スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

田口淳之介

1: 2019/07/11(木) 16:33:49.21
 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された元KAT-TUNの田口淳之介被告(33)と交際相手の元女優・小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、
東京地裁で行われ、小嶺被告が田口被告に“公開プロポーズ”する仰天の法廷となった。求刑は懲役6月。

 田口被告が「これからも一緒に交際を続けていきたい」と、小嶺被告への変わらぬ愛情を示せば、小嶺被告も「彼は私が出会った中で一番優しい人。
今後も交際を続けていきたいと思っています」と応じた。小嶺被告は「交際が続くなら結婚したいと思っています」と、法廷で“公開プロポーズ”までやってのけた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000090-dal-ent

続きを見る

1: 2019/06/08(土) 08:11:57.89
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00010012-flash-ent

 その後、突如地面に頭をつけ、およそ20秒もの間、土下座をした。芸能人の土下座は珍しく、周囲の報道陣が一瞬ざわついたほど。

 しかし、田口が立ち去ると「演技っぽくて嘘くさいな」と失笑の声も聞こえてきた。謝罪の意を大げさに表そうとしたことが、かえって逆効果になってしまったかもしれない。

 ツイッター上でも、「昔から田口の空気読めない感苦手だったけど、土下座はわりと引く。土下座すればいいってもんじゃないような」「これは演出しすぎ」「こんな所で土下座するくらいなら、なんでみんなに反対された時に、引き返せなかったんだよ…」と、田口に対して非難の声があふれていた。

続きを見る

1: 2019/05/27(月) 19:17:43.28
https://www.fnn.jp/posts/00418264CX
2019年5月27日

大麻所持の現行犯で逮捕された、人気グループ「KAT-TUN」元メンバーの田口淳之介容疑者(33)が、「10年ほど前から大麻を使い始めた」と供述していることが新たにわかった。

続きを見る

1: 2019/05/23(木) 17:26:48.30 ● BE:151915507-2BP(2000)

続きを見る

1: 2019/05/23(木) 20:01:38.71
◆ 田口淳之介容疑者の護送車に映ったぬいぐるみに注目集まる 「アレがないと…」

(略)

ネット上では、このくまのぬいるぐみに注目が集まった。

「アレないと寝られないんだよ。 抱き枕てきなぬいぐるみ。持ち込みだめそうだが」
「なんやねん」
「これはくまった!」

一方で、このような指摘もみられた。

「空から撮影するための目印じゃない? 併走して撮影隊が見失っても併走車両探せばいいし」

しらべぇ 2019/5/23 14:01
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190523-40070150-sirabee

(写真)




続きを見る

元KAT-TUNの田口淳之介、現在は大阪で小嶺麗奈と「スケボーしたり服を作ったり」
1: 2016/08/10(水) 16:18:40.89 _USER9
週刊女性PRIME 8月10日 16時0分配信

 元KAT-TUNの田口淳之介と、6歳年上の彼女である小嶺麗奈の同棲姿をキャッチしたのは今年4月。

 その時点で田口は、小嶺の実家のある熊本で、KAT-TUNを脱退後に彼女の両親の仕事を手伝うという話だった。

 あれから4か月、改めて都内にある田口のマンションを訪ねるも、すでに退去ずみ。さらに静岡県内にある
田口名義の家も同じく退去ずみ。

 都内にもう1軒ある田口所有のマンションを訪れてみたが、

「昔はときどきマンション内で見ましたが、もうずいぶん見ていないですよ」(同じマンションの住人)

 ひっそりと姿を消していたふたりだが、どうやら全国を飛び回っているようだ。その行先のひとつは大阪で、

「田口さんと仲のいいアパレルショップが大阪にあり、小嶺さんとときどき訪れているようです」(店の常連客)

 未来の旦那の紹介なのか、同じく大阪で小嶺は昔からの友人に田口を紹介している。

「大阪には小嶺さんの20年来の友人が数人いるのですが、田口クンも含めて一緒に遊んでいるみたいです。
友人の1人は元プロスケートボーダーで今はファッションブランドを経営しているのですが、田口クンも交えて
大阪でスケボーしたり服を作ったりしているそうです」(小嶺の知人)

 服作り─。これまで数万人を前にしたステージなど、表舞台で活躍してきた田口だが、今後のステージは
どうやら"裏方"になるようなのだ。

「最近、彼はファッションデザイナーやグラフィックデザイナーなどのクリエイターの人たちと頻繁に会っています。
どうやら、"モノづくり"の道に進みたいみたいですよ」(田口の知人)

 そして、この新たな進路に関しても、長年付き合っている小嶺の存在が大きいという。

「10代のころから、小嶺さんが仕事のストレスなど悩みを相談するのは、芸能界の人間ではなく、大阪の友人たちなど
何にも縛られずに自由に活動するクリエイターの人たちだった。田口クンも"アイドル"という仕事に悩んで、
結果やめていますからね」(前出・小嶺の知人)

 また、大阪だけでなく、小嶺の実家のある熊本にも一緒に帰省している。

「アパレルショップや、飲食店が多い市街地をふたりで買い物していましたよ。頻繁に熊本に来ているみたいです」
(目撃した通行人)

 いよいよ結婚か? それとも、すでに小嶺の両親の仕事を手伝っているのか? そこで熊本に飛び、
熊本市内で小嶺の両親とともに事業を営んでいる叔母に話を聞いてみた。

「ときどき帰ってきているみたいですが、私のところには来ないので、最近は会ってないし、田口さんとも
会ったことはありません」

─田口さんとの結婚の話は聞いていますか? 

「何も聞いていないので、何もないんじゃないですか」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160810-00007892-jprime-ent

続きを見る

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 08:21:08.94 ID:CAP_USER*.net
来春をもってKAT-TUN脱退&ジャニーズ事務所を退社すると発表した田口淳之介が、
「myojo」2016年2月号(集英社)の1万字インタビュー「STAND BY ME~いつもそばにいてくれたね。~」に登場。
これまでのグループ活動を振り返るとともに、脱退発表前後の心境について語っている。

(略)

田口は過去に同誌のインタビューで赤西の脱退について「俺には考えられない」とコメントしていたが、現在はどう捉えているのかを尋ねられると、
「なんだろうな……。それぞれの状況、選択ってあると思うというか……。
赤西くんの選択も、そういうことだったんだろうなって今は思うかな。赤西くん、(田中)聖も、それぞれ理由がある。
いざ自分がその立場になって思うこともある……。ただやっぱり、ふたりとの決別に関して、自分自身が経験したこと、感じたことってあって……。
同じことを、僕自身が、ほかの3人にしてしまう……。それは、やっぱり……」と、慎重に言葉を選びながらコメントしている。


http://dailynewsonline.jp/article/1062473/
ジャニーズ研究会 2015.12.24 08:00



続きを見る