スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

織田裕二

1: 2018/10/16(火) 00:07:43.10 _USER9
「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。普段は饒舌な人なんですが、
彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。番組の冒頭で、
総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら
両手を振って“やめて”とアピール。それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの
非難の声が*到した。こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。“イジられ役が必要であれば共演者の
中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を
破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent

続きを見る

1: 2017/08/05(土) 04:52:06.22
なんや?


続きを見る

1: 2017/07/23(日) 09:22:31.50 _USER9
俳優の織田裕二(49)とフリーアナウンサーの中井美穂(52)が7月21日、都内で行われたTBS系「世界陸上ロンドン」の制作発表会見に出席した。
 
2人は1997年のアテネ大会からコンビを組んでメインキャスターをつとめ、今回で11大会連続となるだけに息もピッタリ。8月4日スタートの今大会ではジャマイカの「世界最速の男」ウサイン・ボルト(30)がラストラン。織田は「もはや陸上選手を超えたスケール。今回はいったいどういう結末を迎えるか想像もつかない!」と早くもヒートアップすると、中井は「織田さん、そろそろこの辺で」と笑顔で制止した。
 
織田といえば、毎回話その熱いコメントが話題になっている。
 
「地球に生まれてよかったー!」(07年・大阪)
「ベルリンでは早くも記録の壁が崩壊しました」(09年・ベルリン)
 
そうした織田の熱い実況もあり、世間の同大会の認知度が確実にアップしている。ところがこのところ、大会を重ねるごとに織田が大人しくなってしまっているというのだ。
 
「以前から日本陸連が『大会を茶化してほしくない』などと“クレーム”を入れていたんです。そして13年のモスクワ大会後、日本陸連から水面下でTBSに番組内容改善の要請がなされました。

しかしそれを織田さんサイド伝えたところ、猛反発。15年の北京大会は出演交渉が難航していましたが、最終的にはまとまりました。ただ織田さんはすっかりヘソを曲げてしまい、感情を抑えて進行しているようです」(スポーツ紙デスク)
 
ボルトとともに織田も今大会で“有終の美”を飾ってしまう。なんてことにならなければいいのだが……。

2017年7月22日 16時0分 女性自身
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13372105/

写真


続きを見る

1: 2016/11/13(日) 22:56:02.76 _USER9
織田裕二主演のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の第3話が10月30日に放送され、
視聴率10.1%を記録。初回の13.1%、第2話の12.4%から数字を下げている。週刊誌記者が語る。

(略)

視聴率下落の別の要因と言われているのが、織田が演じる法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)の喋り方だ。
賛否両論あるうえ、「相棒」(テレビ朝日系)の杉下右京(水谷豊)をまねているのではないかとの指摘もあがっているが、
それ以上に「あの人の喋り方に似ている」と語るのはテレビ関係者だ。

「織田のものまねで有名な芸人・山本高広の持ちネタである『ケイン・コスギ』に似てるんです。
その声は実は織田の耳にも入っていますが、本人は『いい物が作れるなら、何と言われようが構わない』と、まったく気にしていない様子。
それに2008年頃、『織田裕二が、山本高広に物まねをされる事に不快感を示している』という報道がされましたが、その後、和解しています。今は物まねに理解があるようですよ」

「セリフを声に出して読んだら、自然とあの喋り方になった」と話している織田。ドラマが終わる頃には、本人も視聴者もあの喋り方がクセになっているかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1227530/
2016.11.13 17:59 アサ芸プラス



続きを見る

水谷豊 新『相棒』に織田裕二を熱望! 「絶対モメる」とスタッフ恐怖
1: チェーン攻撃(東日本)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 04:54:43.14 ID:5di6Ni6J0.net BE:837857943-2BP(1500)
「水谷さんが、4代目の相棒に織田裕二さんを推しているんです!『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で見せた
織田さんの演技について、水谷さんは『彼の熱血刑事ぶりは、きっとクールな杉下右京の相棒として
ハマると思う!』とスタッフに力説。共演を熱望しているそうです」(テレビ局関係者)

02年10月から連続ドラマとしてスタートした水谷豊(62)主演の『相棒』(テレビ朝日系)。放送中のシーズン13も
平均視聴率15%前後と、まずまずの数字だが、かつての勢いと比べると減速気味であることは否めない。
水谷扮する杉下右京の相棒役は、成宮寛貴(32)で3代目。その交代するタイミングや新たな相棒の指名は、
水谷が主導してきたという。

「初代の寺脇康文さん、2代目の及川光博さんの降板理由は、“マンネリ化の打破”“さらなる進化”などと
説明されてきました。しかし実のところは、水谷さんに演出や演技のことで意見したことで変えられたんです。
そして現・相棒の成宮さんについても、水谷さんが『右京の相棒には若すぎる。3シリーズ目に入って
フレッシュさも亡くなってきた』と漏らし始めたそうです」(ドラマスタッフ)

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/joseijishin_n8094

128: かかと落とし(北海道)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 07:27:22.18 ID:EFPH/CiE0.net
若過ぎる
フレッシュさがなくなってきた

どっちだよwww

5: キングコングラリアット(福岡県)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 04:56:56.50 ID:ksGbLZUv0.net
水谷を首にして寺脇を戻せ

続きを見る

1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/07/01(火) 14:33:19.04 ID:???0.net
 大胆なイメージチェンジはまだ道半ばのようだ。俳優、織田裕二(46)が主演して
6月28日に放送された日本テレビ系スペシャルドラマ「奇跡の教室」の平均視聴率は
11・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、爆発的な高視聴率とはならなかった。

 織田は同局での初ドラマを、借金返済に奮闘する元僧侶で新人予備校講師を演じた。
黄色のスーツに赤い蝶ネクタイ、ハイテンションの演技は「織田が近ごろ模索していた
新たな人物像の完成形」(テレビ誌記者)と注目を集めていた。

 「日テレの土曜夜9時の枠は、若者向けにとんがったドラマを多く放送してきた。
そのイメージを壊さず、しかも織田の挑戦だけに数字は注目されていた」(同)

 最近では10%前後の視聴率が多い枠だっただけに健闘したとは言えるが、織田は
番組宣伝にも熱心に取り組んでいただけに、今ひとつ伸びきれなかった印象は否めない。

 トレンディードラマで一時代を築き、その後は「踊る大捜査線」シリーズで押しも押されもしない
人気俳優となった織田だが、ここ数年は役柄を模索し続けてきた。コメディー色が強い芝居は、
織田に似合わないのでは、という声も強まりそうな今回の結果だ。

 「秋には、人気作家の池井戸潤氏の小説が原作で、WOWOWで放送の『株価暴落』に
主演し、孤高の銀行員を演じる。今度はシリアスな演技が中心。織田の真価が問われる」と
民放関係者は話す。

<下記リンクより、一部抜粋。全文はソースで>
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140701/enn1407011205013-n1.htm

続きを見る

1: ぶーちゃんφ ★ 2014/03/11 22:54:36
 俳優の織田裕二さん(46)が東京都内でバイクを運転中にタクシーと接触し、
軽傷を負っていたことが11日、警視庁中央署などへの取材で分かった。

 同署や織田さんの関係者によると、7日午後6時40分ごろ、中央区日本橋茅場町の
永代通りで、車線を変更したタクシーが織田さんのバイクに接触。織田さんは
右足と右肩を打ち、軽傷を負った。バイクは転倒しなかったという。

 同署は自動車運転過失傷害の疑いで事故原因を調べている。

時事:
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014031100999

続きを見る

1: セプウムφ ★ 2013/11/03(日) 18:54:50.93 ID:???0
生麺CMでわかる織田裕二の人気凋落ぶり

 織田裕二の人気凋落が激しい。
 このままではかつての勢いを取り戻すことは難しい、との指摘が日増しに増えている。

 こうした声が出るのは昨秋、織田が出ていたサンヨー食品の生麺CMの“看板”の座を、今年は堺雅人に奪われたからである。
 サンヨー食品は昨年9月、織田を起用した『麺の力』のCM会見を開催した。
当時は、役所広司が出ていた『正麺』(東洋水産)が発売1年で2億食も売れる生麺ブーム。
それに対抗する形で出したのが『麺の力』だった。

 CMでは台本なし、織田は自由に食べて、実感、リアリティーにこだわったドキュメント風の作りになっていた。
1回目が昨年9月、2回目が昨年11月に放送されたが、あまり効果はなかったようだ。
織田がCM会見に欠席し、話題性に欠けたのも売れ行きが伸びなかった原因ともいえよう。
ゆえに今秋CMが流されるかどうかは未定という。
 「堺が今秋出たのは『頂』という即席生麺。会見にもこまめに出て、麺をすすっていた」(CM業界事情通)

 織田も会見を欠席せず、堺のようにこまめに出ていれば、次回も“看板”の座におさまったはずだ。
第一、CMに出ているタレントが会見に出ないのはおかしいというしかない。
 織田の人気のなさは、ドラマにも表れている。
今年4月から6月まで放送された『Oh My Dad!!』(フジ系)は全11回平均9.2%と低迷した。
 亀山千広社長と『踊る大捜査線』シリーズをともに製作してきた関係から、企画を持ち込み実現させたというが、もう次はないだろう。

 今や犬の着ぐるみを着た不動産会社のCMしか織田には残されていない。
あまりにもピーク時との落差が激しい織田に、救いの手を伸ばす人たちはいるだろうか。
http://news.livedoor.com/article/detail/8218677/

続きを見る