スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

松本人志

1: 2017/11/11(土) 11:23:27.858
モラルの低さを誇るとか終わってるな

続きを見る

1: 2017/10/02(月) 12:28:26.38 _USER9
10月1日に放送された『キングオブコント2017』(TBS系)で『ダウンタウン』の松本人志が審査員を務めたが、特定の芸人をひいきして異常な高得点を出したとして、視聴者から批判が殺到している。

松本がひいきしたと指摘を受けたのはお笑いコンビ『アキナ』のコント。審査員は松本と、『バナナマン』の設楽統と日村勇紀、『さまぁ~ず』の三村マサカズと大竹一樹の5名で、アキナには松本と設楽だけが90点台をの得点を付けた。

松本は「おれと設楽が好きなネタだと思うんですよ。(ただ、)アキナは突き抜けないと決勝の笑いには届いてない」と感想を述べた。松本は審査員でありながら『アキナ』が好みであると明言した。

そのため、視聴者からはSNS上へ《アキナにリアリティー求めたと思えば他の芸人に勢い求めたり審査方法がブレブレ》、《好みだからって点数あげるのっておかしいよ》、《松本の点が自分の好きな芸人を採点する基準になってる》など、コントのクオリティでなく、芸人としての好みを得点に反映させたことを批判する意見が投稿された。

にゃんこスターの採点にも辛辣意見多数

また、お笑いコンビ『にゃんこスター』が大塚愛の楽曲『さくらんぼ』に合わせて、縄跳びを踏んだり踊ったりするコントを披露。いままでにない形の斬新なコントだったため、古典的な笑いが好みだと思われた松本が辛口の採点するかと思われた。だが、松本は97点の高得点をつけた。

この採点に関して松本は「まんまとはめられた。笑いってどこか、憎たらしさみたいなものも必要じゃないかと思ってる。にゃんこスターのネタは“いい感じ”で憎たらしかったもんねえ」と絶賛していた。

これにも視聴者からは《松本の97点はおかしい、他の芸人がかわいそう》、《松本がやってきたネタとかぶる部分があるから高得点だと思う》、《にゃんこスターなんて一発屋っぽいのに高得点つけるなんて》、《松本がにゃんこスターを認めたってことは松本の時代が終わったと自分で言ってるようなもの》などと辛らつな意見が飛び交った。

もはや松本はどんな採点をしても、視聴者が納得をする結果にならないほど嫌われているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1360726/
2017.10.02 11:00 まいじつ


続きを見る

1: 2017/10/01(日) 19:50:01.64
おらんか

続きを見る

1: 2017/09/25(月) 22:36:20.45 _USER9
松本人志(54)が9月24日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!特別版』(日本テレビ系)で、引退した先輩芸人・島田紳助(61)について、「今、すっごいムキムキなの」と驚くべき現況を明かた。松本のこの発言は、同番組の企画「絶対に答えなくてはいけない! レジェンド芸人に聞きたいことSP」の中で、オードリー・春日俊彰(38)が振った「筋肉」の話題からの流れで出たもの。松本は「軽くしゃくれてる奴が筋肉つく」という説を披露していた。

 これを受けたSNSメディアでは「なんのために?」「お笑いの人ってなんで筋肉つかたがるの?」という疑問の声があがるも、石垣島で見たという視聴者の「紳助の現在の姿」や、地方ローカル放送での吉本芸人らが紳助について話したという証言も書き込まれ、紳助の変貌に注目が集まっている。「紳助のマッチョぶりは芸能界、各所で”ヤバい”と話題になっています」と説明するのは週刊誌編集者だ。

「芸能リポーター・井上公造(60)が今年4月3日の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で『全ての筋肉がすごい。ゴルフは70台で回られている』と証言してます。時間もカネもあるので、週に何度も筋トレを行い、ゴルフではプロ並みの飛距離とスコアを記録しているとか。司会の宮根誠司(53)も『紳助さんの肉体を見せていただいた。すごく鍛えられていてレスラーみたい』と語っています」

 芸能界最高レベルのベンチプレス135キロを記録する松本人志が「スゴい!」と太鼓判を押すだけあり、紳助が「レスラー並み」になってるという証言は他にもある。

「4月4日にも『バラいろダンディ』(TOKYO MX系)で、紳助と長年の交流があった板東英二(77)が『今の紳助の体は、蝶野(正洋・54)さんよりすごい身体』とまで断言して話題になりました。しかし、ある女性ディレクターは今年の春にハワイ本島を取材で訪れた際、たまたま紳助を目撃したというのですが『芸能界にいた頃よりも10歳以上若返っていて、髪をロングに伸ばし、上腕筋がはち切れそうになったTシャツ姿で闊歩する姿は”レスラー”というより、さながらその筋の人にしか見えなかった』とドン引きしていました」(同編集者)

 松本人志と島田紳助。2人の天才芸人は、なぜ過剰な肉体改造に走ったのか? 松本は94年に発売された『遺書』(朝日新聞社)の中で芸人が肉体を鍛えることに否定的で「観客に威圧感を与えてしまい、笑いにくくなる」としていた。肉体に筋肉を付けたことで、彼らの笑いの筋肉が落ちてしまわなければ良いのだが。

http://dailynewsonline.jp/article/1358573/
2017.09.25 21:38 デイリーニュースオンライン

続きを見る

1: 2017/09/25(月) 23:20:37.12 ID:aGn+FTyu0
2014ナイナイオールナイトのいいとも最終回裏話にて

岡村「CM中に奥で石橋さんと松本さんが二人で話してた」

岡村「打ち上げで石橋さんになに話してたか聞いたんよ」

矢部「それ(松本と石橋の会話)俺隣で聞いてた」

矢部「石橋さんが松本さんに、お前が言ったんだろ!って言ったら松本さんがすいませんいやホントすいませんて笑いながらしゃべってはった」

動画はニコニコにて

続きを見る

1: 2017/09/24(日) 10:47:01.25 _USER9
 24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)では、40歳の誕生日を迎えた
今月20日に来年9月16日で引退することを表明した歌手・安室奈美恵の話題を報じた。

 「ダウンタウン」の松本人志(54)は安室について「長いこと会ってないですけど。本当に
ストイックな人なんじゃないかなと思うんですよ」などとした上で、「アーティストと言いながら、
半分、今のステージを見てもアスリートでしょ。きっとこのパフォーマンスがあと何年続けられるのかなと
思った時に、自分で自分が許せなくなっていくのがイヤになったんじゃないのかなと思うんですよ」と
引退を決意した理由を推測した。

 さらに松本は「ファンの人は、アムロスみたいに言いますけど、本人にしてみれば、現役をやりながら、
前ほどのパフォーマンスができないことが、一番本人にとって、アムロスなんですよ。それが、
許せないんだと思うんですよ」と話していた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000075-sph-ent

続きを見る

1: 2017/08/27(日) 12:19:20.05 _USER9
松ちゃん“降板覚悟”でフジテレビに最後通告!! 
お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が、バリバリの“本気モード”でフジに対決姿勢をとっている。

松本がレギュラー出演する日曜のフジテレビ系情報番組「ワイドナショー」の中で、「SPEED」の上原多香子(34)の不倫騒動に関するコメントをカットされ激怒したことが、ネットで大反響だ。
しかもこの怒りは意外に根が深い。
関係者は「20年前にあった“降板事件”の二の舞いにならなければいいが…」と心配している。

松本は今月15日、ツイッターに「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と投稿。
これについて20日放送の「ワイドナショー」の中でその意味を説明。
その理由は、13日放送の同番組の収録で上原の不倫騒動にコメントしたにもかかわらず、放送でカットされたためだったという。

松本によると、収録前にスタッフから「上原の問題を扱わないでほしい」との申し入れがあったが、納得できなかった松本はスタッフと相談したうえで当たり障りのない話をした。
ところがオンエア直前になって「カットしていいですか」と告げられたと明かした。

さらに番組側から「上原さんの件はフジテレビでは扱わない」と説明されたにもかかわらず「とくダネ!」では放送。
「何じゃそら!?でしょう」と、松本は怒りをあらわにしたのだ。

上原の騒動を「ワイドナショー」が扱うことを嫌がることについては、上原が大手事務所所属であることに加え、月9ドラマをめぐってフジが同事務所に迷惑をかけた一件が影響しているとみられている。

上原は、1~3月放送の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」に主演した西内まりやと同じ事務所に所属している。
同ドラマは平均視聴率6・7%という、月9史上最低記録を樹立してしまった。

「1~3月の月9は当初、竹野内豊の主演が決定していたが『脚本が気に入らない』という理由で11月末に降板。
慌てたフジは西内主演でドラマを制作したが、準備不足は明らかで大コケ。西内のキャリアにも傷をつけることになった。
事務所に対し、フジが負い目を感じるのはこの件でしょうが、同じ局で『とくダネ!』が放送したのに『ワイドナショー』が放送しないのは、番組担当者が“自主規制”したのでしょう」(芸能プロ関係者)

ただ、そんな事情は松本には何の関係もない。
しかも13日の放送では、松本の事務所の後輩である「雨上がり決死隊」宮迫博之(47)の不倫疑惑については触れている。

20日の放送で松本は、上原の騒動を「宮迫よりも世の中的には興味ある」とコメント。
上原の問題について触れない番組が多いことについては「そういうことから逃げない『ワイドナショー』やと思ってほしい」と話し、「フジテレビを愛すがゆえに言っているのに、フジテレビ側から若干、足を引っ張られてる」と言い切った。

今回の発言を「フジテレビへの最後通告でしょう」と言うのは、他局の民放関係者だ。

「松本さんの発言は相当踏み込んだもの。
番組が扱いたくない話題があることを放送でここまで言及したのは初めてでは。
今回はこれで済んだけど、また同じようなことがあれば『こんなのは情報番組ではない。降板する!』などと言いだしかねない」

実は松本には過去にも、フジテレビと対立して番組を降板した過去がある。
1997年10月、当時ゴールデンタイムに放送されていたバラエティー番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」を、セ・リーグ優勝がかかったヤクルト対阪神戦に差し替えられて激怒。番組終了に至ったことがあった。

「あの時は、野球に差し替えることを松本さんにきちんと連絡できていなかったことが問題となった。
でもゴールデンの冠番組1つで、松本さんは数千万円の収入がフッ飛ぶ。
それを承知の上で、納得できないことがあれば降板も辞さないという姿勢で…。
それは今も変わっていないでしょう」(芸能プロ関係者)

20年前の騒動が、繰り返されるのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000002-tospoweb-ent

続きを見る

1: 2017/08/23(水) 01:11:48.17 ID:QJyXV8yuM
ワイが説明するよりも動画で見たほうが緊迫感伝わるから動画見てくれや
心霊系よりもリアルゾット系の話中心や
じゃ行くでー

続きを見る