スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww

高畑裕太

1: 2018/04/16(月) 18:08:53.13 _USER9
2018-04-16 18:05
(写真)
フジテレビ系バラエティー番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出演する(左から)保阪尚希、高橋惠子、高畑淳子、大久保佳代子、小峠英二 (C)フジテレビ


 女優の高畑淳子が、18日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜 後10:00※初回は午後9時から2時間SP)にゲストとして出演。
MCの梅沢富美男が気になるうわさの張本人に直撃する同番組では、息子・裕太が強*致傷容疑で逮捕(のちに不起訴)された当時の思いや、「今は遺品整理業のアルバイトをしている」という近況を初告白。
もともと「(裕太を)俳優として大好きだった」という梅沢の“ある一言”で、高畑はスタジオで号泣する。

(最終更新:2018-04-16 18:05)
https://www.oricon.co.jp/news/2109656/full/

続きを見る

1: 2018/02/16(金) 11:20:50.58 _USER9
https://smart-flash.jp/showbiz/34163
2018.02.16

伸ばした髪を後ろでまとめ、無精ひげを生やしたワイルドな風貌。荷物を車からガレージへ運び入れ、友人たちを笑顔で見送った男はひとり自宅へと入っていったーー。

2016年、強*致傷容疑で逮捕され不起訴処分となった不祥事から1年5カ月。将来を嘱望されながら表舞台から姿を消した若手俳優・高畑裕太(24)は、逞しく生きていた。
「騒動後、母の高畑淳子と話し合い、数カ月間、インドへ放浪の旅に出かけていた。帰国後は母の女優業の雑用を手伝いながら、舞台鑑賞には欠かさず足を運んでいる」(舞台関係者)

2017年完成した都内の豪邸で、母と姉とともに暮らしている高畑。2017年9月には「女性セブン」で、亡くなった人の遺品を整理する業者でアルバイトをしていると報じられた。
翌々日、今度は高畑が颯爽とバイクで帰ってきた。なんと女性を後ろに乗せている。女性を送り届け、再び自宅に戻ってきたところを直撃した。

ーー二人乗りのお相手は恋人ですか?
「いやいや違う、彼女じゃないです! この近くに住んでる友達で、僕と同じ山好き仲間。山、よく行くんですよね」

ーーひきこもり的な生活かと。
「ひきこもりじゃないですよ(笑)。実家暮らしではあるけど、小遣いはもらってません。バイトしてますから」

ーー遺品整理のアルバイト?
「やってますよ。もともと興味があったんです」

ーーきょうもバイト帰り?
「きょうは歯医者に行って、その後パソコンの修理をしに行って。これからまた、買い物に行くんです」

ーー昨年の事件について、いま言いたいことはありますか?
「ご迷惑をおかけしました。あれは自業自得じゃないですか。正直、そりゃ言いたいこともいろいろあるけど、これからどうするかが自分の課題だと思ってます。俺がいまさらあれこれ言ったとしても、一回事件を起こしたイメージは拭えないじゃないですか。俺としては新しいイメージにどう塗り替えるかを考えるのが先決だと思う」

ーー芸能界復帰をどう考えている?
「それは、あんまり話しちゃいけないんで」

ーー髪が伸びて雰囲気が変わりました。
「そうでしょう。これも新しいイメージに塗り替えるため……とか言ってる場合じゃない! めっちゃしゃべっとるな俺! やっぱバカやな~。ほんと、しゃべったらめっちゃ怒られるんですよ」

ーーお母様にもお話を聞きたい。
「やめたほうがいいですよ! 近づかないほうがいい、マジで。もうすぐ母親帰ってくる……絶対怒られる!」

 自らの起こした事件には反省を口にし、前向きに過ごしている高畑。怒れる母の存在がその支えになっている。

https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2018/02/16084140/takahata_yuta_1.jpg

続きを見る

1: 2017/08/09(水) 17:57:13.89 _USER9
「長らく撮影が中断していた映画『青の帰り道』の撮影が、8月に入ってようやく再開されました」(映画業界関係者)

 なぜ撮影は中断されてしまったのか。それには出演者が起こした、ある騒動が背景にあった。

「『青の帰り道』には、昨年8月にホテル従業員への強*致傷容疑で逮捕された(不起訴処分)高畑裕太さんが出演していたんです。この作品のロケで群馬県前橋市を訪れていた際に、あの事件が起きました。出演者の逮捕で撮影は中断になりました」(スポーツ紙記者)

 なかなか撮影再開のメドが立たず、お蔵入りもささやかれたが1年後に無事、再開。

「真野恵里菜さん主演の同作は、群馬県前橋市で生まれ育った男女7人の若者たちが、夢や現実と葛藤し、自分たちの求めている場所を探すために必死に生きる姿を描いた青春モノです」(前出・映画業界関係者)

 しかし現在、製作現場には劇中の若者たちと同じように、厳しい“現実”が突きつけられているという。

「昨年ほぼ撮り終えていたこの映画は、予算をほとんど使ってしまったため、低予算を余儀なくされています。スタッフは監督の友人や知り合いなどをかき集めており、今回は1週間ほどでの強行撮影のようです。現場はバタバタですよ」(前出・映画業界関係者)

 低予算の影響は、こんなところにも現れていて……。

「エキストラはボランティアで交通費も自腹です。食事もロケ弁ではなく市販のうどんでした。参加者の一部からは不満の声もあがっていましたよ」(エキストラのひとり)

 ただ、出演する俳優たちの雰囲気は悪くないそう。

「松重豊さんや平田満さんなどのベテラン俳優が脇を固めています。経験豊富な彼らがいることで、現場もピリピリせず落ち着いた雰囲気になっているのかもしれませんね」(前出・映画業界関係者)

 あの騒動がなければ、出演していたはずの裕太氏は今、どうしているのか……。

「8月初めに、高畑淳子さんが裕太さんと一緒に、天海祐希さん主演の舞台『子供の事情』を見に来ていたそうです。彼は髪はボーボー、ヒゲも生やして一見、本人だとわからないほどだったとか。裕太さんを連れてきたのは舞台の現場を見せて、裏方の勉強をさせるためではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 裕太氏の件について、高畑の所属事務所に問い合わせたところ、

「プライベートなことに関してはこちらでは把握していないので、お答えすることはできません」

 という返答だった。彼は現在23歳。まだまだ若く、青春期にある彼が、これから向かう場所はどこにあるのだろうか。

2017年8月9日 10時30分 週刊女性PRIME
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13450503/

写真


続きを見る

1: 2017/05/07(日) 19:19:12.28
地獄すぎる高畑裕太の現在…「ユーチューバー裕太」で復活案も? 母・敦子は鬼の形相で「人生が台無しになった!」と絶叫

気になる息子・裕太の近況はというと…。本サイト既報通り、髪もヒゲも伸びっぱなしの“仙人”のような姿で自宅に引きこもっているという。ゲームやネット動画を見てばかりの生活で、
もっかの楽しみは7月に発売される「ドラゴンクエスト11」と買うことなんだとか。母・淳子が女性自身の取材に「あの子の人生が台無しになったんですよ!」と叫ぶのも無理はない。
「一時は淳子さんの劇団に入り、一からやり直すというプランもありましたが、当の本人が“対人恐怖症”になってしまったようだ」とはスポーツ紙記者。
とはいえ、このままずっと引きこもっているわけにはいかない。そこで浮上してくるのが「ユーチューバー」という選択肢だ。前出記者は「彼は“撮られること”が好きなタイプ。
以前はツイッターやインスタで自撮り画像をよくアップしていた。ユーチューバーなら直接人と交流しなくても、様々なことを表現できるし、お金を稼ぐこともできる。十分ありえる話です」と語る。

http://dailynewsonline.jp/article/1307827/

続きを見る

1: 2017/03/13(月) 17:35:04.99 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51078/

「あの事件で、家庭がめちゃくちゃになった…」。昨年8月にホテル従業員への暴行容疑で逮捕され不起訴処分になった高畑裕太の母・高畑淳子は周囲にこうこぼしているという。

裕太は釈放後、埼玉県内の病院に入院したが、昨年末に母親と住む自宅に戻った。裕太は精神的に落ち込み、自宅に引きこもり「仙人のようにヒゲが伸びていた」という近隣住民の目撃談もある。
 
 母・淳子としては何を言われようが、最愛の息子。いまだ事件を冤罪と思い込んでおり、裕太に容赦ない報道を浴びせたマスコミには敵意ムキ出しだ。

「週刊文春」3月2日号では、自宅前に集まっていたマスコミに対し、般若のような形相で「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁ!」と、怒鳴り散らしたという。これを受け、ネット上では「全く反省してない」「涙の謝罪会見は何だったの?」
「息子の事叱れよ」と批判が殺到したが…。

「これまで我慢していた淳子さんの感情がこの日は爆発したのでしょう。それほどいまの“高畑家”はヤバイそうですから」

 そう明かすのは、高畑を知る舞台関係者だ。一部では淳子が息子の就職先探しに奔走。自身の劇団青年座で引き取るという話も流れているが、

「そんなレベルではないみたいですよ。裕太君の精神はいまも不安定で、母親に対し罵声を浴びせることもあるそうです。
さすがに殴ったりはしていないでしょうが、彼女は周囲に『裕太が怖い…』とこぼしているとか。息子が何を考えているかわからないそうです」(同)という。

「裕太さんは幼少期、通学途中で見つけた石コロを蹴り続けることに熱中するあまり、大遅刻するなど、他人とは違う行動で目立ってきた。
高校時代のアダ名は『バカ畑』。そんな彼と体を張って向き合ってきたのが淳子さんなんです。ようやくタレントとして独り立ちしたと思った矢先に事件を起こし、昔の状態に戻ってしまった。いや、もっと悪いかもしれません。
彼女の脱力感、喪失感は計り知れませんよ」(同)

 裕太の“再入院”もウワサされるなか、淳子の心が休まる日はやって来るのか――

続きを見る

1: 2017/02/19(日) 20:56:16.23 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
■“お騒がせ俳優”のあの男が原因か?
「清水は『まれ』に出演時に共演してた俳優の高畑裕太(23)から、異常に好意を抱かれていました。
清水はインタビューでも高畑のことを距離感が近いと評し、リアルに共演NGであると公言していました。
もともと精神的に追い詰められていた状態に、さらにこうしたことが重なってしまい、自分をコントロールできなくなったのかもしれませんね」(芸能関係者)

 高畑は、清水に対しかなり熱を上げていたようで、清水がゲスト出演したトーク番組ではビデオメッセージで
「今度は君が僕のことを好きな役でどうでしょうか?」と呼びかけていた。
清水はこうした高畑の呼び掛けに対し、「いただけないです」とすっぱりと否定。
それと同時に高畑に対し、どことなく恐怖を感じていたのかもしれない。

 清水は現在新たに自分用のTwitterアカウントを開設。
そこでは、「すり減って行く心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった。」
「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい。」などの意味深なつぶやきが、11日以降投稿されている。

「おそらく事務所を介してでは言えなかったことを、こっちのアカウントで吐き出して行くことになるでしょうね。
もしかしたら過去の共演者トラブルとして、高畑との件も暴露されるかもしれません」(前同)

 新アカウントでは、以前のツイートのような明るくはじけた雰囲気が、全く感じられないものになっている。
今後この新アカウントで、どのような事が告白されるのかにも注目が集まるところだ。

【清水富美加の引退報道】高畑裕太からの異常な好意で精神的コントロール不能に陥る?
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12216-1275434/

続きを見る

1: 2016/12/29(木) 14:01:15.01 _USER9
 実刑は免れないと思われながら、被害者との間で示談が成立し、まさかの不起訴となったが、あれから高畑は何をしているのか。

 「母・淳子は、謝罪会見で、裕太の芸能界復帰を“あってはならないこと”と否定していましたが、一般社会での復帰も難しいだけに、結局、芸能界で生きていくつもりらしい。釈放後は埼玉の心療内科に入院しましたが、とっくに退院して、現在はアジア某国に“語学留学”しています。なんでも、アジアで認められてから、日本に逆輸入という、ディーン・フジオカのような形での日本凱旋を狙っているそうですよ」(芸能プロ関係者)

 事件のことをしっかり反省し、真面目に取り組んでいるのなら、再チャレンジの機会くらいはあってもいいと思うのだが、保釈時、集まったマスコミをにらみつけていた裕太である。果たして、きちんと取り組んでいるのだろうか?
 「本人は、まったく反省している様子はなく、日本のマスコミの目や母親の監視が届かないことをいいことに、ダラダラと“飲む・打つ・買う”のやりたい放題で、語学の授業もサボりまくりだそうです」(同)

 ある意味、予想通りである。
 「なんでも裕太は、**暴行を働いたという意識はなく、合意のもとに行われた行為であることを、今も周囲に主張しているというから、呆れるしかありません。事件を起こしたのは、高畑の撮影日程終了の1日前。主演のアイドル女優の売り出しに所属事務所も本気で、映画に数千万円を出資するなど、多くの関係者に迷惑をかけまくっているというのに、どういう神経をしているんだか」(映画関係者)

 こんな男を、二世タレントだというだけでチヤホヤして、調子づかせた芸能界の罪は大きい。

芸能ネタ 週刊実話 2016年12月29日 12時03分
http://npn.co.jp/sp/article/detail/45685388/

続きを見る

1: 2016/12/21(水) 06:01:40.82 _USER9
 12月某日、高畑親子の芸能界復帰への思いを聞くため自宅へ向かった。昼過ぎに帰宅したところを直撃した。

─今、裕太さんとは一緒に住んでいるのでしょうか? 

「…………」

 その後も、違約金の支払いや引っ越しの予定などについて質問したが、すべてに沈黙。そそくさと家の中に消えてしまった。

 後日、彼女の所属事務所に問い合わせてみると……。

─淳子さんの復帰時期は決まっているのでしょうか? 

「それほど遅くない時期に復帰する予定ですが、具体的にいつかというのは申し上げられません」

─裕太さんが、淳子さんの付き人のような形で復帰する可能性はありますか? 

「その可能性は、いっさいありません」

現在も工事中の3階建ての新居。事件前は親子で進捗を見に来たことも

関連記事

最終更新: 12/21(水) 5:30


https://amd.c.yimg.jp/amd/20161221-00008759-jprime-000-1-view

続きを見る