スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

アナウンサー

1: 2018/04/22(日) 22:52:30.99 _USER9
2018.4.22 22:23
カトパンが朝ドラデビュー トサカ前髪&バブリーメイク披露

 元フジテレビのフリーアナウンサー、加藤綾子(32)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・0)で朝ドラデビューすることが22日、分かった。永野芽郁(18)がヒロインを務める同作は、高度成長期から現代までの岐阜と東京を舞台に左耳を失聴した鈴愛(すずめ)がユニークな発想力で一大発明を成し遂げる姿を描く。

 加藤は、鈴愛が憧れるカリスマ少女漫画家、秋風(豊川悦司、56)が出演するトークショーの司会を務めるフリーアナウンサー役。ヒロインと秋風が初めて出会う重要な場面を任された。

 カトパンが出演する28日の放送回は、バブルまっただ中の1989年の設定。時代の先端を行くフリーアナを演じるため、肩パットが入った大きめのジャケットにトサカ前髪&派手目のバブリーメイクを披露。朝ドラデビューについて「いつも見ていた朝ドラに私、本当に出るの? という不思議な気持ちです」とおったまげ~な笑顔を見せた。

 この日スタートしたTBS系「ブラックペアン」の治験コーディネーター役で連ドラ初レギュラーにも挑戦中で演技モード全開なカトパン。23日に33歳の誕生日を迎えるマルチ美女にとって、今年は“女優元年”になるかも!?


「半分、青い。」に出演する事が決まった加藤綾子(左)(NHK提供)


http://www.sanspo.com/geino/news/20180422/geo18042222230023-n1.html

続きを見る

1: 2018/04/21(土) 07:16:23.71
小川彩佳さんの無言の”怒り”が伝わった報道ステーションでした。

男性コメンテーターの「ギリギリセーフ」発言に、同じ女性社員として許せなかったのだろうか

動画
https://twitter.com/tv_hodo_watch/status/986965468505255936



続きを見る

1: 2018/04/10(火) 00:19:36.25 ID:C+m0W5D2d
1位 内田恭子



2位 柴田倫世



3位 大橋未歩



4位 竹内由恵



5位 本田朋子



6位 笹川友里



7位 西尾由佳理



8位 加藤綾子



9位 高島彩



10位 菊間千乃


続きを見る

1: 2018/04/14(土) 06:11:39.00
交際中だったテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー(32)と、
プロバスケットボール・Bリーグ、栃木ブレックスの田臥勇太(37)が
破局したことが13日、分かった。(スポーツ報知)



https://news.yahoo.co.jp/pickup/6278958

続きを見る

1: 2018/04/14(土) 18:12:43.74 _USER9
逮捕されるまでにはならずとも、なかなか世間に許されないセクハラ行為。
元NHKのフリーアナウンサー、登坂淳一(45)が、15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演することになった。

「月刊誌『婦人公論』のインタビューで被害者に謝罪してからの民放初出演。松本人志(54)がうまく制御してくれるでしょうが、登坂としては吉と出るか凶と出るか。
所属事務所だってタレントを売らないと商売になりませんからね」(テレビ誌ライター)

大物カメラマンが元被写体に“告発”されたり、女優の水原希子(27)がCM撮影時のセクハラを打ち明けたり、被害者が声を上げ始めている。

「性的なトラブルは女性視聴者、特に主婦層が嫌悪するので再起が難しい。なかなか地上波に復帰できないお笑い芸人もいます。
される側が抵抗できない関係性であるセクハラはなおさら。登坂アナが今後どうなるのか、世間がどう反応するのか、同業者として注目しています」(ライバル局編成マン)

46歳という若さ。真に反省した人には再出発を許す空気があってもいい。成り行き上、その行方のカギを握っているのは松本人志だ。(業界ウォッチャーX)

夕刊フジ / 2018年4月14日 17時3分
https://news.infoseek.co.jp/article/63fujient1804146326/

続きを見る

1: 2018/04/10(火) 17:18:00.75 _USER9
週刊誌の気になる話題をピックアップする「週刊マガジンニュース」コーナーで、セクハラ疑惑が報じられた元NHKアナウンサーの愛称「麿」(まろ)こと登坂淳一さん(46)を取り上げた。登坂さんが「婦人公論」(2018年4月24日号)のインタビューに応じたからだ。

メディアに登場するのは2か月ぶり。今年(2018年)1月にフリーに転身、フジテレビの新ニュース番組でメインキャスターに抜擢されることが決定していた。ところが、過去のセクハラ疑惑が暴露され辞退した。

驚きの近況報告、離婚して引きこもりに

記事では当時の状況を語っている。それによると「私が壁に頭を強打して、うずくまっていたところ、ちょうど相手の女性もトイレから出て来て、『大丈夫ですか』と声をかけてくださいました」。ところが、そこからセクハラととられる行為をしてしまい、「本当に申し訳ないことをしました」と語っている。

その後の生活については、衝撃的な告白があった。「ほぼ外に出ない生活が続いていました。今は独身なので1人で部屋にいて、見るでもなくテレビを見たり映画を観たり」と離婚していたことも公表した。

今後については、もう一度メディアに戻りたいという意向を示している。

キャスターの堀尾正明(62)は元NHKアナウンサーだ。後輩に一言述べた。

「登坂さんは私が知る限り、すごく真面目で、人に対してすごく配慮のある、やさしい人なんですよ。今回の報道は耳を疑っていたんですが、起こしてしまったことは仕方ない。これから取り返すような真面目な姿を仕事で見てみたいと思っています」

2018年4月10日 15時6分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14558447/

写真


続きを見る

1: 2018/04/06(金) 06:23:46.09 _USER9
有働由美子アナウンサーが3月31日付で、NHKを退局したことが明らかになった。
このニュースは各民放のワイドショーでも取り扱っていたが、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)での、安藤優子キャスターのコメントが“いやらしい”と波紋を呼んでいる。

安藤キャスターは、番組冒頭で「びっくりするニュースも飛び込んできました」とすぐさま有働アナの退局に触れ、「有働さんが大好きだったので、びっくりしました」と驚いた。

しかし、その後のコメントが少々問題だったのかもしれない。安藤キャスターは、朝ドラを見て泣く有働アナの大ファンだと伝えたかったようだが、
「泣いちゃったりとか、本当に素のまんまのリアクション。見ている視聴者の流れをご自身も表現してらっしゃって、
ああ、NHKにこういう方がいらっしゃるんだと思って、それ以来大ファンだった」と皮肉とも取れるコメントを残したのだ。

これを受け、ネット上では安藤キャスターに対するバッシングが多数上がることに。「悪意を感じる」「安藤さんに何がわかるのか」と、批判が集中した。

その上、安藤キャスターは、有働アナの退局に対し「やっぱりねという感じ」と話したことで、さらなる非難が殺到。
「やっぱりねっていやらしい」「グッディのキャスターが有働さんだったら毎日見る」と上から目線の安藤キャスターに嫌悪感を示した人も少なくはない。

番組では、報道陣が有働アナを直撃した様子も放送していたのだが、強引な報道陣に対し、有働アナは「何かあったらこちらからご連絡いたしますので、
名刺だけお預かりします」と真摯に対応。何度も報道陣に頭を下げて去っていく誠実な姿に、安藤キャスターとの違いを感じてしまった視聴者も多いのかもしれない。

有働アナの退局については、『あさイチ』の番組スタッフでさえもほとんど知らなかったといい、「新体制の船出を邪魔したくない」という心遣いが伺える。

今後は弁護士を目指すとの報道もあるが、フリーとなって民放に登場するともなれば、安藤キャスターの強力なライバルとなり得るだろう。

2018年4月5日 12時10分 リアルライブ
http://news.livedoor.com/article/detail/14535408/

写真


続きを見る

1: 2018/03/28(水) 22:50:04.68 _USER9
 TBSの宇垣美里アナが、レギュラー出演している情報番組「あさチャン!」の降板を言い渡され、周囲も驚くほど激怒していたことを、発売中の「週刊現代」(講談社)が報じている。

(略)

 同誌によると、宇垣アナは番組プロデューサーから降板を告げられると激昂。「なんで私が降りなきゃいけないんですか!」と絶叫。ものすごい剣幕で泣きわめき、
コーヒーが入ったカップを壁に向かって投げ付けたというのだ。その後、人事部に掛け合ったようだが、覆るはずもなく。

 今や、宇垣アナは社内で「扱いづらい勘違い女」のような存在なのだとか。

https://npn.co.jp/article/detail/05800286/

続きを見る