スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

フジテレビ

1: 2019/06/11(火) 19:18:39.14
 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)の“闇営業問題”は、楽しんご(40)も別件で吉本興業を3月末に契約解消されていたことが明るみに出て、深刻さを増している。さらに、2人のお笑い芸人「徳井」が思わぬトバッチリを受けてしまった。

(略)

 グッディは「加藤浩次と『よゐこ』の有野晋也、さらに『チュートリアル』の徳井義実が出演していた」と放送。しかも、わざわざ出演者のイラストまで書いていたが、実際に出演していたのは徳井義実ではなく「平成ノブシコブシ」の徳井健太だった。

2019年06月11日 17時00分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1428063/

続きを見る

1: 2019/06/10(月) 05:51:17.76 BE:819973909-2BP(2000)
 『めざましテレビ』が6月5日、テイクアウトした飲み物を持ち歩く〝片手ドリンク〟がブームになっていると放送し、
ネット民をざわつかせている。

(略)

これに対し、ネット上では、
《何言ってんだ 夏場なんてみんな持ってるだろ》
《これ原宿でしょ。タピオカブームだからじゃん》
《いやいや飲みきったらただのゴミだろ》
《またフジテレビか…勝手にブームにするな!》
など、批判の声が上がっている。

詳細はそーすで
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12156-301447/

続きを見る

1: 2019/06/04(火) 16:03:10.40
情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)の4日放送回で予告されていた歌い手6人組男性ユニット・すとぷりの「めざましじゃんけん」が放送中止になったことでファンから批判が集まっている。

(略)

しかし、日付変更直後に再びツイッターが更新され、「きょうのめざましテレビは一部 内容を変更して放送する可能性がございます。あらかじめご了承ください」とアナウンスが。当日、すとぷりが出演すると予告されていた「めざましじゃんけん」の時間には、一般の女性二人が出演し、その後の「めざましじゃんけん」は予告されていた俳優やタレントなどが予定通り出演。また、インタビューも放送されなかった。

急遽中止になってしまったこの日の放送に、「めざましじゃんけん」を心待ちにしていたファンからは、「めっちゃ早起きしたのに知らない女の子とジャンケンさせられた」「ここまでツイートしてて無いなんてことある?正直いってありえない」「すとぷり3周年なのになんで朝からこんな不快な気持ちになんなきゃいけないの?」という声が集まってしまった。

「実は放送前、『めざましテレビ』のツイッターのリプライ欄に、『なんですとぷりを出すんですか?』『すとぷりが出るならめざましは見ない』というアンチファンからの声が少なからず寄せられており、中止になったのはそれが理由と考えているファンもいるようです」(芸能ライター)

http://news.livedoor.com/article/detail/16564909/
2019年6月4日 12時20分 リアルライブ

続きを見る

1: 2019/06/02(日) 21:36:49.70
那須川天心(20)=TARGET=が、ISKA(国際競技空手協会)世界フェザー級タイトルマッチ(ISKAユニファイドルール3分5回)で、
ISKAフリースタイル世界バンタム級王者マーティン・ブランコ(30)=アルゼンチン=に2回2分19秒KOで勝利した。
フジテレビはこの試合を生中継したものの、CMでダウンを奪った決定的な場面を放送できないというハプニングが起こった。

(略)

これにはネット上ではブーイングの嵐。「CM明けたら相手がダウンしてた。ちゃんと試合開始に合わせてCMが終わるように調整してくれよ…」
「那須川天心に失礼やろ ドクターチェック中にCM挟むとか前代未聞やろ」「あのタイミングでCM入れる?最初のダウンシーン見れなかったし…」
「もはや放送事故というよりかコントや」などと苦情の声が相次いでいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000164-dal-fight
6/2(日) 21:32配信

続きを見る

1: 2019/05/25(土) 08:42:31.14

続きを見る

1: 2019/05/24(金) 12:25:45.29
1
2
3
4
5
6
7
8
9

続きを見る

1: 2019/05/19(日) 23:27:29.58
なんでや?

1位/弘中綾香(テレ朝)/216票(男:94、女:122)
2位/久慈暁子(フジ)/201票(男:78、女:123)
3位/松村未央(フジ)/140票(男:35、女:105)
4位/佐々木恭子(フジ)/120票(男:53、女:67)
5位/島田彩夏(フジ)/104票(男:48、女:56)
6位/永島優美(フジ)/92票(男:44、女:48)
7位/三田友梨佳(フジ)/74票(男:35、女:39)
7位/田中萌(テレ朝)/74票(男:28、女:46)
9位/相内優香(テレ東)/55票(男:22、女:33)
10位/笹崎里菜(日テレ)/48票(男:17、女:31)
10位/古谷有美(TBS)/48票(男:22、女:26)

続きを見る

1: 2019/05/20(月) 11:53:44.46
『バイキング』(同系)の名司会ぶりは、坂上ならではの鋭い斬り込みがウリとなり好評の様子。
番組開始の2年後には、30人以上のタレントが同番組を降板していると報じられている。
その理由は坂上の“名司会ぶり”が原因とされているようだ。

(略)

坂上の独裁姿勢は、スタッフや共演者に対しての“将棋の駒”のような扱いに過ぎないだろう。
手慣れた進行は、見事な切り返しで番組を盛り上げているが、ヒートアップした坂上の歯止めは操作不能となる。

よって、坂上の“口撃”や煽りに反応していたらタレント生命の危機を招くこともありえる。
また、坂上の十八番である“毒舌”だが、“イジリ”のつもりが“いじめ”の領域ではと批判の声もあり、
同番組への出演を“NG”とするタレントが続出しているという。番組スタッフは、その穴埋めに四苦八苦のようだ」(芸能関係者)

https://npn.co.jp/article/detail/18250687/

続きを見る