スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

映画

1: 2018/12/04(火) 00:59:26.76
2018年12月1日、2日の週末2日間で『ボヘミアン・ラプソディ』は全国558スクリーンで動員403,776人、興行収入4億9,604万円を記録。
これは公開3度目の週末となった先週末対比で126%、オープニング週末と比較すると140%の数字となる。週末までの累計動員は243万4,670人、累計興収は33億2,358万円を達成した。

公開週末から4週目週末まで興行収入が上がり続ける現象は、これまで『アナと雪の女王』(2014)や『君の名は。』(2016)ですら起こらなかった異次元の興行現象。

“映画の日”である12月1日(土)は午前中から満席・完売が続出し、若い世代からクイーン世代、リピーターを中心に幅広い層が劇場に駆けつけ、一日あたりの興行収入は公開以来最高額の2.6億円に達した。

拍手や手拍子、発声、コスプレOKの「“胸アツ”応援上映」のほか、IMAXやドルビーアトモス、4DX、ScreenX、LIVE ZOUND、極上音響上映といったハイスペックな上映方式にも注目が集まっている。

https://theriver.jp/bohemian-4th-weekend/

続きを見る

1: 2018/11/13(火) 19:59:27.71
g51MeaY.jpg
視聴者の90割が泣いたとの報告

続きを見る

1: 2018/11/13(火) 11:11:43.92
g51MeaY.jpg

続きを見る

1: 2018/11/11(日) 17:14:48.27 _USER9
原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファン
からディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう。

場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりい
い」という声もあがっている。

https://rocketnews24.com/2018/11/07/1137089/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=UkxYxVU_3H4


続きを見る

1: 2018/11/02(金) 22:57:14.57 ID:7VnVT9AM0
宮崎駿(51)「1920年代のアドリア海を舞台にした豚のおっさん飛行艇乗りが主人公の愛と戦いの物語!」

細田守(51)「現代を舞台に女子高生がタイムスリップする話!」


はぁ

続きを見る

cEeidYE.jpg
1: 2018/10/26(金) 23:44:30.70
やっぱり人間って糞だわ

続きを見る

【悲報】吉岡里帆主演の映画「音量を上げろタコ」、ヤフーで星2.2
1: 2018/10/22(月) 18:14:46.06 ID:iXQ+2IehM
さすがに評価低すぎやろ…

続きを見る

1: 2018/10/16(火) 16:23:18.32 _USER9
アニメ「トムとジェリー」の実写映画化企画を米ワーナー・ブラザースが進めていると、Varietyや Hollywood Reporterが報じた。

 実写とアニメーションが融合したハイブリッド作品になり、米ワーナーは監督として『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』(2005)、『TAXI NY』(2005)を手掛けたティム・ストーリーと交渉中。情報筋がVarietyに語ったところでは、来年にも撮影を開始する予定だという。

 「トムとジェリー」は、伝説的アニメーターのウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが1940年に発表した短編アニメシリーズ。体が大きく乱暴者だがどこか抜けている猫のトムと、頭脳明晰でいたずら好きなネズミのジェリーの追いかけっこを描くコメディーで、アカデミー賞を幾度も受賞。誕生から80年近くが経った現在も多くの人々に愛され続けている。ちなみにジェリーは、ミュージカル映画『錨を上げて』(1945)でジーン・ケリーと共演したことがある。

 ストーリー監督は近年、『ライド・アロング ~相棒見習い~』『ベガス流 ヴァージンロードへの道』など日本未公開を発表。来年には、1970年代の名作を再びサミュエル・L・ジャクソン主演でリブートする『シャフト(原題) / Shaft』の公開が控えている。

 また米ワーナーは、過去に幾度か実写化もされたアニメ「スクービー・ドゥー」の長編アニメ映画も企画中で、クリエイティブプロデューサーとして、『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたクリス・コロンバスを起用したという。(編集部・入倉功一)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000015-flix-movi

続きを見る