スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

吉岡里帆

1: 2018/07/14(土) 05:05:27.39 _USER9
2018-07-14 05:00
『週プレ』吉岡里帆を80P大特集 全グラビアジャックは創刊52年の歴史で初

 14日発売の『週刊プレイボーイ』31号(集英社)が「まるごと一冊、吉岡号!」と題し、女優の吉岡里帆(25)を総力特集したことが、わかった。表紙&裏表紙をはじめすべてのグラビアページに登場し、読み物企画と合わせて全ボリュームは80ページという週刊誌としては異例の規模。さらに22分のオリジナルDVDが付録となる。一人のタレントが全グラビアページをジャックするのは、同誌創刊52年の歴史でも初めてとなる。

https://www.oricon.co.jp/news/2115526/full/

続きを見る

1: 2018/07/07(土) 20:01:22.31 _USER9
吉岡と言えば、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、2018年1~3月期)で、自己評価が低く他人の前で挙動不審になってしまう“キョドコ”こと主人公・小川今日子を演じて話題となった。
視聴者からは、「見てるだけでイライラする」「全く共感できない」「痛々しくて見てられない」など役柄に対しネガティブな意見が殺到。同時に「役に関係なく(吉岡には)嫌われる要素がある」「あの媚びる目が嫌」と、吉岡本人にも厳しいコメントが寄せられた。

 もともと吉岡は、決して女性ウケが良いタイプではない。デビュー当初は「可愛い」「演技が上手い」と評価する声が多かったが、番宣でバラエティ番組などにたびたび登場するようになると「計算高そう」「男ウケを狙い過ぎじゃない?」といった声が広がり、女性アンチが急増。
大はしゃぎする様子を見せたり、イケメン共演者と過度なスキンシップをとる吉岡を“あざとい”と感じる女性視聴者が多かったようだ。また、グラビアタレントとして活動していることも、女性の反感を買う要因になっている。



https://npn.co.jp/article/detail/44727049/

続きを見る

1: 2018/05/12(土) 15:14:08.37








続きを見る

1: 2018/04/19(木) 05:29:49.33
はい

3: 2018/04/19(木) 05:30:46.72


続きを見る

1: 2018/04/18(水) 21:56:54.23 _USER9
https://mdpr.jp/news/detail/1760867
2018.04.18 13:36

女優の吉岡里帆が18日、自身のInstagramにてとある“事件”が起きたことを明かし、ファンから反響が寄せられている。

吉岡は、「事件が起きましたぁぁぁ」と切り出すと、「どん兵衛の狐食べてたら~空知英秋先生がぁぁぁぁぁわたくしうぉぉぉ銀魂にぃぃぃ孤独な女の幻じゃなぁぁいい~」と大興奮で空知英秋氏の人気漫画「銀魂」に自身の名前が登場したことを報告。投稿によれば週刊少年ジャンプに掲載された第678話のタイトルは「どん兵衛だけじゃない全ての食物に吉岡里帆は宿っている」となっている。

かねてから同作のファンで、実写映画化された際にはその魅力について語り「出たかった。笑」と告白した吉岡。自身が「おあげの妖精“どんぎつね”」に扮してCMキャラクターを務める「どん兵衛」にからめた登場に、喜びをあわらにした。

この投稿に、ファンからも「おめでとう!どん兵衛食べ続けた甲斐があったね!」「ジャンプに載るなんてすごい!!!」「大好きな漫画とのコラボ!おめでとうございます!」と祝福が殺到。また、「全ての食物に宿ってるなんてすごすぎ(笑)」「タイトルのセンス秀逸」「食べ物の神様みたいになってる(笑)」と、ユニークなタイトルにも反響が寄せられた。(modelpress編集部)



https://www.instagram.com/p/BhseSINnWgW/


続きを見る

1: 2018/03/02(金) 19:46:36.99


続きを見る

1: 2018/03/03(土) 11:01:49.91
牛丼屋を4軒ハシゴしたことも 吉岡里帆が語る意外な食欲
http://news.livedoor.com/article/detail/14376862/


「はいはい、こんなに食べれる私って無邪気で可愛いでしょってアピールね」
「好感度アップがんばれー、もう遅いけどーw」
「全く色気を感じない女優」
「嘘つくな、誰得情報なのよ」
「また同性から顰蹙買うね」
「この女いろんな部分で女のアレな所が垣間見れるねw」
「うん、それ華奢なモデルが使うやつ。下半身デブは黙ってて?」
「うんこモリモリ」
「需要あるの?普通に私のほうな可愛いしね」
「*欲も強そう」

続きを見る

1: 2018/02/24(土) 12:24:11.60 _USER9
特に悪いことをしている訳ではないのに、SNSに載せた写真やテレビなどでの発言が頻繁に炎上してしまう芸能人がいる。よほど好感度が低いのか、あるいは嫉妬の声が入り混じっているのか。「そんなことで?」というような出来事で炎上すると、逆に同情されることも少なくない。

 2018年1月にタレントのダレノガレ明美(27)は、自身のTwitterで「一眼レフ」の購入を報告。するとネット上では「そんなカメラで何撮る気だよ」「初心者が調子乗りすぎ」「ただの嫌味じゃん。性格悪すぎ」などの声が上がった。どうやらかなり値段の張る上級者向けの機種を、初心者のダレノガレが購入したことに腹を立てたようだ。

 そこで今回は、ダレノガレのように何をしても炎上してしまう芸能人を紹介していこう!

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_16076_entry.html


●吉岡里帆

 まずは女優の吉岡里帆(25)。ドラマやCMなどで大活躍中の彼女をテレビで見ない日はない。しかし女性たちからはかなり評判が悪く、バラエティ番組などに出演する度に「あざとすぎる」と炎上している。

 吉岡の主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)が放送されると、翌日にはネット上で「吉岡里帆見てるとイライラする」「演技がヘタすぎるだろ。女優名乗るな」「可愛いと思ったこと1度もないから」という声が続出。2018年1月に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、「もしも友達の彼女が芸能人だったら… 信じる? 信じない?」という企画でドッキリを仕掛けた吉岡は、自身が出演するCM「どん兵衛」の“どんぎつね”のポーズを披露した。番組を見ていた視聴者からは「可愛すぎる」「破壊力がハンパじゃない」という声が上がる一方で、「ただただ、あざとい」「こういう女が好きな男が嫌い」と嫉妬のような声も。

(文=ヤーコン大助)

https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_57563/

続きを見る