スポンサードリンク

お知らせ

2chまとめx3
2chMX
情報屋さん
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

フジテレビ

1: 2017/05/20(土)13:12:19 ID:ovX
ノンストップ(眞子さまの旦那予定の人の会見) 4.8%

2: 2017/05/20(土)13:13:03
ざっこwww

続きを見る

1: 2017/05/16(火) 23:54:54.07 _USER9
 フジテレビ・亀山千広社長の退任決定が先日報じられたが、業界内では「遅いくらい」との声があがっている。

「定例記者会見での亀山氏の発言は毎回ニュースになり、そのたびに、『視聴者との感覚のズレ』が疑問視されていました。また、ここまでネームバリューがある人物がトップだと、発言が正論だとしても批判されることも多く、そんな“亀山アレルギー”が低迷の遠因になっていた可能性もあります。系列局からは亀山氏に対して、そうした発言の是正はもちろん、キー局として視聴率の底上げを求める声も強かったと聞いています」(テレビ局関係者)

『踊る大捜査線』シリーズをヒットさせた手腕を買われ、2013年に社長に就任した亀山氏。だが、フジは苦境を脱するどころか悪化の一途をたどっている。消え去る老兵は今、何を思うのか。

「亀山氏が社長就任当時、フジは視聴率民放3位が定位置でした。そこで、彼はこんなことを言っていました。『負け始めの頭(あたま)に手を打てたらよかったが、今のような事態になると、しばらくは苦しむ。小手先の対応では通用しない』。つまり、本人としては5年あるいは7年といった長期での立て直しを見据えていたようです。

 具体的には、『短期的にはドラマ』『長中期的にはバラエティ』『長期的には情報』という再建戦略を、大多亮常務取締役とともに打ち出していました。しかし、ドラマがことごとく“爆死”続きの今、この戦略も足踏み状態。4年での退陣に、亀山氏も忸怩たる思いがあるはずです」(同)

 ヒットメーカーの手をもってしても復活できなかったフジは、今どんな状況にあるのか。

「視聴率民放4位が定着しています。首位を独走する日テレとは、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)ともに4~5%は差をつけられ、5位のテレ東との差はGP帯ともに2%ぐらいしかありません」(同)

◆在任4年で亀山社長の功績は2つだけ?


 では、在任期間の4年で、亀山氏は何を残したのか。

「『森田一義アワー 笑っていいとも!』の打ち切りは評価すべきでしょう。あの番組こそフジの唯一の良心だったと反対する向きもありますが、末期の迷走ぶりはひどかったですからね。

 ただ、亀山氏がゴーサインを出し、後枠に据えた『バイキング』のスタート当初のコンセプトは、『半径500mの日常をエンターテインメントにする』という、企画書のために考え出されたような、紙づらだけの企画意図だったわけです。それを、そのまま番組にしたら数字を取れるわけがありません。また、『バイキング』の好調が伝えられていますが、『いいとも』が一時代をつくったことから比べると、あまりにもさびしい気がします」(同)

 ただし、『いいとも』と同時になくなった『笑っていいとも!増刊号』の後枠に、『ワイドナショー』を深夜から昇格させたことは亀山氏の功績として、退任後も維持されるようだ。

<全文はソースで>
2017.05.16
http://biz-journal.jp/i/2017/05/post_19101_entry.html

続きを見る

1: 2017/05/16(火) 13:46:44.01 _USER9
先日放送されたMBSラジオ「アッパレやってまーす!」で、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓(41)が語った芸人仲間、アンガールズの田中卓志(41)のエピソードに大きな注目が集まったという。 

 「鈴木によると、あるバラエティ番組で芸人たちの母親が作った弁当の味を審査する企画が行われたそうです。そのとき田中の母親が作った弁当は審査員たちから『まずい』と酷評されたそうで…」(週刊誌記者) 

 芸人の母親もそんな扱いはしょっちゅうある。覚悟の上だろうが、田中のお母さんの反応は? 

 「ショックを受けて泣き出しそうになったんです。それを見た田中は『俺はこの弁当の味がすごい好きだ。忙しい中、一生懸命に弁当を作ってくれた。俺はこの味で育ったし、今でもこの味が大好きだ』と声を荒げながら弁当を食べ始めたそうです。母を必死にかばう田中の姿に、鈴木は『涙が止まらなくなった』と告白しました」 

 そんなことがあったんだ? 
 「放送後、この情報は瞬く間にネットで拡散され、田中の母が作った弁当を酷評した芸能人を特定する流れになりました。そして、番組名は『はねるのトびら』(フジテレビ系)で率先して弁当をけなしたのは当時読者モデルだった小森純(31)だと判明します」 

 なぜ小森は田中のお母さんにそこまでひどいことを言ったんだろう? 
 「鈴木は真実を知っているので小森をかばいました。実は番組の企画が田中を怒らせる様子を笑いの中心に据えると決めており、台本があったんです。つまり小森は気が進まないながら、セリフ通りに『まずい』と言ったわけです」 

 じゃあ、小森もとんだ迷惑だったわけか? 
 「そう。彼女は2012年、ペニーオークション詐欺に関わったとしてバッシングを受け、テレビから姿を消し、今度は6年前の番組で再び攻撃されたわけです」 

 なるほど…。じゃあ、田中のお母さんを傷つけた張本人はフジテレビってこと? 
 「そういうことです。番組のディレクターはお笑い芸人を何をやっても笑って許してくれる奴隷のような存在だと思って軽蔑しています。他人を見下して快感を得る最低の人間が、放送界に増えているってことでしょう」(先の記者) 

 こんな低俗な企画で笑いを取れると思ったフジのテレビマンたちは大丈夫なのか。新社長の下で刷新を図ってもらいたいものだ。

NewsCafe2017年5月16日12時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/newscafe_2042521


続きを見る

1: 2017/05/10(水) 23:44:43.81 0
http://www.fujitv.co.jp/ana/kurose/index.html

●好きなもの
マンガ、大盛りの白米
苦手なもの
ホラー、カエル、パクチー

●特技(自慢できること)
ルービックキューブ、ハイパーヨーヨー

●短所(ここは直したいなど)
掃除ができない、人見知り

●お休みのすごし方
家でマンガを読んだりテレビを見たり





続きを見る

1: 2017/05/09(火) 11:53:36.17 _USER9
8日に放送されたフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第4話で「幽霊が映った」「心霊現象」とインターネット上で話題になっている。

問題のシーンは終盤、午後10時2分(この日は15分拡大)。事件が解決した後、貴族探偵(相葉雅紀)と女探偵・高徳愛香(武井咲)が推理についての会話を終え、
貴族探偵がその場を去ろうとした場面。相葉の後方に少年らしき人影が見えるが、歩みを進める相葉の後ろに隠れた後、相葉が通り過ぎた瞬間に人影は消えている。
SNS上は「怖っ!!」「怖すぎ。寝られない」などと騒然となった。

第4話は、人里離れた山奥にある新潟の老舗温泉旅館「浜梨館」が舞台。「浜梨館」は江戸時代から狐の神様“いづな様”を祭っているという劇中の設定で、
今回の“幽霊騒動”にフジテレビは「子供の姿をした“いづな様”が貴族探偵を見送るという演出です」と明かした。

スポニチアネックス 5/9(火) 11:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000090-spnannex-ent

写真


続きを見る

1: 2017/05/08(月) 16:15:08.21 ● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
人気アニメ『ガールズ&パンツァー』の公式Twitterが、4月24日に放送された『とくダネ!(フジテレビ系)』の報道内容について言及。

その報道ではロシア人が日本に来てメイドカフェを経営するという物だったが、店の中に『ガールズ&パンツァー』の
戦車や作品目当てで来店する人が居ると放送された。
それに対して『ガールズ&パンツァー』公式が、「コスプレ及びカフェについては、公式として著作権許諾したものではなく、
作品とは一切関係ありませんのでその旨お知らせいたします」とツイート。あわせて、公式ブログにも掲載。

またこの件とは別件になるが、非正規商品についても注意喚起。非正規の抱き枕が出回っていることについて触れている。

今回このような辞退になったのは、カフェが非公式かどうかの確認を怠ったフジテレビの制作側に問題があるだろう。

http://gogotsu.com/archives/28795










続きを見る

1: 2017/04/30(日) 22:13:14.33
菅田将暉が「君の名は。」を熱く語る前番組


続きを見る

1: 2017/05/01(月) 19:15:17.17 _USER9
 4月27日放送の報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系)が、北朝鮮のニュースを伝えた。しかしそこで使用されたVTRの編集が、視聴者の間で物議を醸しているという。

「同番組では、最新の朝鮮中央テレビの映像を紹介しました。その中で北朝鮮の子供たちが、体を動かす映像が流されたのですが、なぜかフジは『日本でも流行ったあのダンスを思わせる振り付けで、子供たちがキレキレのダンスを披露しています』とのナレーションで、関係のない『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の主題歌である星野源の『恋』を使用しました」(テレビ誌記者)

 今回紹介された元の北朝鮮映像では、まったく違うBGMが使われているにもかかわらず、フジは編集で星野の曲を被せたのだった。

 この編集には、ドラマや星野ファンから多くの批判の声が上がったという。

「今回流れた映像はダンスではなく、何十年も前から北朝鮮に存在する『律動体操』という有名なものです。そのため今回、星野の曲を流して『あのダンスを思わせる』と報道したことで、恋ダンスは北朝鮮の影響があったと受け取られかねない印象を視聴者に与えました。するとアーティストや『逃げ恥』のファンからは『振りも全然似てないし! 恋ダンスがマネをしたとでも言いたいの?』『振付師のMIKIKO先生に失礼!』『これは星野サイドから怒られてもおかしくない』と批判が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

 昨年、星野源と新垣結衣がエンディングでダンスを披露したことで、大ブームを巻き起こした恋ダンス。それだけに今回のフジの編集には、違和感を覚えた視聴者が多かったようだ。

2017年5月1日 11:00
http://www.asagei.com/excerpt/80340

続きを見る