スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

ONEOKROCK

1: 2019/02/19(火) 20:36:54.74
http://japan.techinsight.jp/2019/02/maki02191607.html
2019.02.19 19:00

また、アメリカをはじめ海外で活動を続けるなか「日本ほど様々なバンドやアーティストのシーンが揺らぐことなく続いている国は珍しい」という一方で、「僕らがやっているアメリカでもロックって死んじゃってるので、何をもってロックというかは非常に難しい」と明かす。

そうした状況にあり、「日本ではいろいろないいバンドがいるし、敢えて自分たちがそこに突っかかっていくよりか、僕たちは僕たちでやるべきことをやって道を広げていく。そして僕らの後でまた次の世代が超えていく、ロックバンドが好きだからこそそれをやる義務があるのではないか」と考えているのだ。

続きを見る

1: 2018/07/09(月) 17:47:20.81
欧米じゃありきたりのボーイズバンドだから

続きを見る

1: 2018/04/18(水) 01:26:48.77 _USER9
【Taka/モデルプレス=4月18日】人気バンドONE OK ROCKのボーカルのTakaが17日に30歳の誕生日を迎えた。
同日、友人で俳優の三浦翔平が自身のInstagramでTakaのバースデーを祝う様子を投稿。俳優の佐藤健らも集まり、豪華なメンバーに反響が寄せられている。

Takaと親友関係で知られる三浦は、「takaおめでとう!!出会って10年早いもんだね。あなたに出会えた事本当に感謝してる。I love you Taka 大好きだよ!」と愛にあふれるメッセージで祝福。

落ち着いた和食の店のカウンターで、指で「30」のポーズを作り笑顔を見せているTakaの周りには、バンドメンバーのほか、三浦、佐藤、山田親太朗ら親交が深いメンバーの姿が。

ファンからは「男の友情素敵」「I love youとか言える翔平くんカッコいい」といった声のほか、「メンバーが豪華」「Taka愛されてる~」といったコメントが殺到している。(modelpress編集部)



https://mdpr.jp/news/detail/1760774

続きを見る

1: 2017/11/30(木) 14:28:21.04 ID:Rx2/r+Ptr
でも照れてる


続きを見る

1: 2017/11/19(日) 19:22:53.39 _USER9
「ワンオクは人気バンドだけに、NHKも出場させたいはず。しかしヴォーカルのTakaは、過去のラジオ番組で紅白について『俺、出たくないから』と明言しています。
彼いわく、紅白は田舎のお婆ちゃんを喜ばせるためのもので、東京生まれのTakaにはそういう感覚がないため、出る気持ちになれないとのこと。

また彼は元々、ジャニーズグループのNEWSに所属していましたから、同事務所タレントが多数出演する紅白は、様々な問題で共演しづらいという理由もあるのかもしれません」(前出・芸能記者)

年々、出場者が地味になってきているとの声も多い紅白。もしワンオクが出場すれば若者からの注目度は抜群だが、今後、彼らが紅白のステージに立つことはなさそうだ。

2017年11月19日 18時15分 アサジョ
http://news.livedoor.com/article/detail/13913160/

写真


続きを見る

1: 2017/09/09(土) 03:19:10.77

続きを見る

1: 2017/05/23(火) 18:01:44.55 _USER9



5月21日、ONE OK ROCKのtaka(29)が自身のインスタグラムに、ハリセンボン・近藤春菜(34)に無理矢理キスをする動画を投稿した。
takaのインスタにはファンから「わたしにもやって~」「やばい~うらやましい~」と春菜を羨ましがる声や、「春菜ちゃん可愛い、takaのドSぶり炸裂しとるwww」と笑う声が相次いでおり好意的な反応で占められている。
しかし一方で、この動画がいじめを助長するものではないか、といった類の厳しい指摘も上がっている。

このtakaの動画が他のサイトにも掲載されるなど一気に拡散されると、「調子に乗り過ぎ」「セクハラじゃん」「レ*プみたいで怖い」と、ファンのみで構成されたインスタコメント欄とは真逆の反応が広がった。
動画の内容を説明すると、takaは左腕で春菜の首をロックし、右手で顎を強く掴み彼女にキスをしようと迫っている。
春菜は「*されちゃう」と言いながら顔を歪ませて、迫るtakaから顔を遠ざけようと手で壁を作るなどして抵抗。「*されちゃう」というのはtakaの熱烈なファンに、という意味だろう。
しかし最終的にtakaは強引に春菜の頬にキスをした。

takaと春菜が仲の良い友人関係であることは、ワンオクファンにはよく知られている。これはスキンシップの1つだろう。
春菜は抵抗しながら笑っているし、ワンオクのTシャツを着ている。ある意味、PR動画のつもりだったのかもしれない。
だが、そんな関係性を考慮したとしても、この動画をUPすべきでないと見る向きはある。
その理由は、「(相手がモデルや女優など)美人だったら絶対やらないよね。こういうのも差別だよなーって思う」
「この手のキスは相手を『モテないブサイク」』って認識があるバカにしたキスだよね。私がこんな対象にされたら悔しくて悲しくて泣くわ」
「容姿がちょっと悪いと(男に)飢えてるって決めつけて、ちょっかい出して『喜んでる』って勝手に思ってやるんだよな」。
よくテレビバラエティ番組で男性芸人が女性芸人に向けてやる<セクハラ含みのブスイジリ>と大差ないということだ。

実際には顔面の善し悪しに関わらずパートナーを持つ男女は多いが、テレビではブス・不細工=モテない、という図式が激しく強調され続けてきた。

女性芸人の多くは何かと<男に飢えているイメージ>をまとい、イケメンランキング上位の男性芸人が“罰ゲーム”として女性芸人とキスしたり、
女性芸人が何かの競技に勝利した時に、ご褒美としてイケメンからのキスを与えられる場面もよく見る(女性芸人はこれを喜ばなければならない)。
同じことを「プライベート」で「お笑い素人」のtakaがやっている。一般社会でも似たような場面は実はよくあるだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1313666/
2017.05.23 17:30 messy / メッシー

続きを見る

1: 2017/04/09(日) 17:14:04.79 _USER9
人気ロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」の千葉市内でのライブ中に、体調不良を訴えて21人が病院に搬送された。救護を行った千葉市美浜消防署の担当者はJ-CASTニュースの取材に「ライブで21人搬送は数として多いです」と話し、異例の出来事と言えなくもない。

一方、ライブ後に同バンドのボーカル・Taka(28)は「いつものことだからあんまりビックリはしてない」などとインスタグラムに投稿した。一部のユーザーからは「楽しかったら病人がでてもいいのかな?」と疑問の声も出ている。

骨折、打撲、過呼吸、熱中症も

ワンオクロックは2017年4月8日18時、幕張メッセ(千葉市美浜区)で約1万8000人を動員してライブを実施し、その途中で119番通報があった。

千葉市美浜消防署が9日、J-CASTニュースの取材に応じ、搬送者は女性20人、男性1人の計21人だった。骨折や打撲、過呼吸や熱中症などの体調不良を起こし、うち5人は入院が必要と判断された。搬送時点では、いずれも重症ではなかったという。

幕張メッセは有名アーティストのライブ会場としてしばしば使用されるが、119番通報されて客が病院に搬送される頻度は高いのか。美浜消防署の担当者は「夏場はたまに1人か2人ほどが119番の上で搬送されることはあります。1度に21人というのは、数としては多いです」と話していた。

(略)

「楽しかったら病人がでてもいいのかな?」

Takaの投稿に対しては3000件ほどのコメントが寄せられており、その多くはファンからの応援メッセージだった。

「大変だったんですね 色々なことがあっても、今日はまた精一杯のLIVEを」
「ライブ慣れしてない人達が多かっただけだと思うからtakaも他のメンバーやスタッフの皆さんも気にし過ぎないで下さい」
「最低限の水分は取らないとね。周りにもメンバーにもスタッフにも迷惑かかってしまうから。ワンオクのライブがこーゆーものだと覚悟して体調管理しないと」

ただ、中には疑問を投げかけるものもあった。

「誰も悪くないと言えるのか...とは思ってしまいます」
「楽しかったら病人がでてもいいのかな?熱中症も死に至ることはあるのに」
「もう少し安全に配慮してはいかがでしょうか」

2017年4月9日 16時40分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12912320/

続きを見る

1: 2017/04/09(日) 01:41:10.66
4月9日の幕張ライブ、メンバーがCブロック付近に来て、アコースティックでのアレンジコーナー

メンバーが近くに来たことでキャーキャーとファンが圧縮&アコースティックなのにライブもまともに行ったことがない偽音楽好きのキョロ充達が何故かモッシュをやり出し、将棋倒し
更には傘を振り回す人も





「痛い下がって!」と何十人もの人とセキュリティーが叫んでも下がらず、中にはチャンスだと踏んで前に行こうとするファンや、笑いながら眺めている人も 後ろにはマナー違反の盗撮で動画を撮る中年おばさんも





結果、気絶者がでて、怪我人多数 熱中症も合わせて合計救急車30台、運ばれた人数50人
中には、子供の足がとんでもない方向に曲がって「痛い痛い」と泣き叫んでも後ろから押し続けるワンオクのファン 結果その少年は手術して入院







これにはTAKAも「どんな気持ちで歌えばいいかわからない」



それを知ったワンオクファンの反応「それだけ人気があるってことだね!かっこよすぎ!」



(他1)21pilotsやWANIMAといった豪華なミュージシャンが前座をやった時もワンオクファンはスタンディングエリアに寝そべってスマホをしたり ゲームをしていた

(他2)ワンオクがスティービーワンダーの曲をcoverした時にTwitter上で「なんか知らん外人にワンオクの曲パクられた」というツイートが拡散されまくる

(他3)VOCALのTAKAとモデルのローラが付き合っていると噂が出た時にローラをボロクソに叩いてTAKAが「友達だから傷つけるな」とコメントをだす

(他4)海外ライブまで追っかけてきて最前列に張り付き、ヘリで追っかけてくる気持ち悪いおばさん集団

結果、ワンオクのファンはモッシュもろくにできない様な音楽の「お」の字も知らないキョロ充キッズとジャニオタ紛いの顔ファンのおばさんだけの世界で1番マナーとモラルのないキチ**たちの集まり

続きを見る

1: 2017/03/01(水) 05:14:25.95 _USER9
ONE OK ROCK・Takaのインスタ“問題発言”の裏にあった驚愕ストーカー事情「ファンがヘリで追跡してくる」

 ロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル・Takaが1月、海外公演での日本人ファンに苦言を呈したことが物議を醸したが、その“真意”がわかってきた。
なんと、ヘリコプターまで使って追跡してくる、驚愕の追っかけがいたというのだ。

「中年女性5~6人の追っかけグループが、関係者しか知らないはずのメンバーの行き先に先回りしたり、急な予定変更で移動したときには、ヘリコプターを調達してまで追っかけてきたことがあった」

 こう話すのは、バンドの関係者。熱狂的なファンが多いワンオクとはいえ、過去に例のないレベルの追跡力には、メンバーのみならず、スタッフらも戦々恐々としていたという。

(中略)

 しかし、バンドの関係者に話を聞いたところ、Takaが苦悩していたのは、どうやら奇妙な中年女性のグループの存在だったようだ。

「彼女たちはかなり資金力があるようで、最前列を買い占めてしまう。Takaさんの言葉は、一般のファンを気遣ったものだったはず。
実は一部メンバーの携帯にまで、そのグループと思われる女性からメールが届いたり、最初は3人だったのが、5人、6人と増えていったことが、バンド側を気味悪がらせていたんです。ただ、それでもファンはファン。特定のファンを非難するわけには
いきませんから、Takaさんは『一部の人達なんだけど、最近はその一部があまりにも多いって話なんだよね!』と気を使った書き方をしたんです。悪気はないですよ」(前出関係者)

http://www.cyzo.com/2017/02/post_31713_entry.html

続きを見る

1: 2017/02/10(金) 15:46:41.57 BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
ONE OK ROCKの全国ツアー「ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR」のゲストアーティストが追加発表された。

今回発表されたのはツアー後半13公演のゲスト。それぞれCrossfaith、9mm Parabellum Bullet、Aimer、Mr.Children、ReN、MONGOL800、Suchmosの出演が明らかになった。
なお5月11日と12日の熊本・熊本B.9 V1公演はワンマン形式で開催。4月8日と9日の千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールのゲストは後日発表される。

ソース
http://natalie.mu/music/news/220211
ONE OK ROCK


ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR


続きを見る

1: 2017/02/02(木) 01:31:19.92
https://m.youtube.com/watch?v=RgKp3ppdhWs


なんやこれwwwwwwwwwwwwwwwwwww

続きを見る

1: 2017/01/31(火) 17:03:55.48 _USER9
“俺たちを近くで見られて嬉しいからって朝から写真撮るな!”“ライブを最前列に陣取って
俺たちの成長を邪魔するな!”‥‥こうした内容がインスタグラムへ書き込まれ、
遠回しに(モロに?)海外まで応援に行く日本人ファンを「邪魔者扱い」した
人気ロックバンドONE OK ROCKのボーカル・Takaが、その反響の大きさに
26日未明、慌てて謝罪した。

(略)

「賛否含め1万8000件近くのコメントが投稿されていますが、ネット上で目立つのは
『ダサイ』『ビビってる』といった文字。松本人志との共演NG騒動を即座に謝って男を下げた
角田信朗を引き合いに出し、『音楽界の角田信朗』とまで揶揄される始末。言葉が
足りなかったという話ではなく、チケットを買って最前列に陣取ったファンに対し
『いつも同じ景色』とまるで“虫ケラ”のように言い放ったのは事実ですから、角田同様、
男を下げたことは間違いない。

(小机かをる)

http://www.asagei.com/74502

続きを見る

1: 2017/01/29(日) 07:49:10.609
543 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 5afd-AZYz [101.141.84.2]) sage 2017/01/28(土) 13:29:51.92 ID:xFcbkSVE0
このインスタでひどい状況がよくわかる

https://www.instagram.com/p/BPyKEwIAE4O/




今回Takaがポストせざるを得なかった状況について、私が見た限りの事を書こうと思います。
.
まず初めに、私も"最前列はいつも同じ景色"を作ってしまった内のひとりです。今回のツアーは在米であったので、NY,Toronto,Chicago,Seattleの4箇所をVIPチケットを公式のプレセールで購入しLAはGAで行きました。日本人がVIPを取る事は彼らの望む事では無いと理解っていましたが、目の前でライブが見たいと言う気持ちが勝ってしまい購入してしまいました。
彼らが読んでくれたかは分かりませんが、「NY,Toronto,Chicago,LA,Seattleの行かせて頂きます。日本人であるにもかかわらずVIPでライブに来てしまい本当に申し訳ありません。」と、我儘かつ一方的ではありますがTorontoのM&Gでメッセージカードに書いて気持ちを伝えました。
ライブに行くだけでも申し訳ない気持ちでしたし、ツアーバスに近づくなどもっての外、会場によっては並んでいるファンの近くにバスが止まっていたりもしましたが、顔をバスの方に向けると中からみれば見られていると思うだろうと思い、背中を向けたり顔を背けていました。
.
バスに近づいていなかったのでNY〜LAでの状況は正直分かりませんが、Seattleは状況がほぼ丸見えの状態だったのでお話出来ます。
.
私達は現地で借りたレンタカーで早朝に行っていた為先頭にいました。
しばらくするとLA在住日本人の友人3人と私の後ろに、日本から来た5名の掲示板サイト(でしたっけ?)でファングループを作られている方々が来られました。皆さんもよくご存知の方々ですし、私をフォローして下さっている方の中でもこのグループに入っている方も多い事かと思います。(私はグループを作られた方からのお誘いを初期の段階でお断りさせて頂きました)。
.
その後6名の日本人約7名の在米人(アジア人含む)[順不同]が列を作っていましたが、バスが到着しToruとRyotaが交差点に来て信号待ちをしたと同時に、私達4名とアメリカ人の1人以外の全員が走って行き、彼らを後ろから囲み、ほぼ全員がスマホでムービーや写真を撮影。顔をのぞき込む人。サインをもとめる人。ファングループ所属の日本人の方々の中には30cm程の至近距離でムービーを撮り続ける始末。
.
その後からはバスを常に誰かが監視し続ける状況。
.
また、日本人の3人の方がバスと壁の間に入って中を覗いていたのを、友人が車で買い物に行く際に見かけたのを聞き、バスの中から見える景色を想像すると背筋が凍りました。
.
バスの周辺での状況は分かりませんが、見える範囲で見ているだけでもこのcrazyな状況は"恐怖"でしかありませんでした。
.
TakaがChristianと外に行き、戻って来た時も、フードを被り近づくなオーラを出しているTakaとTakaを守りながら歩くChristianにも容赦なくカメラを向けまくりサインを求めるグループ所属の日本人5名とその他の人達。
.
「あなた達は一体何をしに海外のライブに来ているの?メンバーのプライベートをパパラッチの如く撮り、迷惑がっているのにも関わらずサインを求める。ライブ前にこんな嫌がらせをしてパフォーマンスに響く事も考えないの?海外なら何をしてもいいって訳じゃないでしょ?相手の立場に立てば分かる事でしょ!?」そう怒鳴りたくて仕方ありませんでした。
.
こんな最悪な状況だった為、M&G時に出てきたメンバーは今まで見た事もない"怒り"を全面に出して登場。当然の結果です。
ライブ後も私達はすぐに会場を後にしたので、その後の状況は把握していませんが良い状況では無かったと想像出来ます。
.
名指しで申し上げることも出来ますが、あえて致しません。
ご自身のされた事を正当化し、私達は悪いことをしていないと言いたげなポストをされているのもお見受けしています。
今回以前の数々のツアーでもバスの周りに人がいたのは私も見て知っています。
私もかなり前にライブ後のバスの近くに行ったコトがあるので、私も同罪です。しかし私はその後反省をし一切バスにも近づいていません。
.
ただし、今回のSeattleの状況は余りにも酷くこんなひどい状況は自分が知る限り初めて見ました。
あなた方が今回「執拗にメンバーを追い詰め追い込んだ」事で、Takaが今回のポストをせざるを得なくなったと言う事実は真摯に受け止め悔いて下さい。
また、ファングループに所属されている方々で海外での現状をご存知でない方、SNSだけで繋がっている方々、これが"自己擁護無しの包み隠していない現状"です。何を信じ どう思い どう行動するかはみなさん次第だと思います。
長文になり申し訳ありません。またブロックしたい方はブロックして下さって構いません。私はただ"真実を知るまま"お話したかっただけなんです。

続きを見る

1: 2017/01/28(土) 20:01:54.44 _USER9
 ロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル、Takaが、一部の日本人ファンのマナーなどについて苦言を呈したことで、マキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君が過去にブログにつづった内容が注目を集めている。

 Takaは25日、インスタグラムで「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね」と切り出し、海外でのライブ会場では日本人ファンが最前列を独占しているとし「もう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を!普段会えないから会いに行く場所ではないから!」と苦言を呈した。この書き込みはネット上で大きな反響を呼んだ。

 そんな中、亮君の07年9月5月のブログが話題に。当時、マキシマム ザ ホルモンのライブでも特定のファンが自分の“定位置”を陣取っている状況にあったそうだが、亮君は「おなじみの『常連グループ』が『いつもの位置』でいつものように同じようにライブを観ているのはなんかもったいない気がするんだ」と、新しい発見をみすみす見逃していると指摘し、「まあ、自分のいつもの『定位置』なんか忘れて いろんなところからいろんな意味の『違う視点』でライブを観てみるのも新しい発見があって楽しいかもよ?てだけの話さ」とつづっていた。

 亮君は27日にツイッターで、「そういえば、いっつもホルモンライブの時に俺の前を定位置にしてるドレッドヘアーの男のファンがいたんだけど、このブログを書いた次のライブ時は、上ちゃんの前に移動してて可愛いかった(笑)素直か!w」とブログを書いた当時のエピソードを明かした。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1771234.html

続きを見る

1: 2017/01/28(土) 11:08:54.85 _USER9
◆日本人ファンに支えられている現実へのイラだち?

 これを踏まえたうえでTakaの“苦言”を読み直すと、そのフラストレーションが日本人ファンのマナーの悪さそのものではなく、むしろ自分たちの思い描いた通りに評価されていない現状から生じているように感じられるのですね。

 ミーハーな日本人ファンのいない海外へ乗り込んだのに、見えるのは「いつも同じ景色」。

 結局は誰も自分たちの演奏や楽曲になど興味を持っていないばかりか、まだ存在すら認識されていないように感じられてしまう。でもいまの段階でそれを直視するのはいたたまれない――そんな行き場のないモヤモヤが一部のファンの不作法に向けられたと考えれば、色々と納得がいくのです。

 筆者は彼らの音楽が趣味に合わないという理由から、こんなことを言っているわけではありません。たとえば、彼らのレーベルメイトでもあるパラモアのヘイリー・ウィリアムスが一声発すれば、その瞬間に選ばれた一握りの存在だと分かる。

 そこへいくと、Takaは一生懸命です。高い音を大きな声で必死に出そうとしている。しかし、それは曲と歌が反応し合って弾け出るような感覚ではなく、なにか青春を燃焼させるための手段としてたまたまバンドを選んだという具合に映るのです。

 1月9日に放送された『ONE OK ROCK 18祭』(NHK)を観た「くるり」の岸田繁氏が、図らずもこんなツイートをしていました。

「ワンオクかっこいい。(中略)必死に生きてきて何かを掴んだ証を、誰かに届けて結果背中を押すことは、何歳でも出来るんかもなーとボンヤリ思う」

女子SPA! 1/28(土) 10:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170128-00653978-jspa-life


続きを見る

1: 2017/01/27(金) 18:25:11.16


残当

続きを見る

1: 2017/01/26(木) 17:06:12.19 _USER9
J-CASTニュース 1/26(木) 12:51配信

 人気ロックバンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)のボーカル、Takaさんが
日本人ファンの行動についてインスタグラム上に書いた内容を釈明した。

 全米ツアーを終えた翌日(2017年1月25日)、Takaさんは自身のインスタグラム上で
「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね」と切り出し、
海外公演における日本人ファンのマナーに不快感を示していた。

(略)

 ツイッター上でも擁護コメントが上がる一方で、

  「天狗になってる」
  「海外まで応援に来てるファンに感謝できないの?」
  「もう少し他の言い方あったでしょ」

といった批判も相次いだ。

「みんなのこと嫌いにはならない」

 するとTakaさんは26日未明、コメント欄に登場。急いでいたのか、

  「ゴメン!文章が足りてなかったね。。」
  「一部の人達なんだけど、最近はその一部があまりにも多いって話なんだよね!
みんなのこと嫌いにはならなゆ」
  「よ!」

と、誤字訂正を含めて3回に分けてコメントを投稿し、あくまで不満の対象は
「一部」の人々であることを強調した。その後も賛否さまざまなコメントが寄せられ、
26日12時時点では1万8000件近くが寄せられている。

 Takaさんは2014年、日本のファンに対する思いを直筆で綴り、インスタグラムに
投稿したことがある。そこには次のように書かれていた。

  「ONE OK ROCKは日本のバンドです。どんなことがあってもボクらのホームは
日本です!! 日本のファンのみんな心から愛してるよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000001-jct-ent


続きを見る

1: 2017/01/26(木) 12:24:42.79 BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
Yoshiki ?@YoshikiOfficial 3時間3時間前

たぶん、ファンのみんながいなかったら、俺は生きていなかったんだろうな.. 感謝です。。


Yoshiki ?@YoshikiOfficial 4時間4時間前

3月3日!映画 #WeAreX が米国、香港に続き #日本 と英国 で遂に公開決定!!”日本のファンのみんながずーと応援し続けてくれたから、
世界に向かえる今の自分たちがある。本当に日本でも公開が決まって嬉しいです。涙が出ます。。

続きを見る

1: 2017/01/25(水) 21:46:56.62 _USER9
ロックバンド「ONE OK ROCK」(ワンオクロック)のボーカル、Takaさん(28)が自身のインスタグラムで日本人のファンに対する不満を漏らした。

「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね」――。2017年1月25日、真っ白な写真に自身の思いを添えた。




■「ポケモンみつけたみたいにパシャパシャ撮られて」

日本国内のみならず、ワールドワイドな活躍をみせるワンオク。1月15日からは全米ツアーを開始し、24日、大盛況のうちに幕を閉じた。その翌日、Takaさんはモヤモヤとした気持ちをインスタグラム上で吐露した。

「このままいったらちょっと我慢の限界を迎えそうだから書かせてね」と切り出すと、「最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった」と告白。

「朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます。御飯もゆっくり食べれない。外の空気もろくに吸えない。ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって、、、、」
と、海外ライブに駆けつける日本のファンの行き過ぎた行動に不快感を示した。

「そりゃ、、気持ちはね、、、わかるよ!楽しいだろうし。近くでみれて嬉しいだろうし」
と、ファンの気持ちを汲み取りつつも、

「でもね。俺らも人間だからさ、、、限度ってものがあると思うんだよね。なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を!普段会えないから会いに行く場所ではないから!」
として、理解を求めた。


■「同じファンとしてごめんなさい」「常軌を逸してる」

最後には「まぁ色々これみて思うことあるかもだけど、僕らはこんな文章を書きたくなるくらい今正直凹んでます」と綴り、悩みに悩んでいる事柄であることを伺わせた。

Takaさんの投稿はすぐに反響を呼び、1時間で4万件近くの「いいね!」が付いた。コメント欄には

「同じファンとしてごめんなさい。ここまで言わせてすごく辛いです」
「私は海外で活躍し続けるONE OK ROCKをずっと心から応援してます!」
「日本からわざわざ海外行ってまでライブ以外のプライベートな写メやら動画を撮るとか常軌を逸してる」
「マナーを守って応援している日本人のファンもたくさんたくさんいることだけ忘れないでくれたら嬉しいです」
といったさまざまな反応が寄せられている。


2017/1/25 18:53
http://www.j-cast.com/2017/01/25288981.html

続きを見る