スポンサードリンク

お知らせ

2chまとめx3
2chMX
情報屋さん
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

中居正広

1: 2017/03/21(火) 00:17:15.45 _USER9
3月15日、“元SMAP”となった中居正広(44)に熱愛報道が持ち上がった。お相手は、振付師でダンサーの武田舞香(32)だという。

「彼女は安室奈美恵さんのバックダンサーを務めたこともある実力派。振付師としても評価が高く、AKB48をはじめとする多くのアイドルの振り付けをする売れっ子です。板野友美さんとは親友で、お互いがギャル気質なだけに気が合うんだと思いますよ」(芸能プロ関係者)

武田はSMAPの振り付けを担当していたA氏のアシスタントとして中居と知り合い、交際に発展した。

「付き合い始めたのは6年以上前ですね。すぐに半同棲を始めたという話ですが、彼女がひとりで住む部屋は、中居さんが暮らす都内中心部の超高級マンションから目と鼻の先のところ。

家賃が8万円台のワンルームです。駅から近い好立地なので、この家賃だとあまり広くはないでしょうね」(スポーツ紙記者)

いわゆる“スープの冷めない距離”で、中居が住まわせているとも言われる。

「“出不精”の中居さんの代わりに、彼女がかいがいしく食事や買い物などの身の回りの世話をしていたのでしょう。すでに“奥さん”のような存在とも言えますが、“都合のいい女”にも思えます。用件を言えばすぐに駆けつけてくれるわけですからね。

一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://www.jprime.jp/articles/-/9298?display=b

続きを見る

中居正広、異常過ぎる「私生活の行動と習慣」 記者を追いかけ回す
1: 2017/03/18(土) 11:22:12.54 _USER9
昨年12月いっぱいで解散したSMAP元メンバーの中居正広(44)が、12歳年下の振付師・ダンサーの 武田舞香と6年間に及ぶ同棲生活を送っていると、15日付ニュースサイト「NEWS ポストセブン」記事 が報じた。
 中居といえば、日頃から「もう他人と一緒に住むなんて、考えられない」などと結婚につい て後ろ向きな発言をしていたが、それは恋人の存在を隠すためのカモフラージュだったのであろうか。

週刊誌記者は語る。
「中居はバラエティ番組などでも、『毎日、長い時は5~6時間くらい独りで台本などを読みながら酒を飲む』『焼酎は2日で一升空ける』『ほとんど外には飲みに行かず、毎日スーパーで鶏の唐揚げみたいな惣菜を買って帰る』『女性と一緒にいるのは2日が限界』などと自ら語っていましたが、今回の報道がもし事実であれば、これらは“一部フィクション”だったということになり、視聴者やマスコミをうまく騙していたともいえるでしょう」
  中居といえば、2008年に歌手の倖田來未との“温泉旅行デート”が週刊誌「フライデー」(講談社)に報じられて以降、目立った熱愛報道はなかったが、なぜここにきて同棲報道が飛び出したのであろうか。
「私たち記者にとって、実は中居は取材対象としてはかなり“面倒くさい”存在で知られています。
たとえば、中居は記者に車を追跡されていることを察知すると、真っ昼間でもわざわざ車を降りて記者のところまでやってきて、『はい止めてー』『どこの記者さん?』『先に行ってくれる?』とかわされてしまうのです。また、中居が知人と店で食事している場面を取材していたある記者は、店を出たあとに逆に中居に追いかけられてクレームをつけられたというエピソードは、記者の間では有名な話です。

そんな中居ですが、SMAP解散後はジャニーズ事務所の“縛り”も弱まるなかで、週刊誌各誌がメンバー個人のプライベートショットを狙って日々動いており、そんななかで『女性セブン』が中居のマンションに毎日帰宅する武田の動きなどをキャッチし、取材を進めたということでしょう。いずれにせよ、スクープなのは間違いありません」(同)
 中居の結婚は近いのだろうか。

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18361.html


続きを見る

1: 2017/03/15(水) 15:33:18.57 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/12800951/
中居正広「熱愛報道」妙なタイミング ファン批判する「WBCとの関係」

元SMAPの中居正広さん(44)に飛び出した「熱愛報道」が、その「タイミングの悪さ」で話題を集めている。

中居さんといえば現在、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン公認サポートキャプテンとして、野球中継に連日登場している。熱愛には比較的寛容なファンだが、「仕事の邪魔しないで」という批判が相次いでいる。

そんなファンも、報道のタイミングには苛立ちを隠せない様子だ。

「仕事の邪魔しないで欲しい」
「この時期に、出してくる事が許せない」
「大事なお仕事の最中」

といった批判ツイートが相次いでいる。

というのも、中居さんは今、WBCの公認サポーターとしてテレビ番組に引っ張りだこ。ファンとしては、熱愛報道が心労を増やすことにつながらないか、心配のようなのだ。

SMAP解散発表は「リオ五輪」に重なる

タイミング、といえば16年8月14日、SMAP解散がジャニーズ事務所から発表された際も、中居さんはリオ五輪キャスターとして連日テレビ番組に出演していた。

中居さん自身もラジオ番組「中居正広のSome girl' SMAP」(ニッポン放送)の8月20日放送回で、

「今、リオのオリンピックの期間中に発表ということになったことを、スポーツ関係者の皆さま、アスリートの方々、それを支える方々、
そして日本中で応援している方々、自分がキャスターとしてやらせてもらっているにもかかわらず、水を差すような時期だったことは申し訳なく思っております」

とタイミングの悪さに言及する場面もあった。

それだけに、今回の恋愛報道も、タイミングの悪さや一斉報道されたことを根拠に「事務所が何か企んでるんじゃ‥」といぶかる声が多い。

続きを見る

1: 2017/03/15(水) 05:02:14.12 _USER9
サンケイスポーツ 3/15(水) 5:00

 元SMAPの中居正広(44)がダンサーで振付師のAさん(32)と交際していることが14日、分かった。交際期間は約5年とみられる。Aさんは女優、相武紗季(31)似のスレンダー美女で、安室奈美恵(39)らのバックダンサーを務め、人気アイドルグループの振り付けも担当。SMAP解散後も大活躍の中居の熱愛だけに、大きな話題を集めそうだ。

 日本中に惜しまれたSMAP解散から、約2カ月半。中居が美人ダンサーとひそかに愛を育んでいたことが判明した。

 複数の関係者の話を総合すると、お相手のAさんはダンサー兼振付師。身長1メートル60前後の目鼻立ちのはっきりとした相武紗季似のスレンダー美人で、人当たりがよく、明るい人柄だという。

 幼少からダンスに親しみ、高校在学中にダンサーの道へ。安室奈美恵(39)、加藤ミリヤ(28)らのバックダンサーを務め、中居のジャニーズ事務所の後輩、KinKi Kidsのコンサートにも参加。人気アイドルやK-POPグループの振り付けも担当している。

 サンケイスポーツは2014年、Aさんに直接取材していた。振り付けするアイドルグループについて「みんな時間がない中で、振りの覚えがすごく早い」などと、教え子に対する愛着とダンスへの強い思いを明かしていた。

 プロ意識が高くダンスに定評のある中居は、Aさんのダンスに対する真摯な姿勢もあって意気投合したようだ。2人の出会った時期は不明だが、交際はすでに5年にも及ぶとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000501-sanspo-ent

続きを見る

中居くん、侍メンバー全員にプレゼント!
1: 2017/03/12(日) 06:18:59.81
5日のオリックスとの強化試合(京セラドーム)の際、全選手のロッカールームに
高品質で知られる「BOSE」のワイヤレスヘッドホン(約4万円相当)が突如、置かれていたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000019-spnannex-ent

田中は「凄くいいです」と喜び、宮西も「大事に使っています」と感謝の言葉を口にした。

続きを見る

1: 2017/03/12(日) 12:49:07.95


続きを見る

1: 2017/01/13(金) 09:24:54.66 _USER9
年末の12月28日に放送されたバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ)は“関東6県ガチンコ対決SP”と題し、司会の中居正広を除く6名の出演者が“地元”をプレゼンするという内容だった。横浜DeNAベイスターズ一筋だった元プロ野球選手の三浦大輔(43)は神奈川県を絶賛し、『南海キャンディーズ』の山里亮太(39)が千葉県を大いに語るなどして、関東6県の魅力をそれぞれが存分に披露していた。


放送中盤に、群馬県代表のJOY(31)が、世界遺産に登録された『富岡製紙場』を行きたい場所として紹介したとき、“事件”が起きた。中居は「一生行かないと思う」と言い切り、観光に力を入れている群馬の関係者の怒りを買ったのだ。


「群馬だけではないです。ゲストの武井壮がボードを使って茨城県と栃木県の場所の説明をしているとき、中居が『どこでもいいよ』と興味がなさそうにしていたのを見て、さすがに怒りを覚えました。馬鹿にするのもいいかげんにしろと」(栃木県の観光業者)


この中居の「一生行かない」発言を放送倫理検証委員会(BPO)の審議メンバー数名が問題としているという。


「この発言がどういう真意でなされたかは知りませんが、年間の外国人観光客が年間2千万名を超え、これからも増やそうという矢先に、こうした風潮に水を差すという点で、審査員数人が重く考えていると聞いています」(放送作家)


他の群馬の観光業者はどう感じているのだろうか。


「それは頭にきます。少しでも多くの観光客の方々に来てほしいのに、あんなことを言われては群馬のイメージが悪くなります。中居さんには群馬の名所を回って、よさを分かっていただきたいです」(高崎の旅行代理店スタッフ)


富岡製糸場は1872年(明治5年)に開業した繰糸所であり、いまも重厚な雰囲気が歴史的な建造物だ。日本の絹産業の技術革新と交流などにも大きく貢献した工場で、その建物は雰囲気があり、外国人観光客にも人気がある。


「番組を見ましたが、制作したテレビ局は観光地同士が激しく外国人観光客を取り合っているという、観光業界事情を知らなかったのでしょう。そうでなければ、あんな無知蒙昧なやりとりにはならないはずです」(旅行ライター)


BPOに審議入りしようがしまいが、中居が群馬入りしたときの県民の目は、相当に厳しくなりそうだ。

まいじつ  2017年01月12日 19時00分
https://www.google.co.jp/amp/a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170
112/Myjitsu_015303.amp.html

続きを見る

1: 2016/12/26(月) 23:08:13.00
かわいそう

2: 2016/12/26(月) 23:08:24.64
ほかのめんばーwwwwwwwwww

続きを見る