を連想

日本テレビは19日、23日午後9時から予定していた映画「バトルシップ」の放送を中止すると発表した。
米国の軍艦がエイリアンとの戦闘で沈没する場面などが、静岡県・伊豆半島沖で起きた米海軍イージス駆逐艦の衝突事故を連想させるためという。
ttp://www.yomiuri.co.jp/culture/20170619-OYT1T50095.html?from=ytop_main8


なお代わりの映画は30日放送予定だった「ダーク・シャドウ」が前倒しで放送される模様
ttps://kinro.jointv.jp/


続きを見る

1: 2017/06/22(木) 12:05:29.63 ID:cuGm0tr80
デコの説はガチで最低だわ

続きを見る

1: 2017/06/21(水) 21:50:57.53 _USER9
6月15日放送の『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)で富山県の独特な県民性が紹介された。
番組によると富山県は20代で家を建てる人が多いようで、他県の人に衝撃を与えている。

 以前の放送で、柴田理恵(58)が「富山県民の男は30代前で家の一軒ぐらい建てないと男として認められない」と発言。
それを受け、この日の放送では富山県を取材し、本当に20代で一軒家を建てているのかが検証された。

 街頭インタビューしてみると、20代の夫婦が「まさに今、建てている」と答え、「友達が20代で3000万円の家を買った」と明かす若者も。
番組で紹介された全国の住宅データでは、富山県の「持ち家比率」は昭和28年から55年間連続で全国1位を独走。
平成20年のデータでは2位になったが、平成25年に再び1位へ返り咲いている。

 番組に登場した経済研究所員によると、江戸時代の富山藩は小さな国で、水害もたびたびあったため、財政は豊かではなかったという。
そのため、人々の間ではもしものときに備え、家と土地を財産として持っておくという慣習が根づいたのだとか。

 この富山の県民性に視聴者はビックリ。「20代で3000万円以上の家建てるなんて……富山県民すごすぎるだろ」
「確かにおばあちゃん家のまわり、オシャレな家ばっかだったなぁ」「“20代で結婚して家建てる”ってワードに震える」
「富山県民の人のお嫁にいきたい!」「同じ男として富山県の若者尊敬する」とネットには驚きのコメントが相次いだ。

https://taishu.jp/detail/28254/

続きを見る

1: 2017/06/21(水) 09:16:55.73 _USER9


 女優の波瑠(25)が主演を務めたTBS「あなたのことはそれほど」(火曜後10・00)の最終回(第10話)が20日に15分拡大で放送され、平均視聴率は14・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。自己最高で有終の美を飾った。

 初回=11・1%と2桁発進したものの、第2話=9・0%、第3話=9・5%、第4話=9・9%、第5話=9・8%と1桁台で推移。それでも第6話=11・5%と初回の数字を超えると、第7話=12・4%、第8話=13・5%と右肩上がりで推移し、3週連続で自己最高を更新。第9話はサッカー日本代表のW杯アジア最終予選「日本―イラク」が裏番組にあり、10・1%。

 「潔く柔く」など多くのヒット作を持つ漫画家・いくえみ綾さんの同名コミックが原作。波瑠と東出昌大(29)、仲里依紗(27)と鈴木伸之(24)演じる2組の夫婦をめぐる不倫を軸にしたラブストーリー。波瑠演じるヒロインの“ゲス不倫”ぶりがSNS上で炎上し、反響を呼んだ。妻の嫉妬を疑う夫に扮した東出の猟奇的な演技が「冬彦さんの再来」「まるで21世紀の冬彦さん」と話題を集めたほか、不倫夫を追い詰める仲の演技も注目された。

 最終回は、美都(波瑠)は妊娠していなかったことを涼太(東出)に告げるが、淡白な返事に拍子抜け。有島(鈴木伸之)は、子供と共に実家へ戻った麗華(仲里依紗)を追って電話をかけるが、冷たく突き放される。その中、有島の元に涼太から電話。有島は今までの行いを涼太に謝罪するが、冷静に詰め寄られた揚げ句、逆に麗華との現状を笑われる。一方、涼太は香子(大政絢)に離婚届の証人として署名押印を頼んでいた。ある事に気付いた香子は、初めて涼太の狂気に触れる。そして、離婚届を役所に送るという涼太のメッセージを受け取った美都は「最後に一度だけ」と久々に夫婦で夕食を楽しむ…という展開だった。

2017年6月21日 09:03
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/21/kiji/20170621s
00041000091000c.html

続きを見る

1: 2017/06/18(日) 14:27:39.22 _USER9
6月9日発売の週刊誌「フライデー」にて17歳女性との飲酒及び*行が報じられ、無期限活動休止処分となった俳優の小出恵介の出演映画やドラマが続々と放送自粛となっている。

 そんななか、08年に放送されたドラマ「ROOKIES」(TBS系)がにわかに注目を集めている。同作には小出を含め何人ものイケメン俳優が出演しているが、放送後に何らかのトラブルに巻き込まれた例が少なくないというのだ。

「山本裕典は今年3月に所属事務所から契約を解除され、芸能界から引退状態に。高岡蒼甫はフジテレビの韓流路線を批判したことで事務所を解雇され、さらに昨年1月には路上で男性を殴って逮捕されています。チョイ役で出演した遠藤要は今年2月、法律違反の賭博報道で謹慎処分に。『ウルトラマンメビウス』で主役も務めた五十嵐隼士は、詳細は不明ながらすでに芸能界を引退しています」(芸能記者)

 また中尾明慶は、本人はなんら問題を起こしていないものの、7月配信予定だった主演ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(Netflix)がお蔵入りの危機に。理由は小出とのダブル主演作だからというのだから、とんだもらい事故だ。

 ドラマに加えて映画版も大ヒットした「ROOKIES」だが、立て続けに引き起こされるアクシデントから、一部では“呪われた作品”とも言われている。オリジナルメンバーによる共演はもう二度と見ることはできない。

2017年6月18日 10時15分 アサジョ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13218432/


続きを見る

1: 2017/06/17(土) 17:47:18.20 _USER9
凋落の一途を辿るフジテレビだが、今年も“安定して”転げ落ちている。

(略)

もはや、呪われているとしか思えないが、実際に霊能者が局内を霊視するとヤバイことになっているらしい。
制作会社関係者が絶対匿名を条件に明かした。

「今から数年ほど前のことです。あるテレビ番組の企画で、霊能者をゲスト出演させたことがあったんです。
するとその方が局に入るなり『うわ~、これは本当にすごいね』と驚いていたんですよ。
聞けば、悪意を持った霊がいっぱいうごめいているというんです。特にヒドイのが編成局。
『ここは霊のたまり場。絶対入ってはダメだから』と忠告されてしまいました」

編成局は番組を決める局の心臓部。
そこが霊のたまり場になっているとすれば、フジが転落するのもうなずける。
同関係者が続ける。

「フジテレビが新宿の平河町から、現在のお台場に移転したのは1997年でした。
で、新しく新社屋を建てるときに、ひそかに上層部は、風水の専門家を呼んで設計したというんです。
ところが、どうやらちょっと設計がズレてしまったらしい。
そこで一気に悪い配置になってしまったとか。この霊能者によると、それで『磁場が歪んだ』ということでした」

局内では、電気が突然消えたり、誰もいないはずのスタジオで人の気配がするなどの怪奇現象があるという。
数年前には元アナウンサーがトイレで自*したこともあった。
これらがすべて霊の仕業かどうかはわからないものの、ありえない問題が噴出し始めたのが新社屋に移転してからであることは確かだ。

「この霊能者に、なにか解決法はないか聞いたところ、お台場から移転するしかないということです。
しかし、それでは莫大な費用がかかりますからね。もうどうしようもないのかもしれません……」(同関係者)

今後も問題は起こり続け、何らかの対策を打たないと本当の危機が訪れるという。
“呪われたフジテレビ”の再生はあるのだろうか。

http://tocana.jp/2017/06/post_13523_entry.html


続きを見る

1: 2017/06/20(火) 02:31:38.75 ID:KYLs05TW0
やばかったな

2: 2017/06/20(火) 02:31:56.67 ID:KYLs05TW0
放送事故レベルやろ

続きを見る

1: 2017/06/19(月) 13:32:22.00 _USER9
フジ「バイキング」が謝罪 週刊新潮記事、許諾なく使用で
2017.6.19

19日に放送されたフジテレビ系「バイキング」冒頭で、榎並大二郎アナウンサーが
14日放送の番組内で週刊新潮の記事を許諾なく使ったことを明かし、謝罪した。

榎並アナによると、14日の放送で、佐藤浩市と三國連太郎の親子関係を紹介する時に、
週刊新潮の記事を「許諾なく放送で利用してしまいました」と説明。
「関係者にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪した。

これを受けMCの坂上忍は「僕、週刊新潮さんで2年以上連載やってるんですよ」と切り出し
「よりによってさ、榎並君、なにやってるの」とぶ然。
榎並アナも「気を引き締めてやって参ります」と改めて謝罪すると、
坂上は「今週、新潮さん、原稿料ただでいいです」とコメント。
これにはスタジオも「おお」と沸いたが、すぐに「嘘です」と訂正し、次の話題に移っていった。

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/19/0010296418.shtml

続きを見る