スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

ネタ・雑談

1: 2018/11/17(土) 12:36:49.34



続きを見る

1: 2018/11/14(水) 00:23:02.18
じじい「交流と言ったらミクシーじゃろ」

続きを見る

1: 2018/10/21(日) 17:15:39.18
異性にモテるためのコツ。

相手にあって、自分にないものに対して、圧倒的なリスペクトと感謝を相手に伝える。

自分にあって、相手にないであろうものを、恥ずかしがりながら相手にさりげなく伝える。

そして大事なのが、モテようとなんてしてない素振りを常にすること。笑

続きを見る

1: 2018/10/14(日) 18:26:25.694
ディズニー好き

続きを見る

1: 2018/10/07(日) 15:29:42.253
きー

続きを見る

1: 2018/10/04(木) 14:21:46.45 ID:HSm3+2KFd
たくみ副社長

http://youtube.com/user/0102tax
最新の動画再生数900…

続きを見る

1: 2018/09/02(日) 07:17:35.62 0
https://news.nifty.com/article/magazine/12193-080885/
JR有楽町駅前のチェーン系居酒屋で偶然知り合った、東京・大手町の有名企業に勤める松下祐司さん(50代・仮名)。
白髪まじりのおじさんだが、なんと「TikTok」を利用しているという。

「見ていてカワイイじゃないですか。通勤時などに何となくぼーっと見てることが多いですね。自分でもたまに動画を上げますが、
ほとんどペットの犬を撮影したもの。
手のひらにアゴを載せたり、手で輪を作ってね、そこにペットや人間が顔を押し込んでくる……ほらカワイイ」

 そうやって筆者に動画を見せてくれるのだが、何が面白いのか全く分からない。

人をなめているようにしか思えない変な音楽と変な動きで、見ているだけで不愉快になってくる。

 そもそも若者向けのサービスなので、仕方ないといえば仕方ないが、だからといって中高年が使ってはいけないという規定はない。

「私だって最初はなんだこりゃ、って感じで。でも、結構**いというか、キワどいのを上げている女のコがいるんです。
芸能人やタレントだって。そうしているうちに操作方法を覚えてしまい、すっかりハマっちゃって」

 そして、再び松下さんにユーザー数人の動画を見せてもらっていると、だんだんと麻痺してきたのか「なんかいいかも」と思いはじめるようになった。
変な音楽と変な動きは相変わらずだが、
楽し気で見ていても飽きない。たぶん見続けても何も得られるものはないが、なんだろう……安酒場で安いダンスを見せられているような、
得も言われぬ心地よさを感じてしまった。

◆ネット上では「黒歴史製造機」と揶揄

「夏だとプールやビーチで撮った動画が数多く上がります。みんな水着でしょ。あと酔った女のコが怪しい動きをしてみたり、
こちらを誘うようなポーズをしてみたり。誰か大人の手が入ったコンテンツではなく、彼女たち自身がそれを上げている、というリアル感もたまらないでしょ」

 こう話すのは、40代の会社員・佐々木雄介さん(40代・仮名)。

彼がフォローしたリストには多くの女性が並び、こうした水着の女性が踊るキワどい動画がズラリ。帰宅後、これらの動画を眺めながら酒を飲むのが日課だという。

 一方で、インスタグラムやTikTokを使い自身の動画や写真をアップする大学生のユミエさん(20歳・仮名・千葉県在住)は、中高年男性のTikTok参入には否定的だ。

続きを見る

1: 2018/08/16(木) 15:42:05.92 _USER9
過去に*人事件や自*が起きた「事故物件」をまとめた民間のサイトに注目が集まっている。
全国4万件以上の情報が掲載され、1日の閲覧者は延べ数十万人に上るという。
借り主に事故物件だと告げる法的ルールがないことが背景にあるようだ。


 「事故物件公示サイト」。元不動産業者の大島てるさん(40)が「事故物件の取引は避けたい」と2005年に開設した。

 当初は自分で新聞記事などを見て物件を探していたが、11年に誰でも投稿できる仕組みにすると掲載数が一気に増えたという。

 物件は地図上に炎のマークで示され、クリックすると▽物件名▽「事故」の発生日や概要▽写真――などを閲覧できる。
ただ、誤った情報が投稿され、削除することもあるという。

続きはソースで




読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180816-OYT1T50047.html

続きを見る