スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!

1: 2019/03/31(日) 02:57:53.24
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の特別編「ガキ使プレミアムズ 人気アーティストが最強企画にやってきたSP」が明日3月31日(日)に放送される。

今回は人気企画2本立て。芸能人が自身にまつわる“エピソードカルタ”を作り、ダウンタウンらがそのカルタで競い合う「カルタ争奪戦」、静かにしなければいけない図書館で参加者がさまざまな罰ゲームを受ける「サイレント図書館」が展開される。

「カルタ争奪戦」では、銀杏BOYZの峯田和伸が自身の体験談や「ガキ使」への思いを詰め込んだ44枚の手作りカルタを持参。
憧れの番組に出演できた喜びで冒頭から挙動不審になってしまい、途中にはダウンタウン松本に「恋に落ちた」と告白したり、月亭方正やココリコに「今まで本当にありがとうございます」と感謝を伝えたりする。
また峯田が番組をテーマに即興ソングを披露するひと幕もあるので、そちらもお楽しみに。

「サイレント図書館」に参加する片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は、頭に謎の装置を被せられたり、巨大な板を体に乗せられたり、なぜか大掛かりな罰ゲームばかり当たってしまう。ガキ使メンバーに混ざって果敢に体を張る片寄の勇姿に注目だ。

https://natalie.mu/owarai/news/325963

続きを見る

1: 2019/01/01(火)00:43:27 ID:HLo
ここ数年の笑ってはいけないで1番面白かった

続きを見る

1: 2018/12/31(月) 07:41:25.93 _USER9
――これまでの『絶対に笑ってはいけない』を振り返って、一番印象的だった場面は?

遠藤 やっぱり、離婚翌年の2008年に、仕掛け人として前妻の千秋さんが出てきたのが一番印象に残っていますね。

これまで親父、おふくろ、弟、今の嫁、それから口説き損ねた女性まで出てきたりと、プライベートな部分をかき回されたケースはいろいろあったんですけど、やっぱり前妻が出てくる以上の衝撃はないです。出てきたときは目を疑いましたね。

――普段の生活でも油断できないですよね。

遠藤 ここ最近はないんですけど、再婚前は、9月や10月くらいに「誰やコイツ」みたいな女性から誘いのメールがいっぱい来ましたね。これは本当なのか、はたまた『笑ってはいけない』のスタッフが送り込んでるのかわからないんですよ。結局はっきりしないまま年を越しました。でも、そこから連絡がないってことは、たぶん仕掛け人だったんでしょうね......。

それから、違う番組の楽屋にCCD(小型カメラ)っぽいものがあると気になったり。それでスタッフに聞くと、前の番組でつけてたやつを取り外してないだけだったとか。そういうビビりながらの生活はしてますね。

――去年の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で驚いたことは?

田中 去年でいうと、松本(人志)さんが脱糞したタイミングで年をまたいでるんですよ。それが大晦日にテレビで流れて、視聴者の方々はそんな映像を見ながら年を越してるわけじゃないですか。その状況がすごいなって思いますし、そういう番組に出させてもらってるのも光栄なことだなって感じますね。

――遠藤さんはどうですか?

遠藤 (月亭)方正さんが毎年蝶野正洋さんからビンタを受けてるじゃないですか。でも、昨年9月発売の『FRIDAY』の記事で蝶野さんが、「ビンタが問題になるご時世なんだから、今年はオファーがあってもビンタはしない」って言ってたんです。

それを見て方正さんが「『笑ってはいけない』が関わっていない雑誌で、オンエアのタイミングとも関係ない時期に言ってたわけだから、本当にビンタはないんじゃないか」ってずっとおっしゃってたんで、ないのかもしれないと思っていました。でも、まあ実際はありましたね(笑)。どこまでも油断できないという点で、これも忘れられません。

12/31(月) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-01078690-playboyz-ent&p=1

続きを見る

1: 2018/12/16(日) 14:54:55.18
http://news.livedoor.com/article/detail/15689671/

 松本は「ダウンタウン2人合わせて110歳。体力的にはきついですよ」と本音。
「撮っておいたらいいのにね。(撮影現場まで)ロケバスに乗るけど一言も誰も喋らない」と移動中に会話が全くないことを明かし、浜田も「今年はひどかったな。去年はちょろちょろっと話していたけど、今年は誰も喋らないで、シーンって」と裏側を語った。

続きを見る

1: 2018/12/07(金) 10:16:31.21
松本は
「(番組スタートから)5、6年経った時かな。吉本のお偉いさんが俺にちょっと話があるって。『ココリコをフットボールアワーに代えたい』って言われた」と告白。

 驚きを隠せないココリコの2人に「知らんかったやろ。俺、初めて言うもん」と苦笑い。

「(事務所は)フットボールアワーを売りたかったんちゃうかな。もうココリコはなしで、フットと代えたいってそこそこのお偉いさんから言われた」と続け、

「それは違うと。フットがあかんのじゃなくて、ガキの使いはこの5人が家族やから丁度良い。バランスが違うんや。ふざけんなって」と申し出を断ったことを明かし、「フットの方が面白いけど」と笑いを誘った。

 浜田も「俺は知らない。俺の耳に入っていたら、俺はフットにしていた」と悪ノリ。最後は松本が「2年前ぐらいに千鳥にしたいというのもあった。
先週はチョコプラに代えたいって。明日も話があるって言われている」と話を落としていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/04/kiji/20181204s00041000075000c.html

続きを見る

1: 2018/11/24(土) 08:35:35.15 _USER9
年末恒例の『ガキ使』特番も、今年で13回め。2018年は「お豆考古学研究所」が舞台だ。

「終了の噂が囁かれるが、視聴率は高く、DVDの売り上げも抜群。2日間拘束でダウンタウンのギャラは、一人約1000万円と待遇も悪くなく、まず終了はない。ほかの3人のメンバーのギャラはその10分の1ほど」(芸能プロ関係者)

「お笑い王」松本の天下だが、これを支えるのが豪華なゲスト出演者だ。

「夏ごろから、スタッフは会議を重ね企画を練る。話題になった人物ならではのネタを考案し、オファーする。

2018年はお騒がせ歌手S、大河女優Mが候補に挙がっていた。大物女優枠で斉藤由貴にオファーしたが、断わられてしまったようだ」(制作会社関係者、以下同)

一部報道では、元貴乃花親方の目撃情報が流れている。
彼も2018年の話題性は随一だ。

「収録には、扮装した有名アスリート親子や、最近SNS投稿が話題になった有名人O、刑事姿の兄弟俳優の兄のほう、日本アカデミー賞女優S、数々の中堅人気芸人など、豪華なゲストが参加した」

『紅白』の裏番組中、1位は揺るがない。

(週刊FLASH 2018年12月4日号)

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00010001-flash-ent

続きを見る

1: 2018/11/16(金) 09:45:31.14
 そんな3人をついに地上波も無視できなくなった模様。

同誌によると、3人には日本テレビ恒例の年末番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!」でオファーを出す動きがあったとか。

結局、古巣・ジャニーズ事務所への忖度で話が立ち消えになってしまったという。

 「ジャニーズの看板・嵐がグループでレギュラー番組を持つフジテレビと日テレはいまだに3人のイベント取材に来ませんが、ついに3人の勢いを無視できなくなってしまったのでは」(同)

 最初に、独立後に初めてどこの局が3人を起用するかが非常に注目される。
https://npn.co.jp/article/detail/15171285/

続きを見る

1: 2018/11/12(月) 20:19:51.98 _USER9
「11月初旬に、千葉県の廃校で、朝から1日がかりで撮影が行われました。廃校の入り口付近は警備員が配置され、どんな内容か外に漏れないように厳重に警戒していましたね。今回のシチュエーションは“考古学研究所”。

『ガキ使』の名物キャラ、番組の総合演出であるヘイポー氏を銘打った『ヘイポー財団法人お豆考古学研究所』という設定でした。

 地元の老夫婦らしきふたりが、撮影場所の正門あたりに来てしまってスタッフが慌てて制止するなどの小さなトラブルもありましたが、無事に撮影は終わったようです」(前出・芸能プロ関係者)

『笑ってはいけない』のおかげで、今年の大晦日も笑って過ごせそう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00013798-jprime-ent

続きを見る

1: 2018/11/12(月) 09:44:07.73
田中の本性を全世界に公開した時はさすがに笑ったわ

続きを見る

1: 2018/11/08(木) 11:31:01.49

続きを見る

1: 2018/11/05(月) 19:26:24.28 _USER9
https://www.j-cast.com/2018/11/05342957.html
2018/11/ 5 18:27


人気長寿番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年末恒例の特番「笑ってはいけないシリーズ」の準備が今年も始まった――?

ツイッター上で、番組の収録準備のためのバスではないか、とされる写真が注目を集め、拡散されている。バスの行き先表示板には「へいぽー財団法人 お豆考古学研究所行き」との文字が読めるほか、同番組の演出家・ヘイポーさん(斉藤敏豪さん)の似顔絵らしきデザインも写り込んでいる。この「バス写真」や年末特番について、J-CASTニュースが日本テレビに質問した。


続きを見る

1: 2017/12/27(水) 06:55:11.08 _USER9
ここ数年、民放首位は日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』の「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。第1部が17.7%、第2部が16.1%で他局を圧倒している。

意外な芸能人が仮装してダウンタウンらを笑わせようとするもので、今年は『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』を企画。関係者は例年以上に力を入れてキャスティングしているというが、かなり難航していたという。

「まず、毎年出演していたローラさん(27)から出演を断られました。所属事務所が断ったというよりも、ローラさん側が断ったようです。そのほか斎藤工さん(36)にも断られてしまったようです。斎藤さんはお笑いが大好きでこれまで仮装して出演してくれていたのですが、やりすぎてネタがつきてしまったようです」(芸能関係者)

そんななか、意外な人物の名前もあがっていた。それは、南野陽子(50)だ。

「今年は平野ノラさん(39)がバブルネタで大ブレイクしました。そこでバブル時代にいちばん人気があったアイドルの南野陽子さんにバブルダンスを踊ってもらい、出演者を笑わせようという企画があがったんです」(前出・芸能関係者)

80年代に『スケバン刑事2』で大人気となった南野。今回のガキ使はアメリカンポリスが舞台だけに、“刑事つながり”でもあったが……。

「当初は南野さん側も乗り気だったようですが、収録日時に南野さんに別の予定が入っていて。結局スケジュールが合わず、実現には至りませんでした」(番組関係者)

今年50歳となった南野のバブルダンスは、まぼろしに終わってしまったようだ。

12/26(火) 20:07配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010007-jisin-ent

写真


続きを見る