スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww
1: 2019/02/16(土) 10:04:53.05
しかし、なぜ狙ったように好感度が低いタレントばかり集まるのだろうか。

「人気のないタレントは、他の番組に呼ばれていない分、安価で仕事を請け負ってくれます。
『ケンミンSHOW』は大勢のタレントを呼ぶ番組ですから、1人1人のコストを抑える必要があるため、そのような嫌われ者を多く呼んでいるのではないでしょうか」(同・記者)

嫌われ者にとっては、ありがたい存在である『ケンミンSHOW』。この先のキャスティングもある意味注目だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1691795/
2019.02.14 10:30 まいじつ

続きを見る

1: 2019/02/16(土) 09:25:54.85 ID:IE37pJi70
・1ヶ月1万円生活という超人気企画をダクト飯でぶっ壊す
・「待て」と言われ警察犬より待ってしまい企画をぶっ壊す
・椅子

続きを見る

1: 2019/02/16(土) 11:42:36.59 ID:FRbCPsS20
橋本環奈
広瀬すず
有村架純

弱すぎやろ

続きを見る

1: 2019/02/16(土) 11:11:53.03
1: 2019/02/16(土) 12:15:22.32
業界関係者によると「数々の人気作品に出演し、売れっ子のイメージが強いが、ギャラは割安だった。
CMのギャラは1000万~1500万円ほど。麻雀&パチンコ好きのギャンブラーで、堅実に貯蓄するタイプではない。矢口さんやベッキーさんとは違う」という。

酒席でギャラの安さを嘆くこともあった。新井容疑者を知る人物はこう明かす。

「酔うと彼は『日本の芸能界はクソ。ハリウッドとはギャラが全然違う』『日本の芸能界には組合がない。役者には何も保証がない』と芸能界への不満をグチることが多かった。
『だから俺は安いギャラでも仕事するしかない』とも…。事件と直接関係はないにしても、長年ストレスをため込んでいたように感じた」

新井容疑者は出演映画「百円の恋」(14年公開)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。
授賞式では司会の西田敏行、宮沢りえらを前に「間違いなく優秀助演男優賞をもらった俳優の中でギャラが安いです」とスピーチし、笑いを取った。

「映画関係者は肝を冷やしたそうです。なにせ新井容疑者のギャラは30万円ほどでしたから、受賞スピーチでリアルな金額を言うのではないかと焦ったそうです」(同)

そんな調子だけに、新井容疑者に違約金を求めても、支払い能力はないに等しい。「事務所が払えない場合、新井は自己破産するしかないだろう」(関係者)

保釈されても新井には地獄の日々が待っている。

http://news.livedoor.com/article/detail/16029911/
2019年2月16日 11時0分 東スポWeb

続きを見る

1: 2019/02/14(木) 14:39:46.04
インパルスの堤下敦が12日、自身のブログを更新し、仕事量が増えない深刻な悩みを吐露した。

堤下は2017年6月に道路交通法違反で書類送検され、さらに、同年10月に追突事故を起こして謹慎。
昨年11月に約1年ぶりに満を持してテレビに復帰したが、あまり仕事は増えずにいた。

そんな状況に危機感を抱いてか、堤下はブログで「よろしかったら、何でもいいので何かお仕事いただけたらなと、思っております」と懇願。
そして、「助けてくれー!」と切羽詰まった様子で綴っていた。同ブログには「声のブログ」も添えられていて、こちらにも同様の内容を録音。どうやら、状況は切実なようだ。

しかし、世間の声は厳しく、ネット上では「当たり前だろ。もう需要ないから」「絶望的に面白くないんだよ」という意見が。
声のブログの再生回数も400回ほどと伸びていない所を見ても、本格的な復帰までの道のりは険しそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1691878/
2019.02.14 12:30 リアルライブ

続きを見る

1: 2019/02/14(木) 18:56:09.44
【先週の数字】3・3%

10日に放送されたフジテレビバラエティー「アオハル(青春)TV」(日曜午後9時)の視聴率です(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

(略)

そんな「アオハルTV」ですが、テンポの悪さを感じるものの、視聴率ほどひどい内容でもないというのが個人的な印象です。タレントのヒロミがMCを務め、ビビる大木、DAIGO、Sexy Zoneの菊池風磨と佐藤勝利がレギュラー出演する青春応援バラエティー。3・3%だった回は、風磨&勝利が工業高校のロケット部を訪ね、手作りロケットの打ち上げという夢舞台に立ち会いました。

「学校へ行こう!」(TBS)みたいなテイストですが、男子部員たちが2人のことをあまり知らず、ジャニーズが来たのにノーリアクションという新しい展開。「Sexy Zoneって知ってる?」「…」。ショックすぎて菊池が「ロケット部」を「ロボット部」と言い間違えたり、何げなく「姉がHey!Say!JUMPのファン」と口にした部員を佐藤勝利がマッハで黙らせたり。V6のようにはいかない2人の必死さが新鮮で、けっこう笑えました。

2/14(木) 17:16配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00482110-nksports-ent

続きを見る

1: 2019/02/15(金) 16:49:12.31
ZOZO、新潮記事に「法的措置も含めた対応」 「剛力彩芽、面接官」報道で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000003-jct-ent

ZOZOによれば、「当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません」と、
記事は事実無根だと反論し、「当社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、
法的措置も含めた対応を検討してまいります」としている。

続きを見る

123456789