スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

りゅうちぇる

1: 2018/10/18(木) 19:21:08.15 _USER9
今年8月、妻でタレントのぺこと長男の名前をタトゥーで両肩に刻んだことが賛否両論を巻き起こしたりゅうちぇる。擁護派からは「人の自由でしょ」「海外では普通」「偏見だよ」との声が上がったが、海外でも「タトゥーはアウト」という風潮は存在しているようだ。

今年9月、イタリア前首相のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、同国のサッカークラブチーム『SSDモンツァ1912』の買収を発表。さらに同氏はクラブのオーナーにも就任し、10月14日には新オーナーとして初の試合を迎えた。

初戦に際し、ベルルスコーニ氏はさまざまなメディアの取材に応対。イタリアの衛星放送『Sky Sport』によると「今のサッカーでは考えられなくなった“ルールのあるチーム”にしたい」と述べ、「例えば、身なりもその1つだ」と続けたという。

■首相経験者が明かした“タトゥーへの認識”

実はベルルスコーニ氏は、以前から選手のルックスに強い不快感を表明しており、今回もチーム方針に関して「選手選びにおいて最も重要なのは、マナーや節度になるだろう」とコメント。さらに「われわれは秩序だった若者を望む。できればヒゲやタトゥー、ピアスがなく、身なりも良くてマナーのある選手たちだ」「タトゥーのない選手など見つからないと言われたが、(中略)モンツァが他と異なり、手本となるクラブになることを願っているよ」などと踏み込んだ発言も残し、あらためて“タトゥーは非常識”との見解を示した格好となった。

ここで今一度振り返りたいのが、りゅうちぇるのタトゥー騒動で多かった「海外では普通」という擁護。しかし他者に寛容なラテン系の国家において、首相まで務めた人物が否定的な考えを明らかにし、擁護派の意見が必ずしも的確ではないことが浮き彫りとなった。

名前を刻むほど家族を愛しているりゅうちぇるだが、今後は温泉やプールといった家族サービスが難しくなることも厳然たる事実。日本国内での生活を考えると、我慢も選択肢のうちだったかもしれない。


2018.10.18 15:30 芸能
https://myjitsu.jp/archives/64858

続きを見る

1: 2018/09/29(土) 08:55:32.83 _USER9
タレントのりゅうちぇる(23)とぺえ(26)が28日放送のTBS「今夜解禁!ザ・因縁」(後8・57)に出演。ぺえがりゅうちぇるにSNS用のおもしろ動画を強要されていることに激怒した。

 年上だがデビューが遅かったため芸能界では後輩にあたるぺえ。りゅうちぇるのSNSに投稿するための動画の撮影を強要され、20回以上撮り直させられたこともあるという。「結構無茶ぶりも多いじゃん。『急に歌って』とか『何かの真似して』とか。先輩だから何でもいいってことじゃない。普段テレビに出るときは笑顔で幸せキャラですけど、結構冷酷」と怒りをぶちまけた。

 続けて「単刀直入に言うと、あなたが私にしてたことはパワハラです」と語り、「王様なのかよ、りゅうちぇるは。私、りゅうちぇるの何なのかな」と静かな声に怒りを込めた。これにりゅうちぇるは「そんなこと思っているなんてびっくりした」と驚きの表情。「ぺえが『なかなかゴールデンに出られない、夜中の番組しか呼ばれない』って言ってて、こんなに面白いんだよってことをSNSだからこそ拡散できる。面白い動画を上げたらぺえのこと好きって思ってくれる人も増えるのかな(と思って動画を撮影していた)」と理由を説明すると、ぺえも「今のは初めて知ったからちょっとうれしかった。ただイイネの数が伸びるから載せられていたと思っていた」とうなずいていた。

9/29(土) 8:40 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000076-spnannex-ent

続きを見る

1: 2018/08/27(月) 13:25:55.70
“神の子”山本KID徳郁、がん闘病中を公表「治療のために頑張っています」

https://www.hochi.co.jp/fight/20180826-OHT1T50293.html

続きを見る

1: 2018/08/22(水) 12:56:02.73 _USER9
8/22(水) 8:46配
スポニチアネックス

りゅうちぇる、偏見ある社会「変えたい」 妻子の名前タトゥーへの批判に反論

 タレントのりゅうちぇる(22)が21日、自身のインスタグラムを更新。19日に両腕のタトゥーが本物であることを明かしたことで批判が殺到し「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と思いをつづった。

 りゅうちぇるは19日に「TETSUKOとLINKだよん」と妻子の名前をデザインしたタトゥーを公開。これに批判が殺到したことに「まず、今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです」と心境をつづり、「それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました」と驚いた。

 「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」とし、「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」とタトゥーを入れた理由を明かした。

 「僕のお父さんも、僕が生まれたとき 背中に龍 (ドラゴンの絵) を入れました。僕は一度も嫌な思いをしたことがないし嬉しかったです。不自由をしたこともないし、ママからも パパからも たくさんの愛をもらい、育ててくれました。だから、僕自身、偏見もなにもありませんでした。それも大きいかもしれません」とつづり、「この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。なので、この体に、大切な家族の名前を刻みました。隠すつもりもありません。でも意地でも出したいわけでもありません。自然に生きていきたいです。偏見が無くなりますように」と熱い思いを投稿した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000073-spnannex-ent

続きを見る

1: 2018/05/22(火)11:37:41


続きを見る

1: 2018/05/07(月) 13:45:57.13
何故

2: 2018/05/07(月) 13:46:11.19
あれだけテレヒ出てたのに

続きを見る

1: 2018/03/26(月) 14:54:50.98 _USER9
りゅうちぇるさんのツイッターより


普段のりゅうちぇるさん。妻のぺこさんとともに(2017年撮影)



「おヒゲ剃らない大会 史上最高4日間更新」――そんなコメントとともに2018年3月24日夜、タレントのりゅうちぇるさんがツイッターに1枚の自撮り写真を投稿した。

ファンを驚かせたのは、りゅうちぇるさんの口元と顎だ。なんと、黒々としたヒゲがびっしりと生えているのである。

■元々「ヒゲが濃い」体質なのだとか

中性的なルックスで知られるりゅうちぇるさんだが、意外にもヒゲをはじめ体毛が濃い体質だといい、過去のテレビ番組でも悩んでいることを明かしているほか、SNSでも何度か、「ヒゲ面」の写真を公開したことがある。

しかし今回は本人が「史上最高」というように、一目でわかるほどしっかりとヒゲが伸びている。軽く眉をしかめてみせる表情もあって、普段のりゅうちぇるさんとはかなり違う「ワイルド」な雰囲気だ。

“「4日間で口の周り黒くなる自分の細胞に震える~~(ハートの絵文字) ちぇるちぇるらんど~~(ハートの絵文字)」(ツイッターより)

この写真にはファンも驚いたようで、リプライ(返信)欄には370件以上の投稿があり、

“「めっちゃビタ男」
「だれ?笑」
「顔、濃ゆっ!!!!」
「EXILEにに居そうなイケメンぶりですね」

といった声が続々と。また、

“「森田剛君に見えた」
「森田剛くんかとおもったw」
「森田剛さんに似てますね!」

など、ヒゲがトレードマークのV6・森田剛さんに似ている、というツイートも多い。

なお、翌25日のイベント出演に合わせて処理してしまったそうで、ヒゲ姿はこの日限りとなった。

2018/3/25 17:16
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/03/25324465.html

続きを見る

1: 2018/02/16(金) 01:29:09.52 _USER9
2月14日、モデル・タレントのりゅうちぇるが「RYUCHELL」としてアーティスト活動を開始することを発表した。

 発表のあったこの日にはデビュー曲である「Hands up!! If you're Awesome」を発表。作詞をりゅうちぇることRYUCHELLが、作曲を音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」の
ケンモチヒデフミが担当している意欲作。踊るダンスも世界的に活躍する振付師たちを招集しPVも一流のスタッフを用意し撮影したという。

 りゅうちぇるは今回の歌手デビューまでテレビ出演をセーブし約1年の準備期間を費やしていたという。

 つまり今回のアーティスト活動転向はりゅうちぇるにとって「一世一代の賭け」ととることもできる。
ところが、残念なことに周囲の反応としては、りゅうちぇるの思惑とはやや外れ賛否両論。真っ二つの状態だという。

 制作されたPVは現在、YouTubeにも掲載されているが、コメントでは「真面目なのかふざけているのか中途半端」「なんか昭和臭がするな」と評価は芳しくなく全体的に低い評価となっている。

https://wjn.jp/article/detail/3233316/

続きを見る