スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

キングコング

1: 2018/06/16(土) 19:22:00.93 _USER9
キンコン梶原「怖がってくれていい」周囲ドン引き…妻への「束縛10カ条」
2018年6月16日 11:20 スポニチ Sponichi Annex 野球
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/16/kiji/20180616s00041000187000c.html

「キングコング」の梶原雄太



お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(37)が14日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ?スター近況(秘)報告?」(木曜深夜0・17)に出演。
妻への独占欲が強いあまり、10カ条の束縛事項を設けていたことを明かし、共演者がドン引きする場面があった。

MCの「次長課長」河本準一(43)から「10カ条を作って。(妻への)束縛がきつい」と暴露された梶原。
周囲から悲鳴があがる中、「存分に怖がってくれていいんです」と切り出し、「とりあえず絶対禁止だった」として挙げたのが「男性の医者は禁止」と明かした。
救急でも例外ではなく、この日スタジオに登場した妻によると、「そこは女の医者なの?」と確認の連絡が入るという。

さらに妻が「これはきつい」と思う条項としたのが、同窓会出席の禁止。「同窓会は今でも禁止なんですけど。だから行ったことないんです。最近は連絡も来なくなっちゃって」と嘆いた。

梶原は「(芸能リポーターの)井上公造さんが、一番不倫が行われるのが同窓会って言うてたんで」と釈明したが、周囲は納得がいかない様子。
MCのタレント・堀田茜(25)も「絶対いやです。夫婦の信頼関係がないなって思っちゃう。不安な人って自分が浮気するから束縛するんです」と、あ然としていた。

続きを見る

1: 2018/06/08(金) 00:12:35.84
井上純一(希有馬)
@KEUMAYAフォロー
今日、飯田先生に言われるまで、気が付かなかったデスヨ。 pic.twitter.com/m9hyQOBSCx
2018年6月7日(木) 22時37分05秒
リツイート: 2,343お気に入り: 1,776


続きを見る

1: 2018/06/07(木) 14:44:47.99
西野亮広“借金3億円”返済への募金を一旦中止
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00231926-nksports-ent
“借金3億円”の返済に向け寄付金を募っていたキングコング西野亮広(37)が、借金について
「一部、誤解を招く表現や演出があった」として謝罪し、寄付金の受付をいったん中止するとした。

絵本作家としても活躍する西野は、従来の美術館とは異なるテーマパーク的な要素を詰め込んだ
体験型の美術館を建設する計画があり、その費用のため「3億円の借金を抱えた」とブログで
告白。借金返済に向けて寄付金を募っていた。

しかし、7日にブログを更新し「美術館建設の件でご迷惑とご心配をおかけしております。一部、
誤解を招く表現や演出があった点、本当にごめんなさい。また、手法についても、こちらの非が
多々あったことを認識しております」と謝罪した。

借金については、現状は「3億円の借金ができるメドが立っている」段階だと訂正し、「3億もの
借金が可能とは思えない法人において、すでに借金の契約を結んだとも取れるような表現をして、
寄付を募ったことは、誤解を大きく招いてしまい、また寄付をしてくれようとする方も不安に
思わせてしまうやり方であったと深く反省しております」とした。

美術館の建設計画については「もちろん、美術館を作るという目的に関しては遂行するつもりで
(今月末に土地の契約に入ります)、詐欺の意図は一切ございません」と強調。

しかし「そう思われても仕方ないやり方をしてしまいました。僕の軽率な行動により、美術館建設を
応援してくださる方までもが非難されてしまう状況だけは避けたい」として、寄付については「いったん
ストップして、一度仕切り直させてください」とした。

続きを見る

1: 2018/06/05(火) 13:47:29.42 _USER9
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806050000419.html
2018年6月5日13時9分

 絵本作家としても活躍するキングコングの西野亮広(37)が、美術館建設のため抱えたという借金3億円の返済に向け寄付金を募った。

 西野は4日、「【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える」のタイトルでブログを更新。「オンラインサロンメンバーと話が盛り上がってしまい、『えんとつ町のプペル美術館』を地元・川西に作ることになったのだ」と、従来の美術館とは異なるテーマパーク的な要素を詰め込んだ体験型の美術館を建設する計画が持ち上がっていることを報告し、その費用のため「今現在まるで貯金がないのに、3億円の借金を抱えた」と明かした。

 その上で「キミはどうするつもりだ? このまま僕を見殺しにするのか? それとも、僕を助けるのか?」と問い掛けた西野。募金用の銀行口座を示して「キングコング西野は今、死にかけている。これまでどおり生きていれば抱えなくてもよかったハズの借金3億円をノリで抱えてしまい、あらゆる関節が震え、激しい下痢に襲われている」と訴えた。

 西野は4日に行われた「SHOWROOM」の新番組発表会で、自身の借金を返済する企画をぶち上げたが、「借金返済が番組の企画になっているがガチ自腹だからな。3億円の『ゴチになります』だ」と強調。「たった100円で救える命がある。300万人が100円ずつ募金すればいいのだ。とりあえず、このブログは絶対にシェアしろや」「死ぬぞマジで! なんとかしろや!!」と上から目線で哀願した。

続きを見る

1: 2018/03/10(土) 14:00:31.87 _USER9
 キングコングの西野亮広(37)が、海賊版漫画サイトの問題にコメント。「対策なんて、難しくも何ともない」と呼びかけた。

 現在、漫画を無料で違法アップロードする海賊版サイトに批判が殺到している。西野は9日、この問題についてブログを更新。「公式が無料公開して、新たなマネタイズの方法を作ればいいのではないか」と指摘するクリエイターによるツイートを引用して、同意を示した。

 西野は16年10月に出版した絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開した際、「子供たちが、作品に対価を払う意識を持たなくなってしまうのではないか」「無料が当たり前になったら、業界が疲弊する」などの批判が寄せられた。

 西野は、「去年の今頃は、『公式の無料公開を批判しちゃう感覚を捨てないとマズイことになるよ。無料化は加速するし、止められないから、公式が先回りして、入り口を無料にして、あとあとマネタイズできるモデルを作っておいた方がいいよ』と叫んだけれど、まったく届かなかった。『津波が来てるから、丘に登れ!』と叫んでも、『目立ちたいんですか?』『炎上商法ですか?』と片付けられた」と振り返っている。

 「えんとつ町のプペル 」は無料公開によって注目を集めて、むしろ累計発行部数30万部を突破するヒットを飛ばした。西野は、海賊版漫画サイトの問題について「対策なんて、難しくも何ともない。耳を傾けてもらえば、半日で片付く話だ。ただし、聞く耳を持たない人は助けることはできない」と呼びかけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00146110-nksports-ent

続きを見る

1: 2018/02/04(日) 16:40:11.95 _USER9
 お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣(37)が企画した「あらためて新成人を祝う会」が4日、横浜港大さん橋国際客船ターミナルで行われた。同イベントは、何らかの事情で成人式に出席することができなかった新成人が対象。先月8日「成人の日」に突然、営業を取りやめた振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」の被害を受けた人など約100人が参加した。

 西野が「はれのひ被害」に遭った新成人に対して、「大人になる日に大人が裏切ってしまったことを、同じ大人として、とても申し訳なく、そして恥ずかしく思っています」(ブログから)という思いを持って始まったこの企画。着付けやヘアメーク、写真撮影など、60以上の企業のスタッフと、ボランティアら、計約300人が協力し、新成人に笑顔を届けた。

 晴れ着姿を披露した新成人には、スタッフや家族から「おめでとう!」という温かい声とともに、大きな拍手が送られた。

以下
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00116929-nksports-soci

続きを見る

1: 2018/01/07(日) 09:49:12.39
キンコン西野「貯金2億円」発言で“総スカン”危機

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/878164/

 12月3日深夜オンエアの「EXD44」で西野は「すっごいお金を最近、稼いでいます」と口にし、貯金額を聞かれると、口ごもりつつも「貯金2億(円)です」と答えた。

 テレビ局関係者がこう明かす。

「東京・新宿にある吉本興業東京本部には大きな中庭があるのですが、そこに昨年12月、巨大クリスマスツリーが登場したのです。実はこのクリスマスツリーは、企画から製作まですべて“西野プロデュース”によるものなんです」

 しかも、西野が自身のブログでも明かした通り、このクリスマスツリーとともに飾られた多数の小物とライトも、彼自身が新たに購入したものか、製作したものだという。

 さらに、出版業界に革命を起こそうと、オンラインサロン(ネット上の会員制コミュニティー)やクラウドファンディング(ネットを通じた事業資金調達)を推奨するなど、今や西野は“エンタメ業界の革命児”とさえ言われている。

 どうやら西野は本気でディズニーを超えることを狙っており「報酬よりも自分のやりたいことをやっていく」と、自己プロデュース論を周囲に語っている。つまり貯金が2億円あるから、好きな仕事をしていくというワケだ。

 実際に西野は、凋落ぎみのテレビ業界に軸足を置こうとは考えていないようで、今後は絵本や出版事業の他に、自身が考える新たな“仮想通貨構想”などの実現に向けて取り組んでいるとか。

「プライベートでの交友関係も、芸人や芸能人よりもIT関係者や実業家が中心ですからね」(前同)

 こうした大いなる野望を掲げる西野だが、この「2億円」発言をきっかけに、これまでの炎上発言や、問題発言までも取り沙汰されるハメに。

 10年前、西野は「ひな壇に出るのはやめます」と宣言し、前出の同番組でも11月中ごろの放送でその真意を語った。この時には「向いていないことをあまりやらなくていい」などと話していた。この言葉はひな壇芸人たちの耳にどう響いたか?

「聞きようによっては、やゆされていると取れなくもない発言。お笑い界の先輩芸人たちの耳にも入っており『不愉快だ!』と怒っている者も少なくない。西野自身が、芸人からの成り上がりなのにちょっとね。
今は2億円の貯金があるからいいですが、もし金銭的に困った時、誰も助けてくれませんよ」(芸能プロ関係者)

 西野の性格から「先輩芸人らの嫉妬など意に介していない」(前出芸能プロ関係者)そうだが、周囲からは大ヒンシュクを買ってしまったとみられる。

 ビッグマウス発言の度が過ぎると、外敵を増やすことになる。野望達成の前に、誰かに足を引っ張られることにもなりかねない。

 西野の前途は、意外にも多難のようだ。

続きを見る

1: 2017/11/02(木) 06:26:45.79 _USER9
「彼は、自分が受けたインタビューの文章が気に入らないと、フェイスブックで担当ライターの名前を挙げて吊し上げるんです。
彼いわく『言ったことをそのまま書け』とのことですが、ライター当人だけでなく媒体としてもその条件は、受け入れられるわけがありません」

西野への苦言は続く。

「さらに彼は自分に関する記事を署名入りで書いた女性ライターの顔写真を無断でブログに転載して、彼女のライターとしてのキャリアを嘲笑している。
『ウソをつかないスタンス』は結構ですが、こうした『ライター蔑視の態度』は改めてもらいたいものです」

この苦言を西野はどう受け止めるか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13834169/
2017年11月2日 5時59分 アサ芸プラス

続きを見る