スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

世界の果てまでイッテQ!

1: 2019/03/10(日) 09:05:34.98
3月3日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗(55)ら出演者たちが番組のロケに対し、不満を爆発させる場面があった。

番組中盤、新企画のコーナーで、「どの演者もお土産のやりとりをしない。仲が悪いのか、ケチなのか」という出演者に対する疑問の声がテロップで流された。
なんでも、長らくMCを務めているウッチャンナンチャンの内村光良(54)でさえ、イッテQメンバーからお土産をもらったことがないという。

出川哲朗はこの“お土産問題“についてVTRで、イモトアヤコ(33)は最初のロケではお土産を買ってきてくれたが、それ以来、買ってきてくれないこと。
さらに年賀状も知り合ってしばらくは送ってきたが、いつの間にか止まってしまったことを明かしていた。

(略)

その後も、出川哲朗は「だいたい、お土産屋のあるところになかなか行けない」と、
ロケ先自体にも問題があってそもそも土産を買うことができないと主張。内村光良をはじめとした出演者たちはこれに同意していた。

今回の放送内容には視聴者も同情したようで、ネット上ではイモトアヤコに対し、「あんな生活してたら無理だろw」
「年末年始を山で過ごしたりそういうことがあるから年賀状なんてやってる暇ないでしょ」などといった声が相次いでいた。

http://dailynewsonline.jp/article/1725182/
2019.03.10 07:40 日刊大衆

続きを見る

1: 2019/03/07(木) 08:06:04.79
3月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での出川哲朗の発言に、視聴者から非難の声が上がっている。

(略)

何やらヘラヘラと笑みを浮かべる出川は、薄着でボディーラインがあらわになった堀田を見て「峰不二子の(胸が)ないバージョン」と『ルパン三世』のキャラクターにかけていきなり 〝貧*イジリ〟を展開。
「最高にセクシーだね」と持ち前のスタイルを褒めるフォローも入れたものの、
堀田は「ひどい!」「なかったら峰不二子じゃないから!」と苦笑いで反論する様子を見せた。

http://dailynewsonline.jp/article/1720865/
2019.03.07 07:31 まいじつ

続きを見る

1: 2019/03/05(火) 07:44:07.95
■『イッテQ!』低迷は相次ぐスキャンダルの影響も?

「やらせ問題が報じられ、番組でもトップクラスの人気を誇る“祭り企画”が放送できなくなったことが『イッテQ!』低迷の一因なのは間違いないですね」(前出の在京テレビ局関係者)

2月17日の放送では、宮川が2019年初となる海外ロケに出動。「イッテQカレンダープロジェクト」のために宮川が探検隊の隊長となり、世界の絶景スポットまで歩いていく企画
“宮川探検隊~見たら分かるすっごいやつやん~”の第5弾で、5メートル以上ある野生の巨大人食いワニとの写真撮影に挑んだ。

視聴者からの評判は上々で、ツイッターには「久しぶりに大輔のロケやってるけど、やっぱりクソおもろい、腹痛」
「宮川さんにはやっぱり、ロケに行ってもらいたい」など、宮川の久々のロケを絶賛する声が寄せられた。
一方で、「宮川探検隊面白いけどまた祭り見たいなー」といった「祭り」企画を待ち望む声も少なくなかった。

在京テレビ局関係者は続ける。

「もう一つのスキャンダル、番組レギュラーのNEWS手越祐也(31)が、
昨年12月31日の『文春オンライン』で、未成年女性との飲酒疑惑を報じられたことも『イッテQ!』離れを加速させているでしょうね。

http://dailynewsonline.jp/article/1717850/
2019.03.05 06:30 日刊大衆

続きを見る

1: 2019/02/25(月) 10:25:35.05
テレビ朝日系「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)が24日に放送され、平均16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが分かった。

タレントの所ジョージ(63)が司会、予備校講師でタレントの林修(53)がパネリストを務め、日本各地の人里離れた場所にポツンと存在する一軒家を制作スタッフが訪れて、住人のドラマを伝える同番組。

昨年10月7日にレギュラー化されてから高数字で推移。
同時間帯の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)とし烈な視聴率争いを繰り広げているが、24日放送分では「イッテQ」の16・3%を0・1ポイント上回った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000080-spnannex-ent

続きを見る

1: 2019/02/05(火) 16:33:15.19
2月3日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのスタッフの行動に、視聴者から非難の声が*到している。

この日の番組は人気企画『イモトワールドツアー』を放送し、イモトアヤコが中国・ハルビンへ。1月の平均気温がマイナス19℃という極寒の同市で、名物イベントという寒中水泳に挑むこととなった。

本人は「やりたくない」と露骨に嫌がっていたが、出演中のドラマ『家売るオンナの逆襲』(同系)の番宣ができると聞き、渋々ながらもこれを受け入れることに。
「1メートル泳ぐごとに1秒の告知タイム獲得」というルールのもと、早速スクール水着に着替えていく。

しかし、プールは屋外のため、イモトは入水前から「寒い!」「ヤダぁぁぁ!」と大絶叫。
飛び込み後もプール脇のはしごへ一直線に向かい、記録は6メートルに終わってしまった。

“リアクション”を撮りたい名ばかりの告知
プールから上がったイモトは現場スタッフに抱えられ、上着をかけられながら暖かい小屋へ。すると、番組スタッフがすぐさま駆け寄り、「イモトさん6秒! はいスタート!」と告知タイムの開始を急に宣言した。

イモトは寒さのため咳き込むばかりで、一言もしゃべらないまま告知は終了。その後、“泣きの1回”で計12秒の告知タイムを得たが、2回目もプールから上がってすぐにスタッフが駆け寄ってきた。

http://dailynewsonline.jp/article/1680230/
2019.02.05 11:00 まいじつ

続きを見る

1: 2019/01/28(月) 18:53:11.26
批判が相次いだのは、一列に並べたテーブルをスライダーにしてゴールを目指すという企画。中岡は上半身裸になり、寒さに震えながらダッシュ。
勢いそのままにテーブルへとダイブして滑ったが、途中でテーブルから滑り落ち、極寒の湖へと落下した。

中岡は湖から上がるとすぐさまタオルを求めるが、なんとスタッフはタオルを用意しておらず、注意されてから急いでタオルを袋から出し始める。
しかし袋からなかなかタオルを出すことができず、中岡は「何をモタモタ…(最初から)出しとかな!」「何回こういうことしてんねん! アホか! タオルは出しとかなアカンやろ!」とパニックに。

さらに暖を取る場所へと向かうスノーモービルも準備しておらず、タオルを出してからようやくスタッフがスノーモービルへと向かう段取りの悪さ。
「今回どうなってんの?」と中岡は嘆いたが、番組ではこれをおもしろ動画として、笑い声を足しながら放送。スタッフのミスを中岡への「災い」と紹介していた。

2019.01.28 18:30 まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/73895

続きを見る

1: 2019/01/08(火) 07:00:13.30
6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、ドラマ撮影と海外ロケをこなすイモトが、体調不良を訴える場面がオンエアされた。

体調不良を押してイモトが過酷なミッションをこなしたにも関わらず、容赦ない番組の対応に視聴者から様々な声が寄せられている。

■悪天候でトラブル続出の登山
イモトは、南米・ギアナ高地にそびえる、標高2810メートルのテーブルマウンテン・ロライマ山にて、2020年1月のカレンダー写真の撮影に挑んだ。

頂上付近の岩場でクライミングするイモトと絶景を収めることが目的だったのだが、現地では10分おきに変わる不安定な天候にロケ隊が翻弄され、さらにはドラマ撮影とのハードスケジュールをこなすイモトが体調不良を訴えるなど、トラブルが続出してしまう。

■体調不良を押して登ったのに…
登山道を登る計画を変更し、クライミングのポイントまでヘリで移動することとなった一行。しかし、度重なる悪天候でイモトの風邪が悪化してしまった。

新春スペシャルのトップを飾るプレッシャーや体調の不安、切り立つ崖の恐怖から、クライミング直前にうずくまってしまったイモト。
加えて、このロケの後で早朝5時から吉川晃司との『下町ロケット』(TBS系)の撮影を控えていることがチラついており、ロケに集中できていない悔しさを泣きながら吐露。

自分を奮い立たせてなんとか崖を登ったイモトだったが、後日「イメージと違った」という理由で写真が不採用となったことが告げられてしまう。
イモトはスタジオで目を見開き「えー!」と声を漏らしていた。

■「ひどい」「かわいそう…」
過密スケジュールの中、体調不良を押して過酷な撮影に挑んだにも関わらず、肝心のカレンダー写真が不採用になってしまったイモト。
一部始終を見届けた視聴者からは「かわいそう」との声が相次いでいる。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161952915/
2019年01月07日 16時00分 しらべぇ

続きを見る

1: 2018/12/23(日) 07:47:12.30 _USER9
12月16日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、イモトアヤコ(32)が挑戦したパフォーマンスが「ものすごい不快」だと視聴者から批判が殺到した。

(略)

ステージ上では、床に寝たイモトをまたいだ男性が口の水を顔面に吐きかけ、“口移しバケツリレー”では、イモトがまさかのアンカー。
イモトが男性3人の口の中を通ってきた水を口で受け止め、必死の形相で飲み込んでいた。

舞台は一応の成功を収めたが、このパフォーマンスに視聴者は「ガチで引いたわ」「これはマジで無理。イモトかわいそうすぎる」
「バケツリレーは吐きそうなくらい気持ち悪いし、放送するにしても時間帯を考えてほしい」
「ものすごい不快。チャンネル変えたわ」と猛反発。
芸人とはいえ、あまりにも過酷な技に挑戦させられたイモトに同情の声が多く上がっていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1621908/
2018.12.23 07:00 日刊大衆

続きを見る