スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

小倉智昭

1: 2018/07/06(金) 20:35:02.19 _USER9
全国各地で猛威を振るっている記録的な大雨。気象庁では「災害級の大雨」としており、さらなる警戒が求められている。その中で「とくダネ!」(フジテレビ系)のメインMCを務める小倉智昭に、怒りのこもった非難の声が寄せられているという。

 7月6日放送の「とくダネ!」では番組の冒頭、小倉が「雨の情報が大変気になるんですが、この雨は週末まで、日曜くらいまで影響が出そうなんですけどね」と説明。番組では前半の30分以上を大雨情報のレポートに費やしていた。
その中で小倉が口にしたコメントに対し、大雨に苦しむ人たちを中心に大きな批判が巻き起こっているというのだ。

「番組では各地の状況をレポートし、『東海や近畿、四国ではさらなる警戒が必要だ』とのナレーションでVTRを締めくくりました。ここでスタジオにカメラが戻ると、小倉は北海道から沖縄まで大雨の被害が出ていると語ったうえで
『関東は今のところそんなに多くの雨が降っていないんですけど、東京で降っていないとピンときません』と言い放ったのです。その後にすぐ『特に西日本はひどいですね』と言葉を継いだものの、この状況で東京に雨が降っていないとわざわざ指摘する必要がいったいどこにあるというのでしょうか」(週刊誌記者)

https://www.asagei.com/excerpt/107971

続きを見る

1: 2017/09/11(月) 09:24:50.68 ● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000098-sph-ent

小倉智昭キャスター(70)は冒頭、「事務所を離れた3人については何でも自由にものが言えると加治佐さんが張り切っています」と、意味深長なコメントで加治佐謙一フジテレビ芸能デスクに話を振った。

 今後、稲垣ら3人がジャニーズ事務所を退社した元チーフマネジャーの女性と行動を共にするのではという可能性については「(元女性マネジャーも)後ろ盾になってくれる人がいないと、そう簡単に(一線に)復帰できないのでは」と分析した小倉氏。
「この間、吾郎ちゃんに会って、ゴルフやっている?と聞いたら、やってますと言っていた。これは確実な情報です」と言って笑わせた。

続きを見る

1: 2017/08/16(水) 19:06:22.93 _USER9
https://www.j-cast.com/2017/08/16305994.html?p=all

週刊誌に不倫が報じられたことで、芸能活動を無期限休止するとされているSPEEDメンバーで女優の上原多香子さん(34)に関し、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」キャスターの小倉智昭さん(70)が、「なんで3年も前の事で休まなければいけないのか?」と発言したことで、ネット上で激しい怒りを買うことになった。

上原さんの問題について各テレビ局の番組がスルーする中で、「とくダネ!」だけは取り上げた、との視聴者の期待は裏切られ、怒りと失望感だけが広がった。

(略)

有名人の不倫が発覚すると各局の情報番組は、先を争って報道合戦を繰り広げるのが傾向だったが、なぜか上原さんに関してはダンマリが続いている。そうした中で、「とくダネ!」8月16日放送のラテ欄に上原さんの文字があると話題になり、「さすがとくダネ!」と期待が高まった。

ところが放送内容は、遺書やライン、阿部さんといった視聴者が最も知りたいことには一切触れず、現在上演中の舞台が8月18日に終了以降は芸能活動を無期限休止するということに終始し、報道陣が上原さんに不倫騒動の事を質問しても一切答えなかった、などと新たな情報だけでなく、真相の掘り下げは行われなかった。小倉さんは、

「まぁ人生、生きて行く上で触れては欲しくない部分っていうのは、あったりするでしょ。ただ、それが芸能人の場合だと、3年も前のことがこういうふうに出てきちゃう」
そして、

「上原さんにとってもかなり辛いことだろうし、周囲の人にとってもね。なんで3年前のことで芸能活動を休まなければいけないのか」
と語った。この意見が番組内容に対する失望に拍車をかけた。

遺族にも「もう3年も前の事」って言えますか?

番組内容や小倉さんの発言についてツイッターや掲示板には、

「見てたけど原因を全然語っていなかった 。そんなんなら最初から扱うなよ」
「TENNさんの遺書の件、全く話さない... ネットで騒がれていることを本当に知らないのなら【情報番組】やめたらどうでしょう? 白々しすぎて怖くなりました、取り上げないほうがマシ」
「フジテレビ=(上原さん)擁護派だったのは腰が抜けるほど驚いた」
などといったことが書き込まれ、ネット上で「とくダネ!」批判が起こった。

「3年も前」については、

「3年も前のことって言ってたけど、人一人死んでることわかってんのかな? 」
「3年も前って、ご遺族にとったら昨日のことのようだよ。今現在も苦しめられてることだよ」
「旦那さんに死なれ可哀そうな嫁として3年間生きてきた。小倉さん、遺族にも『もう3年も前の事』って言えますか?」
といったことが書き込まれ、ベッキーさんや乙武さんといったこれまでの不倫報道との扱いのギャップに大勢の人が驚いている。

続きを見る

1: 2017/06/21(水) 16:01:47.54 _USER9
 朝の情報番組「とくダネ!」のキャスター・小倉智昭(70)が、大手新聞社社員の女性を事務所に招き入れるなど、高い頻度で密会していたことが
「週刊文春」の取材で明らかとなった。取材班が確認した限りでも、ひと月に4回、そのうち2回は小倉の個人事務所で逢瀬を重ねていた。
女性が事務所を訪れる際は決まって、小倉はマネジャーをはじめ事務所スタッフ全員を退社させていた。

 小倉が密会していたのは40代のA子さん。身長170センチほどの痩せ形の美女だが、既婚者であり、夫は同じ新聞社の社員だ。小倉にも30年以上
連れ添った妻がいる。A子さんと小倉は2年ほど前、高級時計会社のパーティで出会ったという。

 小倉は「週刊文春」の直撃取材に対し、A子さんは仕事仲間であるとした上でこう答えた。

「親友ですよ。すごい好きな人だし。友達だから1週間に1回会ったり、メシ食ったりしますよ。2人でいたっていいでしょう。やましいことしてませんよ、
僕は。冗談じゃない!」

 小倉とA子さんの「週1密会」の写真など、詳しくは6月22日(木)発売の「週刊文春」、および同日朝5時に配信する「週刊文春デジタル」で報じる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00002997-bunshun-ent

続きを見る

1: 2016/09/08(木) 09:53:07.71 _USER9
タレントの小倉智昭が8日、司会を務めるフジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』(月~金 前8:00)に出演。
この日発売された『週刊文春』で報じられた覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優に資金援助していた件の続報について、
掲載された小倉が送信したメールの内容がすべて「作り話です」と明かした。

9月1日に発売された『文春』が、逮捕された俳優で画家の庄司哲郎容疑者が、かつて所属していた同じ事務所の先輩である小倉からたびたび資金援助を受けており、結果的に小倉が覚せい剤の資金源となっていた、と報じた。
これを受け小倉は同日、『とくダネ!』で15年前から彼の絵を買っていた」と、資金は援助していたわけではなく絵画への対価だったと説明し、
「資金源と書かれるのは納得いきませんでした」と語った。

8日発売の『文春』の続報では、2013年に小倉が庄司容疑者に送ったメールをそのまま掲載。
内容は庄司容疑者へ送金してきた時期が長く額も大きいため、税務署の査察により庄司容疑者の所得となり、過去の所得税など請求が届くことになるが、国税に勤める知人に申し入れて自分の負担にした、その金額は1億円だった、というもの。

小倉はこの日の番組でも『文春』の記事を自ら取り上げ、
庄司容疑者について「付き合いも深くないし、絵にしか興味がなかった。記事を見るたびにあんなひでぇヤツだなと思った」と突き放し、
興味があったのは「彼のお父さんは世界の美術館にも収蔵されている庄司佼(しょうじこう)という人で、その絵が欲しくて5枚ほど持っています」と本心を語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000302-oric-ent

小倉智昭


続きを見る

1: 2016/09/07(水) 16:06:15.00 _USER9
週刊文春 9月7日 16時1分配信

 フジテレビ朝の情報番組「とくダネ!」の司会者である小倉智昭(69)が、
8月25日に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優の庄司哲郎(49)に
資金援助を繰り返していたと週刊文春が報じた件で、取材班は小倉が庄司に送った
2013年2月のメールを入手した。そこには庄司への莫大な送金額が国税庁の調査で
問題になったことなど、事務所の内情が綴られていた。

〈とくにあなたへの送金が長く、額も相当になるため、あなたの所得にする、との
見解でした。そうなると、過去の所得税、地方税、重加算税、延滞税など、
多額の請求があなたに行きます。(中略)その結果、あなたへの分を含め、
およそ一億の納付請求の通知が届きました〉(小倉から庄司へのメール)

 1億円とされている追徴課税額から逆算すると、国税当局が問題視した送金総額は
2億5千万円以上にのぼる可能性もある。メールによれば、送金総額のうちの
「相当の額」が庄司に支払われたという。この小倉からの金で庄司が覚せい剤を
購入した可能性は高い。小倉は週刊文春の取材に対し、
「絵に対して対価を支払った」と主張している。

 詳しくは9月8日(木)発売の週刊文春が報じる。

<週刊文春2016年9月15日号『スクープ速報』より>

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00006536-sbunshun-ent

続きを見る

1: 2016/09/01(木) 15:17:23.56 _USER9
タレントの小倉智昭が9月1日、司会を務めるフジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』(月~金 前8:00)に出演し、
一部で報じられた覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された俳優に資金援助していた件について言及した。

(略)

応援するために絵画を購入してきたことが、結果的に“覚せい剤の資金源”と報じられたことについて
「つらい。彼のやったことには怒りを覚える。15年間俺は何をやってきたのか。甘すぎたのかと思ってる」と後悔の念をにじませた。
最後には目に涙を浮かべながら「『週刊文春』の記事を読んだ時、自分のがんを知らされた時よりも悲しかった。
資金源と書かれるのは納得いきませんでした」と思いを語った。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2077709/
2016年09月01日 09時35分 ORICON STYLE

https://www.youtube.com/watch?v=fYdfwzid3tY


とくダネ!小倉智昭 覚せい剤資金源報道でコメント「資金源と書かれるのは納得いかない」

続きを見る

1: 2016/06/28(火) 05:16:21.79 _USER9
2016.6.28 05:05

フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)の小倉智昭キャスター(69)が
新人アーティストを初プロデュースすることが27日、分かった。

東京都内在住のジャズシンガー、Ema(25)で、音楽通の小倉が伸びやかなスイートボイスにほれ込み、
7月27日発売のデビューアルバム「Respirar」を総合プロデュース。
秘蔵っ子のお披露目を前に「ここまで心を揺さぶられたのは初めての経験」と自信を見せた。

キャスター界の大御所が音楽業界に進出だ!

小倉はブレーク前の絢香(28)やゆずを番組でいち早く紹介し、
BS朝日「小倉智昭・住吉美紀の音楽夜話~ミュージック・ヤワー~」で司会を担当するなど音楽通で知られ、
“満を持して”歌手のプロデュースに初挑戦する。

きっかけは一昨年10月、小倉の所属事務所に届いたデモテープ。
自身の歌を知ってもらおうとEmaが事務所やテレビ局などに送った中の1本で、
偶然に大物キャスターの“耳”に止まった。

尾崎豊さん(享年26)の名曲「I LOVE YOU」をジャズアレンジで歌う伸びやかなスイートボイスに魅了され、
小倉は同12月にEmaのライブにお忍びで訪問し、「この歌を多くの人に聴いてもらいたい」とプロデュースを決意。
親交のあるレコード会社、アリオラジャパンに自ら話を持ちかけ、アルバム発売が決まった。

Emaは両親の影響で幼いころからジャズを聴いて育ち、
劇団四季のミュージカル「ライオンキング」などで歌や発声法を習得した実力派。
2011年3月の東日本大震災発生直後の初ライブで歌の力を実感し、本格的に歌手活動を開始した。

昨年5月にデビューすることが決まり、“小倉プロデューサー”は、コンセプトの「ラテンジャズ」はもちろん、
ジャケットデザインの提案や選曲にも参加。
発掘のきっかけとなった「I LOVE YOU」など邦洋楽の名曲13曲をカバーし、
ジャズ、ボッサ、ラテンを織り交ぜ、日本語、英語、スペイン語を駆使して歌ったアルバム制作に尽力。
さらにEmaの希望でキューバのサックス奏者、セサル・ロペス(47)が演奏で参加することも決めた。

小倉は「広い世代の音楽ファンに楽しんでもらえる内容になった」と自信をみせ、
Emaも「奇跡としか言いようがない出来事だと思う」と感激。
小倉期待のディーバが、無限の可能性を秘めて音楽界へ飛び出す。


・小倉智昭キャスターが初プロデュースしたEma。目鼻立ちがくっきりしたアジアンビューティーの活躍に注目だ




http://www.sanspo.com/geino/news/20160628/geo16062805050008-n1.html

続きを見る