スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

ベッキー

1: 2019/03/01(金) 13:50:52.81
19/03/01 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/248466
風当たりは強い…(C)日刊ゲンダイ

 巨人軍の片岡治大二軍内野守備走塁コーチ(36)との結婚を禊にテレビ界への完全復帰をもくろんでいたベッキー(34)だが、新婚の“ご祝儀”とはなかなかいかないようだ。
心待ちにしていた「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)への復帰話が最後の最後になって白紙になってしまったのだ。
「今月10日に放送された『行列のできる法律相談所』にゲスト出演し、片岡コーチとの交際についていろいろと語ったんです。それが大評判になった。
まだ話芸は大丈夫、イケてると……。当日の番組視聴率が17.0%を記録したこともありGP帯への番組出演が日テレ局内でも検討されるようになったんです」(放送作家)

 ところがそんなベッキーの追い風もここでピタリと止まってしまう。ベッキーが「法律相談所」に出演したことで視聴者からのクレームが多数寄せられたのだ。

続きを見る

1: 2019/02/23(土) 14:44:02.78
プロ野球・読売巨人軍の片岡治大コーチと結婚したばかりのベッキーが、インスタグラムで謎の投稿を始め、ファンをやきもきさせている。

(略)

ベッキーが書いた箇条書きは以下のようなもの。〈今日はアンディの誕生日。大切な人。〉
〈それ!それです!ありがとうございます〉〈ドッグランは楽しい。〉と、どれも意味がよくわからない。

そんな意味不明な投稿が翌日も続く。〈今日はいい天気だ!よし!〉〈急なお誘いってうれしいよね。〉〈わんころべえは可愛い。〉とこれまた何を伝えたいのか、誰に言いたいのかわからない文章だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1704002/
2019.02.23 09:59 アサ芸プラス

続きを見る

1: 2019/02/19(火) 08:06:23.81
プロ野球・読売巨人軍の片岡治大コーチとの結婚を発表したベッキーが、意味深な目玉焼きの写真をインスタグラムに投稿し、世間の注目を集めている。

2月15日に投稿されたその写真は、卵を2つ使った目玉焼きのショット。
なんでもアーティストのとんだ林蘭が描いたイラストのような写真が撮れたので公開したのだという。

「ベッキーにしてみれば深い意味はなかったのかもしれません。
ですが、結婚を発表した次の投稿がこれですから、深読みをする人が続出。
卵が2つなので夫との朝食を自慢げにアップしたのではないかと言われています」(芸能ライター)

いきなりのラブラブ匂わせ投稿にブーイングが上がっているというわけだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1697470/
2019.02.18 18:15 アサジョ

続きを見る

1: 2019/02/18(月) 16:33:51.37
タレントのベッキー(34)が巨人の片岡治大コーチ(36)との結婚を2月13日に発表した。
かつて10社のCMに登場していたが、
2016年に報じられたゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫により、すべて降板となった。
ベッキーはいわゆる「ナショナルクライアント」(知名度の高い全国展開するような企業)のCM出演が多く、
まさに「CMクイーン」とも言える存在だったが、その座を失ったのだ。

約11か月後にLINEのナレーションでCM復帰は果たしたものの、その後出演したのは昨年破産した企業のCMや、地方の商業施設のCMだった。
かつての隆盛はもはや見られないが、今回の結婚はナショナルクライアントのCM出演への追い風になるのでは、
と広告代理店の営業担当者(40代)は語る。

「これからベッキーはCMの世界に戻るのではないでしょうか。私自身もそう思っていますし、周囲の人間もそう感じています。
業界では『みそいだ』といった言い方をしますが、いわゆる『禊(みそぎ)』が済んだ、ということですね。
あれから3年、もう充分『みそいだ』といった反応が今回はありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190218-00000013-pseven-ent
2/18(月) 16:00配信

続きを見る

1: 2019/02/17(日) 23:50:44.00
 ハーフタレントに限らず、キャラ被りは日常茶飯事の芸能界。中でもハーフタレントのトップランナーであったベッキーが、最も警戒していたのがタレントのSHELLYだったという。バラエティ番組で、芸人のフリに臨機応変に対応できるハーフタレントとして重宝されてきたベッキーは、知性派で知られるSHELLYの存在が癪(しゃく)に障っていたようだ。そんなSHELLYを周囲は『ポスト・ベッキー』と呼んでいたという。

 だが、両者は『にじいろジーン』(フジテレビ系)で共演した過去がある。とある生放送中にベッキーの事務所の後輩タレント・佐藤唯に話題が集まったことにベッキーは腹を立てたという。イラついたベッキーは休憩中に「あなたがテレビに出られているのは、私のおかげなんだから、感謝してよね」と嫌味を炸裂。さらに、ベッキーは基本的にハーフタレントとの“共演をNG”にしていたが、同番組にはSHELLYも出演していた。するとベッキーは、「私を潰す気なの。何でアイツを出すのよ!マジ、消えてほしい!」とスタッフに言いがかりを付け、激怒していたという。

2019年02月17日 21時00分リアルライブ
https://npn.co.jp/sp/article/detail/65995660/

続きを見る

1: 2019/02/14(木) 14:37:54.70
13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、遠野なぎこが結婚を発表したベッキーと巨人・片岡治大ファーム内野守備総合コーチについて、強烈な皮肉を放った。

(略)

さらに、MCの蝶野正洋から「遠野さん、改めてこのニュース、ベッキーさんどうですか?」と質問されると遠野は、

「今度は浮気される側になっておめでとうございます」

と強烈な皮肉。これには祝福した梅宮が少々憮然とした表情を浮かべ、毒舌で知られる大竹まことも「こら!」とツッコミを入れた。

http://dailynewsonline.jp/article/1691881/
2019.02.14 12:00 リアルライブ

続きを見る

1: 2019/02/14(木) 09:48:12.62
番組では片岡コーチと親交が深い小倉智昭キャスター(71)が秘話を紹介。「発表する前に連絡ありましたもんね。入籍しましたって」と明かした。
小倉氏は片岡コーチを普段から愛称の「ヤス」と呼んでおり、スタジオでも「ヤス」と表現した。

プロポーズの言葉は「教えてくれないんです。いつ、どのようなシチュエーションでプロポーズをしたとかっていうのは、2人の秘め事にしたいんじゃないの」と明かした。
さらに片岡コーチにベッキーの好きなところを聞き「非常に気遣いがあって、人を立ててくれるんですって。
紹介した相手に対しても礼を尽くしてくれるって言ってました。特に家庭的で料理が本当うまいんだって」などと明かしていた。

さらにベッキーーの過去の不倫報道について片岡コーチは、10年来のベッキーのファンだったため、当時は交際していなかったが
「自分の好きだという人に対して変な情報とか、話を耳にしたくないから、ボクは見たり聞いたりしてなかった。彼女が過去、どういうことあったか知らないんですって言ってた」と明かしていた

http://news.livedoor.com/article/detail/16018598/
2019年2月14日 9時5分 スポーツ報知

続きを見る

1: 2019/02/11(月) 01:23:20.93
「片想いSP」と銘打たれた今回、ベッキーが名前を挙げたのは、同番組に出演している東野幸治(51)だった。
6年前、とある旅番組で2人は共演。東野はブログで「本当に良い子で感心しました。僕もファンになりました」とつづっており、双方とも印象よく映っていた。
だが、その旅番組から3年後、ベッキーは不倫騒動で休業。失意の中、家にこもっていると、東野が大阪のバラエティー番組で“ベッキーの流出LINEを音読紹介”をしたことが耳に入ってきた。
さらに休業開始から10カ月後、ベッキーが復帰した番組で東野とまさかの共演。
ベッキーがあいさつに行くと、東野の口からは「なんか…老けましたな」との発言が。スタジオからは「最低!」「これは失礼!」との声が飛び交った。

収録後、ベッキーが控室で休んでいると、東野が「本当に色々ネタにして申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉が。
さらに「ナインティナイン」岡村を誘って食事をごちそうする約束をとりつけてきたという。
東野主催の食事会当日、そこには東野・岡村のほか、なぜかヒロミの姿もあった。だが会話は弾まず、ヒロミが気を使って場をなごます始末。
しかし、まったく盛り上がることなく2時間が過ぎると、東野は貧乏ゆすりをし始め“帰りたいオーラ”全開に。
「ハイ、では仲直りということで。お疲れっした」とのシメの言葉とともに会はお開きとなった。
しかもお会計はヒロミが全額支払うという信じられない展開となったという。

http://news.livedoor.com/article/detail/16003153/
2019年2月10日 23時1分 スポニチアネックス

続きを見る