スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

月別アーカイブ

おすすめ記事

スポンサードリンク

TOKIO

1: 2019/09/27(金) 23:42:46.48
2019年9月28日未明、ファンクラブに向けて「TOKIO」のリーダ-・城島茂(48)の結婚が発表されることが、「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

(略)

「お相手は『女性セブン』(2017年6月17日号)で熱愛をスクープされたグラビアアイドルの菊池梨沙さん(24)です。

9/27(金) 23:30配信 文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00014368-bunshun-ent

続きを見る

1: 2019/09/27(金) 20:38:17.25

続きを見る

1: 2019/05/27(月) 18:24:32.55
5月23日発売の「週刊文春」が、山口達也脱退後のTOKIOに関する記事を掲載した。記事によるとグループは現在、空中分解寸前だという。

「今年で結成25周年を迎えたTOKIOですが、山口脱退の影響で全国ツアーどころか、ファン向けイベントさえ行う予定はないのだとか。
さらに音楽活動も完全に休止状態でCDリリースもできない状況。そのため、音楽活動に一番熱心な長瀬智也は『このままじゃダメだ』
『もうTOKIOをやってられない』と事務所に直訴しているそうです」(芸能記者)

また山口が抜けた穴は、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)にも大きく影響しているそうで、今の4人はスケジュールを押さえるのが難しく、通常数日かけるロケをたった1日で強行しているとのこと。
そのため、出演者やスタッフは疲れきっており、城島茂に至っては身体に異常が出ているという。

http://dailynewsonline.jp/article/1845061/
2019.05.27 17:58 アサ芸プラス

続きを見る

1: 2019/05/12(日) 19:57:16.93

続きを見る

1: 2019/04/18(木) 11:45:52.74
https://www.rbbtoday.com/article/2019/04/18/169253.html
2019年4月18日

TOKIO松岡昌宏が、17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。グループ加入前の本音を漏らす一幕があった。

(略)

長瀬は同世代の堂本剛らとグループを組めると思っていたと語ったが、ここで話に入ってきたのが松岡。長瀬の前にTOKIOに加入したという彼は、もともと仕事がないために合宿所で回り将棋で遊んでいる城島や国分に対して、「俺はちょっとイヤだったの。もう売れない人たちだと思ってたから」」と回顧。

そして、そんな彼らとグループを結成することになると、「俺は本当に泣いた。ショックで…」と激白。松岡もSMAPのバックを務めていたことから、華々しい将来を期待していたという。そんな自分に、「もうお前、こっち来たら売れへんで」と城島に声をかけられたことも打ち明けていた。

続きを見る

1: 2019/03/20(水) 16:02:04.57
今月2日、TBSの古谷有美アナウンサーが、『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ)の生放送を寝坊したことが話題となった。
それから約3週間経った20日、TOKIOの国分太一が『ビビット』(TBS系)またもや彼女の寝坊ネタをいじっていた。

(略)

ネットは「ビビットで、いつまで古谷アナの寝坊をイジるの?性格悪いね! 貴方は失敗しないのか!」「寝坊について触れてる」と、国分のイジリにはどこか否定的。

そもそも国分は、寝坊騒動が起きた2日後の4日の『ビビット』で、早くも古谷アナに『きょうは起きれたんですね』とジャブを放っていたが、彼の陰湿さは様々な場面で漏れ聞こえてくる。
2014年12月、『ぐるナイ』(日本テレビ系)のゴチバトルで、ゲストの坂上忍が別のゲストの料理の値段を個人的に予想し始めると、国分は『ごめんなさい、(坂上に)聞いてないです』と冷たくピシャリ。
上から目線の発言に、さすがの坂上も「前から思ってたけど、あんたホント性格悪いよな」と苦言を呈していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16188500/
2019年3月20日 12時20分 リアルライブ

続きを見る

1: 2019/03/18(月) 22:28:07.88
話題となったシーンは、松岡がくさや液に浸けた後のアジを仕上げるシーンだった。現地の天然水で雑味を取るところで
「僕も昔、『ジャニーズのムロアジ』と呼ばれてた時期があった」と冗談を飛ばしつつ、「僕も昔、尖ってたんだけどな」と今は丸くなったと振り返った。

「これは更生です」を連呼「山口達也のこと?」
仕上げ前のアジを「10年前の僕」などと形容しながら、アジの塩抜き作業に挑戦。でこぼこになったアジの表面を手でならし、魚の厚さをそろえていった。
この作業をしながら松岡は「これが(人間でいう)更生です」と連呼。魚を人間になぞらえ、人は「更生」するものとしみじみ語った。

松岡はあくまで魚を「自分の人生」になぞらえ、「更生した」とアピールしたが、視聴者は山口元メンバーとの関連性を指摘。

http://dailynewsonline.jp/article/1736402/
2019.03.18 11:15 まいじつ

続きを見る

1: 2019/03/08(金) 13:23:54.69
3月3日、『TOKIO』の松岡昌宏がラジオ番組で「ヤラセ論」を語り、ネット上で話題になっている。

この日、リスナーから届いた質問メールに答えていた松岡は、話の流れでバラエティー番組の作り方に言及。
現在は自身がテレビに出始めたころより「オープンになっている」とした上で、「(昔は)『これヤラセじゃね?』っていうのがいっぱいあったけど、でもヤラセっていうのは〝演出〟なんです(笑)。
そうやって育ったんです僕らは」「だからその演出は今でも、これからもきっとあるんです。
なぜなら、それがテレビだから」と〝ヤラセ〟に肯定的な発言を残した。

さらに、バラエティーには番組を面白くする〝塩コショウ〟が必要だと話す松岡は、「すごい苦手でした」「何かお芝居してるような気持ちがあって…」と心苦しく感じていた過去も告白。
続けて「でも今は逆に、ウソじゃないように、ちゃんとあったことしかやらないようにしてます」と現在の心境を語り、過去に〝ヤラセ〟に加担していたことを認める形となった。

http://dailynewsonline.jp/article/1722599/
2019.03.08 11:00 まいじつ

続きを見る

1: 2018/11/15(木) 14:14:16.04 _USER9
14日に出場歌手が発表された大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に名前がなかった、昨年までデビュー以来24年連続で出場していたTOKIOだが、
15日放送のTBS系「ビビット」で、MCを務めるTOKIOの国分太一が落選について言及した。

(略)

同番組で国分は落選について、「今回に関しましては音楽活動もしてませんし、今年CDも出していません。紅白は1年間通して、アーティストとして活躍した人たちのごほうびという形でもあると思う」と淡々とコメント。

落選は想定内としつつ、「稀勢の里関じゃないけど、ここは休場して…」と横綱稀勢の里を引き合いに出したが、この時点で稀勢の里の休場は発表されておらず。

すかさず、コメンテーターの堀尾正明氏から「まだ休場かどうか分からないですよね」と突っ込まれると、国分は「こんな失礼なコメントないですね」と訂正した。

「歌手発表の現場で、NHKの担当者は明確なTOKIOの落選理由についてコメントせず。
国分も山口氏のことに触れないように気を回していたようだが、動揺もあったのか、思わぬ“失言”が飛び出してしまったのでは」(芸能記者)

この1年“山口ショック”で揺れたTOKIOだが、音楽活動の再開時期が注目される。

http://dailynewsonline.jp/article/1571395/
2018.11.15 12:30 リアルライブ

続きを見る

1: 2018/08/18(土) 00:40:55.47
1人オファー忘れた模様


続きを見る

1: 2018/08/15(水) 10:34:14.71 _USER9
今年の11月に48歳になるTOKIOのリーダー・城島茂。そんな彼が“年齢”を痛感する出来事が、
8月7日に行われたオンラインバトルロイヤルゲーム「フォートナイト×TOKIO」の新CMプレス発表会で起きた。

「城島と長瀬智也はゲームキャラクターのコスチュームで登場。CMではゲーム内のダンスモーション『エモートダンス』を披露しているのですが、
長瀬が『弾けてしまえば、誰にでも出来てしまうレベルのダンス』と余裕を見せた一方、城島は『僕は結構この肩をあげなくてはいけなくて、
右肩が上がりにくくて…こっちは上がるんですけど』『指導される方に“もっと上げろ”とか言われるんですけど、それが大変でした』と明かしたのです」(芸能ライター)

そんな城島のボヤキに、「リーダーの四十肩、早く快癒しますように…」「四十肩どころか五十肩」
「老眼も心配してやらなきゃいかん」と、五十肩や老眼などの加齢的変化を心配する声がツイッターなどに多くあがった。

「昨年放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、城島はカワハギ釣りに挑戦したのですが、
四十肩のために腕が上がらず竿の引きが遅いことが露呈しています。城島の“老化”はもはや鉄板ネタですね」(前出・芸能ライター)

ジャニーズの高齢化が囁かれ、事務所も「高齢化対策」を考えていると言われる。アラフィフとなった城島リーダーには、
“五十肩”“老眼”を抱えながらも後輩に負けないような活躍を見せてもらいたいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1501993/
2018.08.15 10:14 アサジョ

続きを見る

1: 2018/06/06(水) 20:06:51.27 _USER9
ジャニーズグループ「NEWS」の小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)が未成年の女性に飲酒を強要したことを『文春オンライン』が報じた。

(略)

■「また国分さんが泣いて詫びなきゃいけないの!?」
また、TOKIO・国分太一(43)に対するコメントも。

TBS系の情報番組『ビビット』でMCを務めており、ジャニーズの話題に触れることも多い国分だが、TOKIO元メンバーの山口達也(46)の強制わいせつ問題では大粒の涙を流しながら謝罪していた。

ただでさえ、TOKIOを立ち直すことに精一杯の国分。このタイミングで後輩2人のスキャンダルが出ることで、さらに頭を抱えることになるだろう。

そのため、ネット上では国分に対して「また謝罪するのか」「また国分さんが泣いて詫びなきゃいけないの!?」とメンタルを心配の声があがっている。

山口の騒動を厳しく批判していた2人だが、今回の報道により「どの口が言うのか」と批判が飛んでくるのは明白だ。

『ビビット』でも話題に挙げられる可能性も高いが、はたして国分の口から何か語られることはあるのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

しらべぇ2018年6月6日18時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161656602/?ptadid=

続きを見る

1: 2018/05/20(日) 03:20:49.84
ガチのサイコパスやんけ…










続きを見る

1: 2018/05/15(火) 16:01:21.37
http://www.cyzo.com/2018/05/post_161776_entry.html
元TOKIO・山口達也“ジャニーズからのサポート”は月100万円程度か

「事務所にとって一番困るのは、病院から出て暇になった山口が、また飲んだくれて問題を起こすこと。何かあればTOKIOのイメージダウンになってしまいます。ただ、金銭的な援助があれば、山口もおとなしくしているでしょうし、表に出てくる心配がないですからね」と記者。そのサポート金額はいったい、どの程度になるのだろうか?
「おそらくは月100万円程では? 山口は別れた妻子に少なくとも30~40万円ほどの養育費は支払っているはずで、そう考えると100万円ぐらいないと十分に残らない。タレント時代からすれば収入は激減ですが、住んでいた億ションを売却するという話で、金に困ることはないはず」(同)

続きを見る

1: 2018/05/15(火) 13:53:44.34 _USER9
https://natalie.mu/music/news/282149
2018年5月15日 10:00

明日5月16日(水)深夜にテレビ朝日ほかで放送される「全力坂」に、島茂子が出演する。

「全力坂」は東京にあるさまざまな坂道を、女性タレントが全力で駆け上がる姿を紹介するバラティ番組。今回、島は文京区にある異人坂を全力疾走する。

異人坂は明治時代に外国人が多く上り下りしていたことから名付けられた坂。番組最年長の47歳で登場する島は、トレードマークとも言える紫と金のドレスに身を包み、ヒールを真っ白なスニーカーに履き替えてこの坂に挑む。

なお島は明日5月16日、松岡昌宏(TOKIO)主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」の主題歌であるDVDシングル「戯言」をリリースする。



続きを見る

1: 2018/05/14(月) 20:35:20.74
TOKIO城島茂(47)扮(ふん)する新人歌謡女性歌手、島茂子(しま・しげこ)のデビューDVD「戯言」(5月16日発売)の初回限定盤が発売中止となったことが14日、公式サイトで発表された。
サイトでは「制作上の都合のため、発売を中止させていただくことになりました」と伝えられた。通常盤は予定通り発売される。

 関係者によると、同DVD初回限定盤に封入される特典映像内に、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を契約解除となった山口達也(46)の姿が数秒間、映っていたという。
このほどスタッフが気づき、発売中止となった。サイトでは「既にご予約頂いたり、ご購入を楽しみにしてくださっている皆様におかれましては、誠に申し訳ございません」と謝罪している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208655-nksports-ent

続きを見る

1: 2018/05/12(土) 23:18:13.15 _USER9
TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一
貫していた」関係者談

 山口が過去に口説いていた未成年女性の中には、あの国民的人気グループのメンバーもいる。
それは「AKB48」の峯岸みなみだ。

「いまから6年ほど前のことですから、峯岸がまだ未成年の頃です。番組共演を機に、山口が彼女
をいたく気に入り、以来、ことあるごとに『食事に行こう』と誘っていたのです。峯岸としても
、相手は天下のジャニーズだけに無碍に断ることもできず、途方に暮れていました」とはテレビ
関係者。

 この一件は当時、夕刊スポーツ紙で大々的に報じられ、半ば都市伝説のように語られていたが
、実際は「峯岸がノイローゼ寸前になるほど、山口から猛アプローチを食らっていたのは紛れも
ない事実」(同)という。何でも山口の顔のタイプは昔から一貫して、目鼻立ちがくっきりした
「ガチャピン顔」という。
「山口さんの女好きはほとんどビョーキ。一説には奥さんとの結婚生活と平行して、昔写真誌に
撮られた別女性とも交際を続けていて、そっちはそっちで家庭的な関係を築いていたという情報
もあります」(週刊誌デスク)

 今回の事件でこれまでのツケが回ってきたようだ。
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_58972/

峯岸みなみ


続きを見る

1: 2018/05/11(金) 21:43:56.32 _USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/11/0011246677.shtml
2018.05.11

 TOKIOのリーダー・城島茂(47)が11日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(後8・00)に女性歌手「島茂子」として生出演した。
トーク中に、メンバーの松岡昌宏(41)が主演する同局系ドラマ「家政夫のミタゾノ」の姿でいつの間にか登場し、驚きを誘った。

 金と紫のド派手なドレスにゴージャスなネックレス姿で「島茂子でございます」とあいさつ。
タモリとのトークで歌詞は5回、書き直したことを明かし、「だんだん何を書いているのか分からなくなった」と笑った。
設定は新人とあり、タモリから「落ち着いてますね」とツッコまれ、城島は苦笑いを浮かべた。トーク中、いつの間にか松岡が「家政夫のミタゾノ」の衣装で現れ、共演者は「びっくりした」と驚いていた。

 その後、城島は「島茂子」として歌唱に。「家政夫のミタゾノ」の主題歌で、16日発売のデビュー曲「戯言(ざれごと)」をテレビ初披露した。
歌唱中にも松岡はミタゾノ姿でじっと城島を見つめた。元TOKIO山口達也(46)の契約解除などの一連の騒動には触れなかった。

続きを見る

1: 2018/05/11(金) 23:46:58.97 _USER9
 元TOKIOの山口達也(46才)による一連の騒動。山口は、肝臓を休めるための入院から退院したその日に酒を飲み、番組共演で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、無理やりキスをするなどしたという。アルコール依存症の疑いがあるともいわれているが、実は別の病に悩んでいた。

「山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられていますが、本当の病名は『双極性障害』、いわゆる『躁鬱病』だそうです。マライア・キャリーも先日、17年間も双極性障害に苦しんでいると初告白しました。日本で『鬱病』の患者数は500万人いるといわれています。山口さんももう6~7年は前から苦しんでいるそうです。この病気のため精神が不安定になったことが、今回のさまざまな出来事の根幹にあります」(音楽業界関係者)

◆「現実の自分」と「理想の自分」とのギャップ

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で大自然と向き合い、福島の再興に体を張る姿から、爽やかで漢気のあるイメージの山口だが、その裏側では人知れず心の病に苦しんでいた。

「山口さんは5年以上前から躁鬱に苦しみ、入院していたこともあった。精神的に不安定になり、お酒に頼ってしまってトラブルになることもありました」(山口の知人)

 躁鬱病とはいかなる病気か。精神科医の片田珠美さんが解説する。

「躁鬱病の正式名称は『双極性障害』で、躁状態と鬱状態を繰り返すことが特徴です。落ち込む時はすごく落ち込み、元気な時はカラ元気でハイになります」

 一般に躁鬱病にかかりやすいのは、「真面目で人の評価を気にするタイプ」という。

「典型的なのが真面目で自分に与えられた役割を忠実に果たそうとして、他人からどう見られているかを人一倍気にする人です。その評価がちょっとでも悪いとものすごく落ち込みます。山口さんはテレビで農業をしたり朝の情報番組の司会をしたりして、周囲にいいイメージを与えていました。他人からの評価を気にするあまり、対外的によいイメージを無理をして作ろうとしていたのかもしれません。そのため、現実の自分と理想の自分とのギャップが大きくなったことが、躁鬱病を発症した一因と考えられます」(片田さん)

 さらに病気を悪化させた大きな要因は、山口が「孤独」であったことだ。

「躁鬱病から回復するためには、周囲からのサポートが不可欠です。山口さんのケースでは、約2年前に離婚して家族の支えを失ったことが病の進行に大きく影響したと思われます」(片田さん)

◆支えだった家族との離婚で陥った「負のスパイラル」

続きはソースで
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14692974/

続きを見る

1: 2018/05/11(金) 10:59:58.40


続きを見る