スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

本田圭佑

1: 2019/09/28(土) 01:07:10.87


続きを見る

1: 2018/07/04(水) 19:53:01.62 _USER9



 サッカー日本代表MFの本田圭佑選手(32)が2018年7月4日夜、「清々(すがすが)しい」を間違えて「きよきよしい」と読んでいた件について、「お恥ずかしい」とツイッターで反応した。

 本田選手の誤読があったのは、ロシアW杯・ベルギー戦から一夜明けた現地3日のインタビューでのこと。ベスト16敗退に終わったW杯を振り返る形で、「きよきよしい」と述べたことに、インターネット上でツッコミが相次いでいた。

■「でも、もうしっかり覚えました」

 本田選手は4日18時過ぎに更新したツイッターで、J-CASTニュースが同日昼に配信した「本田圭佑、W杯終え『きよきよしい』 『清々しい』を誤読?で総ツッコミ」という記事を紹介。その上で、

  「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」

とコメントした。

 この投稿は約1時間で6000回以上のリツイート、2万5000件以上の「いいね」を集めるなど大きな話題に。投稿のリプライ(返信)欄には、

  「自分の恥ずかしい部分を認める男はかなりカッコイイと思います」
  「素直に間違いを認めるところ流石の人間力」
  「本田選手にもそんなミスあるんだなと驚きですが、言い訳しないところさすがです」

など、自らの誤りを認めた本田選手を称える声が続出。お笑い芸人の間寛平さん(68)も、「あなたはスゴい」とのリプライを送っていた。

 話題の「きよきよしい」という誤読は、3日深夜放送の「NEWS ZERO」(日テレ系)が伝えた本田選手の最新インタビューで飛び出したもの。ロシア大会を最後にW杯の舞台から去る旨を明かしていた本田選手は、敗退後の心境について、

  「なんというんですかね、え~『きよきよしい』というか...。すごく、自分の中では気持ちの切り替えができている部分があります」

と語っていた。

7/4(水) 19:43
J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000011-jct-ent

続きを見る

1: 2018/07/04(水) 14:45:41.82
3日深夜の「NEWS ZERO」では、ベルギー戦から現地で一夜明けた時点での本田選手へのインタビュー映像を放送した。冒頭、ベスト16敗退という結果に終わった今大会の「受け止め」を問われた本田選手は、「悔いはないです」と言い切った。
 そして、「本当に、子供の頃からこのW杯のためだけにサッカーをやってきたといっても過言ではない。そういう大会だったんですけど」とポツリ。「まあ今はすごく...、なんというんですかね、え~」と5秒ほど言葉に詰まった後で、今の心境について、
  「『きよきよしい』というか...。すごく、自分の中では気持ちの切り替えができている部分があります」
と口にしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000006-jct-ent

続きを見る

1: 2018/06/25(月) 18:41:11.36
「それは僕だけじゃなくて。代表にいる選手というのは出てないメンバーも含めて日本人が想像もできないような努力をしてこの場にいる。
それをしっかり見てほしい。僕は割とたたかれるのを感謝しているし、楽しんでいる部分もあるんですけど、そうじゃない人もたくさんいる」
「そこの上げ下げを楽しむのは僕だけにしておいてほしい」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000004-goal-socc

続きを見る

1: 2018/06/25(月) 15:14:50.90
ほんま最低やなこいつら


ブジャールド(嘘つき)
広告用の豚、ピッチを徘徊するゾンビ、火星人、カタツムリ、家畜の残飯、肉とも魚とも言えない物、遊園地の射的、ワーストワン、三輪車、悪夢の夜、鳥かごの中の鳥

UFO、空っぽのバッテリー、のろま遅い、砂漠で迷子、髪の毛が目立つだけ、エラーと言うよりホラー、透明人間、軟弱、落胆、キックボード、酸素が足りない、アマチュアレベル、サハラ砂漠でもブーイング

破滅的、靴磨きの方が役立つ、パラメトロゼロ(移籍金ゼロ)、右サイド失格、ジャングルで迷子、ミステリアス、引っ込み思案、全てがミス 異物、くすんだトップ下
消え行く存在、穏やかな日本の海、皆既日食のような闇、足も頭もスロー、厄介な存在、足手まとい、放心状態、不可解なオブジェ、ファッキンサムライ、バーゲン軍団

鼓笛隊のおもちゃ、最悪の一人、足より口に毒、ダム、トーテムポール以下、刀のないサムライ、幽霊、パンキナーロ(ベンチ要員)、ハラキリ状態、マーケティングマン
ミラネッロに来た寿司配達員、魔法の杖を持たないトップ下、毒ガス撒き散らし、メディア男

無益、ミラネッロの幽霊、家にいるべき、ユニークな10番、自ら飛び出した魚、絶望的な選択肢
ミランの中で唯一の汚点、逃亡中、スヌーピーの毛布

続きを見る

1: 2018/06/21(木) 21:38:51.87 _USER9
本田圭佑の兄、代理人として ミラン幹部に「10番を」
6/21(木) 21:16配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000107-asahi-spo

本田弘幸さん=2018年5月24日、東京都品川区、山本裕之撮影



本田兄弟の歩み



サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の初戦、本田圭佑(32)はコーナーキックで勝ち越し点を演出した。3度目のW杯。「世界一を目指す」と公言し、輝かしいキャリアを築き上げてきた。それを代理人として支えたのは、兄の弘幸さん(34)だった。
コロンビア戦で、本田の出番は後半25分にやってきた。香川真司(29)に代わってピッチに入り、歴史的な勝利に貢献。試合後「ここからようやくW杯が始まる。この勝利で、いい意味で冷静に調子に乗れればなと思う」と語った。

4年前の1月。スーツ姿の本田は世界の注目を集めていた。イタリア1部リーグ、セリエAで18度の優勝を誇る名門・ACミランへの移籍会見。200人以上の報道陣を前に、本田は英語で記者の質問に答えた。

「夢が実現しました。12歳の時、『いつかセリエAで背番号10をつける』と作文に書いていたから」

会見場の脇には、弟の雄姿をそっと見守る兄の姿があった。この移籍は兄、弘幸さんの存在なくしてはなし得なかった。

その1年以上前、弘幸さんは1人、イタリア・ミラノにいた。目の前に立つ建物は、通称「ミラネッロ」。ACミランの練習場兼クラブハウスだ。周りにはファンやマスコミが集まり、選手らの出入りに目を光らせる。

弘幸さんは迷わず、その中を進んだ。「ジャポネーゼ、何してるんだ」。いぶかしがる守衛にこう言った。「移籍交渉に来た」

10分ほどの押し問答。その末に現れたのは、ACミランで強化を担うスポーツディレクター、ブライダ氏だった。カウンターでエスプレッソを飲み干すと、奥に通された。「何をしに来たんだ」

交渉は難航した。当時、ACミランには世界トップクラスのFWが7人。「圭佑は中盤の選手。ボランチでもいい」。毎月のようにブライダ氏の元へ通った。

■「背番号10にしてくれ」

部屋に通されないこともあった。状況を打開するため、弘幸さんは狙いを変えた。現地のベテラン代理人と親交を持ち、ガリアーニ副会長に近づいた。ベルルスコーニ名誉会長(元イタリア首相)の右腕として、長くクラブを支えてきた大物だ。この面会を機に、交渉は前に進み始めた。

ある日、弘幸さんはガリアーニ副会長に言った。

「背番号10にしてくれ」

「ミランの10番。その意味はわかってるのか?」

続きを見る

1: 2018/06/20(水) 15:58:24.44


勝利後

続きを見る

1: 2018/06/20(水) 09:37:21.07

続きを見る

1: 2018/06/17(日) 16:49:23.55
本田圭佑 W杯後“電撃引退”で「本田通貨」を発行(2)カンボジアで既に動き始めた

「『本田通貨』と言うべき仮想通貨の発行ですね。実は昨今の仮想通貨ブーム以前から、本田は本気で構想を持っていて、
『俺はいずれ日本円を超える通貨を発行する』と途方もない野望を語っていましたから」(サッカー関係者)

 本田の動きは急加速。より具体的な計画も着々と練られている。

「リアルマネー超えを目指す本田通貨で最初の目標は、ボールやトレーニングウェアなどサッカー関連の商品の購入に使える通貨を、銀行口座も持てない貧困層のいる発展途上国で作ること。
現地では廉価で流通させても、話題を呼べば貨幣価値は上昇しますからね。すでに昨年から、サッカー人脈による紹介でカンボジア政府の要人と掛け合い、実現に向けて動いています」(サッカー関係者)

 なんとも用意周到ではある。とはいえ現実的に、本田に商才はあるのだろうか。

「冗談抜きで『サッカーより才能あるんじゃないか』という評価も出ていますよ。本田が仮想通貨のほか具体的に考えているのは、AI(人工知能)やドローンといった最新テクノロジーのサッカー界への導入です。
そのためにソフトバンクの孫正義会長にも相談している。他には安倍晋三総理や菅義偉官房長官とのパイプもあり、先端ビジネス関係者の間でも『本田がやれば一人勝ちできる』と期待する声が広がっています。
将来、サッカー界のみならずスポーツ界全体の“テクノロジー利権”を本田が独占する可能性すらあります」(事情を知るIT関係者)

 聞けば、すでに投資家として国内のクラウドファンディングサービスに出資していて、近く自身のクラウドファンディングサイトの立ち上げも予定しているというから精力的だ。

続きを見る

1: 2018/06/11(月) 15:14:41.18 _USER9
 ロシアW杯に臨む日本代表は10日、スイス戦翌日9日のオフを挟み、事前合宿地のオーストリア・ゼーフェルトでの合宿を再開した。MF本田圭佑(31)=パチューカ=は、1次L初戦のコロンビア戦まで8日、チームの精神改革に着手することを明かした。

 「自信を過信に変えていくくらいのフェーズ(段階)だと思っています」。8日のスイス戦に敗れ、現在3連敗中。2試合無得点と結果が出ていない。「脳の中にポジティブなワードを増やしていく作業をする」。2日から事前合宿が始まり、チームの事ばかり考えてきたという。「これからエゴを出して行く」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000068-sph-socc

続きを見る

1: 2018/06/11(月) 09:03:30.06 _USER9
長友佑都はスイス戦の試合を映像で見返したという。

写真



「クオリティの部分はもちろんだけど、(それ以前に)走れていない。戦える身体があって、走れる足があって、そこにプラスアルファで経験があってやっとチームに貢献できる。経験だけでは勝てない。僕自身を見ても、もっと攻守にやれることはいっぱいある」

 溢れ出てくるのは不甲斐ない自分への反省の言葉である。

「この前の試合(スイス戦で)で自分が何をやれたかといえば、得点にも絡めなかった。クロス、ラストパスの精度を上げられたかと言えばそうじゃないのでね」

「僕自身は相当危機感を持っているし、このままだとワールドカップで3戦全敗もあり得る。だからこそ大きな危機感を持っている。練習でも引き締めるところはもっと引き締めないといけない。やらなきゃいけないことはたくさんある」

「経験だけではチームなんかできないし、単純に戦えない。僕らベテランの選手たちもどれだけ戦えたのか、どれだけ走れたのか」

 エースとして期待しているからだろう。長友は本田圭佑にも苦言を呈した。

「圭佑なんかもまだまだ走んなきゃいけない。もっとミスを減らしてくれないと、チームは勝てない。そういうことはもちろん圭佑とも話しましたけど、もっと僕たちが若い選手よりも戦えないと、走れないと。経験だけでは勝負できないですよね。そんな甘い世界ではないと思いますよ、サッカーは」

 確かにスイス戦の本田はトップ下で特別な仕事をしたかと言えばしていない。むしろミスが目立ち、攻撃の起点になれなかった印象のほうが強い。だから、長友もそれではダメだと本田にハイパフォーマンスを求める。

「結局、彼にパフォーマンスをあげてもらわないと、このチームは勝てない。走って、もっとミスを減らして、そして得点に絡んでもらわないと。僕らが出ている意味もなくなる。経験を持った選手たちがもっと戦って、走らないと、それができないなら、『若い選手でいいでしょ』という話になる。だから、もっとやらないといけない。そんなワールドカップは甘くないです」

 ベテラン重視とか、「年功序列ジャパン」とか、そういう批判があるこその警告なのかもしれない。長友の叫びは本田の心に届いているだろうか。

2018年6月11日 5時32分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14844882/

続きを見る

1: 2018/06/07(木) 21:17:16.34 _USER9
 「自分が弱い人間だということを知っているから、僕は逃げ道を遮断しようとしたんですね」

 プレッシャーの真っただ中に進んで身を置くことで、結果を出さなければいけない状況を作り出す。「追い込まれるほど力を発揮する。だから“本田圭佑”なんです」

 再び輝きを放てるのか、否か。3度目にして最後のW杯と決めているロシア大会で答えは出る。(スポーツジャーナリスト・藤江直人)

夕刊フジ 6/7(木) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000018-ykf-spo

写真


続きを見る

1: 2018/06/01(金) 03:46:47.09
新旧サッカー界のカリスマ

続きを見る

2017年09月01日 17:12:00 スポーツ 本田圭佑

22 コメント

【悲報】本田圭佑さん

1: 2017/09/01(金) 15:00:29.14
W杯出場権を獲得した重要な試合でベンチスタートとなり、出番なく終わった本田圭佑は「一番の収穫はやはり、僕や(香川)真司が出なくても勝てたということ」
とチームの成長に手応えを感じている。しかし、同時に「危機感を覚える」と語る。

「統計的に見ても僕や真司が出なければ、よくない試合が多かったですし、勝てない試合が多かったんですよ。
でも実際勝ってしまった。僕らは必要なくなるんじゃないかってことも当然ながら言われる」

「これが当然だとか、いろんなことを今、サッカー辞めようかなとか、もしかしたら考えるかもしれないですけど、結局は(W杯)本選が目標なので、そういう意味ではベンチに座ってるって今のプロセスはまさにプロセス、過程であり、必要な悔しさ。
自分の中ではこの悔しさがなくなったら努力ができないので、モチベーションにもなりますんで、あぐらをかくことはもちろんできないですし、そういう意味で嬉しいですね」

 突如「サッカーを辞める」という言葉も飛び出したが、本田はオーストラリア戦の悔しさを発奮材料にして前を向く。「若手の拓磨や陽介が活躍したことが非常に嬉しい」と語り、
「別に引退すること、サッカー辞めることは別に怖くないし、そういう意味ではホントに楽しめてる。逆にこの危機感与えてくれることに感謝してる。ちょっと刺激昨日受けたんでね」と、ポジション奪還に意欲を燃やしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170901-00229308-footballc-socc

続きを見る

1: 2017/07/14(金) 17:12:57.28

続きを見る

1: 2017/05/31(水) 11:19:22.12
KeisukeHonda(本田圭佑) @kskgroup2017

他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やってることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!!

(link: 若い世代の死因、自*最多=15~39歳「深刻」―政府白書)
https://mobile.twitter.com/kskgroup2017/status/869448817824813057

続きを見る

1: 2017/04/21(金) 23:11:17.21 ID:0VgV2gwC0
ベンチウォーマー時間数ランキング

■セリエA(イタリア)
1位 ジェルソン(ローマ/MF) 1日23時間53分
2位 本田圭佑(ACミラン/MF) 1日21時間11分
3位 アンテ・ブディミル(サンプドリア/MF) 1日19時間57分
4位 セバスチャン・デ・メオ(フィオレンティーナ/DF) 1日19時間52分
5位 ルカ・シガリーニ(サンプドリア/MF) 1日10時間
6位 ジュリオ・ミリアッチョ(アタランタ/MF) 1日19時間44分
7位 アレッサンドロ・ムルジャ(ラツィオ/MF) 1日19時間25分
8位 クリスティアン・マッジョ(ナポリ/DF) 1日19時間14分
9位 クリスティアン・ライモンディ(アタランタ/FW) 1日18時間49分
10位 ライデル・マトス(ウディネーゼ/FW) 1日15時間36分


続きを見る

1: 2016/07/04(月) 23:36:44.95 ID:21Yzx/DP0


ソース日テレ

続きを見る

1: 2016/06/22(水) 22:29:39.98 ● BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典


続きを見る

1: 2016/05/23(月) 11:18:04.59 ID:7HeGv7d2r


続きを見る