スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

芸能

1: 2019/10/16(水) 16:45:09.91
だれやねんこいつ



続きを見る

1: 2019/10/16(水) 16:58:00.25
10/16(水) 16:00配信
NEWS ポストセブン
HIKAKIN 自宅マンションから「SNS・YouTube投稿禁止」警告

年収10億円を超えるといわれているヒカキン

 人気YouTuber・ヒカキン(HIKAKIN・30才)が、自宅で撮影した動画を投稿できなくなるかもしれない――。そんな情報が舞い込んできた。都心の一等地にある超高級マンションの住民が、困惑気味にこう話す。


「6月頃、マンションの掲示板に、SNSとYouTubeの投稿について注意する紙が貼り出されました。“マンションの外観・共用部分のみならず、専用部分であっても、画像・動画を安易に投稿・掲載しないように”という内容でした。ただ、なぜなのか4か月経った今もその貼り紙は掲示されたままで…」

 (略)

「その動画を見た視聴者の中に、マンションを特定しようという動きがあった。それを知ったほかの住民が動いたようです。超高級億ションですし、資産家の住民も多い。それだけに“こんなに部屋の細部までさらされたら、セキュリティーが心配だ”という声が上がった。ヒカキンさんの動画チャンネルは約800万人が登録していますから、不安を訴える気持ちもわかります。かといって直接注意するのも難しく、貼り紙という形になったようです」(マンション関係者)

 しかし、今もヒカキンはマンション内の動画をアップしたり、インスタグラムで写真をアップし続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000012-pseven-ent

続きを見る

1: 2019/10/16(水) 05:02:52.51
持ってるわ

続きを見る

1: 2019/10/15(火) 18:38:20.63
公園でのトラブルにショックを受けたのか、熊田は相手の親に対して何も言えなかったことを悔やむような書き込みをSNS上に展開。〈言ったほうがよかったのか〉と世間に質問するような文面や、〈次女にどいてと言うぐらいの人だから、言ったほうがややこしくなってしまうのか。今になってモヤモヤ〉と同情を買うようなコメントを投稿。ところが、人々は次女が恐怖を感じたその場で言えなかったのに、SNS上でチクるような熊田の“芸能人らしい”行動に失望した様子なのだとか。

https://news.livedoor.com/article/detail/17233742/
2019年10月15日 9時58分 アサ芸プラス

続きを見る

1: 2019/10/15(火) 21:42:31.76
 タレントの木下優樹菜が、姉が働いていたタピオカ店のオーナー夫妻に“恫喝まがい”のダイレクトメールを送った問題で、トバッチリを受けた夫の『FUJIWARA』藤本敏史が激怒している。一部では離婚を決意したとの情報もあり、好感度家族としてCMにも出演していた一家が崩壊の危機に陥っている。

 「おバカタレントとしてブレークしたとはいえ、ここまでバカだったとは…と、フジモンも呆れ返っています」

 こう明かすのは、お笑い関係者だ。

2019年10月15日 21時30分
https://wjn.jp/article/detail/4869852/

続きを見る

1: 2019/10/12(土) 20:46:16.70
10月6日放送の『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系)に出演した木村拓哉に〝ある異変〟が感じられたという。

同番組はTBS系の新ドラマ出演者がさまざまなアトラクションに挑戦するバラエティーで、木村は2年前にも『A LIFE~愛しき人~』チームとして出演。
しかし当時、『ホンジャマカ』とエアホッケーで対決するコーナーではパックを抑えてから強烈ショットを放つというプレーを連発し、
ルール上は何の問題もないものの「ホッケーなのにラリーがない」「勝つことを考え過ぎ」とネット上でたたかれてしまったのだ。

しかし、今回の放送ではそうした姿勢は見られず、木村は一般的なプレースタイルどころか、空振りやオウンゴールといった人間味あふれる動きも連発。
カッコ悪いところを見せず、〝キムタク〟像を演じなければいけなかったこれまでとは違った姿に、ネット上では、

《全然、俺様感ないね》
《今日はちゃんとラリーをしてて好感持てた》
《前回批判されたの知ってたのかな》

などと、好感や驚きが広がっていった。

http://dailynewsonline.jp/article/2037057/
2019.10.12 17:30 まいじつ

続きを見る

1: 2019/10/11(金) 02:33:52.95
恫喝脅迫のイメージが付いてしまった模様

続きを見る

1: 2019/10/14(月) 20:49:29.63
「木下は所属事務所からこっぴどく怒られたみたいです。木下が店のオーナーに送ったDMには『事務所総出でやりますね』という記述があり、事務所からすれば木下の個人的なトラブルに勝手に名前を使われて、まるで事務所が日頃から恫喝まがいな方法を使っているように世間から思われかねない。木下一人の問題ではなく、会社全体のスキャンダルに発展しかねず、しっかり謝罪させたのでしょう。

 これまでは“口は悪くておバカでも良妻賢母”というキャラクターが受けて、ママタレとして育児本も出版するほどでしたが、今回のスキャンダルはかなりの痛手です。事実上、木下のタレント人生はこれで終わり。あとは夫のフジモンにがんばってもらうしかありません」

 また、テレビ局関係者はいう。

「元ヤンキーキャラの一方で裏表のない言動で好感度も高く、木下自身も“ブサイク”と評するお笑いタレントの藤本敏史(FUJIWARA)と結婚し、2人の子どもを育てるママタレとしも人気がありました。それだけに、今回公けになった恫喝DMの文面はシャレにならないレベルで、局の間では、木下が映る映像はカットするなり、使用を見合わせる動きが出ています。今後テレビのみならず雑誌などにも出ることは厳しいでしょう。

続きはソースで

https://biz-journal.jp/2019/10/post_123270_entry.html

続きを見る

1: 2019/10/14(月) 17:42:20.22
笑い声がまんま島崎和歌子と同じ酒焼けおばさん声になってしまった模様

続きを見る

1: 19/10/14(月)02:54:55 ID:a4j
これってなにがもくてきでやってるんや?同情狙い?

続きを見る

続きを見る

1: 2019/10/14(月) 03:12:07.63
「毎回、キムタク主演ドラマで悩ましいのが相手役の女優です。平成の視聴率男のキムタクでも近年は数字が悩みの種で失敗すると共演女優がその元凶と言われてしまう。
低視聴率女優の汚名を擦り付けられることを嫌ってキムタクと共演をNGとする女優は増えているんです。
前回の『A LIFE』では最後まで女優が決まらず、ギャラを吊り上げたうえでようやく竹内結子に決まったが、
今回はふさわしい相手役が最後まで決まらず、年上ながら『華麗なる一族』(07年)で共演した鈴木京香に決まったようです」(前出・関係者)

限られた材料でどう調理するか。天才シェフの腕のみせどころだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17227595/
2019年10月13日 17時58分 アサ芸プラス

続きを見る

1: 2019/10/11(金) 22:35:41.400

続きを見る

1: 2019/10/13(日) 14:18:17.76
モデルでタレントのダレノガレ明美(29)が、台風19号に接近にともなう避難所でペット同伴を拒否されたことに「悲しい」と吐露した。



10/13(日) 12:16配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-10130293-nksports-ent

続きを見る

1: 2019/10/13(日) 12:23:09.65
女優・松岡茉優が10月7日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。土屋太鳳の天然エピソードを暴露している。

番組MCのくりぃむしちゅーの上田晋也から「同期ぐらいの人にライバル心みたいなものはないの?」と聞かれた松岡は「土屋太鳳と同じオーディションで最後の二人まで残って、負けたことが4回あります」と告白。

続けて、「私が負けた作品(の撮影)中に(土屋から)電話がかかってきて、『今ね、何々の仕事してるんだけど、誰々さんが茉優のことを褒めてたんだよ!じゃあね』って切られて」と土屋とのエピソードを明かしたうえで、「この子には妬み嫉みが備わってないんだなって。悪気がないんですよ。本当にあの子は見たまんまの“い・ろ・は・す”!って感じの子なので」と、土屋がいかに純粋な性格であるかを説明している。

http://dailynewsonline.jp/article/2037850/
2019.10.13 10:14 アサジョ

続きを見る

1: 2019/10/13(日) 10:22:09.35
だが、木下の実姉であるA子さん本人に話を聞くと、Xさんとはまた違う主張をするのだ。

「私がここ最近、家庭内のストレスなど精神的に疲弊していたことを気にかけて貰い、友人のXさんに『一緒にタピオカ屋をやろう』と誘って貰いました。当時はとても有り難く感じたのを覚えています。
優樹菜にも『友人とタピオカ屋をやる』と伝えると、インスタグラムに投稿してくれて反響がありました。
優樹菜のおかげもあり、7月20日のオープン当日から200人を超えるお客さんが来て下さり、
オーナー夫妻らも『インスタの力は大きいね』などと話していて、優樹菜が宣伝してくれたことについても喜んでくれていました」(A子さん)

「優樹菜の宣伝を嫌がる様子はありませんでした」
「その後も、『優樹菜ちゃんの姉さんのお店ですよね!』と言ってくれるお客さんもいたのですが、私は必ず、『違うんですよ、オーナーさんに働かせてもらっています』と伝えていました。
週刊新潮さんが取材に来た際も、私は『私のお店でなく、オーナーさんのものです。私は働かせてもらっていて、木下優樹菜も関係ありません』とハッキリ新潮さんにも伝えています。

 しかし、記事を見たXさんは『優樹菜ちゃん、軽はずみな行動を取ったね』と話していました。
私は迷惑を掛けたと思い、オーナーやそのお母さんに謝りに行くと、『雑誌なんて載りたくても載れるものじゃないし、
売れてナンボなんだから大丈夫だよ!』と言って下さり、優樹菜の宣伝についても嫌がっている様子はまったくありませんでした」(同前)

だが、オープン当初からXさんとA子さんの意見は食い違っていたという。

「そもそも、一緒に経営をするというような誘い方をされたのです。資本金も半分払うつもりでしたが、Xさんに『うちの会社で払うから大丈夫!』と断られた。
内装のデザインなどもXさんが1人で決めていたので、そのときから私は経営ではないという自覚がありました。7月20日のオープンから7月31日まで、お金の話などはほとんどしていません。
7月31日にXさんから今月分ということで私の給料が手渡され、そのときに『来月からどうする?』と初めて具体的な話になりました。

そのときに『給料は毎月25日締めでその月の月末払い』『時給1000円』といった具体的な給料についても決まったのです。
私が出勤する頻度の話もして、『人が足りない時のパートとしてお願いします』と伝えました。私は子育てもあるので『17時までしか働けない』ということも伝えました。
そういった話し合いの結果、私は8月中、毎週金曜のみ働くということになりました」(同前)

「共同経営だと言った」「言っていない」

話はまとまったように見えたが、また意見が食い違い、A子さんは8月末にXさんと話し合ったという。

「8月30日、Xさんから『今月、ほとんど私1人でやるのキツかったから、来月からは日数多めに出勤して欲しい』と言われました。
しかし、私は子供の世話がある、と話すと『共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ』と言われました。

このとき、私は”共同経営“という言葉に引っかかり、帰宅後、夫に相談しています。もうお互いによく分からなくなっていると判断し、私が身を引いたほうがいいんじゃないかと考え、再び翌31日に話し合いをしています。
そこで『私は辞める方向だ』と伝えると、Xさんからは『じゃあ、出られるときだけ出てね』と言われました。そのほかのことも、お互いの心の内をぶつけ合った。その上での言葉でしたので、私は和解したと思っていました。

しかし、9月1日の朝に再びLINEで『共同経営だと言った』『言っていない』という話になり、意見が食い違います。そこで、9月2日に私の夫も交えて話し合いをしようという流れになりました。
その話し合いの場で『私は辞める方向で』と伝えましたが、なにも解決しませんでした」(同前)

(略)

これら一連の流れを、A子さんは妹の木下にも話したという。

「もともと、優樹菜のインスタを見て来てくれたお客さんもいたので、私はすべての経緯を優樹菜に報告しました。
すると、感情的になった優樹菜はインスタの投稿やDMを送るなどしてしまった。これらの行動は、すべて優樹菜が悪いと私も思っています。
芸能人という自分の立場を深く考えず、事務所などにも迷惑をかけ、軽率過ぎる行動だったと思います。そこは姉としても注意したいと思います」(同前)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00014690-bunshun-ent
10/12(土) 11:06配信

続きを見る

1: 2019/10/13(日) 10:28:54.74









えぇ…

続きを見る

2019年10月13日 10:12:00 芸能

8 コメント

【悲報】橋本環奈さん、終わる

1: 2019/10/12(土) 16:42:36.62






続きを見る

1: 2019/10/12(土) 12:56:48.161
ええんか?

続きを見る

1: 2019/10/12(土) 08:57:55.44
「1児のママになっても中身は昔と変わらず。タピオカ店側は木下に対して法的措置を検討していることを一部メディアに明かした。
もし裁判沙汰にでもなったらAbemaの番組も降板せざるを得ないだろうし、事務所をクビになる可能性も。となると引退危機だろう」(同)

すっかり“素”の部分を出して相手方を追い込んだつもりが、自分が崖っぷちに追い込まれてしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2035912/
2019.10.11 17:57 週刊実話

続きを見る