スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

ニュース・事件

1: 2019/01/21(月) 18:52:30.01
フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」は21日、15日に東京・町田市の都立高校で起きた50代教師による男子生徒への暴行問題を特集した。

批判の対象は教師からすべてを「計画的」に実行した被害生徒とその仲間に向けられ、ネット上では針のむしろ状態となっている。

(略)

ネット上では被害生徒と仲間の実名や学歴、電話番号などが続々とさらされている。これらを消すことは容易ではない。
慌てた撮影者の一人とみられる生徒はSNSで公開した謝罪文の中で「『ツイッターで炎上させようぜ!』と言ったのはボクではなく、もう1人いた○△君」
「動画を拡散させたのは別のグループ」などと実名を挙げて説明し、責任を回避しようとしたが、混乱は収まらない。教師同様、生徒も高い代償を払うことになった。

1/21(月) 16:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000018-tospoweb-ent

続きを見る

1: 2019/01/21(月) 18:26:01.22 0
乾燥大麻を所持したとして、愛知県警豊田署は21日、自営業城ノ下航(じょうのしたわたる)容疑者(33)=同県岡崎市田口町=を
大麻取締法違反容疑で逮捕し、発表した。

容疑を否認しているという。城ノ下容疑者は「AAAjoken」のチャンネル名で、ユーチューバーとして活動していたという。

署によると、城ノ下容疑者は12日午後8時40分ごろ、豊田市内の集合住宅の駐車場で、乾燥大麻約31グラム(18万6千円)を所持していた疑いがある。
容疑者の知人から情報提供があり、捜査をしていたという。

AAAjokenは、チャンネル登録者数が約300万人超で、主に子ども用おもちゃで遊ぶなどの動画を作成している。
http://news.livedoor.com/article/detail/15904388/

続きを見る

1: 2019/01/18(金) 16:46:14.54
巡査部長が先輩への嫌がらせに捜査資料を破棄 新潟県警
https://www.sankei.com/affairs/news/190118/afr1901180016-n1.html

 新潟県警は18日、県警本部に保管されていた窃盗事件に関する捜査資料を意図的に破棄したとして、刑事部に所属する男性巡査部長(28)を同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

巡査部長は調べに対し「先輩の指示や指導が面白くなかったので、困らせてやろうと思った」などと供述している。
警察職員が嫌がらせのために捜査資料を破棄する事件は異例で、巡査部長は同日付で依願退職した。

続きを見る

1: 2019/01/14(月) 20:51:55.91
このほど、一部の報道において「Z会」の名称が語られておりますが、株式会社Z会をはじめとするZ会グループ各社とは一切関係ございませんので、お知らせ申し上げます。

https://www.zkai.co.jp/sp/home/news/press/190114_Z-kai.html

続きを見る

1: 2019/01/13(日) 18:43:38.87
2019年1月13日 18時42分

多くの映画やテレビドラマに出演し、民放のテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」で、声優としてもお茶の間に親しまれた、俳優の市原悦子さんが12日、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190113/k10011776901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

続きを見る

1: 2019/01/11(金) 10:40:27.33
 一方、運営側は公式サイトで「対応が不十分だった」と謝罪し、「メンバーの1人が、男から声をかけられ、山口真
帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とメンバーの関与を明
らかにした。

 こうした状況に小倉智昭キャスター(71)は「メンバーの一人が町で男の人に声かけられて、まほほん何時に帰
る?って何時ですって言いますか?」と運営側の発表に疑問を呈していた。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000061-sph-ent

続きを見る

1: 2018/12/27(木) 19:30:57.70 _USER9
https://www.jprime.jp/articles/-/14157
2018/12/27

2018年もいよいよ大詰め。今年もいろいろありましたよね。ゴシップや報道を遡ってみると、多くの著名人が自身のうかつな行動や言動によって社会的制裁やバッシングを受けています。そこで、平成最後の年に“やらかした”面々のナンバーワンを決定しましょう!(20~30代の女性200人にアンケート調査。協力:アイリサーチ)

■2018年やらかした王ランキング
1位 *行事件を報じられた山口達也 221pt
2位 酒気帯びひき逃げ事件を起こした吉澤ひとみ 149pt
3位 金融商品取引法違反の容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン 130pt
4位 秋篠宮眞子様との婚約延期後、海外留学した小室圭 105pt
5位 悪質タックルを指示したとの疑惑がある日大アメフト部前監督・内田正人 92pt
6位 引退した貴乃花、暴行事件を起こした貴ノ岩など貴乃花ファミリー 77pt
7位 上沼恵美子をバッシングした久保田かずのぶ 67pt
8位 未成年との飲酒など相次いで報道されたNEWSのメンバー(小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也) 44pt
9位 正式に離婚が成立したものの世間を騒がせる松居一代 38pt
10位 パワハラ事件を起こした元日本レスリング協会強化本部長・栄和人 28pt

圧倒的1位は元TOKIOのメンバー・山口達也という結果になりました。ジャニーズの現役人気グループのメンバーであり、情報番組でキャスターを務めるほどの好感度の持ち主が、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検されるという特大スキャンダル。

2位の吉澤ひとみは記憶に新しいですよね。今年9月、飲酒運転のうえ、ひき逃げという言語道断の犯罪行為で懲役2年、執行猶予5年という有罪判決が下りました。初公判では20の傍聴席に1000人以上の長蛇の列ができるなど、世間の関心の高さがうかがえました。(続きはソースをご覧下さい)

続きを見る

1: 2018/12/10(月) 07:21:49.82 _USER9
芸能週刊新潮 2018年12月13日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/12051659/?all=1

 2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。

「ずっと家にこもっていました。民放をつければ僕が映っている。ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」
と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

 そして、強調するのだ。
「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

 そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

 好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。12月6日発売の週刊新潮で、佐村河内氏へのインタビューを掲載している。

続きを見る