スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

お笑い

1: 2017/12/10(日) 20:17:48.29 ID:SYg0G/Nf0
中川家礼二「最初は漫才やってたのに、人気出てテレビ出だすといつの間にかようわからん事やってる。それがやりたい仕事ならええんやけど。そんでやっぱり漫才もやりたい言うてたんまにステージ立ちよる。漫才なんて継続してやって積み重ねんと意味あらへんのに」

やってさ

続きを見る

1: 2017/12/10(日) 18:17:02.66 _USER9
お笑い芸人の渡辺直美さんが12月10日、10月に渡米したピース・綾部祐二さんとニューヨークで再会した際の2ショットをInstagramで公開しました。オシャレになってるぅうう!
写真は、NYの道端で深いブルーのダブルのコートにサングラスをかけた綾部さんと、目がさめるような真っピンクのファーコートに身を包んだ渡辺さんが何かに対して爆笑しているもの

渡辺さんによると、「何で笑ってるかはいずれニューヨーカーAYABEのインスタで分かるだろう」とのこと。さらに、すっかりニューヨークに溶け込んだ綾部さんがビル街を歩いてくる遠目からのショットも公開。
渡辺さんは「待ち合わせ場所に現れた時 誰よりもニューヨーカーだった」とコメントを添えており、「元気そうで涙」とほっとした気持ちもつづっています。

綾部さんは10月、ニューヨークを活動拠点とするために渡米。その際、渡辺さんが、綾部さんと又吉直樹さんとラストランチをしたことをInstagramで伝えており、
渡米直前の綾部さんの元気な姿や綾部さんの肩に腕を回してピースサインする渡辺さんなど、別れを惜しみつつも楽しそうな姿を公開していました。

綾部さんのニューヨーカーぶりにファンからは「はじめ誰かわかんなかった! 笑 綾部さん、頑張ってるんですねー」「雰囲気変わってる、染まってる」「綾部さん垢抜けてきたね!」と驚きの声が寄せられるとともに、
「ナオミの方が、圧倒的にニューヨーカー感あるよ」と、地元の人にしか見えない渡辺さんにも注目が集まっていました。ピンクのコート似合いすぎだ。

12/10(日) 17:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000030-it_nlab-ent

写真


続きを見る

1: 2017/12/10(日) 22:02:52.31 _USER9
 その人気ぶりを受け、今年のテレビ出演本数が370本にも上り、「日経トレンディ」(日経BP社)の「今年のヒット人」にも選ばれ、「ぶっちゃけ忙しいっちゃあ忙しいですね」とコメントしていたみやぞん。一方で性格面も「いい人」とされており、インターネット上では「ドッキリ企画に引っかかっても、逆にひっかけたほうを心配してくれる」「ファンでもなんでも一般人には神対応」などと絶賛する声が多い。しかし、同業者から聞こえてくる声はちょっと違ったものだ。

「そうなんですかね。僕はあまり“いい人”という印象はないんですよね」とは、みやぞんと仕事をしたことのあるお笑いタレントだ。

「確かに今、めちゃくちゃ忙しいということもあり、疲れているというのもあるのでしょうけど、先輩の僕が楽屋に入っても挨拶はしないし、ダルそうにちょっとうなずくだけ。収録が終わると、まずは椅子に座ってプカーっとタバコをふかしているところをよく見ます。また、天然がウリで優しい人みたいなイメージですが、実際はそんなことはないですよ。我が強い感じですし、ちょっとした先輩たちには愛想を振りまく感じではないですね。大物の前ではまた違うのかもしれませんが……。そのため、みやぞんのことをよく思っていない芸人さんも多いです」

 いじられキャラでありながら、じつは野球とキックボクシングで鍛えたコワモテでもある、みやぞん。ただの“いい人”だけでは、芸能界で生き残れないのかもしれない。
(文=編集部)

http://dailynewsonline.jp/article/1383906/

続きを見る

1: 2017/12/10(日) 09:36:00.72
日テレ年末年始特番出演

内村光良
12/28 21:00-22:54 内村カメラ
12/30 18:30-22:54 うわっ!ダマされた大賞2017年末スペシャル
01/01 10:00-13:00 笑神様は突然に
01/03 18:30-22:54 歌唱王
01/06 19:00-20:54 UWASAのネタ
01/07 19:00-21:54 世界の果てまでイッテQ!

南原清隆
01/03 18:30-22:54 歌唱王

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 20:22:31.15 _USER9
https://www.cinematoday.jp/news/N0096810
2017年12月9日 19時13分

お笑いコンビ・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が、8日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)にゲスト出演し、先日行われた「M-1グランプリ2017」後のネット配信番組で福徳が号泣してしまった件の裏側を明かした。

「M-1グランプリ」で、ファイナルまで進んだものの、残念ながら敗退してしまった2人。
後藤は「抜け殻状態です。終わったあとのネット配信番組では、ファイナリストが何で負けたか敗因を語り合うみたいな……。なかなか酷でしたよ」と笑いを誘うと、話題はそのネット番組で福徳が号泣し始めたことに。

 福徳は「初めて泣きました。ずっと我慢してたんですよ」と切り出すと、「(自分たちの)点数出た時に、“泣きそう”と思ったんですよ。悔しさとかじゃなくて、めっちゃ悲しかったんです。まさに誰もが笑うネタだと思っていたんですよ」とネットでも話題になった涙のワケを語った。

 ただ、審査員の1人だった松本人志(ダウンタウン)から高い評価を得たことは大きいようで、後藤は「だいぶ救われましたよ」と感謝を表し、2人は次回に向け、「ネタを作るのに1年じゃ足りないんですよね。多分、来年がラストイヤーなんですよ。もちろん出ますよ!」と意気込みを見せた。(山田貴子)

続きを見る

1: 2017/12/08(金) 22:04:12.60 _USER9
12月3日に決勝戦を迎えた「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)。悲願の優勝を達成したとろサーモンを筆頭に、あらためてその実力を知らしめた和牛や、
知名度を全国区に広げたミキが活躍を見せた中、結成14年目のベテランコンビが失態をさらす形となった。お笑い系ライターが声を潜める。

「最後に登場したジャルジャルは、松本人志の評価こそ高かったですが、実際は、さほどの笑いも取ることなく6位に惨敗。芸歴では和牛やかまいたちよりも
先輩なのに、何の見せ場も作ることができませんでした。しかもネットでの検索回数を見てみると、ネタ披露中のピーク回数では7位のさや香や8位のゆにばーすに
及ばず、放送終了後の推移では負けっぷりがネットニュースになった10位のマヂカルラブリーにも負ける有様。つまり話題性では若手にすら負けてしまったのです」

 そんなジャルジャルにとって、今回のM-1は本来なら、起死回生のチャンスになるはずだったという。それをモノにできなかったことで、いよいよお笑い芸人を
続けられるかどうかの瀬戸際に追い詰められたというのだ。

http://www.asagei.com/excerpt/94512

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 01:37:49.17 _USER9
 12月6日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、にゃんこスター・アンゴラ村長が出演。独特すぎるセンスを披露し、共演者を困惑させた。

 番組では「平成女芸人VS昭和女芸人」という括りで、平成生まれの女性芸人と昭和生まれの女性芸人が、芸人としてのあり方のジェネレーションギャップについて話し合った。

 昔の芸人は、バイトをしながら売れっ子芸人を目指すのが一種のロールモデルとされていた。しかし、アンゴラ村長はOLをしながら芸人活動をしており、「『芸人』と『バイト』っておにぎりとお茶みたいで、当たり前じゃないですか?」「他の(芸人とは違う)ことをしようと思って、『芸人』と『会社員』ってサンドイッチとアッサムティーみたいな、ちょっと違う感じがして良いですよね」と、独特な例えを交えながら、芸人とOLの二足の草鞋を履いている理由を語る。この発言に、司会の中居正広は「そうだよね?そう思うよね?」と困惑した表情を見せながらも、アンゴラ村長に同意した。

 さらに、キツかった仕事を聞かれたアンゴラ村長は「大食いの仕事」と回答。「胃が『3DSのピンク』ぐらいしかないので…」と、再び共演者をザワつかせる例えを披露するアンゴラ村長。「わざと俺たちに、『?』を(頭に浮かべさせることを)面白いと思ってるなら、バカにしすぎだよ!」と声を荒げる中居に、「小っちゃい物といえば3DSじゃないですか」と反論したが、なかなか思いは響かなかった。

 相方・スーパー3助との交際を発表して以降、どうにも世間から厳しい視線を送られる機会が多くなったアンゴラ村長。現在、多くのバラエティー番組に出演しているが、なかなか持ち前の破天荒さを発揮できていないように思える。年末年始にかけて様々な特番に呼ばれると思うが、そこで結果を残せなければ、OLとして働く時間が多くなるかもしれない。


http://wjn.jp/article/detail/5496337/


続きを見る

1: 2017/12/04(月) 07:47:27.58
再来年には消えてそう


続きを見る