スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww

TOKIO

1: 2018/05/20(日) 03:20:49.84
ガチのサイコパスやんけ…










続きを見る

1: 2018/05/15(火) 16:01:21.37
http://www.cyzo.com/2018/05/post_161776_entry.html
元TOKIO・山口達也“ジャニーズからのサポート”は月100万円程度か

「事務所にとって一番困るのは、病院から出て暇になった山口が、また飲んだくれて問題を起こすこと。何かあればTOKIOのイメージダウンになってしまいます。ただ、金銭的な援助があれば、山口もおとなしくしているでしょうし、表に出てくる心配がないですからね」と記者。そのサポート金額はいったい、どの程度になるのだろうか?
「おそらくは月100万円程では? 山口は別れた妻子に少なくとも30~40万円ほどの養育費は支払っているはずで、そう考えると100万円ぐらいないと十分に残らない。タレント時代からすれば収入は激減ですが、住んでいた億ションを売却するという話で、金に困ることはないはず」(同)

続きを見る

1: 2018/05/15(火) 13:53:44.34 _USER9
https://natalie.mu/music/news/282149
2018年5月15日 10:00

明日5月16日(水)深夜にテレビ朝日ほかで放送される「全力坂」に、島茂子が出演する。

「全力坂」は東京にあるさまざまな坂道を、女性タレントが全力で駆け上がる姿を紹介するバラティ番組。今回、島は文京区にある異人坂を全力疾走する。

異人坂は明治時代に外国人が多く上り下りしていたことから名付けられた坂。番組最年長の47歳で登場する島は、トレードマークとも言える紫と金のドレスに身を包み、ヒールを真っ白なスニーカーに履き替えてこの坂に挑む。

なお島は明日5月16日、松岡昌宏(TOKIO)主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」の主題歌であるDVDシングル「戯言」をリリースする。



続きを見る

1: 2018/05/15(火) 01:47:48.56
いっぽうの山口は――。
現在も関東地方にある心療内科の専門病院で入院生活を送っている。
別のテレビ局関係者が話す。

「当面はこの病院での入院生活となります。
今は憔悴しきっており、精神的にも専門医のケアが必要な状態だと聞いています」

入院は長期化も懸念されるが、退院後に向け驚きの計画も水面下で進行中だという。

「体調が良くなり次第、ハワイに行く計画があるんです。
これまでも山口さんは毎年ハワイを訪れ、趣味のサーフィンを満喫してきました。
ハワイならサーフィンやこれまでの仕事で培った人脈や土地勘があり、生活に心配がないんです。
今後、社会復帰を目指して更生するのに最適な場所だと考えているそうです」(前出・テレビ局関係者)

16年に離婚を発表した山口だが、じつは元妻と2人の子どもたちは昨年からハワイに移住している。
昨年末も恒例の大晦日カウントダウンライブを終えた山口は、正月早々ハワイを訪れ子供たちと面会している。
しかし退院後のハワイ療養生活では子どもたちが騒動に巻き込まれることも考えて、山口は家族といっさい会わないつもりだという。

「元奥さんたちには頼らず、日本人が少ない地域でひっそりと生活するつもりだと聞いています」(前出・テレビ局関係者)

だが、山口の友人たちからは、こんな心配の声も――。

「常夏の楽園ですから、冷えたビールなんかたまりませんよね。
彼がその誘惑に本当に耐えられるのか。
それでも彼は、本気で心配してくれる友人たちに支えてもらい、乗り切ろうと必死なんです」

更生を目指す山口と、再生を目指すTOKIOの4人。
それぞれの行く手は――。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00010001-jisin-ent

続きを見る

1: 2018/05/14(月) 20:35:20.74
TOKIO城島茂(47)扮(ふん)する新人歌謡女性歌手、島茂子(しま・しげこ)のデビューDVD「戯言」(5月16日発売)の初回限定盤が発売中止となったことが14日、公式サイトで発表された。
サイトでは「制作上の都合のため、発売を中止させていただくことになりました」と伝えられた。通常盤は予定通り発売される。

 関係者によると、同DVD初回限定盤に封入される特典映像内に、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を契約解除となった山口達也(46)の姿が数秒間、映っていたという。
このほどスタッフが気づき、発売中止となった。サイトでは「既にご予約頂いたり、ご購入を楽しみにしてくださっている皆様におかれましては、誠に申し訳ございません」と謝罪している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208655-nksports-ent

続きを見る

1: 2018/05/12(土) 23:18:13.15 _USER9
TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一
貫していた」関係者談

 山口が過去に口説いていた未成年女性の中には、あの国民的人気グループのメンバーもいる。
それは「AKB48」の峯岸みなみだ。

「いまから6年ほど前のことですから、峯岸がまだ未成年の頃です。番組共演を機に、山口が彼女
をいたく気に入り、以来、ことあるごとに『食事に行こう』と誘っていたのです。峯岸としても
、相手は天下のジャニーズだけに無碍に断ることもできず、途方に暮れていました」とはテレビ
関係者。

 この一件は当時、夕刊スポーツ紙で大々的に報じられ、半ば都市伝説のように語られていたが
、実際は「峯岸がノイローゼ寸前になるほど、山口から猛アプローチを食らっていたのは紛れも
ない事実」(同)という。何でも山口の顔のタイプは昔から一貫して、目鼻立ちがくっきりした
「ガチャピン顔」という。
「山口さんの女好きはほとんどビョーキ。一説には奥さんとの結婚生活と平行して、昔写真誌に
撮られた別女性とも交際を続けていて、そっちはそっちで家庭的な関係を築いていたという情報
もあります」(週刊誌デスク)

 今回の事件でこれまでのツケが回ってきたようだ。
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_58972/

峯岸みなみ


続きを見る

1: 2018/05/11(金) 21:43:56.32 _USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/11/0011246677.shtml
2018.05.11

 TOKIOのリーダー・城島茂(47)が11日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(後8・00)に女性歌手「島茂子」として生出演した。
トーク中に、メンバーの松岡昌宏(41)が主演する同局系ドラマ「家政夫のミタゾノ」の姿でいつの間にか登場し、驚きを誘った。

 金と紫のド派手なドレスにゴージャスなネックレス姿で「島茂子でございます」とあいさつ。
タモリとのトークで歌詞は5回、書き直したことを明かし、「だんだん何を書いているのか分からなくなった」と笑った。
設定は新人とあり、タモリから「落ち着いてますね」とツッコまれ、城島は苦笑いを浮かべた。トーク中、いつの間にか松岡が「家政夫のミタゾノ」の衣装で現れ、共演者は「びっくりした」と驚いていた。

 その後、城島は「島茂子」として歌唱に。「家政夫のミタゾノ」の主題歌で、16日発売のデビュー曲「戯言(ざれごと)」をテレビ初披露した。
歌唱中にも松岡はミタゾノ姿でじっと城島を見つめた。元TOKIO山口達也(46)の契約解除などの一連の騒動には触れなかった。

続きを見る

1: 2018/05/11(金) 23:46:58.97 _USER9
 元TOKIOの山口達也(46才)による一連の騒動。山口は、肝臓を休めるための入院から退院したその日に酒を飲み、番組共演で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、無理やりキスをするなどしたという。アルコール依存症の疑いがあるともいわれているが、実は別の病に悩んでいた。

「山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられていますが、本当の病名は『双極性障害』、いわゆる『躁鬱病』だそうです。マライア・キャリーも先日、17年間も双極性障害に苦しんでいると初告白しました。日本で『鬱病』の患者数は500万人いるといわれています。山口さんももう6~7年は前から苦しんでいるそうです。この病気のため精神が不安定になったことが、今回のさまざまな出来事の根幹にあります」(音楽業界関係者)

◆「現実の自分」と「理想の自分」とのギャップ

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で大自然と向き合い、福島の再興に体を張る姿から、爽やかで漢気のあるイメージの山口だが、その裏側では人知れず心の病に苦しんでいた。

「山口さんは5年以上前から躁鬱に苦しみ、入院していたこともあった。精神的に不安定になり、お酒に頼ってしまってトラブルになることもありました」(山口の知人)

 躁鬱病とはいかなる病気か。精神科医の片田珠美さんが解説する。

「躁鬱病の正式名称は『双極性障害』で、躁状態と鬱状態を繰り返すことが特徴です。落ち込む時はすごく落ち込み、元気な時はカラ元気でハイになります」

 一般に躁鬱病にかかりやすいのは、「真面目で人の評価を気にするタイプ」という。

「典型的なのが真面目で自分に与えられた役割を忠実に果たそうとして、他人からどう見られているかを人一倍気にする人です。その評価がちょっとでも悪いとものすごく落ち込みます。山口さんはテレビで農業をしたり朝の情報番組の司会をしたりして、周囲にいいイメージを与えていました。他人からの評価を気にするあまり、対外的によいイメージを無理をして作ろうとしていたのかもしれません。そのため、現実の自分と理想の自分とのギャップが大きくなったことが、躁鬱病を発症した一因と考えられます」(片田さん)

 さらに病気を悪化させた大きな要因は、山口が「孤独」であったことだ。

「躁鬱病から回復するためには、周囲からのサポートが不可欠です。山口さんのケースでは、約2年前に離婚して家族の支えを失ったことが病の進行に大きく影響したと思われます」(片田さん)

◆支えだった家族との離婚で陥った「負のスパイラル」

続きはソースで
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14692974/

続きを見る