スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

小倉優子

1: 2019/04/14(日) 14:12:05.16

続きを見る

1: 2018/10/04(木) 20:20:42.41
お肌のシミもクマも見せる模様
C4bDWI6.jpg
DSC_1442.JPG
gS0qifc.jpg
n2i9180918-2012160200.jpg

続きを見る

1: 2018/09/26(水) 22:17:08.89
あんなに可愛い子おるか?

続きを見る

1: 2018/05/09(水) 13:42:16.35 _USER9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/09/kiji/20180509s00041000123000c.html
2018年5月9日 12:05

 タレントの小倉優子(34)が8日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。元夫に対して、結婚生活中に毎晩強要していたある行為を明かし「つらかったと思います」と反省した。

 美容師の夫の不倫騒動の末、昨年3月に離婚。それでも、結婚生活について「離婚しましたけど、結婚が悪いとか思ったことはないです」と肯定した。そんな中「離婚したからたくさん反省できたけど、結婚中は、私も私で向こうを嫌な気持ちにさせることをたくさんしていたなって。離婚してから分かりましたね」と振り返った。

 “元夫を嫌な気持ちにさせていたこと”として、MCの明石家さんま(62)が「毎晩『私の好きなとこと5個言ってから寝てね』っていう」と代わりに説明。さんまは「それやめろ、ゆうこりんって」と忠告していたという。

 思わぬ暴露に「さんまさん」と呼びかけた小倉。抗議をするのかと思いきや「10個です。つらかったと思います、向こうも」と数を訂正して反省。さらに「私も、好きなところを5個言ってくれたら、うれしいと思います」と賛同したタレントの皆藤愛子(34)に「それやったらダメです」と両手でバツ印をつくり、笑いを誘った。

続きを見る

1: 2017/11/19(日) 12:45:24.35










続きを見る

1: 2017/09/26(火) 11:06:09.45



◯◯◎

即ハボ

続きを見る

1: 2017/04/02(日) 12:01:12.48
ゆうこりん激怒事件 1日中無視されたギャル曽根「あの人は怒らしちゃダメ」

番組にVTR出演したギャル曽根は、かつて小倉と友人と3人で出かけることになったが、
寝坊し、ノーメークでタクシーに乗って駆けつけるも、
怒った小倉に一日中、口をきいてもらえず、何を話しかけても無視を決め込まれたことを告白した。

「正直、思い出しただけでも、めちゃくちゃこわくて泣きそう。あの人は怒らせちゃダメ」
と訴え、その後、小倉との待ち合わせの際は15分前行動していることを明かした。

この件を聞かれた小倉は「1時間半とか待たされて」「ほんとに遅刻が続いて」と説明し
「私、怒るとバーッというほうじゃなくて、ほんとに怒るとだまるんです。(怒ると)その日、無視」と語った。

小倉は、ギャル曽根以外に怒ったことがある人物を聞かれると
「ほかは1件しかなくて」とニコリ。
3月に離婚した元夫のことらしく、「その時は2カ月(無視)でした」と明かしていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000185-dal-ent


続きを見る

1: 2017/03/17(金) 06:50:04.32 _USER9
女性自身 3/17(金) 6:01配信

ヘアメイクアーティストの夫・菊池勲氏(46)との離婚をブログで発表した、小倉優子(33)。

その1週間前、本誌が彼女の“離婚決意”を報じたばかりだった。本誌は、彼女が菊池氏に「慰謝料7千万円」を
要求しているが、金額で折り合わず、離婚が延びていると報じていた。

結局、小倉は「慰謝料なし」で菊池氏と離婚。本誌が報じたような「慰謝料7千万円」をめぐってもめたりしては
いないと強調したのだが――。

2人をよく知るファッション関係者がこう明かす。

「たしかに最後は“慰謝料なし”で双方が離婚に合意しましたが、“慰謝料”という形をとらなかっただけで、
菊池さんはきっちり“責任”を取らされたんですよ(苦笑)。2人は海外のリゾート地に共同名義で別荘を
持っているんですが、ローンの残額を菊池さんが全額引き受け、別荘の名義を小倉さんにすることで合意しました。
ローンの残額およそ5千万円を、菊池さんが支払っていくことになります。さらに現在彼女が住んでいる
マンションの家賃80万円と生活費20万円の合計100万円も、2人の子の養育費として、菊池さんが毎月支払っていくことで
話がまとまりました」

別荘と養育費をしっかり確保しつつ、今後のママタレとしての活動を見据えて、“慰謝料ゼロ”での再出発を
強調する小倉だが、しっかり“ゲス不倫”夫にはお灸を据えたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170317-00010001-jisin-ent

続きを見る