スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

松本潤

1: 2017/09/24(日) 06:17:15.14 _USER9
一部週刊誌などで不仲説を報じられていた嵐の松本潤(34)と櫻井翔(35)が、
9月19日に放送された『MUSIC STATION ウルトラFES 2017』(テレビ朝日系)の収録で、仲良しアピールをしていたことが話題となっている。

番組観覧をしていたファンによると、嵐が3曲披露した後、松本が「このあとの『ZERO』も見てね」と、櫻井がキャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の番宣をしたというのだ。
さらに松本は「ZEROに行ってきます」とジョークを続け、これにはスタジオからも大歓声があがったが、他局ということもあり、櫻井も苦笑いを浮かべるばかりだったようだ。

そんな仲良しアピールをよそに、2人の構図はむしろ対立を深めている。

8月の『24時間テレビ』(日本テレビ系)では、NEWS・小山慶一郎(33)、KAT-TUN・亀梨和也(31)と共に、
櫻井がメインパーソナリティに抜擢され、3グループが垣根を越えた異例ともいえる編成が話題を呼んだ。
しかし、かつて嵐として4度もメインパーソナリティを務めているだけに、櫻井一人が抜擢されたことに対して、メンバーが面白く思っていないともされている。

今回の『24時間テレビ』内では、メンバーは全員『嵐にしやがれ』(同)に出演していたが、MCを務めている際の櫻井に、他のメンバーが絡みに行くシーンはとうとうみられなかった。
それだけに、グループ仲は冷え切っているとみる関係者もいるようだ。

「嵐の中でも度々、特別待遇を受け続ける櫻井に対して松本が敵対視していると言われており、それが『24時間テレビ』でより浮き彫りになった。
『Mステ』特番で松本がみせた“仲良しアピール”も、他局の番組にわざわざ触れるなどあまりに不自然です。
不仲報道を放っておくことが出来なくなったジャニーズ事務所が、グループ安泰を強調する為に松本に指示したのかもしれませんね」(芸能記者)

ジャニーズ事務所内の不仲問題は他にもある。

http://dailynewsonline.jp/article/1357659/
2017.09.23 09:29 デイリーニュースオンライン


続きを見る

<嵐の松本潤>人気回復へ“キムタク方式”導入!「イッテQ!」でイメージアップ
1: 2017/09/22(金) 13:24:07.00 _USER9
嵐の松本潤(34)が人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の10月8日放送予定回にゲスト出演することになった。昨年末に井上真央(30)とセクシー女優・葵つかさ(27)の二股交際が報じられ、人気が急落。視聴率が好調なイッテQ人気にあやかろうとしている。同番組とジャニーズといえば、6月に元SMAPの木村拓哉(44)がサプライズ出演したのは記憶に新しい。人気が落ちたジャニーズの“駆け込み寺”のような存在になっている。

 松本の登場が予定されているのは、イッテQの“お祭り男”こと宮川大輔(45)の人気企画だ。宮川の記念すべきコーナー100回目の「世界で一番盛り上がるのは何祭り? 100回目スペシャル inタイ」に揃って登場し、タイの田植え祭りにチャレンジするというもの。

 松本がゲストに選ばれたのは、2008年の映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」で宮川と共演した関係からなどと説明されているが、表向きの目的は「放送前日の7日に松本が有村架純とダブル主演する映画『ナラタージュ』が公開となるので、その宣伝が主たる目的でしょう」と日テレ関係者は語る。

 だが本当の目的は、よくある映画の宣伝だけでは決してない。「ナラタージュ」は、妻がいる高校教師役の松本と、教え子だった女子大生役の有村架純(24)の禁断の愛を描いた作品で、とてもイッテQの主な視聴者であるファミリー層と合致するとはそもそも思えない。それでも松本がわざわざ海外にまでロケに出向いて出演するのは、松本自身にそのファミリー層の支持がどうしても欲しいからだという。

「葵とは、恩人の中村勘三郎さんの通夜会場で知人に紹介されたのがきっかけといわれる“お葬式ナンパ”。それに加え、4年にわたって続いた“ゲス二股”報道、さらに葵による松本を連想させる“暴露”などで、松本のイメージは一気に崩れ落ち、ファンも一気に離れてしまった。コンサート会場で松本の紹介となったときには、一部のファンからブーイングみたいな声が上がったこともあったそうだ。そこでイッテQで頑張る姿を見せて、新たなファンをつかもうという作戦。それだけちびっ子、その親たちに対するイッテQの影響力は大きいからです」と芸能プロ関係者。

 日曜午後8時枠のトップをひた走り、視聴率好調のイッテQには、ジャニーズからNEWS・手越祐也(29)がレギュラー出演している。

 5月に映画「無限の住人」でカンヌ映画祭に行った木村も、出川哲朗(53)のパパラッチコーナーにセレブの一人として登場した(放送は6月)。

「今までの木村だったらこういう形で出演することは絶対になかった。だけど、SMAP解散・退社騒動で取り返しがつかないほどイメージ、評判が落ちてしまったことで、イッテQ人気に頼った形となった。ジャニーズの幹部はイッテQの影響力を高く評価しており、今後、不人気となったジャニタレが出演するというのが“方程式”となりそうだ」(前出関係者)

 ちなみに昨年、不倫騒動を起こしたベッキー(33)は、もともとはイッテQのレギュラーメンバーなのだが、騒動後、いまだ復帰できていない。

「それは裏を返せば、番組の視聴者であるファミリー層に対し、不倫は完全にNGということ。松本の場合は不倫ではないですが、ビッグネームということで、かろうじて番組側もOKしたのでしょう」(テレビ関係者)

 ベッキーが木村や松本のように、スペシャルゲストとして再び番組に出演できる日が来るのかも気になるが、松本がこれでイメージアップできるのかにも注目だ。

2017年9月22日 11時0分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13647011/


続きを見る

1: 2017/09/05(火) 13:39:52.34 _USER9
嵐・松本潤(34)が、セクシー女優・葵つかさ(27)との密会疑惑を報じられたのは昨年末のこと。
井上真央(30)と交際する傍ら、隠れるように葵と関係していたことが伝えられ、ファン離れが心配されていた。
衝撃の報道からおよそ9か月。このスキャンダルは嵐のグループ全体にも影響が出ているという。

10月に主演映画の公開を控え、すでに来年1月期の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』(TBS系)への再登板も決まっている松本。
仕事は順調に見えるが、メンバー5人で出演していた『キリン一番搾り』の契約が終了したほか、
松本は赤ちゃん用オムツのCM『GOO.N』も降板となり、このところグループと個人のCMが計2本も立て続けに終了してしまった。

CM契約は芸能人の好感度を計るバロメーターでもある。かつての人気者はなぜこうも急速に好感度を失ってしまったのか。
CMを失った背景について、ジャニーズに詳しい芸能記者は「葵との密会報道の余波」だと指摘する。

「葵がバラエティ番組で、松本を示唆するかのように『パンツの臭いを嗅いでくる』と答えたことで視聴者が騒然としたことがある。
ネット上ではこの過激コメントが松本のオムツのCMと結び付けられるなど厳しい声が飛んだ。松本のイメージ急落はクライアント企業も看過できなかったのでは」

松本と『GOO.N』のCM契約をめぐっては、週刊女性(主婦と生活社)が広告代理店関係者の話として、今年の6月で契約満了したと伝えている。
しかし、実際には最近までCMは流れ、熱心なファンは安堵。
松本は『GOO.N』の発売元であるエリエールの箱ティッシュ「エリエール+Water」のCMにも登場しており、
この時はジャニーズの公式サイトにも出演情報が載っていたというが……。

■松本潤の便乗商法に乗り出す神社も出現

前出の芸能記者が語る。

「どうやらエリエールとの契約は8月いっぱいだったようで、ついにジャニーズのサイトからエリエールの表記が消滅しました。
これにより、松本は一番搾りとオムツのCMを両方失ったことが確定。
いずれも降板を希望・予測する声が多く出ていただけに、葵の件が無関係とは思えません」

そんな松本は誕生日を迎えたばかりで、京都にある「松本神社」は松本の誕生日にちなんで絵馬を販売した。
彼のイメージカラーである紫を使用したデザインになり、ファンの間では「チケット祈願絵馬」とまで呼ばれ、
購入を求める人が殺到したという。もはや紛れもない“便乗商法”で、さすがに松本本人もいい気はしないだろう。

相次いでCMを失い、便乗商法にも名前を使われ、まさに踏んだり蹴ったりの松本潤。これは信頼するファンを裏切った”罰”なのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1351342/
2017.09.04 11:40 デイリーニュースオンライン


続きを見る

1: 2017/04/25(火) 16:26:20.80
――記事が出た後に松本さんから連絡は来ましたか。

「……はい」

――どのような連絡が?

「心配してくれてるような内容でした」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00002278-bunshun-ent

続きを見る

1: 2017/01/17(火) 15:21:25.22 _USER9
■暴言癖はメリー氏譲り?

二股関係に揺れる葵が、松本に井上との関係を問いただした際、それは発せられた。
「それ以上、彼女のこと言ったら*すよ」と“恫喝”したのだという。

「二股かけてる男が言うセリフか、と驚きますが、松本が放ったのは一度や二度ではない模様。
知人のコメントでも“『*すよ』は潤の口癖”と暴露されており、松本のダークな一面を感じさせる」(芸能記者)

他にも、松本は女優の小雪(40)と共演したドラマ『きみはペット』(2003年、TBS系)の制作会見での一コマ。小雪の発言が気に入らなかったとして、

「あの発言ないでしょ!」
「ホントわかってないよな、小雪」と激高したエピソードが、嵐の元スタッフの暴露本で明らかにされている。

<全文はソースで>
2017.01.15 08:38 デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1258596/


続きを見る

1: 2017/01/15(日) 18:56:12.26
さすがジャニーズやね

2: 2017/01/15(日) 18:56:40.54
大半の人が知らないまま終わった

続きを見る

<激怒される?>嵐・松本潤の二股相手は明石家さんまのお気に入りだった!
1: 2017/01/09(月) 12:44:55.68 _USER9
「さんまは2013年に放送されたバラエティ番組『さんま・中居の今夜も眠れない』(フジテレビ系)にて、気になる女性をランキング形式にした『ラブメイト10』を発表しました。その中で彼は葵を第5位に選び、『かわいらしい』『一生懸命仕事しはる人』と大絶賛。また、さんまといえばこれまで多くの艶系女優との熱愛が報道されていますが、プライベートでは紳士的で優しく、タクシー代も払う男として伝えられている。それだけに、今回明らかになった松本の葵に対する態度は、さんまを怒らせても不思議ではありません」(前出・芸能記者)

今回の松本の熱愛報道は、ファンだけでなく、芸能界からの評価も下げてしまったのかもしれない。

(森嶋時生)

<全文はソースで>
アサ芸プラス / 2017年1月9日 9時59分
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73340/

写真


続きを見る

1: 2017/01/09(月) 09:31:58.75 ID:1B1TKRmi0








続きを見る