スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2017/12/09(土) 07:26:07.59
https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-npb1712090007.html
> 8日昼過ぎ、克也氏が東京都内の自宅で遅くに起床すると、寝室の隣のベッドで休んでいた
沙知代さんが「左手を出して。手を握って」と話しかけてきた。

思いがけない妻の願いに、克也氏は「そんなことを言うなんて、珍しいな」と笑いながら、手を握った。

 沙知代さんも起き、ダイニングへ向かったが、用意された食事には一口しか手をつけなかったという。
しばらくして、テーブルで意識を失った。「最後は本当にしゃべれなかった。『どうしたんだ?』だけ」。
救急車で病院に搬送されたが、午後4時9分、夫に見送られ、永眠した。

続きを見る

1: 2017/12/08(金) 22:04:12.60 _USER9
12月3日に決勝戦を迎えた「M-1グランプリ2017」(テレビ朝日系)。悲願の優勝を達成したとろサーモンを筆頭に、あらためてその実力を知らしめた和牛や、
知名度を全国区に広げたミキが活躍を見せた中、結成14年目のベテランコンビが失態をさらす形となった。お笑い系ライターが声を潜める。

「最後に登場したジャルジャルは、松本人志の評価こそ高かったですが、実際は、さほどの笑いも取ることなく6位に惨敗。芸歴では和牛やかまいたちよりも
先輩なのに、何の見せ場も作ることができませんでした。しかもネットでの検索回数を見てみると、ネタ披露中のピーク回数では7位のさや香や8位のゆにばーすに
及ばず、放送終了後の推移では負けっぷりがネットニュースになった10位のマヂカルラブリーにも負ける有様。つまり話題性では若手にすら負けてしまったのです」

 そんなジャルジャルにとって、今回のM-1は本来なら、起死回生のチャンスになるはずだったという。それをモノにできなかったことで、いよいよお笑い芸人を
続けられるかどうかの瀬戸際に追い詰められたというのだ。

http://www.asagei.com/excerpt/94512

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 01:37:49.17 _USER9
 12月6日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、にゃんこスター・アンゴラ村長が出演。独特すぎるセンスを披露し、共演者を困惑させた。

 番組では「平成女芸人VS昭和女芸人」という括りで、平成生まれの女性芸人と昭和生まれの女性芸人が、芸人としてのあり方のジェネレーションギャップについて話し合った。

 昔の芸人は、バイトをしながら売れっ子芸人を目指すのが一種のロールモデルとされていた。しかし、アンゴラ村長はOLをしながら芸人活動をしており、「『芸人』と『バイト』っておにぎりとお茶みたいで、当たり前じゃないですか?」「他の(芸人とは違う)ことをしようと思って、『芸人』と『会社員』ってサンドイッチとアッサムティーみたいな、ちょっと違う感じがして良いですよね」と、独特な例えを交えながら、芸人とOLの二足の草鞋を履いている理由を語る。この発言に、司会の中居正広は「そうだよね?そう思うよね?」と困惑した表情を見せながらも、アンゴラ村長に同意した。

 さらに、キツかった仕事を聞かれたアンゴラ村長は「大食いの仕事」と回答。「胃が『3DSのピンク』ぐらいしかないので…」と、再び共演者をザワつかせる例えを披露するアンゴラ村長。「わざと俺たちに、『?』を(頭に浮かべさせることを)面白いと思ってるなら、バカにしすぎだよ!」と声を荒げる中居に、「小っちゃい物といえば3DSじゃないですか」と反論したが、なかなか思いは響かなかった。

 相方・スーパー3助との交際を発表して以降、どうにも世間から厳しい視線を送られる機会が多くなったアンゴラ村長。現在、多くのバラエティー番組に出演しているが、なかなか持ち前の破天荒さを発揮できていないように思える。年末年始にかけて様々な特番に呼ばれると思うが、そこで結果を残せなければ、OLとして働く時間が多くなるかもしれない。


http://wjn.jp/article/detail/5496337/


続きを見る

1: 2017/12/05(火) 00:24:54.610 ID:Tbset7k30
ヒデを挙げるやつはにわか。


続きを見る

2017年12月09日 11:12:00 芸能 福山雅治

0 コメント

【悲報】福山雅治がヤバイ・・・

1: 2017/12/06(水) 21:38:53.15 _USER9
福山雅治が追い詰められている。今年の大みそかに放送される『第68回紅白歌合戦』への出場も決まり、一見すると順風満帆のようだが、
シングル曲の売り上げが目に見えて落ちているのだ。

「今年9月に発売した『聖域』は通算32作目のシングル曲。福山が持つ男性ソロアーティストおよび、シンガーソングライター歴代1位となる
シングル首位獲得作品数記録を更新と華々しく報じられました。しかし、売り上げ枚数は5.8万枚で、約220万枚売り上げた『桜坂』はもちろん、
2年前に発売した前作『I am a HERO』の約19万枚にも及ばない結果でした」(芸能記者)

この聖域は、7~9月に放送された武井咲の主演ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の主題歌で、『通常盤』、『初回限定盤 25周年ライブDVD付』、
『ファンクラブ限定 BROS.盤』、『初回限定盤 Music Clip DVD・弾き語り音源付』と4種類の形態でリリースされた。福山も音楽番組を筆頭に
各メディアに出演したが、売り上げの数字は決して突出しているとは言えない。

12月発売のニューシングル『トモエ学園』はドラマ『トットちゃん』(テレビ朝日系)の主題歌で、黒柳徹子と一緒に番組宣伝として音楽番組に出演したり、
母校の小学校を訪れたMV(ミュージックビデオ)をYouTubeに公開するなど話題作りをしている。だが、盛り上がりはいまいちで、「コケた」と言われるのを
気にしたのか、CD発売ではなく枚数をカウントされないiTunesなどのインターネット配信のみだ。

https://myjitsu.jp/archives/37766
https://youtu.be/utqlq65UyuE

続きを見る

1: 2017/12/08(金) 08:07:41.23 ● BE:284093282-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
時計2017/12/8 06:20神戸新聞NEXT

来場者の願い事飾り 神戸「巨大ツリー」から脱落続々 

 神戸・メリケンパークで開催中のクリスマスツリー観覧イベントで、希望者が願い事などを書き、
ツリー周辺のロープに取り付けたプラスチック製オーナメント(飾り)の一部が脱落していることが7日、分かった。
飾りの穴の強度不足が原因とみられ、ロープには複数枚が抜け落ちた箇所も確認できる。(上杉順子)

 販売サイトによると、オーナメントは直径約10センチの円形で、極薄のプラスチック製。
自然光を反射し、潮風で揺れて昼間もきらめく仕組みという。穴とロープを結束バンドでつなぎ、
木の頂点からロープを垂らして飾る。
会場などで1枚500円で販売するほか、熊本など被災地の子どもたちにも配布しているという。

 ツリーの下を歩いていた男性は6日夕、2枚が地上に落ちているのを見つけ、スタッフに渡した。
オーナメントの穴から傷が広がり、ちぎれたように見えたという。脱落は風が強い上部で目立ち、
ロープには結束バンドのみ残されている。

 ツリーの約10メートル先は海で、オーナメントに使われているプラスチックは自然分解されないとされる。
海洋ごみ問題の普及啓発などを行う一般社団法人「JEAN」(東京都)の小島あずさ事務局長は
「海を汚す可能性に気付かなかったのなら残念。環境への影響を考えてほしい」と話した。

※以下略
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010799359.shtml


オーナメントを取り付けたロープ。円内は一部が脱落した7日午前の様子=神戸市中央区、メリケンパーク

続きを見る

1: 2017/12/04(月) 07:47:27.58
再来年には消えてそう


続きを見る

1: 2017/12/08(金) 05:12:51.44
メンバー誰一人生き残っていない


続きを見る

56789101112131415