スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

オリエンタルラジオ

1: 2017/07/22(土) 18:45:58.84 _USER9
オリラジ中田敦彦「よしもと退社独立」騒動をついに語る
7/22(土) 16:00配信

長女(3)を乗せた自転車が颯爽と坂道を下っていく。今朝はパパがお見送りだ。
午前8時半、いつもの場所から迎えの幼稚園バスが発車すると、
オリエンタルラジオ・中田敦彦(34)は、やさしい笑顔で手を振った。

松本人志(53)への批判発言で渦中の中田は現在、騒動に関しての発信を絶っている。
その沈黙は、ある覚悟の表われだと芸能関係者は話す。

「現在の吉本興業・大﨑洋社長は、ダウンタウンの育ての親。中田は吉本退社を覚悟して
一連の発言をしている。 じっさいに、会社から止められてもSNSでの発言をやめなかった」

5月中旬以降、さすがにSNSの更新をやめた中田だが、
妻の福田萌(32)も独立を応援していると、お笑い関係者は言う。

「恐妻家の中田は、いつも妻に仕事の相談をして決めている。
独立には、嫁のほうが積極的だという噂がある」

騒動の発端は、脳科学者の茂木健一郎氏(54)がツイッターで「いまの日本のお笑い」を批判したこと。
松本は即座に反論したが、中田は茂木氏に同調した。
テレビ番組で茂木氏が松本に直接謝罪したあとも、中田は茂木氏を擁護する発言をブログに記した。

慶大卒のインテリ芸人・中田が、帝王・松本に弓を引いたのだ。7月中旬、本誌は娘を見送った中田を直撃。
中田は穏やかに語り始めた。

ーー吉本を退社して、独立すると聞いたが?
「いや、ないです、ないです。円満にやらせてもらっていますよ」

ーー吉本に、いづらくはない?
「仲よくやってくれよと、吉本としては思っているんでしょうけど、
僕も表現者として、考えを表現していくのは普通のことだと思っていますから」

ーー具体的にマイナスになることは?
「いまのところはないです。吉本サイドとは、しっかり話もしましたし」

ーーこれからもオリエンタルラジオとしてやっていく?
「もちろんです。辞めないですよ。(相方の藤森慎吾は)今回のことを心配していましたね」

ーー奥様はなんと?
「基本的に、すごく応援してくれているんで。彼女も心配はしていましたけどね、やっぱり。
松本さんとは、まだしゃべってないので(笑)」

ーー吉本に残って、今後心配はない?
「辞めろとは言われないと思いますよ。ただ、それは現時点でのことで、これからどうなるかはわからない。
皆 さんにはスリリングに楽しんでいただければいいかな。今回のことはノンフィクションでありフィクション。
今後どう展開していくか、僕もハラハラしながら楽しむしかないですね(笑)」

進むも覚悟なら、残るも覚悟。中田は覚悟を持って残留するようだ。
(週刊FLASH 2017年8月1日号)

7/22(土) 16:00配信 SmartFLASH
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170722-00010004-flash-ent

続きを見る

1: 2017/06/08(木) 09:51:34.32
「オリエンタルラジオを担当していた30代前半のマネージャーが、オリラジの担当だけでなくマネージャー業そのものから外された」(別のお笑い関係者)

前出のお笑い関係者は
「松本本人というより、松本至上主義の幹部やスタッフに反発している若手芸人は多いが、彼らも声を出しにくい」

吉本関係者は
「社長が中田に『松本に謝れ』と言うようなことはない。マネージャーが異動になったのは事実だが、通常の人事異動」と語るが、

(週刊FLASH 2017年6月20日号)
6/8(木) 6:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00010000-flash-ent


続きを見る

1: 2017/06/06(火) 16:20:38.94
オリラジ中田「会社から松本人志への謝罪を強要」発言に「作り話」説が浮上

 オリエンタルラジオの中田敦彦が、大先輩である松本人志に対する批判を繰り広げたことが波紋を呼んでいる。

 発端となったのは、脳科学者・茂木健一郎氏による「日本のお笑いは終わっている」発言。

 この発言に共感したという中田は、その後のお笑い界からの茂木氏へのバッシングについて、
4月15日にブログで「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」と松本人志ら“メジャーな先輩”たちを批判していた。

 以降、取り立てて話題にならなかった「松本人志批判」だが、5月28日に放送された「らじらー!サンデー」(NHKラジオ第1)で中田本人が、
吉本の内部で大騒動に発展していると明かした。

 同番組の冒頭で「すごいんですよ、騒ぎ方が」と切り出した中田。所属する吉本興業から、松本に対する謝罪を強いられていると告白した。

 番組放送後、ネット上でも「中田は干されるのでは?」といった心配の声が散見されるが実情はどうなっているのか?

「実際のところ、社内的には一切問題になっていませんね」

 と話すのは吉本興業関係者だ。彼が続ける。

「NHKのラジオ番組の前日にコンビで出演したトークショーでも『幹部数人と社長に謝罪を強要された』と言っていたみたいですが、
話を盛ってるどころか『作り話』に近い話だって聞いてますよ。どこに落とし所を持っていくか、中田に期待しています」

 果たして真相は──。

http://www.asagei.com/excerpt/82299

続きを見る

1: 2017/06/04(日) 10:44:59.58 _USER9


 ダウンタウンの松本人志を暗に批判したオリエンタルラジオの中田敦彦が、会社幹部から謝罪を要求されていることを暴露したことで、吉本興業内が大騒動となっている。吉本は必死に鎮火を図っており、何事もなかったことにしようとしているが、一部幹部が中田に激怒していることは事実だ。ただ中田は一歩も引くつもりはなく、今後干されてしまう可能性が高まっている。

(略)

 この問題が解決するためには、中田が松本や幹部らに謝罪するほかはないのだが、芸人仲間は「謝ることはないでしょう。『ビビット』での辛口コメントが受けた中田は、強い者に噛み付くことに快感すら覚えている状態」と言う。となれば、今後中田の立場が危うくなるのは確実だ。「すぐに干したら吉本がバッシングされてしまうため、今後徐々に時間をかけて、テレビ出演させない方向になるだろう。それぐらい吉本の幹部は中田に怒っている」(テレビ局関係者)

 中田の下克上は成功するか、それとも潰されてしまうのか。

※画像は、中田敦彦公式サイトより

https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_52622/

続きを見る

1: 2017/05/30(火) 14:57:56.01
オリラジトークライブ行った人のレポ

>松ちゃんはピース綾部と飲んでる時に中田の話になって、綾部が代わりに電話して中田の意見を聞くって事になって
電話して「早く謝った方がいいぞ」て綾部から言われたけど、「僕は悪い事言ってないから謝りませんよ」と言って、
それをそのまま綾部が松ちゃんに伝えたらしい。

そしたら数日後に知らない電話番号から電話があって、嫌な予感したから着信拒否にしたらダウンタウンのチーフマネから電話あって
「今のは松本さんだ!すぐにかけなおせ」て言われたけど、「嫌です」て断ったらついに社長に呼び出されたって。

続きを見る

1: 2017/05/29(月) 09:30:34.62
オリラジ中田「茂木健一郎を擁護し、暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ、吉本が全社をあげて大騒ぎし幹部と社長に謝れと言われてるところ」

「僕の意思としては謝らないと。人志松本に謝らない話、謝らなんなぁー言うてるところです」

「(ブログについて)世間は騒いでない。吉本内部だけ騒いでる」

http://youtu.be/Ci7WTz-2208

(冒頭すぐ)

続きを見る

1: 2017/04/17(月) 03:08:26.19
オリラジ中田、茂木健一郎の「お笑いオワコン論」支持!

2017/4/15 22:56

メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました。
一連の騒動の中での茂木健一郎さんの発言「日本のお笑いは空気を読み過ぎなんじゃないか。
大御所が面白いと言うか面白くないと言うかで価値が決まる」はすごくいい発言だなと思って、私はしばらく様子を見ていたのです。

茂木さん負けるな!と思っていたところ、大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました。

大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに。なんで「ほら、これですよ」と言えなかったのだろう。まあ、あの場では言えないか。怖いですもんね。

茂木賛成派の私としては、茂木さんの意見が誤解されてヒステリックに反論されているのがいたたまれないので、分析してお届けしたいなと思います。

http://lineblog.me/atshikonakata/archives/365006.html


続きを見る

1: 2017/01/06(金) 18:51:47.68 _USER9
 芸能界の“ご意見番”化しているお笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が新年早々に自らのコメントで一部炎上を招いた。

 中田は4日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、昨年大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」での出演者陣の差し入れについて言及。「どこどこの者でございます。差し入れでございます…ってすごいですよ。平安時代かなって、そういう儀式がすごい」と、豪華かつ“儀式”的だったことを驚きをもって話した。

 これがインターネットでニュースとして報道されると、読者は「差し入れ、ドラマとかでも普通だよね」「差し入れ文化いいよね」「こう言う小さい気遣いとかはいいよね」「常連になったら毎年違うのとかこったの選ぶのとかめんどくさそう」などと話題になった。ただ、差し入れに対して好意的に受け止める読者がいる一方で、中田の発言に「何様?」「調子乗りすぎ」「コメントが上から目線」「差し入れという風習を皮肉るにしても、もう少し面白い例えが欲しかった」などと批判の声も多く、中田が一員でもあるRADIO FISHのパフォーマンスに対しても辛口のコメントがつづられ、やや炎上気味となった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000010-ykf-ent

続きを見る

1: 2016/11/30(水) 06:42:40.07 ID:H/ViKvDa0
藤森慎吾「ちょっと待ってちょっと待ってオネェさぁ~ん!」

中田敦彦「(俺達で使い潰してやる…)」


この人間のクズ


続きを見る

1: 2016/12/01(木)17:34:03 ID:nud
中田とかいうやつ調子乗りすぎやろ


続きを見る

1: 2016/10/29(土) 06:48:55.46 _USER9
10月27日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、司会を務める俳優の坂上忍(49)が、元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)逮捕の際に、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が出したコメントを批判。
これにフットボールアワーの後藤輝基(42)、岩尾望(40)も同調する場面が見られた。

この日は10月25日に薬物所持で高樹容疑者が逮捕された事件を解説。その中で中田が『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、
「7年前に千葉で同じような生活をしていた高樹さんのロケに行ったんですけど、やっぱりそのときからちょっと怪しいなとは思ってました」とコメントしていたことを紹介した。

これについて坂上が後藤に「ちょっと俺、聞きたいんだけどさあ、先輩でしょ? この子は大丈夫なの?」と意見を求めると、
後藤は「多少の後出し感はありますけど」と同意。中田に違和感を持っていると明かした。

さらに坂上も「(高樹容疑者が)こういうことになって、7年前に“怪しいな”って、それはないだろ!」と、7年前の印象を持ち出してきたことを批判。
岩尾も、10月7日に放送された『爆報!THEフライデー』(TBS系)で中田と共演し、石垣島に移住した高樹容疑者の生活に密着取材したときのことを振り返り、
「そのときは、(中田は)こんなこと言ってへん」と発言。中田の高樹容疑者を“怪しく思っていた”という発言に疑問を呈していた。

「最近はお笑い芸人としてより、コメンテイターとしてのテレビ出演が多い中田ですが、“上から目線”の発言が多く、たびたび炎上していますね。
今回のコメントも怪しく思うのは人それぞれだと思うのですが、7年前の話を持ち出すのは、さすがに無理矢理な感じがします。
説得力を持たせようと、ちょっと焦ったんでしょうか。コメンテイターは本業ではないのだから、そこまで頑張らなくてもいいとは思うのですが」(芸能誌記者)――あっちゃん、今回はちょっと勇み足?

http://dailynewsonline.jp/article/1219054/
2016.10.29 06:00 日刊大衆


続きを見る

1: 2016/09/29(木) 12:07:35.06 _USER9
9月22日に放送されたインターネット番組「Kissうぃ~ね!」(AbemaTV)で、オリラジ藤森慎吾が今までの人生経験から「軽い女がやりがちな行動」
について言及するも、それを聞いた女性たちから大ブーイングを食らってしまった。

この日はキスに関する男女の考え方の違いを検証するコーナーを放送。
その中で、「部活の休憩中に女子が自分のドリンクを回し飲みで間接キスしてくれたら、気があると思うのはアリorナシ?」というお題について討論した。

ここで筧美和子や青山あみといった女性出演者全員が「(気があると思うのは)ナシ」、藤森をはじめとした男性出演者たちは「(自分に気があると思うのは)アリ」と、
男女で主張が食い違う結果に。これについて藤森は「男がどんな思いでいると思う? キスしてるのと一緒だよ!」と持論を展開するも、女性出演者たちはその行為に何の感情もないと返答した。

すると藤森は、「俺はそんな軽い女はヤだな! 逆に軽いね! それは軽い女だよ、ホントに」と、女性出演者たちを軽い女だと断定するような発言。
さらには、「いるんだよ、いるんだよ、居酒屋とか行っても、
何か『ひと口もらってもい~い~?』とか言って飲んでくる女! あいつらロクな女じゃないよ!」と、やや暴走気味に熱弁した。

しかし居酒屋での試し飲みについては経験者も多かったようで、「いや、純粋にどんなの味なのか単純に知りたいだけでしょ」
「それぐらいで勘違いする男は逆にアブない」など、賛同はまったく得られず。
それ以上に、チャラ男をウリにしていた藤森からの“ロクな女じゃない”呼ばわりに不快感を覚えた視聴者が多かったようだ。

最近は真面目な部分もウリにしている藤森だが、女性からの支持を得るにはまだまだ時間がかかりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1203195/
2016.09.29 09:59 アサジョ



続きを見る

1: 2016/08/16(火) 14:49:41.59
オリエンタルラジオx青山裕企写真集『DOUSEI-ドウセイ-』
http://natalie.mu/owarai/news/198284
オリエンタルラジオ初の写真集!
「もし、オリラジのふたりが一緒に暮らしていたら」
究極の変*写真集です!









続きを見る

1: 2016/08/04(木) 12:03:43.97 _USER9
7月29日放送の音楽番組「ミュージックステーション」に、オリエンタルラジオを中心に結成された音楽ユニット「RADIO FISH」が出演。
新曲を披露したが、その直後からネット上が大騒ぎだ。

RADIO FISHは6月22日に配信された楽曲「黄金時代」を皮切りに先月27日まで週1回のハイペースで楽曲を配信中。
今回はその中でR&Bシンガーの當山みれいとコラボした楽曲「GOLDEN TOWER」をテレビ初披露した。

同楽曲の完成度は「PERFECT HUMAN」をも超えると、番組でも盛りすぎの紹介がされていたが、
音楽ファンからは「あきれた」との声が連打されている。

「同曲は藤森慎吾のラップに女性ボーカルが加わったことで、今までとは一味違った印象で、キャッチーな振り付けが一部の若者へのウケはいいようです。
ただ『PERFECT HUMAN』同様に、こちらにもパクリ疑惑が急浮上。
またまた韓国人のアーティスト・PSYの楽曲『DADDY』のメロディと酷似しているという指摘が大量にアップされました」(音楽ライター)

コメントの一部を拾ってみると、「まさかまたパクるとは」「PERFECT HUMANだけで止めておくべき」
「これでオリジナルって泥棒じゃね?」「本気で韓国に怒られそう」など、さすがに露骨だと批判する声だらけ。

「タモリから『PERFECT HUMANほどはヒットしてないだろ?』とツッコまれると、中田敦彦は『今夜事件が起きるんですよ』と返答していたが、その予告どおりとなってしまいました(笑)。
パクリというより、わざとPSYの楽曲に似せてきている可能性が高い。
7月6日に配信された楽曲も『あの日見た神様の名前を思い出していつかきっと泣いてしまう』という人気アニメのタイトルに被せた楽曲ですし、
オリラジにとっては話題性を出すための想定内の炎上かもしれません」(エンタメ誌記者)

しかし、6~7月配信の新曲で話題になっているのは今回の「GOLDEN TOWER」ぐらい。
それもパクリ疑惑が浮上し、音楽ファンからの総スカンは間違いなし。
RADIO FISHが悲願とするNHK紅白歌合戦への出場は胸を張って「オリジナル」と言える曲で目指してほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1174451/
2016.08.04 09:59 アサ芸プラス

https://youtu.be/V7Nizgi4Gec



続きを見る

1: 2016/06/26(日) 08:41:38.51 _USER9
 あやまんJAPANのあやまん監督(37)が、6月16日にバラエティ番組『ヨソで言わんとい亭』(テレビ東京)に出演し、楽曲でコラボしていたオリエンタルラジオの藤森慎吾(33)に突如として「共演NG」を言い渡されたことを明かした。これに世間から「調子のいい時は一緒に稼いでおいて酷い」と、藤森への批判とあやまん監督への同情の声が上がっているようだ。

 あやまん監督はデビュー曲『ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー』の着うたや着ボイスがヒットした裏話を語った後、2011年からコラボしていた藤森について触れた。「私たちはぽいぽいの後に“チャラ合いの手”で今後も活動できるのかなって思っていたんですが、急に藤森さんが、あやまんJAPANとの仕事をNGに。マネージャーさんに『沈みかけの船に一緒に乗りたくない』(と言われた)」と、藤森が当時ピークを迎えていたあやまんJAPANとの活動を見限ったことを明かした。

 これには世間から批判的コメントが続出。「先がないとなるとすぐNG? 露骨すぎる」「さすがにこれはひどい……。何も共演NGにせんでも」「沈みかけの船というか、これは藤森が沈めてるだろ」と疑問の声が噴出した。

「あやまんJAPANは『失恋ベイビー』という藤森とのコラボ楽曲の発売記念イベントの際、藤森が現れず『おまえらとは絶縁だ』『一夜限りだ』と言われたというエピソードを笑い話として語っていたことがありました。藤森とあやまんはキャラ的にも良い関係に見えたので、ネタではなくそれが藤森の本音だったということにビックリです」(芸能誌記者)

 藤森の手のひら返しに厳しい声が上がっているが、あやまんJAPANの現状を考えると、先見の明があった!?

http://taishu.jp/23024.php

続きを見る

1: 2016/06/17(金) 11:28:07.48 _USER9
南海キャンディーズの山里亮太(39)が、17日未明のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に電話で出演し、
嫌いなタレントを「オリエンタルラジオの中田敦彦」と発表した。

同番組で毎年恒例となっている山里が嫌いな芸能人を発表する時期がやってきた。
2013年には山里が「芹那が苦手」と同番組で暴露して話題に。

そうしたなかMCの矢作兼(44)に「普通に嫌いな人がいるの?」と水を向けられると山里は「はい、います」と、ちょっと酔っ払っているとしながらも
「僕が嫌いな人は、お酒と関係なく普通に嫌いなんで、言っても大丈夫ですか。
オリエンタルラジオの中田敦彦です」と堂々と宣言。

矢作が「あっちゃん嫌いて言われてもさあ」と笑うと、「なんか皆さん、今、鼻につきません?」とやった。
これに、おぎやはぎの2人はほとんど反応せずに山里の出番は終わった。

名指しされた中田は、オリエンタルラジオとしてお笑いの活躍だけではなく、
アーティストとしても新曲「PERFECT HUMAN」で4回目のブレークを果たした。
テレビ朝日系「ミュージックステーション」にも出演し、同曲のユーチューブ再生回数はすでに3690万を超す。

慶応大学出身の高学歴でインテリ芸人、イクメンとしても話題になり、
ワイドショーのコメンテーターも務めご意見番としてビビットな発言を発信している。

そんなパーフェクトな男が嫌いという山里…。これに中田が黙っているとは思えず、2人の対決が注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000019-tospoweb-ent
東スポWeb 6月17日(金)11時16分配信



続きを見る

1: 2016/06/08(水) 13:07:54.21
オリラジ中田、テリー伊藤と激論
2016.6.8(Wed)


オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が8日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、ダブル不倫謝罪をした元ファンキーモンキーベイビーズのソロ歌手・ファンキー加藤(37)を巡り、テリー伊藤(66)と激論を繰り広げた。

 中田は前日のファンキー加藤の会見を「見本みたいな事後処理」と評価。その上で、対応のうまさに幻惑させられることを危惧し
「だからって全部OKっていうのもおかしい。
間違いないのは、奥さんの妊娠中に不倫を決意したのは、加藤さん」と、不倫に対して露骨な嫌悪感を見せた。
 だがテリーは「ローリング・ストーンズ」が73年に発表した「悲しみのアンジー」(原題Angie)を引き合いに、
「ミック・ジャガーがデヴィット・ボウイの奥さんのアンジーと浮気したじゃない。それを『アンジー』って曲にして、最高にいい歌を歌ってる。ミュージシャンってこういうの持ってていいと思う」と擁護。

続きを見る

1: 2016/05/25(水) 11:03:32.54 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 5月25日 9時33分配信

 オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が25日、TBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に
生出演。24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で2年ぶりにメディア登場したSTAP細胞論文の著者で
理化学研究所の元研究員小保方晴子氏(32)について言及した。

 同誌で、小保方氏は作家の瀬戸内寂聴氏(94)と対談。うつ病で通院する以外はほとんど外出することは
なかった…などと騒動後の2年間について明かした。

 中田は小保方氏について「したたかだし自己陶酔が強いタイプ。(久々のメディアへの)登場の仕方も
大胆ですし、人前に出るのが好きな人だなと思う」とコメントした。

 テリー伊藤(66)は「手記『あの日』と『婦人公論』も2回読ませてもらったが、大きなシャボン玉の中に
ずっといるみたい。ふわ~と、現実世界からちょっと離れたような感じ」と独特の表現で印象を語った。

 また、テリーは14年8月に自殺を図って亡くなったSTAP細胞論文の共同執筆者だった理化学研究所
発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長について小保方氏が言葉を避けていると指摘し、
「寂聴さんにお願いがある。もちろん弱者の味方というのはわかりますが、笹井さんの奥様や(手記『あの日』内で
小保方氏に批判されたSTAP論文共著者の)若山照彦氏の奥様も辛い立場にいる。寂聴さんには2人とも
会って話を聞いてもらいたい」と持論を述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00000078-spnannex-ent

続きを見る

1: 2016/05/11(水) 12:26:38.60
お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、14日に放送される中京テレビ『太田上田~ファン感謝祭~』(土曜 深1:00)に登場。
不倫騒動で芸能活動を休止中のタレント・ベッキーが『週刊文春』に手紙を送った件で、
お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と“場外バトル中”の中田は「今、宮迫さんにキレられそうになってる。怖いんですよ。
(ネットで見ると)怒ってるらしいんです」と冗談まじりに心境を明かした。

事の発端は、4月27日に中田がTBS系『白熱ライブ ビビット』で「手紙ってプライベートで奥さんに渡すとか文春に渡すっていうためのものであって、
それが間接的に伝わっているところが、ちょっとあざとく感じちゃんですよね」と発言。
これを受け、同29日のフジテレビ系『バイキング』で宮迫が「憶測でヒドいことを言うな。今度あったらキレてやろうと思う」と、怒りをぶちまけていた。

これについてすっかり他人事の太田光は「ややこしいことになってきてるよ」と楽しげ。
「確かに、ボクも語気が荒くなりすぎたところはある」と反省する中田を尻目に「宮迫にはどういう気持ちなのか、言っておいた方がいいよ」といつもの悪ノリを開始。
気持ちを勝手に代弁された中田は「そんなことボク思ってないですよ! そんなこと言ったら、僕おしまいですよ」とタジタジになっていた。

太田とくりぃむしちゅーの上田晋也が名古屋を巡りながら自由奔放にトークを繰り広げる“5分間ミニ帯番組”。
放送翌日に配信している番組HP・アプリからの動画視聴も、開始から100万回再生突破するなど、じわじわ人気を集めてきたが、
満を持して今回、1時間特番で放送される。もともとのフォーマットそのままに3分×15ロールと型破りなフォーマットで拡大。
番組のファンだという中田が加わることでどのような化学反応が生まれるのかにも注目だ。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/oricon-oric2071454/1.htm
2016年5月11日(水)10時0分配信 ORICON STYLE






http://www.youtube.com/watch?v=w6WFq_ND85A


いいなCM アンファー スカルプD 雨上がり決死隊

続きを見る

1: 2016/05/05(木) 08:23:10.57
オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が4日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、
不倫騒動で芸能活動休止中のベッキー(32)の文春への手紙は「不誠実でずるがしこい対応」と、改めて強い口調でコメントした。
その上で、芸能界では「僕は少数派ですよ。いろんな番組で擁護している意見が多い」とマイノリティであることを明かした。

中田は先週の同番組で、ベッキーが騒動の発端となった週刊文春編集部へ直筆の手紙を届けたという報道に対し、
「あざとく感じる」と語った。その発言にMCの真矢ミキ(52)は「最低限の礼は尽くしてる」とフォロー。
不倫したことを公的に認めるべきだという中田に「あっちゃん、私たち何も被害被ってないし」というやりとりがあった。

さらに同じ事務所の先輩である雨上がり決死隊の宮迫博之がフジテレビ系「バイキング」で、
「憶測でそんなひどいこと、よく言うな」と怒りを口にするなど、中田自身への批判が持ち上がっていた。

番組には先週の放送後、かなり多くの意見が寄せられ、8対2で「あっちゃんよく言ってくれた」というものだったという。
真矢は「私も読みました。ボコボコに書かれてました」と苦笑い。
「“真矢さんも言いなよ”とか“報道に向いてない”とか」と、寄せられた意見の一部を明かした。

中田自身も「大先輩からもビビットや記事を見て、いろんなこと言っていただいた。僕の中で、擁護派の方がいるのわかる。
それほど長きにわたってベッキーはイメージのいいタレントさんだった」と、反響が大きかったことを明かした。

この日も中田の「不誠実でずるがしこい対応。公的に説明するべき」という発言に対し、真矢は「公的に謝れというとのは違う」と持論を展開。
「まず奥様に謝るべき。そして迷惑をかけたお仕事関係、ファンには謝っても、私たち全員に説明なくてもいい」と、中田が求める記者会見には首をかしげた。

だが、中田はわざわざ手を挙げて発言機会を求めると、再度「公的な説明は必要」と反論した。
国の仕事をし権力を持った公人に準じ、ベッキーは準公人で影響力を持った人であると定義した中田。
「その影響力に企業はお金を払っていた。なぜそんな力を持っていたか。国民の信任に由来している。
いろんな人がベッキーが素晴らしい人間で、実績があるからと信じていた。その言葉を信じてたんです。それを裏切った事に対して説明する責任がある」と語気を強めた。

そんな中田を、真矢は「でもあっちゃんも準公人なわけですよ。とても影響力ある方なんですよ。だから“あざとい”という言葉を使うと、国民を誘導してしまう」とたしなめた。

しかし中田は「だけど僕は少ない派ですよ。いろんな番組で、擁護している意見が多いじゃないですか」と、芸能界ではマイノリティであると主張。
「各番組でベッキーもそろそろいいじゃないかという意見が多くて、それすらも誰かを傷つけてると思う。だから僕は意見を曲げたくない」と意思を貫き通していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000043-dal-ent
デイリースポーツ 5月4日(水)12時15分配信

https://youtu.be/EvBk-MPOXHE




続きを見る