スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

映画

1: 2019/12/07(土) 10:15:37.08

続きを見る

1: 2019/11/30(土) 23:22:57.34 BE:306759112-BRZ(11000)
「ターミネーターの敗因」とは?

『ニュー・フェイト』は、表面上は4年ぶりの新作だが、シリーズ3、4、5作をなかったものとし、
キャメロンが関わった最後の作品である『ターミネーター2』の直接の続編という位置づけにある。
『ターミネーター2』が公開されたのは、1991年。どうやらそのタイムラグが、今作の敗因の1つと見てよさそうだ。

まず、28年前に今の若い観客は、まだ誰も生まれていなかった。
つまり、彼らは、今の40代後半以上の人たちのように、劇場で『ターミネーター2』を見て、
あの驚くべきテクノロジーやハミルトンの肉体美に感激するということを、体験していないのである。
後にブルーレイなどで観たとしても、当時、映画館で観るのとでは、インパクトが違う。
例えば28年前は、携帯電話すら一般化していなかったのだ。

そして今では、当時斬新な設定といわれていた「AIの脅威」さえ現実になりつつある。
タイムトラベルのコンセプトも、この28年の間に、さんざんいろんな形で見せられてきて、
もはや新鮮味はない(つい最近も『アベンジャーズ』で同じコンセプトが扱われていた)。

さらに、28年前は、中国をはじめとする新興の映画市場が存在しなかった。

新興国の観客は『ターミネーター』を最近の作品、すなわち、あまりよくない作品で知るようになっている。
新3部作の第1部のつもりがコケたせいで次回作の計画が頓挫した『新起動/ジェニシス』を見せられた後に、
また新たなターミネーターが来ると聞いて、興奮しろというほうが無理な話だ。

実際、『新起動/ジェニシス』を最悪の事態から救ってくれた中国の観客さえ、『ニュー・フェイト』には見向きもしなかった。

「ターミネーター最新作」が世界中でコケた理由
https://toyokeizai.net/articles/-/316541

続きを見る

1: 2019/11/26(火) 20:21:44.82 0

続きを見る

1: 2019/10/27(日) 17:57:26.44

続きを見る

1: 2019/10/17(木) 09:28:46.38
【地上波初】金曜ロードSHOW!で『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』放送決定!11月8日に

ホラー映画興行収入ランキングの記録を塗り替え、世界中で大ヒットした作品。R15指定で劇場公開された作品だが、テレビ用に編集して放送するとしている。

続きを見る

1: 2019/10/06(日) 13:54:56.40
映画『ジョーカー』公開前、米軍も動くほど社会的に物議を醸していた。
反動は単なる集団パニックか?それとも本当に非モテ男に同調した映画なのか?

『ジョーカー』の一体何がこれほどの騒動を引き起こしたのだろう?
紐解いてみよう。

【注:文中にネタバレを想起させる箇所が登場します】

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191006-00032077-rolling-ent

続きを見る

1: 2019/10/01(火) 22:49:59.94
スコセッシ最新作『アイリッシュマン』大絶賛、Rotten Tomatoesで100%獲得 ─ 「傑作」「ギャング映画の集大成」との声


https://theriver.jp/irishman-early-review/

続きを見る

1: 2019/09/23(月) 12:49:34.38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000002-flix-movi

 ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラスト)のメンバー、ノブには成宮寛貴、シンには松山ケンイチがふんしたほか、人気バンド・TRAPNEST(トラネス)のメンバーであるレンを松田龍平、レイラを伊藤、タクミを玉山鉄二が演じた。
ナナとレンが初めて出会う回想シーンでは、レンが所属していたバンドのボーカル役で綾野剛もわずかに出演していた。

 翌年公開された続編『NANA2』では、一部キャストが変更。奈々役を市川由衣、レン役を姜暢雄、シン役を本郷奏多が務めた。少女マンガの実写化が多く見られる昨今だが、その先駆けともいえる本作。
14年たったいま、あらためて観てみるのも面白いかも。(編集部・中山雄一朗)

続きを見る

1: 2019/09/02(月) 11:33:07.17
今、映画館がにぎわっている。ただの盛況じゃない。9年ぶりの大盛況である。映画「天気の子」が8月21日までに興行収入100億円を突破した。
新海誠監督は、2016年公開の前作「君の名は。」に続く邦画100億円突破となった。映画ジャーナリストの大高宏雄さんはこう言う。

「『君の名は。』は、興収250億円を超えています。当然、次作としてファンも期待していましたし、それにふさわしい(出来栄え)。私もおもしろく見させてもらいました。関心が持てる内容を作ったと思います」

(略)

「確実に前作からの流れがあり、その強さは大きい。100億円を達成したことで、前作がいかに強かったかの逆証明をした、とも言えるでしょう」(大高さん)

 実はこの興収100億円という大台、年に0~2作という状況がしばらく続いていたが、今年は9年ぶりに3作が並び立つ勢いなのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190901-00000001-sasahi-ent&p=2

続きを見る

1: 2019/08/18(日) 18:38:26.79
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/18/kiji/20190818s00041000340000c.html
2019年8月18日 16:17

 劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」(監督大塚隆史)の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で開かれ、声優の田中真弓らが出席した。

 同作は17日までの興行で、観客動員数231万人、興行収入30.5億円突破を記録したことが発表された。公開9日間での興行収入30億円突破は、2000年以降の東映歴代最高収入となる68.9億円を記録した2012年公開の「ONE PIECE FILM Z」の公開10日間での突破を超えて、2000年以降、東映史上最速記録となる。

続きを見る

1: 2019/08/16(金) 22:05:43.42
簡潔に教えて

続きを見る

1: 2019/08/13(火) 12:58:18.32

続きを見る

1: 2019/07/18(木) 10:17:45.35

続きを見る

1: 2019/07/13(土) 12:47:14.89
未来永劫放送するな

2: 2019/07/13(土) 12:47:29.58
ワイは好き

続きを見る

1: 2019/07/09(火) 13:50:12.55
http://l.moapi.net/https://video.twimg.com/ext_tw_video/1146312996639002624/pu/vid/640x360/oeTm8LJAdKjteJn4.mp4?tag=10

新海誠「…ちゃんとVコン読みました?…あなたが1番遠いところに行ってますよ」

続きを見る

1: 2019/06/14(金) 11:11:40.93
◆ ジブリ『耳をすませば』舞台になった東京の団地がヤバイ! 海外紙が「死の雰囲気漂うゲットー」と紹介

ジブリ映画『耳をすませば』の舞台となった、東京都多摩市の愛宕(あたご)団地。
ファンには聖地だが、現在は「貧しい高齢者のための密集居住区」と成り果て、死の雰囲気が漂っているようだ。

現在の愛宕団地が英紙ガーディアンの特集記事に取り上げられている。

・ジブリ『耳をすませば』でも描かれた、東京郊外の都営愛宕団地。中学生の主人公が住むロマンチックな映画の舞台になっていたが、現実は遠く異なる

・住民の約3分の2が65歳以上であり、今は高齢者が密集して暮らすゲットーだ。事実上の”老人ホーム”であり、”永眠の地”になっている

ユルクヤル 2019年06月13日
http://yurukuyaru.com/archives/80129071.html

続きを見る

1: 2019/05/18(土) 18:07:53.17
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190517-00010002-kaiyou-ent
5/17(金) 配信

ブラジルのクリエイターたちによって製作中の『風の谷のナウシカ』のファンムービー『WIND PRINCESS』が、ファンムービーの粋を超えた作品となっている。

5月2日に公開されたティザー映像では、圧巻のクオリティで再現された腐海やメーヴェを操るナウシカ、それを追う王蟲などが約40秒間映し出され、監督で映像作家のクリス・テックス(Chris Tex)さんが作品の紹介を行なっている。

宮崎駿監督率いるスタジオジブリ(厳密にはその前身となるトップクラフト)の不朽の名作『風の谷のナウシカ』を実写化した本ショートムービーは、クリスさんを中心とした有志のクリエイターによって製作。クリスさんの友人たちと約4年にわたって自費製作にて進行しているという。

砂嵐のなかでの砂漠ロケやサンパウロのスタジオでの撮影を行い、現在は編集などを行うポストプロダクション作業中とのことだ。
本作は、多くの有志のクリエイターの自由に使える時間によって成り立っており、作品を完成させるために製作協力を行うパートナーも募集している。

製作費用はクリスさんのポケットマネーで賄われているが、クリスさんは「宮崎駿さんとスタジオジブリのチームに敬意を評するためだけに製作している」と語っており、完成後はオンラインにて無料で公開予定だという。

WIND PRINCESS - OFFICIAL TRAILER (NAUSICAÄ TRIBUTE)
https://youtu.be/YJWB01bt9x8















続きを見る

1: 2019/05/15(水) 16:01:32.84 ● BE:486699244-2BP(2000)
『メン・イン・ブラック』最新作、「吉本坂」を全員起用で波紋 何役? 公式SNSには批判殺到
人気映画シリーズ『メン・イン・ブラック』の最新作の日本語吹替版について、映画ファンの間で物議を醸している。

http://news.livedoor.com/article/detail/16459132/

続きを見る

1: 2019/03/27(水) 23:46:14.22
元映画館従業員の今井さんは自身のTwitterに、映画館側もフードメニューについてかなり試行錯誤していると投稿。そして、「その結果がポップコーン最強なんだ」と主張した。

そして、追加するべきだとよく名前の挙がるフードメニューの欠点を列挙した。まず、おにぎりは床に落ちて踏まれると真っ黒な汚れになる。そしてその汚れを落とそうとすると、研磨剤が必要で一緒にワックスも剥がれてしまうようだ。シュークリームは、布製であるシートにこぼす人が後を絶たない。

3/27(水) 21:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00010003-finders-movi

続きを見る

1: 2019/03/11(月) 09:19:00.41
8日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜・後9時)でテレビ初放送されたインディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!」(監督・上田慎一郎)の平均視聴率が11・9%の好数字を記録したことが11日分かった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000094-sph-ent

続きを見る