スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

吉岡里帆

1: 2018/11/04(日) 13:24:30.68 _USER9
ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)や映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」といった主演作が軒並み不調とあって、目下“戦犯”扱いを受けている女優・吉岡里帆。その要因に“非共感”があると10月31日発売の「週刊新潮」が報じている。

「視聴率や観客動員の“爆死”は主演女優ひとりの責任ではないものの、生活保護をテーマにした『ケンカツ』、声を出すために薬物を打つという『音タコ』にしても、女性が共感できる内容の作品に出演できていないことに加え、新垣結衣、蒼井優、広瀬すずなどの女性ファッション誌出身の女優がひしめく中で、男性誌で頭角を現してきた吉岡は、女性支持が低いというわけです」(週刊誌記者)

 さらに記事では、吉岡にとって、さらに“共感を呼べない”事実に言及している。週刊誌記者が続ける。

「彼女は、京都に住んでいた頃から夜行バスで東京のオーディションを受けていたという苦労人ですが、父親がNHK大河のプロデューサーということは公表していません。コネで起用されたくないという意思があるからだそうですが、恵まれた環境にあったことは明らかで、この点がネット上で、さらなる逆風になってしまわないか心配です」

 男性人気は確固たるものを築いた吉岡。女性たちの共感を得るための“成長戦略”を立てることが急務のようだ。

2018年11月04日 13時10分 アサジョ
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-117832/#article

続きを見る

1: 2018/10/26(金) 16:45:30.74
なんやこれ…骨無いんか…?

1810190916118478.jpg

続きを見る

【悲報】吉岡里帆主演の映画「音量を上げろタコ」、ヤフーで星2.2
1: 2018/10/22(月) 18:14:46.06 ID:iXQ+2IehM
さすがに評価低すぎやろ…

続きを見る

1: 2018/10/20(土) 09:12:45.28 _USER9
 俳優の阿部サダヲ(46)と女優の吉岡里帆(25)が18日、都内で公開中の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」のライブイベントを開催した。

 各スポーツ紙などによると、吉岡はギターを担ぎ、大歓声を浴びて登場。しかし、顔をこわばらせ「緊張する…」とポツリ。意を決してギターかき鳴らすもミスで演奏が止まると、客席に視線を移して「緊張しすぎて…。もう一回、やらせてください!」と赤面で懇願したという。

 その後、阿部と主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」をデュエット。舞台袖での様子について吉岡は、「緊張で涙が込みあがってきたり、引っ込んだりを繰り返していた」と明かしていた。

 「客席の男性からは『かわいい!』、『頑張って!』と声援が飛んでいましたが、女性たちからはシラケムードが漂っていました。吉岡の場合、ナチュラルな言動でも、どうも“芝居”と思わせてしまう部分が多く、着実に女性のアンチを増やしてしまっています」(イベントを取材した記者)

 同映画は12日に公開されたばかりだが、興行収入ランキングではトップ10圏外。

https://wjn.jp/article/detail/7745558/

続きを見る

1: 2018/10/17(水) 15:21:40.64 _USER9
https://www.asagei.com/114205
アサ芸
2018年10月17日 12:30

 映画館での予告編も頻繁に目にしたし、10月12日公開前にはテレビなどに2人でいっぱい出ていた気もするんですけど…。

 ドーピングで声を作っているロックンローラーを演じる阿部サダヲと、声が小さすぎるストリートミュージシャンを吉岡里帆がW主演した映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が、まさかの大コケを記録してしまった。

(略)

 数少ない観客からの全体的な評判も芳しくなく、「ギャグが寒すぎる」「必死の番宣につられて観てみたが大失敗」「ガッカリ度マックス」など散々。逆に時々目立つ称賛の声は「吉岡里帆が可愛かった」「昔からファンでした」など、映画の内容そのものとはあまり関係ないものばかり。

「吉岡だけを観に来たファンにとっては、確かに可愛く見えるシーンは多かったので満足なんでしょうね。でも、ここまで客が入らないのは、お金を払ってまで彼女を観たいという人が少ないことの証明でもあります。酷な言い方ですが、今後も映画進出を目指しているとしたら、何らかの軌道修正が必要なのかもしれません」(前出・CD&DVD専門誌ライター)

 数年後は作品があったことも誰も覚えていないことが救い、なんて悪い冗談も聞こえてくるほどのコケっぷりだが、逆にこのことが話題になれば、盛り返していける!?ファンにとっては、吉岡の可愛らしさが楽しめることは間違いなさそうだが…。

続きを見る

1: 2018/10/11(木) 05:06:21.32 _USER9
2018.10.11 01:16
吉岡里帆「アメンボを食べた」衝撃告白にスタジオ騒然

女優の吉岡里帆が、10日放送の日本テレビ系バラエティー番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!3時間SP」(よる7時~)に出演。小学生の頃に虫を食べたという驚きのエピソードを明かした。

吉岡は小学生の時に友人の間で「甘い」と噂になったアメンボを食べたことがあることを告白。さらに「仲良かった友達が虫博士みたいな子で、冬に出るゆきんこ(雪虫)って虫を7匹集めて食べると願いが叶うって」とあっけらかんと笑いながら話を続ける吉岡にスタジオは騒然。「それもうドラゴンボールの発想じゃない」とアンタッチャブル・山崎弘也からツッコまれることとなった。

https://mdpr.jp/news/detail/1797903

続きを見る

1: 2018/10/02(火) 04:04:24.05
なお
綾瀬はるか、飯豊まりえ、優香、ざわちんも嫌われてる模様


7f97192b938d9981c3b6469fa0d704873ed7d439_w=666_h=329_t=r_hs=406191cab425553e58877ce414904d7c.png
キャプチャ.PNG
mR1kOjn.png

W81DcEV.png

QmmmOdV.png

続きを見る

1: 2018/09/05(水) 12:42:10.14 _USER9
吉岡里帆が主演を務めるテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の視聴率が低空飛行を続けている。
初回こそ7.6%をマークしたものの、第2話以降は5%台が続き、第5話と第6話ではついに4%台まで下落。8月28日放送の第7話では5.3%まで戻したものの、シリーズ平均視聴率は5.6%に留まる有様だ。

「制作側では吉岡のバスシーンを映し出したり、第7話では元AKB48の川栄李奈を前面に押し出したりと試行錯誤を続けています。
しかし区役所の福祉課が舞台という地味な設定も災いし、起爆剤にはなっていません。吉岡の艶気作戦も続きがなく、制作側でもお手上げ状態のようです」(番組制作会社スタッフ)

こうなると心配になってくるのが女優としてのキャリアだ。今年1月期の「きみが心に棲みついた」(TBS系)も全話平均視聴率が7.7%と振るわず、今回さらに数字が悪化しているとあって
、業界では「低視聴率女王」との残念なレッテルが貼られつつあるという。
だが、それでも吉岡には別の方面で活躍できる可能性があるというのだ。

「数字を持たない女優と言えば、思い出されるのは川口春奈。
一時は主演ドラマが相次いだものの、2013年10月期の『夫のカノジョ』(TBS系)を最後にドラマへの主演はありません。
ただ川口は類まれなる美貌が高く評価されているほか、23歳になっても衰えない透明感のおかげで出演CMは8社と多く、
CM女優ランキングでは11位にランクインしています。
吉岡はその川口を上回る10社に起用されており、ランキングは4位に君臨。
美貌では川口に及ばないかもしれませんが、プロポーションのよさと艶気で男性視聴者を惹きつけており、クライアント企業受けもいいようですね」(芸能記者)

CMの世界では計10社に出演する上戸彩のように、テレビ出演の少ない女優でも大活躍が可能。
吉岡もドラマ主演にこだわらずとも、CMタレントとして今後も活躍し続けられそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1515493/
2018.09.05 07:15 アサジョ



続きを見る