スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

珍遊記

1: テキサスクローバーホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 02:55:39.80 ID:uw/df2/d0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
人気クソ漫画「珍遊記」が、主人公役に松山ケンイチを迎えて実写映画化。上映前から「クソ漫画だけどクソ映画にはなるまい」と大きな期待が集まっていたが、実はとんでもないクソ映画だったことが判明した。

・上映中に席を立って帰る観客
あまりにもクソ映画だったため、多くの観客がクソだと酷評。クソ映画の上映中に席を立つ観客もおり、トイレでクソをするのかと思いきや、そのまま帰ってしまう観客もいたというのだ。以下は、実際にクソ映画を観たほかの観客たちの声である。

・インターネット上の観客の声
「小学生にはウケそう」
「中盤から終盤のグダグダ感は観ていてウンザリしてきます」
「なんでこんな映画を観に来たんだろう?」
「編集の下手さなのか、間合いが悪すぎてせっかくのギャグが笑えない」
「真剣にこれ作ってるとしたら東映ホントに血迷ってる」
「お金出して見てたらこれは原作ファンの人もキツイだろう」
「途中で退席する人もいました。面白くもなんともない 」
「ばばあを演じた笹野高史の演技力に騙されました」
「予告編を観たうえで、あえて劇場に赴き、1800円支払って席につく人物は一体ナニモノか? どう考えても、まともじゃありませんよね」

・この映画にリピーターはいるのか?
そもそも、原作もクソ漫画だったが、愛されるクソ漫画だった。だからこそクソアニメ化や映画化もされたわけだ。しかし、実写映画は愛されないクソ映画になってしまった。「進撃の巨人」以上のクソ映画ともいわれている。

・10代前半のチビッ子向け映画?
クソ映画ながら「クソが好きな年ごろの小学生にはウケそう」という感想もあるので、10代前半のチビッ子向け映画と考えれば、クソ良作と言えるかもしれない。

皆さんはクソ映画「珍遊記」を観ただろうか? 感想はどんなものだろうか? たとえクソ映画だとしても1800円は戻ってこない。帰ってクソして寝るしかないのである。

http://buzz-plus.com/article/2016/03/05/chinyuuki-movie/








続きを見る