スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

木村拓哉

1: 2017/11/13(月) 22:59:30.21
竹野内豊

続きを見る

1: 2017/11/12(日) 01:22:23.358 ID:gchtbAKYd
ビューティフルライフ 41.3%
グッドラック 37.6%
HERO 36.8%
ロングバケーション 36.7%
ラブジェネレーション 32.5%

続きを見る

1: 2017/11/10(金) 09:28:37.12 _USER9
木村はSMAP解散後、バラエティ番組への出演も減り俳優業に専念することを本人が希望しているという。

「元SMAPの中でもバラエティへの感心が薄く、他のメンバーがテレビの冠番組で人気を博していた時でも、木村はラジオ番組程度しか持っていませんでした。
ドラマ俳優として確立したイメージを崩さないようにするためです。
これは、かつてSMAPのマネージャーであった飯島氏の戦略なのですが、結果として木村のバラエティタレントとしての姿はSMAP×SMAPでしか見られませんでした」(民放関係者談)

そんな木村が、SMAP解散後にバラエティ番組に出なくなるのは当然のことだろう。
しかしここ最近、事務所は木村を積極的に番組へ売り込み始めているというのだ。何があったのだろうか?

「木村は、来年早々にボディーガード役のドラマ、そして二宮と初共演する映画『検察側の罪人』を控えている。

http://dailynewsonline.jp/article/1374323/
2017.11.10 09:00 トカナ

続きを見る

1: 2017/10/27(金) 07:37:14.56 ID:cCcyzjHT0
自分のことのように恥ずかしくなってきた

続きを見る

1: 2017/10/25(水) 00:58:51.46
http://news.livedoor.com/article/detail/13793600/
木村への逆風はなかなかやまない。主演した映画『無限の住人』は、ヒットしたとは言いがたく、
ドラマ『A LIFE』(TBS系)も思ったほどの視聴率は得られなかった。
4月にはトヨタ自動車のCM契約が終了し、現在は2社のみ。しかも1つは海外のみの契約だ。

木村にとっては誤算続きだ。最近は顔色も冴えず、憂い顔を浮かべているという。

「事務所を出た3人が生き生きと活動しているのを見て、実は気持ちが揺れ動いているようですね。
周囲には“やっぱりオレ、あいつらともう1度SMAPをやりたい”と漏らしているそうです。
突然の心変わりに、妻の工藤静香さんも困惑しているといいます」

続きを見る

1: 2017/10/16(月) 19:22:04.18 _USER9
2017.10.16 19:00

元『SMAP』木村拓哉がジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎に接触を図ったという。

「稲垣は、SMAP独立騒動のときに中居と木村のパイプ役だったと週刊誌に報じられていました。しかし、独立問題で木村が裏切ったため、一度関係が切れたことは確かです。ただ稲垣は、木村がジャニーズに忠義を尽くしたことには、ある程度理解をしていました。むしろ独立を主導し、解散決定に同意しながら、土壇場で事務所独立をやめた中居に恨みを持っています」(ジャニーズライター)

稲垣が6月にジャニーズ事務所を退所すると決めた際、稲垣は中居に意志確認の電話をしたところ、中居は着信を無視し続け、返事をしなかったという。

「“中居不信”のまま稲垣ら3人はジャニーズを退所しました。その後、中居は3人へはなむけに高級バッグを贈ったことも分かっていますが、稲垣はこれを処分しています。代理人がマンションまでバッグを持ってきたことに稲垣は激怒したそうです」(同・ライター)

木村が稲垣にメッセージ

中居と稲垣の決別が示された一方で、木村は稲垣に連絡を取ったというのだ。

「木村は何度か『詫びたい』というメッセージを、スタッフを通じ、あるいは稲垣の携帯電話にも留守番電話で言葉で残したそうです。稲垣はこれを無視し続けたのですが、それでは自分も中居と同じだと感じ、大人の対応として電話で話したそうです。ふたりが今後、直接会うかどうかまでは伝わっていません」(芸能プロダクション関係者)

そして中居は、退所した3人の活発な活動を見て、香取慎吾に電話したという。

「中居は、再始動した3人が気になってしょうがないようです。木村に頭を下げて和解したものの、ジャニーズ内ではいまだに白眼視されています。一方、木村は子会社社長の立場を約束され、世間からのバッシングさえ耐えれば将来は明るい。稲垣はいつまでも木村を敵視するのはよくないと考えたのです」(同・関係者)

木村と稲垣が和解する日は近そうだ。

https://myjitsu.jp/archives/34121

続きを見る

撮影現場も雰囲気最悪…キムタクから笑顔が消えたワケ
1: 2017/08/27(日) 09:33:35.85 _USER9
 元SMAPの木村拓哉(44)が主演する映画「検察側の罪人」(来春公開予定)の撮影現場が
ピリピリムードに包まれているという。嵐の二宮和也(34)と初共演していて、何かと話題なのだが、
どうもスンナリといっていないようなのだ。

 芸能プロ関係者がこう明かす。

「映画でキムタクは、二宮演じる熱血漢の若手検事と対立するダーティーなエリート検事役を演じる。
主演と持ち上げられていますが、見方を変えれば“2番手”で損な役回りなんです。そのためなのか、
撮影現場では眉間にしわを寄せ、はた目からでも不機嫌になっているのが分かる。撮影スタッフでさえ、
よほどのことがない限り話しかけられない。これでは共演者とのコミュニケーションも図れず、
現場の雰囲気は最悪になっている」

 ドラマや映画の撮影現場では、誰に対してもフレンドリーで知られ、笑顔を絶やさないといわれた
キムタクの姿はどこにもないらしい。クランクインしたばかりで、先行きがかなり不安なのだが、
キムタクがここまで追い込まれるのには理由があるという。絶対に映画をヒットさせなければならないという
十字架だ。

「一部メディアが、映画を『木村と二宮のダブル主演』と報じてしまい、ジャニーズ事務所が
クレームを入れたんです。あくまで『主演は木村。ダブル主演ではない』と。それ以来、メディアは
木村主演という表記になり、二宮は共演者という扱いになった。あらためて“キムタク主演”と強調された
ことで、全ての責任は木村に一任されたことになったのです」(映画配給会社関係者)

 キムタクの頭に浮かんでいるのは、今年、大コケしてしまった映画「無限の住人」であることは想像に
難くない。またコケれば、本当に後がなくなってしまうかもしれないのだ。さらに、キムタクを
苛立たせているのが二宮との関係だという。

「実は今回の映画に二宮がキャスティングされた背景には、キムタクの人気凋落と映画『無限の住人』
の失敗を、ジャニーズ事務所が懸念したことにあるらしいのです。当然、この話はキムタク本人の耳にも
入っている。面白いわけがありません」(前出の芸能プロ関係者)

 このままでは、二宮との“不仲説”まで浮上しかねない勢いだとか。キムタクは大人になって、
ヒットにつなげられるのか。

日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000006-nkgendai-ent


続きを見る

1: 2017/07/14(金) 23:15:20.90 _USER9
 独立すると目されていた中居正広(44)が一転、事務所残留を決めたことで、
心中穏やかでない人がいる。木村拓哉(44)だ。木村がいち早く事務所残留を
決めたことが、解散の遠因となったとされる。それでも木村は幹部候補に名を連ねることに。
しかし中居の決断でそれも揺らぎ始めているという。木村の焦燥は募るばかりだ。

 今秋の契約更改を前に、“独立派”と目されていた中居が事務所残留を決めたニュースは
大きな話題となった。

 「もともと中居は一昨年に行われたジャニー喜多川社長の誕生日会にも顔を出すなど、
SMAPの中でも、ジャニーズ愛が強いほう。とはいえ、稲垣(吾郎)や草なぎ(剛)、
香取(慎吾)とともに独立すると見られていたし、実際にそうした動きがあったのも
確かなだけに驚きました」とは芸能リポーター。

 中居の残留の背景には自身が出演するテレビ番組のスタッフへの配慮や将来的な
社内独立の狙いがあるとされているが、「紆余曲折あったとはいえ、億単位の収入を
もたらす稼ぎ頭の中居が残留したことは、事務所サイドも高く評価しているようです。
近藤真彦や東山紀之、滝沢秀明らとともに一躍、幹部候補生の仲間入りを果たしたとも
言われています」(同芸能リポーター)

 だが、こうした中居の動きに不信感を募らせているのが木村だという。

 「木村からしてみれば、真っ先に残留を表明したことで“裏切り者”よばわりまで
されたのに、中居ばかり高く評価されたのではたまったものではない。最近公開された
主演映画『無限の住人』は伸び悩みましたが俳優としての実績もありますしね。
最近の中居への厚遇ぶりを見ると、忸怩たる思いもあるでしょう」と別の
芸能プロダクションマネジャー。

夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000002-ykf-ent

続きを見る