スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

フジテレビ

1: 2017/06/17(土) 17:47:18.20 _USER9
凋落の一途を辿るフジテレビだが、今年も“安定して”転げ落ちている。

(略)

もはや、呪われているとしか思えないが、実際に霊能者が局内を霊視するとヤバイことになっているらしい。
制作会社関係者が絶対匿名を条件に明かした。

「今から数年ほど前のことです。あるテレビ番組の企画で、霊能者をゲスト出演させたことがあったんです。
するとその方が局に入るなり『うわ~、これは本当にすごいね』と驚いていたんですよ。
聞けば、悪意を持った霊がいっぱいうごめいているというんです。特にヒドイのが編成局。
『ここは霊のたまり場。絶対入ってはダメだから』と忠告されてしまいました」

編成局は番組を決める局の心臓部。
そこが霊のたまり場になっているとすれば、フジが転落するのもうなずける。
同関係者が続ける。

「フジテレビが新宿の平河町から、現在のお台場に移転したのは1997年でした。
で、新しく新社屋を建てるときに、ひそかに上層部は、風水の専門家を呼んで設計したというんです。
ところが、どうやらちょっと設計がズレてしまったらしい。
そこで一気に悪い配置になってしまったとか。この霊能者によると、それで『磁場が歪んだ』ということでした」

局内では、電気が突然消えたり、誰もいないはずのスタジオで人の気配がするなどの怪奇現象があるという。
数年前には元アナウンサーがトイレで自*したこともあった。
これらがすべて霊の仕業かどうかはわからないものの、ありえない問題が噴出し始めたのが新社屋に移転してからであることは確かだ。

「この霊能者に、なにか解決法はないか聞いたところ、お台場から移転するしかないということです。
しかし、それでは莫大な費用がかかりますからね。もうどうしようもないのかもしれません……」(同関係者)

今後も問題は起こり続け、何らかの対策を打たないと本当の危機が訪れるという。
“呪われたフジテレビ”の再生はあるのだろうか。

http://tocana.jp/2017/06/post_13523_entry.html


続きを見る

1: 2017/06/19(月) 13:32:22.00 _USER9
フジ「バイキング」が謝罪 週刊新潮記事、許諾なく使用で
2017.6.19

19日に放送されたフジテレビ系「バイキング」冒頭で、榎並大二郎アナウンサーが
14日放送の番組内で週刊新潮の記事を許諾なく使ったことを明かし、謝罪した。

榎並アナによると、14日の放送で、佐藤浩市と三國連太郎の親子関係を紹介する時に、
週刊新潮の記事を「許諾なく放送で利用してしまいました」と説明。
「関係者にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪した。

これを受けMCの坂上忍は「僕、週刊新潮さんで2年以上連載やってるんですよ」と切り出し
「よりによってさ、榎並君、なにやってるの」とぶ然。
榎並アナも「気を引き締めてやって参ります」と改めて謝罪すると、
坂上は「今週、新潮さん、原稿料ただでいいです」とコメント。
これにはスタジオも「おお」と沸いたが、すぐに「嘘です」と訂正し、次の話題に移っていった。

デイリースポーツ on line
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/19/0010296418.shtml

続きを見る

1: 2017/06/14(水) 14:27:27.603 ID:Q/nfWo7QK
俺は昔からテレビっ子だからそう思う

3: 2017/06/14(水) 14:30:40.834 ID:Q/nfWo7QK
俺が知るテレビ史においてここまで鮮やかに暴いてそれを流してみせるのはなかったと思う

続きを見る

1: 2017/06/13(火) 05:31:58.41
2017/06/03(土) マイノリティ・リポート
2017/06/10(土) インデペンデンス・デイ
2017/06/17(土) パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
2017/06/24(土) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
2017/07/01(土) パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
2017/07/08(土) パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
2017/07/14(金) カーズ
2017/07/16(日) カーズ2

続きを見る

1: 2017/06/11(日) 06:30:42.22 _USER9
フジテレビのバラエティー「めちゃ×2イケてるッ!芸能人遅刻総選挙SP」(土曜後7・00)が10日に放送され、芸能界の“遅刻常習犯”を発表した。

AKB総選挙を模したセットで「CKK選抜総選挙」と題した企画を実施。遅刻が多い芸能界の16名に、
偽番組の収録として朝9時のフジテレビ入りを指示し、誰が長時間遅刻をするか迫った。

到着時間の早かった16位から発表され、「千鳥」ノブ(37)とプロレスラーの蝶野正洋(53)以外の14人が集合時間より遅刻して到着することに。
司会を務めたフリーアナウンサーの徳光和夫(76)の二男でタレントの徳光正行(45)以降は1時間以上の遅刻となる衝撃の結果となった。

“不名誉”の1位に輝いたのは、2時間6分遅刻したお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の新道竜巳(40)。
相方の平井“ファラオ”光(33)が「昨年8月頃に“メディアの仕事で3回遅刻したらクビにする”と
事務所通告を受けてから(新道は)起こし役のアルバイトを雇っている」と明かしたが、この日はアルバイトを雇った効果はなかった。

【CKK選抜総選挙】

16位 「千鳥」ノブ(4分前に到着)

15位 プロレスラー・蝶野正洋(1分前に到着)

14位 「2700」八十島弘行(6分遅刻)

13位 マンボウやしろ(17分遅刻)

12位 「ダチョウ倶楽部」肥後克広(20分遅刻)

11位 モデル・池田美優(23分遅刻)

10位 歌手・泉谷しげる(31分遅刻)

 9位 ファッションデザイナー・ドン小西氏(39分遅刻)

 8位 タレント・鈴木紗理奈(42分遅刻)

 7位 モデル・アレクサンダー(47分遅刻)

 6位 「よゐこ」濱口優(53分遅刻)

 5位 タレント・徳光正行(1時間10分遅刻)

 4位 タレント・山田親太朗(1時間31分遅刻)

 3位 タレント・ジローラモ氏(1時間37分遅刻)

 2位 タレント・加藤紗里(1時間53分遅刻)

 1位 「馬鹿よ貴方は」新道辰巳(2時間6分遅刻)

6/10(土) 21:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000146-spnannex-ent

写真


続きを見る

1: 2017/06/07(水) 00:29:45.480 ID:9Rr3CpRQ0
パイレーツオブカリビアンとハリポタはもういいっつーの
他にいい映画や懐かしいのやれや
http://www.fujitv.co.jp/movie/04onair/index.html


続きを見る

1: 2017/06/07(水) 14:11:53.41 _USER9
フジテレビがまた謝罪、「ガリガリ君」の実在していない味を紹介「ノンストップ!」
2017年6月7日11時43分

6日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で
赤城乳業(埼玉県深谷市)が発売する人気の氷菓「ガリガリ君」で実在していない味を
番組内で紹介していたことが分かった。フジテレビは7日放送の同番組内で謝罪した。

実在しない「ガリガリ君」を放送したのは、6日の同番組での「コレ知らないNO!」のコーナーで
「ガリガリ君」の食感の秘密を追跡した場面だった。番組では今年で発売36年目を迎えた
人気アイスで季節限定味が発売され品切れが続出していることを紹介。限定味を紹介する際の
商品パッケージの画像で「スイカ」「九州みかん」に続き「火星ヤシ」が放送された。

「火星ヤシ」は実在していない商品で、これを受けて7日の同番組内のニュースコーナーの最後に
同局の渡辺和洋アナウンサー(41)が「ここでお詫びと訂正があります」と切り出し、
「昨日の企画コーナー『コレ知らないNO!』のガリガリ君を特集したVTRの中で
『ガリガリ君 火星ヤシ味』というアイスの画像を紹介しましたが、これは実在しないアイスの画像でした。
こちらの確認不足でした。お詫びして訂正致します」と謝罪した。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170607-OHT1T50102.html



続きを見る

1: 2017/06/05(月) 14:50:04.52 _USER9
『欽ドン!』を逃したTBSの失態とフジの目利き


 そして、当時のTBSとフジを象徴するのが以下の逸話だ。

「81年3月、萩本欽一が『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(フジテレビ系)の企画を、最初はフジではなく別の局に持ち込んで好感触を得たのですが、ただ、その編成マンからは『秋からスタートさせる』と言われてしまったそうです。それで萩本としては『今やらないとダメ』とフジに持っていったところ、フジはいきなり1カ月後の4月から枠を空けてくれたというのです。

 そのとき、萩本はフジの決断の速さに驚いたといわれており、さらに件の『現代』誌上には『萩本が企画を持ち込んだもののスタートを先延ばしにされた局はTBSではないか』と書かれています」(同)

 ちなみに、TBSは『良い子悪い子~』がフジでヒットした翌年、『欽ちゃんの週刊欽曜日』をスタートさせている。

「この『企画を見る目のなさ』は、今のフジにも当てはまるのではないでしょうか。『孤独のグルメ』(テレビ東京系)や倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)は、もともとフジに持ち込まれたものの却下された企画であることが、『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)や『週刊文春』(文藝春秋)で報じられましたが、その後他局で放送されて人気コンテンツとなっています」(同)

 目下、フジの制作が陥っている機能不全。それは、TBSが35年前にハマっていた泥沼と似たものを感じさせる。そして、82年以来、TBSは視聴率トップに返り咲いたことは一度もない。まさに「テレビ局版・しくじり先生」の題材になり得そうなエピソードだが、今のフジがこの教訓を聞いても、時すでに遅しなのかもしれない。
(文=編集部)
<全文はソースで>

ビジネスジャーナル2017.06.02
http://biz-journal.jp/i/2017/06/post_19318_entry.html

017/06/05(月) 08:32:29.58
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496619149/

続きを見る