スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

有村架純

1: 2017/06/09(金) 11:02:17.83
有村架純の強化版ができた



ちな元


続きを見る

1: 2017/06/09(金) 10:27:38.17


続きを見る

1: 2017/05/30(火) 19:27:08.04 _USER9
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1832216.html
2017年5月30日18時40分

 女優有村架純(24)の姉で、旧芸名「新井ゆうこ」から改名したグラビアアイドルの有村藍里(26)が、中傷や暴言をSNSで発信するユーザーに対し「自分を醜いとは思わんの?」と嫌悪感をあらわにした。

 藍里は、架純の姉だと公表した15年の夏頃からメディア露出が増えはじめたが、同時にネット上では「売名行為」だと批判する声や、容姿が妹とあまり似ていないと揶揄する書き込みも少なからず見受けられるようになった。

(略)

 ネット上の心無い書き込みに対して「自信ない、共感されたい、承認欲求を満たしたい等の理由でSNSで他人に対する容姿等の中傷を全世界にわざわざ発信する人は、普段何食わぬ顔して生きてるの?実際会っても同じ事を相手に言うの?ぶす!きも!って発信してる自分を醜いとは思わんの?」と問い掛けた。

続きを見る

1: 2017/05/18(木) 12:25:56.25


続きを見る

1: 2017/04/27(木) 00:11:26.613








続きを見る

1: 2017/04/05(水) 12:55:10.04 ID:pcQWnK1L0
可哀想


続きを見る

1: 2017/03/30(木) 21:32:54.32 _USER9
3月30日(木)夜、女優・有村架純(24)の実姉で、モデル・グラビアアイドルの新井ゆうこ(26)が、自身のツイッターで改名を発表。
本名の有村藍里(あいり)として再出発することを宣言した。

藍里と架純は実の姉妹である事実を公にせず、それぞれ活動をしていた。
しかし、’15年春に夕刊紙に報じられるかたちで関係が明るみに。

藍里が当時の状況を振り返る。

「急にいろんな取材や問い合わせが来るようになって、パニックでした。私の知名度なんて全然ないのに、妹はNHKさんの『あまちゃん』にも出演していましたし……。妹になにか迷惑がかかるんじゃないかと心配でした。でも妹はとてもしっかりしていて、『お互いにやるべきことをやっていこう』って」

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00010000-friday-ent

有村藍里 @arimuraairi
突然ですが私、改名します。
有村藍里(ありむらあいり)として活動します。
本名にするという私の1つの覚悟。自分の意志で決めました。
そして5月26日に講談社さんから初の写真集が発売されます。
どうか、応援よろしくお願いいたします。
最初の大きな一歩、始まったばかり。

写真集では、かなり際どいポーズにも挑戦している


続きを見る

1: 2017/03/22(水) 07:18:33.59 _USER9
 1964年の東京五輪の前後を背景に、茨城県北西部の奥茨城村で育った少女が、出稼ぎのために東京へ行ったまま帰ってこなくなった父親を探すべく、集団就職で上京する…。

 4月3日からスタートする連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)。ヒロインに抜擢された有村架純(24才)が大ブレークするきっかけとなったのもまた朝ドラだった。2013年の『あまちゃん』で、小泉今日子が演じるアイドルを夢見ていた若き日の春子を好演し、一気に芽が開いた。

 兵庫出身の有村が女優を志すようになったのは、地元の中学生だった頃。ドラマを見ながら「自分ならこう演じる」と自然に考えている自分に気づいたことがきっかけだった。しかし両親が離婚したこともあって、オーディションやレッスン代、上京するための資金問題が浮上。夢を叶えるために有村は、高校時代はアルバイトに明け暮れ、平日は学校が終わってから4時間、休日は朝から10時間、がむしゃらに働き続けたという。

 そんなド根性で、前述の『あまちゃん』で大ブレーク、その後も活躍を続けている。

『映画ビリギャル』(2015年)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞を、さらに同作と『ストロボ・エッジ』(2015年)での演技が高く評価され、『第58回ブルーリボン賞』で主演女優賞を受賞した。

 映画だけじゃない。2016年には月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)に出演。昨年末のNHK紅白歌合戦では紅組司会者を務め、現在はまもなくスタートする『ひよっこ』の撮影中だ。

 そんな彼女の住まいは、都内でも超高級住宅街の一角に佇むラグジュアリーマンション。70平方メートルにも満たない部屋で1億円を優に超えるという、閑静なその街でも特別なマンションだ。

 意外にも彼女がこのマンションの住人になってようやく1年。『あまちゃん』以降、ドラマや映画のヒロインに次々と抜擢され、CM女王との呼び声も上がっていたものの、当時彼女が住んでいたのはマンションというよりアパートという方がしっくりくる建物。

 6畳1間のワンルームで、家賃は10万円ほどの部屋だった。たまのオフには自転車に乗って、近所の商店街へ。親友の高畑充希(25才)が泊まりにくることも多く、その時はこの部屋の小さな台所で有村が高畑にカレーや煮物をふるまっていた。

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号
NEWS ポストセブン 3/22(水) 7:00配信


https://parts.news-postseven.com/picture/2017/03/1713_arimura_kasumi

続きを見る