スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

石橋貴明

1: 2019/08/18(日) 20:50:06.43

続きを見る

1: 2019/05/20(月) 13:05:14.74
タカさん・・・


続きを見る

1: 2019/04/01(月) 18:34:18.84
3月30日に放送されたフジテレビ系の「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)に、とんねるずの石橋貴明(57)が“乱入”。そこでの発言が、波紋を呼んでいる。

石橋はかつて自身が「とんねるずのみなさんのおかげでした」でたびたび披露していた、フジテレビの名物プロデューサー・石田弘氏のコスプレキャラ・
ダーイシで登場。登場するや、「松村がよぉ今いろいろ会見で大変でなぁ!」と発言。周囲が制止するひと幕があった。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00010012-jisin-ent

続きを見る

1: 2019/03/08(金) 15:31:46.44
20年以上続いた長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の終了からもうすぐ1年。2月下旬の午後3時頃、青山の大通りで石橋貴明(57)の姿を目撃した。

(略)

「『みなおか』終了後にスタートした唯一のレギュラー番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)は低視聴率で打ち切りが囁(ささや)かれています。
石橋は、蓄(たくわ)えは十分にあるので、お金のためというより生きがいのために、もっと仕事をしたいようですが……」(テレビ局関係者)

当面はゴルフ三昧の日々が続くのか。

http://news.livedoor.com/article/detail/16127775/
2019年3月8日 11時0分 FRIDAYデジタル

続きを見る

1: 2018/11/27(火) 21:37:23.26 _USER9
とんねるず・石橋貴明(56)が11月24日放送の『土曜プレミアム ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に出演して、平均視聴率10.4%を記録し、健在ぶりを見せた。

同番組は3月に終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局)で2004年に
「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」として始まった人気コーナーをスペシャル番組として復活させたもの。
マイナーなスポーツ選手や地味なシチュエーションなど、マニアックすぎて伝わりづらいと思われるモノマネを芸人たちが演じて好評を博していた。

ところが、石橋の復活にも業界内からはその”老い”っぷりに驚きの声が上がっているという。

「数ヶ月ぶりにプライムタイムに復帰した石橋ですが、別人のように声が出ていませんでした。くぐもったような、抜けの悪い声で滑舌も悪い。
それゆえツッコミが通らない。
発言が少ないようでしたが、いくつかの発言はスタッフサイドの判断でカットしたと思われます。
最前線で30年間以上、声を張り続けた石橋ですが、半年のブランクがここまで老いさせたようです」(テレビ番組スタッフ)

SNSや掲示板でも石橋の復帰を歓迎する声が多い一方、「石橋の声すげーことになってんなあ。病気か何かなのかしら。」
「タカさんのおじいちゃん化がとまらない。見た目はまだ若いのに」
「石橋っていつの間にあんな滑舌になったの? かすれた小さな声でモゴモゴ途切れ途切れ喋ってさー」などと不安視する声が多数見られた。

http://dailynewsonline.jp/article/1587649/
2018.11.27 18:10 デイリーニュースオンライン

続きを見る

1: 2018/11/02(金) 17:34:57.24 _USER9
2人はかつて、音楽番組「うたばん」や「ミュージックアワー」(いずれもTBS系)などで共にMCを務めてきた。
しかしここ数年、共演がなかったのは、一部スタッフが“ある事情”に忖度していた可能性があるという。

「11月1日発売の『女性セブン』によると、一部のスタッフは中居と石橋を共演させることを不安に思っていたそうです。
なぜなら、冠番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)の記念すべき第1回にも出演するほど、石橋と仲が良いとされる工藤静香の存在を気にしていたからだそう。
工藤は木村拓哉の妻ですが、一部では彼女がSMAP解散の一因を作ったと報道されたこともありました。
するとスタッフは、石橋を“木村派”と勝手に分類し、中居に忖度する流れができた可能性があるとのこと。
ですが別の記者の証言によると、実際、中居はMCとして鍛えてくれた石橋に恩を感じており、彼のほうからオファーしたようです」(前出・テレビ誌記者)

また石橋のギャラに関しても、今回は節目の10回目SPということでクリアできたようだ。
もし今回の特番がなければ、2人はスタッフの忖度で「共演NG」が確定していたのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1556458/
2018.11.02 17:15 アサ芸プラス

続きを見る

1: 2018/09/29(土) 14:16:41.12 _USER9
3月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)が終了したことを境に、石橋貴明の低迷が始まった。
フジテレビの長年の功労者ということで、新番組「石橋貴明のたいむとんねる」を用意してもらったが、視聴率は低空飛行を続けている。イケイケで知られた石橋だが、
最近はすっかり弱気モードで、面と向かって「面白くない!」と罵声を浴びせられても、言い返すことすらしなかったという。

みなおかが終了したことがよほどショックだったのか、“イケイケの貴さん”というイメージの石橋はキャラまでもが大きく変わってしまったようだ。
「最近の石橋は妙に弱気なのです。ネガティブなニュースに敏感になっており、“落ち目”とか書かれることを心から嫌がっています」(スポーツ紙デスク)

何十年にも渡って関東のお笑い界のトップに位置したとんねるず、石橋だが、最近はポジティブな材料がまったくと言っていいほどない。
みなおか打ち切りと交換条件に新たに始まったたいむとんねるは視聴率2~3%台で、早くも打ち切り説が囁かれている。

一方で妻の鈴木保奈美は順調に仕事が舞い込んでおり、10月からは「SUITS/スーツ」(フジ)、「主婦カツ!」(NHK)と2本のドラマに出演する。
SUITSでは織田裕二と「東京ラブストーリー」(フジ)以来、27年ぶりの共演となることが話題で、急きょ同ドラマの再放送が放送されたほどだ。
芸能界に復帰してから上り調子の妻に対し、落ち目の夫…メディアで取り上げられることが多いこの対比にも拒否反応を示しており、
「そういう記事を読んでは気が滅入ってしまうそうです」(前出関係者)

少し前には石橋にとって屈辱的なことも起きていた。「業界関係者と飲んでいる時です。
タカさんと同年代くらいの酔っ払った知人からお菓子を投げつけられた上に『面白くないんだよ!』と絡まれたのです。
今までのタカさんだったら『うるせーんだよ!』と言い返すのは当然として、それこそ反撃してもおかしくなかったのですが、
何も言わずにふくれっ面をするだけで、やり返すことなく会場を去りました。
大人の対応と言えばそうですが、あまりにもタカさんらしくない弱気な姿勢にみんな驚いたとか」(テレビ局関係者)

石橋は、例えば2014年の「笑っていいとも!」最終回で止められていたにもかかわらずステージに乱入するなど、
そのイケイケの姿勢が世間に受けて人気となった。だが今はその面影はまったくない。
昔のように破天荒ぶりを取り戻すことが、復活の鍵となるのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1529669/
2018.09.29 08:00 トカナ

続きを見る

2018年08月02日 00:12:00 お笑い 石橋貴明

10 コメント

【悲報】石橋貴明さん、老害化

1: 2018/08/01(水) 22:46:04.31 _USER9
7月30日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にタレントの関根勤が出演。石橋貴明、ミッツ・マングローブとともに最近の若者の言動、行動に苦言を呈したが、逆に平成生まれを中心とした若者から批判を浴びる事態となった。

この日のテーマは「平成生まれ対昭和生まれ」で、制作サイドは街頭で平成生まれの若者にインタビューし、最近の若者の考えをさぐった。若者の多くが「車は必要ない。事故に遭ったときのリスクが高くない?」と答えたのを見るや、関根、石橋はかつては車を持つことがステータスだったと振り返り「スーパーカーとかいらないと思ってるんだろうね」「バカじゃない?と思われているのかも」などと嘆いた。

関根は「受け入れられないことがある」と切り出し、若者が飲食店などで「コーヒーになります」などと、何かにつけて語尾に「なります」を付けることに違和感があると明かした。これをきっかけに3人の話は盛り上がり「『自分的に』って意味が分からない」(石橋)、「『?じゃないですか』はいらない」(関根、ミッツ)などと若者が使いがちな言葉を次々と「ダメ出し」した。

https://myjitsu.jp/archives/58380

続きを見る

1: 2018/05/26(土) 09:42:04.68


続きを見る

1: 2018/02/09(金) 01:15:59.45 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000139-dal-ent
デイリースポーツ

 とんねるずの石橋貴明が8日、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」において、お笑いタレントのノッチを引き合いに「だから、日本のバラエティーはいま、ダメになってる」と強く持論を主張した。

 番組では「とんねるず大反省会」として、若手から中堅タレントが、これまでのとんねるずの仕打ちに苦情を言い立てた。石橋がすぐにノッチのもみあげをバリカンで切るシーンが何度も放映され、ノッチは「あんな意味なく、もみ上げそるのはなんですか!?やってることチンピラじゃないですか!」と苦情をまくし立てた。

 石橋は冷静に「ノッチってさ、台本通りにしか言わないんだよね」と指摘。ここでおぎやはぎが台本を確認。「やってることチンピラじゃないですかって書いてある」と認めた。ノッチが何も言い返せない中、石橋が出演者全員に台本を見せ、納得させた。

 石橋は「そういうのは俺らはいやなの。タレントはアドリブ力だと思うのよ。そのまんまでしょ、君たちがやってることは。そういうとこで日本のバラエティー番組はいま、ダメになってるの」と不満をぶちまけた。

続きを見る

1: 2017/06/11(日) 04:50:46.71
一時期出てたけど


続きを見る

1: 2017/05/01(月) 08:57:54.712 ID:hwCDyftOK
叩きあいして面白そうなのにな
木梨と浜田は仲良しってマジなの?ダウンタウンととんねるずって犬猿の仲じゃないのか?
岡村と松本の共演がないのも謎だ。同じ会社なのに

続きを見る

1: 2017/04/24(月) 23:36:55.45
CGいっぱい入ってて面白い


続きを見る

1: 2017/01/28(土) 14:49:13.78
つまらない顔芸としつこい見た目いじりしかできない模様

続きを見る

1: 2017/01/28(土) 14:49:13.78
つまらない顔芸としつこい見た目いじりしかできない模様


続きを見る

1: 2017/01/06(金) 16:17:20.19 ID:Udi91o090
なんでも知ってる


続きを見る

1: 2016/10/16(日) 15:15:37.75 _USER9
先日、特番の「オール芸人お笑い謝肉祭」(TBS系)の司会を担当したとんねるず・石橋貴明(54)。
その番宣でスポーツ紙のインタビューに答えた内容が批判されているという。

「石橋は記者に対し『こうやったらまずいなって考えちゃう閉塞感がテレビをつまらなくしている』と現在のテレビ業界やバラエティ番組を批判したんです。
しかし、その内容が記事になると、ネット上では『お前が言うな』と大ブーイングの声が目立ちました」というのは夕刊紙記者。

なぜ、ブーイングが?

「改編期のたびに打ち切りがささやかれる『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)こそ、最もつまらない番組だからです。
いじめ要員としてゲストに招いた出演者を笑い者にしたり、女性ゲストにセクハラしたりと、それこそ『こうやったらまずいな』という企画で笑いを取ろうとしています」

そりゃそうだ!
「やっていることはダウンタウンの後輩芸人をいじるやり方と何ら変わらないから、もはや古いお笑い手法になっています。そのせいでまったく笑えず、低視聴率に喘いでいる。
しかも、とんねるずのギャラが2人で1000万円もかかり、フジテレビの経営を圧迫しています。すでに芸能界のお荷物になっていることに気づいていない」

じゃあ、今回の特番もつまらなかった?
「ぜんぜん面白くなかったです。内容はアンガールズ・田中卓志(40)やバイきんぐ・小峠英二(40)、オードリー・春日俊彰(37)ら芸人40人が、
空中に舞い上がったりしながらクイズ対決を繰り広げるという内容でした。石橋は後輩芸人たちに体を張らせて自分はただ見ているだけ。こんな芸風がいつまでも続くはずありません」

もう石橋の栄華もそろそろ限界?
「ギャラの高さから使う側も敬遠するでしょうが、それより健康に問題があるんじゃないかと心配です。今回も声が荒れていて高音は出ないし、かすれて何を言っているのかわからないときがあっ
病院でノドの治療するレベルだと感じましたね」(先の記者)
 
石橋もそろそろ今の地位を後輩に譲り、身を引くべき時期に来ているのかも。

2016年10月14日(金) 13時30分
http://www.newscafe.ne.jp/article/2016/10/14/1947928.html

続きを見る

1: 2016/10/07(金) 15:00:50.65 _USER9
お笑いタレント・石橋貴明(とんねるず)がテレビ番組『オール芸人お笑い謝肉祭’16秋』(TBS系)の収録中に日刊スポーツの取材に答えた。
同番組はお笑い芸人総勢40人が体を張ったクイズ対決に挑戦し、爆笑バトルを繰り広げるというもので、石橋は昨今のテレビ業界やお笑いについて語った。

現在のテレビ業界は世間の意見やクレームを気にし過ぎる傾向があり、自主規制するような番組が増えたという内容に話が及ぶと、
石橋は「『こうやったらまずいな』って考えちゃうような、閉塞感が全てにおいてテレビをつまんなくしちゃっている気がします」と持論を展開。
さらに、「僕らの子ども時代は、たとえばドリフターズさんがいて、食べ物を粗末にしてるんだけど、それで『子供に見せたくない番組ワーストワン』とかになるんだけど、
そんなことはみんなが(いけないことだって)ちゃんと分かっていてやっていたし」と、放送規制が昔は緩かったと説明した。

この石橋の意見に、世間は反応した。インターネット上では「とんねるずが、スタジオ内とか身近なタレントだけがわかるネタを取り上げてきて、
現在も踏襲されている」「最近のとんねるずは身内で楽しんでいる感じが強い。チーム内で笑いをとっても、
視聴率や好感度は上がらない」など、批判的な意見が数多く上がっている。テレビ局関係者が語る。

「世間からのコメントにも多いように、とんねるずの笑いは彼らのファンにはウケるのですが、実は万人受けしないのです。
内輪で盛り上がっている、という声をよく聞きますが、
彼らの出演しているシーンをテレビ画面で見ていても、スタッフの笑い声とピー音だけで、視聴者側はまったく理解できないことも多いです。
はっきり言って、おもしろくない、彼らが何をしたいのかさっぱりわからないことも多いというのは、多くの視聴者が抱いている印象ではないでしょうか。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』もお馴染みの企画を毎週のように何度もループしているだけで、最近ではオリジナリティがない。
“フジのバラエティといえばとんねるず”という時代がありましたが、今はもう彼らの時代ではなくなったということでしょう」

また、別のテレビ局関係者は語る。

「フジととんねるずは30年来の蜜月関係にあるため、他局は色がついたとんねるずを今さら起用して、新番組をつくりたいとは思いません。
番組イメージや芸風のインパクトも強すぎるため、企画会議の段階でとんねるずの名前が出てくることもほとんどなくなりました」

とんねるずは今後、テレビ界でどのような位置に立つのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1207575/
2016.10.07 12:02 ビジネスジャーナル

続きを見る

1: 2016/09/09(金) 19:03:43.56 _USER9
9月8日、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)にて、
新ドッキリ企画の「道徳クイズ飛び火くん」が放送された。同企画は視聴者から好評を得ていたという。

「番組では、とんねるずの石橋貴明が、後輩芸人に理不尽な怒りをぶつけ、相手がどのような反応を見せるかというドッキリ企画を放送しました。
ターゲットとなった芸人のよゐこ・濱口優や、TIM・ゴルゴ松本らが、
顔を強張らせて追い込まれていく様子は視聴者にウケ、『久々におもしろい放送だった』と絶賛する声が飛び交いました」(テレビ誌記者)

しかし同番組は近年、視聴率が低迷。さらに、10月からは裏で米倉涼子主演の大人気ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)
が放送されるとあって、一部からは打ち切りの危機が囁かれている。

そんななか、今回の放送で見せた石橋の異変に、視聴者から心配する声が殺到した。

「今回の企画では、声を荒げるシーンが多数あったのですが、石橋の声は終始聞き取りづらく、ガラガラのまま進行していきました。
またこの声質は今回だけでなく、ここ数週間の放送でずっと続いているため、
視聴者からは『タカさんの喉、大丈夫かな』『最近ずっと声が出てなくて心配』『ちゃんと病院で検査してほしい』と心配する多く声が飛び交っています。
喉の病気といえば近年、歌手のつんくが喉頭ガンを患い、声帯を摘出するということがありましたから、
石橋に対しても最悪の事態を想定して心配する視聴者が多かったようです」(前出・テレビ誌記者)

今年で55歳を迎え、そろそろ無理のできない年齢になってきている石橋。今回のガラガラ声が、ただの風邪によるものならばいいのだが。

http://dailynewsonline.jp/article/1193421/
2016.09.09 17:59 アサ芸プラス



続きを見る

嫌いな芸人、石橋貴明が初の1位! お笑い芸人人気ランキング2016 日経エンタテインメント
1: 2016/07/25(月) 13:00:26.03 _USER9
嫌いな芸人、石橋貴明が初の1位 江頭2:50は2位に お笑い芸人人気ランキング2016

一番嫌いなお笑い芸人・嫌いな理由





一番好きなお笑い芸人・好きな理由





■“いい人キャラ”が要因? 石橋が江頭を逆転

 「嫌いな芸人」は、石橋貴明が初めて1位に。首位を江頭2:50から奪ったのは、2011年の島田紳助以来2人目となる。

 石橋を嫌いな理由として最も多かったのは「キャラクターが嫌い」(82%)。「芸もないのに先輩面しているところが嫌い」(45歳男性)に代表される、中高年男性からの辛辣な意見が目立つ。

 54歳になり、最近は老眼鏡をかけていることも多い石橋。若い頃のように暴れまわる場面はなくなっているにもかかわらず「嫌い」に選ばれているのは、ゴールデンのレギュラー番組を何本も持っていた頃のいじめキャラが強烈に焼きついているからとも考えられる。全世代の男性と35~44歳女性で1位という結果は、男性芸人に対する様々なやんちゃをリアルタイムで見てきた世代と重なる。ちなみに25~34歳女性での「嫌い」は0票だった。

■イメージは変わらないが…

 ついにトップの座を明け渡し、2位に後退したのが江頭2:50。45~54歳女性で1位のほか、45~54歳男性、35~44歳女性で2位と、高齢ほど彼の芸風を嫌う傾向が見られる。理由はこれまでどおり「キャラクターが嫌い」(62%)、「見た目が悪い」(55%)の順で、「江頭のような品のない芸人はテレビに出さないでほしい」(53歳男性)など不潔感や不快感を口にする人が多い。そのイメージは過去同様なのに、石橋に抜かれた要因として考えられるのは、「実はいい人」という評判。礼儀正しい素顔が、何年にもわたって浸透してきたことが背景にありそうだ。

1~3位の数値は、得票者のうちその理由を選んだ割合(複数回答可)。全体は回答者全員(1000人)の平均値

 狩野英孝は、昨年の17位から一気にトップ3入り。25~34歳男性では2位という結果から、彼と同世代の同性から特に嫌われていることが判明した。ネタのつまらなさとキャラクターへの嫌悪感を挙げる人が同率だったが(51%)、今回の調査期間が2股、3股騒動直後だったことも影響していそう。

 若手の数も目立つ。2015年はウーマンラッシュアワーくらいだった若手が、2016年は8.6秒バズーカー(5位)、あばれる君(6位)、阿佐ヶ谷姉妹(12位)、厚切りジェイソン(18位)など、何組も挙がった。

 これはブレイクの反動ともとれるが、キャリアにかかわらず共通しているのは、強気な振る舞いとネタのつまらなさに対する怒りの声。「ちょっと売れるとすぐに偉そうな振る舞いをする」(53歳男性)というコメントに代表されるように、謙虚さが見えないと受け入れられづらいようだ。また、「話術で笑わせる芸人が少なくなった」(47歳男性)と一発芸乱立に対する不満も見られた。


【調査概要】
現在活躍しているお笑い芸人の人気度を測る世論調査を実施

【質問項目】
編集部がピックアップしたお笑い芸人287組を対象に、「一番好きな芸人」「一番嫌いな芸人」「2015年にブレイクしたと思う芸人」「2016年に消えると思う芸人」の4項目について当てはまる芸人をそれぞれ1組選択。併せて、その理由も各設問の選択肢(5項目)からいくつでも選んでもらった。

【調査方法】
インターネット調査 

【実査期間】
2016年3月4日~3月14日

【回答者】
日経BPコンサルティング調査モニターより1000人が回答。ウェイトバック集計。男女内決は半々。25~34歳28.0%、35~44歳38.0%、45~54歳34.0%

[日経エンタテインメント! 2016年7月号の記事を再構成]

(全文は下記のリンク先で)

2016/7/25
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04216040Z20C16A6000000?channel=DF280120166614&style=1#

続きを見る