スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

映画

1: 2020/05/30(土) 10:50:58.84

続きを見る

1: 2020/05/14(木) 17:48:36.47
オズの魔法使い(字幕版)
ベン・ハー(字幕版) [222分]
タワーリング・インフェルノ(字幕版) [165分]
ショーシャンクの空に(字幕版) [142分]
俺たちに明日はない(字幕版) Bonnie and Clyde [111分]
エデンの東 [115分]
ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版) [118分]
リオ・ブラボー(字幕版) [141分]
ロング・ウェイ・ノース(字幕版) [81分]
ロング・ウェイ・ノース(吹替版) [81分]
野球部員、演劇の舞台に立つ! [102分]
しゃぼん玉 [108分]
シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(吹替版) [93分]
キセキ-あの日のソビト- [111分]
小さな恋のうた [123分]
シン・ゴジラ [120分]
劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ [114分]
君の膵臓をたべたい [115分]
天気の子 [113分]
君の名は。 [106分]
カツベン! [127分]
AKIRA アキラ(IMAX) [126分]PG12
PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR [134分]
一度死んでみた [93分]
ミッドサマー(字幕版) [147分]R15+
ミッドサマー ディレクターズカット版(字幕版) [170分]R18+
パラサイト 半地下の家族(字幕版) [132分]PG12
弥生、三月 君を愛した30年 [109分]
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実 [108分]
貴族降臨 PRINCE OF LEGEND PRINCE OF LEGEND 2[93分]


続きを見る

1: 2020/05/01(金) 14:26:11.80

続きを見る

1: 2020/04/27(月) 09:58:51.99
 26日放送のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)の平均世帯視聴率が22・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

3月15日に記録した22・2%を上回り、番組歴代最高を更新した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00000097-spnannex-ent

続きを見る

1: 2020/04/20(月) 09:42:27.99
なんか軸がブレてるよな

続きを見る

1: 2020/04/12(日) 09:35:35.95 ● BE:952977951-2BP(2000)
ここのところNetflixの人気映画ランキング「今日のTOP 10リスト」の1位を走り続けている作品があります。

「恐怖は、ウイルスより早く感染する」がキャッチフレーズのアメリカ映画『コンテイジョン』です。
BBCの人気映画コーナー「BBC Talking Movies」でも特集が組まれ、2011年公開映画が日本のみならず世界で再注目されています。

映画『コンテイジョン』が話題を呼んでいる理由は「予言していたのかと思うくらいリアル」だからです。
そんな感想がSNS上にあふれています。日本国内でも新型コロナウイルス感染症に対する危機感が高まりつつあるなかで、「今だからこそ見てほしい作品」と薦める声が増えています。

映画の中で描かれる新型ウイルスも決して目には見えないものですが、ウイルスを含んだ飛沫が付着していることを可視化したかのような描写は
脳裏に焼き付くほど印象的。学校閉鎖や恐怖が先行して買い占めに走るシーンなど今、現実でまさに起こっていることが描かれています。



2011年公開のアメリカ映画『コンテイジョン』。コンテイジョンは日本語で「接触伝染」や「感染」を意味する。左端はWHOの疫学者役のマリオン・コティヤール
以下ソース
https://toyokeizai.net/articles/-/342907

続きを見る

1: 2020/04/11(土) 01:40:17.47
これはコマンドー




続きを見る

1: 2020/04/08(水) 20:37:02.26
2週連続ロビン・ウィリアムズ祭り

ミセス・ダウト
ジュマンジ

続きを見る

1: 2020/04/05(日) 23:53:55.03
https://filmaga.filmarks.com/articles/3418/
2020.04.05

Filmarks内で「トラウマになった…」というレビューを集める映画10本をまとめて紹介。
高評価が集まるが、あまりに衝撃的な作品で、映画ファンの中でも賛否が分かれる10本をセレクト。

『バニー・レークは行方不明』(1965)監督・オットー・プレミンジャー
『マドモアゼル』(1966)監督・トニー・リチャードソン
『時計じかけのオレンジ』(1971)監督・スタンリー・キューブリック
『震える舌』(1980)監督・野村芳太郎
『箪笥<たんす>』(2003)監督・キム・ジウン
『スプライス』(2009)監督・ヴィンチェンゾ・ナタリ
『悪魔を見た』(2010)監督・キム・ジウン
『冷たい熱帯魚』(2010)監督・園子温
『野火』(2014)監督・塚本晋也
『ヘレディタリー/継承』(2018)監督・アリ・アスター

画像・解説はソースをご覧ください

続きを見る

1: 2020/04/04(土) 16:44:40.450
これは観たい




続きを見る

1: 2020/03/19(木) 06:25:43.61
 佐藤健が主演を務める実写映画『るろうに剣心』シリーズの最終章で、有村架純が主人公・緋村剣心の妻だった女性・雪代巴(ゆきしろ・ともえ)を演じることが発表され、ビジュアルが公開された。

2020年3月19日 6時00分
https://www.cinematoday.jp/news/N0114801


続きを見る

1: 2020/03/13(金) 21:24:32.71
配信期間は、本日3月13日から3月31日までを予定。
スマートフォンやPC、対応TVなどのdTVサイトから、ログインや会員登録の手続きはなく視聴が可能だ。

■無料公開作品
<ドラマ>
『dTVオリジナルドラマ 不能犯』
『闇金ウシジマくん スーパータクシーくん編』
『銀魂 -ミツバ篇-』
『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』

2020/03/13
https://news.dwango.jp/tv/47308-2003

続きを見る

1: 2020/03/11(水) 20:50:23.48
2020年3月11日 12時39分
https://www.cinematoday.jp/news/N0114638



 映画『ブラックパンサー』が20日よる9時より、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。

続きを見る

1: 2020/02/23(日) 12:41:56.22


続きを見る

1: 2020/02/12(水) 14:27:39.32
投票所

「パラサイト 半地下の家族」の作品賞受賞に納得?
https://news.yahoo.co.jp/polls/entertainment/41023/result


コメ欄大荒れ

続きを見る

2020年02月11日 16:12:00 映画

16 コメント

【悲報】日本映画さん完全に逝く

1: 2020/02/10(月) 18:52:33.97 ID:FLiP2BHU0
話題性重視でアイドル起用、製作委員会が口を出すクソ脚本、中身のない萌え豚向けアニメ
その結果海外の有名な賞から総スカン

こりゃ韓国兄さんに勝てませんわ

続きを見る

1: 2020/01/20(月) 17:08:01.73 0
Netflix、スタジオジブリの21作品放映権獲得(日本と北米以外で)

米Netflixは1月20日(シンガポール時間)、スタジオジブリの21作品(ほぼすべての映画作品)の配信権を獲得したと発表した。日本と北米を除く世界で2月から配信する。

 28カ国語の字幕を追加し、最大20カ国語で吹き替えも行う。アジア太平洋地域、欧州、中東、アフリカ、中南米で配信する。

 配信するのは以下の21作品。「火垂るの墓」は原作の出版権をスタジオジブリが保有していないため、含まれない。

・「風の谷のナウシカ」(Nausicaa of the Valley of the Wind)
・「天空の城ラピュタ」(Castle in the Sky)
・「となりのトトロ」(My Neighbor Totoro)
・「魔女の宅急便」(Kiki’s Delivery Service)
・「おもひでぽろぽろ」(Only Yesterday)
・「紅の豚」(Porco Rosso)
・「海がきこえる」(Ocean Waves)
・「耳をすませば」(Whisper of the Heart)
・「平成狸合戦ぽんぽこ」(Pom Poko)
・「もののけ姫」(Princess Mononoke)
・「ホーホケキョ となりの山田くん」(My Neighbors the Yamadas)
・「千と千尋の神隠し」(Spirited Away)
・「猫の恩返し」(The Cat Returns)
・「ハウルの動く城」(Howl's Moving Castle)
・「ゲド戦記」(Tales from Earthsea)
・「崖の上のポニョ」(Ponyo on the Cliff by the Sea)
・「借りぐらしのアリエッティ」(Arrietty)
・「コクリコ坂から」(From Up on Poppy Hill)
・「風立ちぬ」(The Wind Rises)
・「かぐや姫の物語」(The Tale of The Princess Kaguya)
・「思い出のマーニー」(When Marnie Was There)



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000058-zdn_n-sci

続きを見る

1: 2020/01/14(火) 07:16:19.92
楽しみ

https://mantan-web.jp/article/20200113dog00m200018000c.html
耳をすませば:清野菜名&松坂桃李のW主演で実写映画化 雫と聖司の10年後描くオリジナルストーリーも

続きを見る

1: 2019/12/07(土) 10:15:37.08

続きを見る

1: 2019/11/30(土) 23:22:57.34 BE:306759112-BRZ(11000)
「ターミネーターの敗因」とは?

『ニュー・フェイト』は、表面上は4年ぶりの新作だが、シリーズ3、4、5作をなかったものとし、
キャメロンが関わった最後の作品である『ターミネーター2』の直接の続編という位置づけにある。
『ターミネーター2』が公開されたのは、1991年。どうやらそのタイムラグが、今作の敗因の1つと見てよさそうだ。

まず、28年前に今の若い観客は、まだ誰も生まれていなかった。
つまり、彼らは、今の40代後半以上の人たちのように、劇場で『ターミネーター2』を見て、
あの驚くべきテクノロジーやハミルトンの肉体美に感激するということを、体験していないのである。
後にブルーレイなどで観たとしても、当時、映画館で観るのとでは、インパクトが違う。
例えば28年前は、携帯電話すら一般化していなかったのだ。

そして今では、当時斬新な設定といわれていた「AIの脅威」さえ現実になりつつある。
タイムトラベルのコンセプトも、この28年の間に、さんざんいろんな形で見せられてきて、
もはや新鮮味はない(つい最近も『アベンジャーズ』で同じコンセプトが扱われていた)。

さらに、28年前は、中国をはじめとする新興の映画市場が存在しなかった。

新興国の観客は『ターミネーター』を最近の作品、すなわち、あまりよくない作品で知るようになっている。
新3部作の第1部のつもりがコケたせいで次回作の計画が頓挫した『新起動/ジェニシス』を見せられた後に、
また新たなターミネーターが来ると聞いて、興奮しろというほうが無理な話だ。

実際、『新起動/ジェニシス』を最悪の事態から救ってくれた中国の観客さえ、『ニュー・フェイト』には見向きもしなかった。

「ターミネーター最新作」が世界中でコケた理由
https://toyokeizai.net/articles/-/316541

続きを見る