スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

宮根誠司

1: 2017/04/15(土) 08:16:03.88 ID:CAP_USER9
キャスターの宮根誠司が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)。同番組を制作する読売テレビは、先日行った春の改編発表で、同番組の関西地区の視聴率が3月中に4回も5%台(ビデオリサーチ調べ、以下同)に降下したことを明らかにした。

「その席上では、3月8~10日には3日連続の5%台となり、裏番組のフジテレビ『直撃LIVE グッディ!』(1部)を下回る波乱が起きたことも語られました。その後、6~7%台に回復したことが伝えられましたが、関西のお昼といえば『ミヤネ屋』だっただけに、今までは考えられなかったことです」(テレビ局関係者)

 さらに、関東での視聴率にも異変が起きているという。

「それまで7~8%が通常でしたが、3月30日の数字を見てびっくりですよ。この日は4.7%。対して『グッディ!』(1部)は3.1%で、わずか1.6%の差しかないのです。さらに『ゴゴスマ~GO GO!Smile!~』(TBS系)は3.6%と、昼の番組はかつてない大混戦になっています」(同)

『ミヤネ屋』はお膝元の関西だけではなく、関東でも失速し始めたということだろうか。

「宮根の軽妙なトークが、一定の視聴者には『にぎやかで楽しい』と受け入れられている一方、『やかましい』『適当すぎる』などと強いアレルギーを持つ人も多い。そういう視聴者が、比較的おとなしい裏番組に流れているようです。とはいえ、『グッディ!』の安藤優子のジャーナリスト然とした高圧的な態度を毛嫌いする人もいて、要はそれぞれの好みというわけです」(同)

『ミヤネ屋』にチラつくバーニングの影


 宮根の“偏向”ともいうべき報道姿勢に失望している視聴者も多いようだ。

 直近でいえば、レプロエンタテインメントで起きたゴタゴタに関してだ。彼は一連の騒動に対し、「レプロから出て行った人は徹底的に叩き、所属している人のスキャンダルには口をつぐむ」という姿勢をとっている。

 のん(能年玲奈)の独立騒動が問題になった際、宮根は「事務所に内緒で自分で事務所を無断でつくるというのは、これ、ルール違反ではありますよね」と厳しく糾弾した。

 さらに、清水富美加が訴えた「レプロは月給5万円」という窮状については、「そんなに、まだお金の価値もわからない子にガバッとあげても大変なことになる」と語り、主演映画の撮影やプロモーションがストップしたことに対して「撮影途中で主役がいなくなる。これはとんでもないことですよ」と、いずれも批判的な言動に終始した。

 だが、舌鋒鋭い宮根の姿は一転、レプロ所属のマギーとパンクバンド「Hi-STANDARD」のギターボーカル・横山健の不倫疑惑の際には鳴りを潜めた。

「マギーの不倫疑惑については、語るどころか番組内でまったく触れませんでした」(同)

 去る者には強くあたる一方で、事務所に残っているタレントのスキャンダルについては目をつぶる。そのあからさまな“差”は、どこから生まれているのだろうか。

「彼の所属事務所は、テイクオフ。羽鳥慎一や田中みな実も所属している芸能プロダクションですが、ここは“芸能界のドン”といわれ、業界で幅を利かせている周防郁雄氏が社長を務めるバーニングプロダクションの系列です。バーニング系は、自社もしくは系列会社にとって不都合な事実はすべて“かん口令”を敷くか、必要以上に“擁護”する体質で知られています。レプロもバーニング系ですから、宮根も、その犬としてレプロの不満分子を叩き、身内をかばっているのです」(芸能記者)

 つまり、宮根と『ミヤネ屋』の“都合のいい報道精神”に反発している視聴者が、裏番組に流れている可能性もあるというのだ。

<全文はソースで>

2017.04.14 ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/i/2017/04/post_18706_entry.html


続きを見る

1: 2017/02/27(月) 18:04:29.64 _USER9
フリーアナウンサーの宮根誠司(53)が27日、メインキャスターを務める日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)にガラガラ声で生出演。冒頭で「昨日から声が出なくなりまして。申し訳ございません」と謝罪した。

 しかし、苦しそうな声のまま最後まで進行。ガラガラ声の原因について、俳優、寺島進(53)と「怒鳴りあいしてたらこんなんなって」と明かした。

 番組内で、今年の花粉症についてのニュースを取り上げた際、宮根は「昨日から声出にくくなって耳鼻咽喉科行ったら、去年は(花粉症に)ならなかったけど、今年になったらめちゃくちゃなってるっていう人がいっぱいいましたよ」とコメント。宮根の発言を受けた共演者からは、ガラガラ声の原因は花粉症だったのかという声があがったが、宮根は「僕違います。昨日の夜から出なくなったんです」と否定した。

 続けて、「俳優の寺島進さんっているじゃないですか? あれと怒鳴りあいしてたらこんなんなって」とまさかの説明。これには、スタジオも驚きと笑いに包まれた。

 宮根と寺島は同級生だといい、「『寺島この野郎』とか『宮根この野郎』って言いあってたからこうなったのかな。だからこうなったのは寺島進のせいだって僕は思ってます」と冗談を飛ばし、同級生に責任をなすりつけた。

 結局、ガラガラ声のまま最後まで進行。番組の締めには「こんな声ですみませんでした。明日治します」と反省を口にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000540-sanspo-ent

続きを見る

1: 2016/09/29(木) 16:24:26.81 BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
フリーアナウンサーの宮根誠司(53)の評判が悪化する一方だ。

各種“嫌いな男性アナランキング”では1位の常連
現在、宮根は『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)の司会を務めているため、平日は毎日テレビで見掛ける。
ミヤネ屋は2006年に読売テレビが立ち上げ、徐々に中継局を増やし、2008年からは日本テレビでも放送するようになった。
「“関西の高視聴率男”として、最初は関東圏でも好評だった。司会者が大阪弁だったため、当時はインパクトが大きく、目新しさがありました」(芸能ライター)

大阪弁で話すので宮根は大阪の出身かと思いきや、島根県出身で、高校まで同地にいたという。そのためか、大阪弁も不評を買っている。
さらには、強いものはなびき、弱いものには強いという姿勢で司会をしていることも嫌われる要因だ。
「規模の小さい芸能事務所に所属している芸能人のスキャンダルがあれば、徹底的に追及して手を緩めない。コメンテーターに話題を振りながら
自説と違う話になると、わざと途中で話を打ち切る。ところが、読売テレビ社員の解説者が話し始めると、一転して持ち上げ
その際の態度の急変ぶりには目を見張るものがあります。また、『なんぼや?』や『ギャラ、いくらもろてんの?』と、金銭にまつわる話が多いのも不評です」(同)

ミヤネ屋は昼1時55分から2時間の生放送で、同時間帯では8%前後の視聴率を記録していたが、最近では6%台になってきている。
その一方で、視聴率を上げてきているのが、同時間帯に放送されている『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)だ。グッディは昨年3月から放送が始まった、安藤優子(57)が司会を務めるワイドショーだ。

グッディは放送開始直後に視聴率1%台を記録し、打ち切りが噂されたが、最近では5%を超えるなど、ミヤネ屋に迫っている。
「宮根を嫌う女性層の視聴者が、グッディに移ったとみられており、これには宮根も危機感を持っています。

やりたい放題は嫌われる。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-10031/#article


続きを見る

1: 2016/09/21(水) 10:10:29.92 _USER9
人気司会者・宮根誠司の“勘違い発言”に批判が上がっている。19日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」でのこと。

(略)

「杏里ちゃんもこれからはホストクラブに行く前にお金持ちの人を見つけて払ってもらうシステム作ってから行くようにしないと。
あたかも自分のお金で飲むようなふりして、お金持ちの人に払ってもらうのが芸能人じゃないですか。
芸能人や野球選手にはタニマチというシステムがあったんだから」

数年前まで関西の一介のキャスターだった男が、芸能界のタニマチシステムを公共の電波を使って我が物顔で語ることに違和感を禁じ得ない。

週刊誌デスクは「相撲や歌舞伎の世界ではタニマチや贔屓筋の存在は伝統の一部だが、芸能界の場合は毛色が違う。
女性タレントの場合は金銭的な援助を受ける代わりに、愛人契約を強要されることもある。
そうした事情を知った上で、宮根さんも話しているのだからタチが悪い」と指摘する。

裏を返せば、宮根はそうした“タニマチ外交”にせっせと励み、ここまで成り上がったと言っても過言ではない。
所属事務所は「芸能界のドン」ことS社長が“後見人”となっており「宮根はしょっちゅう社長と食事やゴルフに出掛け、
親睦を深めている。社長も宮根のことは大のお気に入り」(スポーツ紙記者)という。

かつて宮根に隠し子が判明した時も、S社長の号令で御用マスコミが最大限の配慮をし、大スキャンダルに発展することはなかった。

「ベッキーと『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音の不倫騒動より、よっぽどエグい内容でしたが、いまでは“なかったこと”になっていますからね」(同)。

芸能界の重鎮やテレビ局の上層部、スポンサーになってくれそうな経営者にはとにかくゴマをすり、懐に入り込む――。
これが宮根のやり方だ。半面、目下の番組スタッフには横柄な態度を取ることも多いという。

在阪キー局社員の話。「大阪では彼の悪評をよく聞きますね。『東京だとギャラはこれくらい。
関西は安すぎや』とグチったり、企画内容がつまらないと『これの何が面白い?誰が考えたん?』と発案者を吊るし上げるそうです。
東京で売れてから完全に天狗になっていますね」。

坂口が借金で人生が変わったように、宮根もまた金で人格が変わってしまったようだ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160921-58415968-tocana
2016/9/21 09:00 TOCANA



続きを見る

1: 2016/09/13(火) 15:04:58.36 _USER9
9月7日放送の『一周回って知らない話』(日本テレビ系)に、フリーの宮根誠司アナウンサー(53)が出演。
自身のイメージについて、お笑いタレントの東野幸治(49)、オアシズの大久保佳代子(45)らと語る場面が見られた。

当たり前になりすぎて、今さら誰も説明してくれないが、“今どきの視聴者”が知らないであろうことを本人に直接聞くという同番組。
宮根アナは『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でおなじみだが、この番組は大阪で制作されているためか、東京での知名度は低い。
実際に街頭で宮根アナを知っているか、さまざまな人に聞いたところ、
「何者か分からない」「笑点とか出てそう」「イメージとしてはポッと出」などの、辛辣な答えが返ってきた。

これを見た宮根アナは「帰る! 大阪に帰る!」「ああいうのは切るのがテレビの常識でしょ!」と言って席を立とうとし、東野が笑いながらも必死に止めていた。
ようやく席に戻った宮根が自身について、元朝日放送のフリーアナウンサーであると説明すると、スタジオの観客席からはどよめきが上がった。
その後、宮根のイメージについて聞かれた大久保は「ミヤネ屋見る限り、東京の人が嫌いな関西人」とコメント。
宮根から「よう言うな、そんなこと!」と、ツッコミを受けていた。

「大阪では支持の厚い宮根アナですが、やはり東京ではワイドショーでいろいろツッコミを入れている人、というイメージなんでしょうね。
ただ、関西のタレント人脈はすごいものがありますし、自身が所属する事務所に羽鳥慎一アナを引っ張りこんだ実績もあります。
アナウンサーとしてだけでなく、フィクサー的な存在でもあるのが、彼が注目されている理由ですね」(芸能誌記者)――やはりただのアナウンサーじゃない!?

http://dailynewsonline.jp/article/1195142/
2016.09.13 10:00 日刊大衆



続きを見る

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 15:19:21.39 ID:CAP_USER*.net
 宮根は「僕の率直な感想は、あのベッキーでも軽率な行動を取るんだ。なんかホッとした。
ベッキーも人間らしいんだ。今まで完璧だったので、その点で普通の女の子だったんだな」と
感想を述べた。

 ベッキーが川谷の実家に一緒に行ったことについても「実家に行くってことは、
結婚の挨拶みたいなイメージがある」と前置きをしたうえで「僕は違うと思う。
『休みが取れたんで、ふるさとに帰るけど一緒にいく?』って気軽な気持ちで誘った。
そしたら、(川谷は)『お父ちゃん、お母ちゃんに紹介しよ。絶対に喜ぶで』ってなって。
ベッキーが、家に来たらパニックになるで」と自らの見解を話しが、スタジオの
女性陣からは「イヤイヤ」と否定的な声が飛んだ。

<全文はソースで>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160107-00000533-sanspo-ent

続きを見る

1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 14:16:40.96 ID:CAP_USER*.net
スポニチアネックス 12月24日(木)14時6分配信

「情報ライブ ミヤネ屋」の宮根誠司アナウンサー

 フリーアナウンサーの宮根誠司(52)が24日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に
出演。この日、テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が来年3月末で降板すると発表された
ことを受け、同アナらしい“ネタ”で反応した。

 番組冒頭で宮根アナは開口一番「こんにちは。12月24日木曜日、報道ステーションです」とタイトルコールを
間違えてあいさつ。その後、「あっ、間違えちゃった」と両手で口を押さえる仕草を見せると、同じくMCを務める
読売テレビの林マオアナウンサー(31)からすかさず「もしかして…。宮根さん、大丈夫ですか?もう、その気!?」
などと突っ込みが入った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000102-spnannex-ent

続きを見る

1: 雪崩式ブレーンバスター(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 23:53:13.64 ID:uJ/48X5t0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典
勉強してアレ?フジAKB総選挙中継、宮根誠司の知ったかぶりがヒドすぎる!

「フジのAKB総選挙特番でMCを務めている宮根は毎年、AKB情報の記された分厚いファイルをスタジオに持ち込み
『僕こんなに勉強したんですよ?』とアピールすることを忘れません。
にもかかわらず、いつも知識の浅さを露呈しています。
今年は『ぱるる(島崎遥香)が1位になったら卒業するらしい』と不確かな情報を我が物顔で披露。
しかし今年はまだ1位の可能性が低い島崎の名をあげたことでスタジオは『え?』っとおかしな空気になりました。
その後、宮根は『あれ、ぱるるじゃない? まゆゆ(渡辺麻友)だっけ? どっちだ』とアイドルの名前がわからなくなりグダグダに。
共演者からも『勉強したんじゃないんですか?』と突っ込まれるなど、彼の知ったかぶりに失笑が漏れました」(アイドル誌ライター)

来年もフジテレビが独占中継するとなると、ますますAKBファンからのバッシングは強まりそうだ。

<全文はソースで>
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0608/asg_150608_8462001148.html

動画
http://www.youtube.com/watch?v=Ikm-b6T-BGY


続きを見る