スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

アニメ・ゲーム・漫画・書籍

1: 2018/11/19(月) 20:27:50.42 _USER9
11月17日、アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の第921話『*意のあいのり』が放送。
いつものようにコナンが事件を解決していったが、視聴者はある理由で犯人がすぐ分かってしまった。

(略)

理由はゲストキャラクターを演じる声優にあった。
駒田役を演じたのは、アニメ『銀魂』の主人公・坂田銀時役などで知られる大人気声優・杉田智和だったのだ。

コナンが推理した結果、今回は事故に見せかけた*人だったことが判明し、案の定犯人は駒田であった。視聴者からは

《コナンって声優が豪華だと、だいたいそいつ犯人だよねwww》
《「有名声優のキャラが犯人」の法則は今日も有効だったようだ》
《杉田がチョイ役な時点でおかしいと思ったよ》
《杉田が出た時点で犯人が丸わかりでした》

との声が上がり、配役のせいで犯人が“バレバレ”だったのは明白だ。

演者の格で犯人が分かってしまうのは、実写のサスペンスドラマだけではないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1577084/
2018.11.19 19:01 まいじつ

続きを見る

1: 2018/11/18(日) 15:18:08.11 _USER9
フジテレビで1969年から放送されている、長寿アニメ『サザエさん』。
サザエやカツオや波平などの登場人物が平和な日常を過ごす様子を描いた本作だが、
11月11日放送の『正直でごめんなさい』というエピソードでのワカメが、“KY”全開だったため、視聴者をザワつかせてしまった。

ある日、セレブ女性と3人で高級レストランで食事をしていたサザエとワカメ。好きな食べ物を聞かれたワカメは、正直に「ごはんの焦げたところと魚の目玉。
お茶に梅干しを入れたもの」と答えたのが、場にそぐわない返答だったためかサザエに怒られてしまった。

(略)

次の日、波平の来客が、波平の持っている骨董品を見て「いい趣味をお持ちですな~」「これはまた格別に味がありますな~」と褒めるが、
間髪入れずワカメは、「それこの間、お父さんが100円で買ってきたのよね」と笑顔で説明。

また、その来客がカツオとワカメに土産として図鑑を渡すが、「これ欲しかったんです」と喜ぶカツオに、「お兄ちゃん、それ持ってるじゃない」とツッコミを入れるのだった。

最初から最後まで正直者だったワカメだったが、「いつもとは違う」と感じた視聴者が多かった様子。
放送中のネットでは「ワカメ、こんな物分かりのよくない子だったっけ?」
「ワカメちゃんこんなキャラだった?」「ワカメがまるでタラちゃんみたい」といった声が上がり、「空気読めよワカメ、超ムカつく!」「KYすぎてイライラした」といったブーイングも目立った。

この日は、ヤラセ問題で注目される『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の放送日。同じ日に「嘘はダメ!」を貫いたはずなのに、思うほどうまくいかなかったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1575293/
2018.11.18 11:00 日刊大衆

続きを見る

1: 2018/11/11(日) 17:14:48.27 _USER9
原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファン
からディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう。

場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりい
い」という声もあがっている。

https://rocketnews24.com/2018/11/07/1137089/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=UkxYxVU_3H4


続きを見る

1: 2018/10/21(日) 09:13:28.85 _USER9
10月14日に放送された『サザエさん』(フジテレビ系)で磯野家の長である波平が、
家族を顧みない姿勢を見せ続けたことで「モラハラ親父」「フネさんがかわいそう」とネット上で大ブーイングを浴びてしまった。

この日、放送されたのは「秋の装い」というエピソード。これは、サザエとマスオが子どもたちを家に残し、2人でデパートに買い物に行くという話。

留守番をすることになったフネは、「サザエたち、秋物を買うみたいですけど何を買ってくるんでしょうねぇ」と羨ましそうにするが、
波平は「女性の物はさっぱり分からん」と言うやいなや、そそくさと居間を退出。
「こっちにも飛び火しそうだな」と“買い物につきあわされるのはかなわん”とばかりにポツリとつぶやいた。

同じ日、隣家の伊佐坂夫妻も同じくデパートに秋物の買い物に行ったと知ったフネは、すぐに波平に報告。
「お軽さん、先生におねだりするんだって言って……」と波平に話すが、波平は「さて、わしも散歩に出かけるかな」と話も途中にその場を後にし、公園でコスモスを眺めて時間をつぶしていたのだった。

その日の夕方、買い物から帰ったサザエはマスオに感謝しつつホクホク顔。土産話を聞きながら笑顔を見せるフネを見て心変わりしたのか、波平も浴衣からおしゃれ着に着替えて急いでデパートへ向かった。

夜になって帰宅した波平は、笑顔で「開けてごらん」とカツオたちにデパートの買い物袋を渡した。中に入っていた茶色いストールらしきものを見て、サザエはフネへの土産だと察知。
喜んで首に巻いて、みんなに自慢げに見せていたフネだったが、別の部屋で着替えながら波平が「ちょっといい“足ふきマット”だろう~」とひと声。
フネがストールだと思って首に巻きつけていたのは、床に置くための足ふきマットだったのだった。

この衝撃的なシーンに視聴者からは批判的な声が続出。「このタイミングで足ふきマット渡すか~!?」
「ずっと秋物が欲しかったフネさんにこの仕打ち、愛がなさすぎる」
「このクソオヤジ、土産待ってる妻に足ふきマット買ってきやがった」「ドSすぎだろ波平」といったコメントがSNSなどに多数上がった。

実は足ふきマットは照れ隠しで、波平は夜遅くにフネに帯留めをプレゼントしていたが、
「こんなの自分の家で起きたら大事件だわ」「笑顔で許すフネさんが不憫すぎるな」「とんだモラハラ案件」と非難轟々であった。

ツッコミどころ満載だったこの日の波平。いつかフネから離婚を切り出されないか心配だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1545173/
2018.10.21 08:30 日刊大衆

https://www.youtube.com/watch?v=pv4KqKYVRQo


火曜日版サザエさん エンディング

続きを見る

1: 2018/10/17(水) 10:11:51.38
凄すぎでしょ

サザエさん フジテレビ 18/10/14(日) 18:30-30 12.2
名探偵コナン 日本テレビ 18/10/13(土) 18:00-30 9.4
ちびまる子ちゃん フジテレビ 18/10/14(日) 18:00-30 8.8
ドラえもん テレビ朝日 18/10/12(金) 19:00-29 7.9
ワンピース フジテレビ 18/10/14(日) 9:30-30 5.5
逆転裁判・その・真実・、異議あり!・Season2 日本テレビ 18/10/13(土) 17:30-30 4.9
ゲゲゲの鬼太郎 フジテレビ 18/10/14(日) 9:00-30 4.1
HUGっと!プリキュア テレビ朝日 18/10/14(日) 8:30-30 3.2
妖怪ウォッチシャドウサイド テレビ東京 18/10/12(金) 18:25-30 3.1
アニメおさるのジョージ NHKEテレ 18/10/13(土) 8:35-25 2.7
GO!GO!チャギントン フジテレビ 18/10/14(日) 6:15-15 2.7

続きを見る

1: 2018/10/16(火) 16:23:18.32 _USER9
アニメ「トムとジェリー」の実写映画化企画を米ワーナー・ブラザースが進めていると、Varietyや Hollywood Reporterが報じた。

 実写とアニメーションが融合したハイブリッド作品になり、米ワーナーは監督として『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』(2005)、『TAXI NY』(2005)を手掛けたティム・ストーリーと交渉中。情報筋がVarietyに語ったところでは、来年にも撮影を開始する予定だという。

 「トムとジェリー」は、伝説的アニメーターのウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが1940年に発表した短編アニメシリーズ。体が大きく乱暴者だがどこか抜けている猫のトムと、頭脳明晰でいたずら好きなネズミのジェリーの追いかけっこを描くコメディーで、アカデミー賞を幾度も受賞。誕生から80年近くが経った現在も多くの人々に愛され続けている。ちなみにジェリーは、ミュージカル映画『錨を上げて』(1945)でジーン・ケリーと共演したことがある。

 ストーリー監督は近年、『ライド・アロング ~相棒見習い~』『ベガス流 ヴァージンロードへの道』など日本未公開を発表。来年には、1970年代の名作を再びサミュエル・L・ジャクソン主演でリブートする『シャフト(原題) / Shaft』の公開が控えている。

 また米ワーナーは、過去に幾度か実写化もされたアニメ「スクービー・ドゥー」の長編アニメ映画も企画中で、クリエイティブプロデューサーとして、『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたクリス・コロンバスを起用したという。(編集部・入倉功一)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000015-flix-movi

続きを見る

1: 2018/10/09(火) 15:54:15.29

続きを見る

1: 2018/09/02(日) 18:34:53.26 _USER9
8月15日に53歳で亡くなった漫画家・さくらももこさんをしのび、きょう2日、さくらさん原作のアニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)は番組内容を変更し放送された。原作25周年記念として2011年10月に放送されたもので、アニメ第1話「まる子、きょうだいげんかをする」(1990年1月7日放送)をリメイクするなどした内容。SNSでは、改めてさくらさんの早すぎる死を悼む声と共に、2016年5月に亡くなった声優・水谷優子さん演じる“お姉ちゃん”の声が再び聞けたことに感動の声が広がった

 「きょうだいげんかをする」は、一冊のノートをめぐってまる子とお姉ちゃんの姉妹げんかを描く。まる子はじゃんけんに負け泣く泣くノートを諦めるも、お姉ちゃんにちょっかいを出したり、ノートに落書きをしてしまったり。まる子の愛すべきキャラクターが凝縮されたストーリーが展開する。

 同話が放送された11年当時は水谷さんがお姉ちゃんの声を務めていたが、その後、16年5月に乳がんのため51歳という若さで亡くなっている。ネットでは「水谷さんだ…泣く」「久しぶりの水谷さんの声に感動」「水谷優子さんのお姉ちゃんの声がまた聞けるなんて」と、久しぶりに聞く水谷さんの声に感動や懐かしむ声が絶え間なく寄せられた。

2018年9月2日 18時17分オリコン
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15247433/

写真

続きを見る