スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2017/06/21(水) 13:31:26.46 _USER9
21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、元「週刊文春」記者の中村竜太郎氏が、NMB48・須藤凜々花の交際相手が、結婚に抱いている今の態度を証言。坂上忍らスタジオの面々が騒然となった。

17日に結果発表となった「第9回AKB48選抜総選挙」で、須藤は20位にランクインし、その後のスピーチで突然の結婚宣言をしていた。須藤は近日中に記者会見を開くと予定となっている。

番組では、この騒動を取り上げ、出演者が意見を交わしていた。そこでMCの坂上が、須藤と交際相手との間で本当に結婚の話があったのかを、中村氏に尋ねる。

これに中村氏は、古巣である「週刊文春」記者が交際相手を直撃した際のエピソードを披露する。総選挙2日前に、記者が交際相手に話を聞いたところ、「結婚までは…」というニュアンスの態度をみせたというのだ。

中村氏の証言を聞くと、出演者は驚きを露わにし、坂上も「どうなってるんだよ!?」と声を張り上げる。中村氏によると、須藤の交際相手は25歳ほどの一般人で、収入面の問題もあるため結婚についてまだ決心したというわけでないということだった。

2017年6月21日 13時21分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13232258/

写真


続きを見る

1: 2017/06/21(水) 16:01:47.54 _USER9
 朝の情報番組「とくダネ!」のキャスター・小倉智昭(70)が、大手新聞社社員の女性を事務所に招き入れるなど、高い頻度で密会していたことが
「週刊文春」の取材で明らかとなった。取材班が確認した限りでも、ひと月に4回、そのうち2回は小倉の個人事務所で逢瀬を重ねていた。
女性が事務所を訪れる際は決まって、小倉はマネジャーをはじめ事務所スタッフ全員を退社させていた。

 小倉が密会していたのは40代のA子さん。身長170センチほどの痩せ形の美女だが、既婚者であり、夫は同じ新聞社の社員だ。小倉にも30年以上
連れ添った妻がいる。A子さんと小倉は2年ほど前、高級時計会社のパーティで出会ったという。

 小倉は「週刊文春」の直撃取材に対し、A子さんは仕事仲間であるとした上でこう答えた。

「親友ですよ。すごい好きな人だし。友達だから1週間に1回会ったり、メシ食ったりしますよ。2人でいたっていいでしょう。やましいことしてませんよ、
僕は。冗談じゃない!」

 小倉とA子さんの「週1密会」の写真など、詳しくは6月22日(木)発売の「週刊文春」、および同日朝5時に配信する「週刊文春デジタル」で報じる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170621-00002997-bunshun-ent

続きを見る

1: 2017/06/21(水) 16:07:52.61 _USER9
https://www.j-cast.com/2017/06/21301164.html

婚活のため、テレビでの活動を休業しているお笑いコンビ、アジアンの隅田美保さん(41)が、相方の馬場園梓さん(36)のインスタグラムに登場。久しぶりに見せた姿に「キレイ」「女磨きしてる」と反響が寄せられている。

(略)

イメージチェンジした隅田さんの姿について、馬場園さんのインスタグラムのコメント欄には、

「隅田さん綺麗なお姉さん!!」
「隅ちゃん可愛い~ 髪型もgood!!」
「隅田さん、めちゃ綺麗だ 女磨きしてるんだね」
「隅田さん婚活で女磨いてるやん!キレなってる」
といった声が寄せられた。

隅田さんは、2015年ごろから「婚活」のためテレビの仕事を休業中。17年5月27日には自身のブログで、休業の理由について「あらぬ噂」が立っていることに、

「私は、相変わらず婚活のために、出会いの場に出かけてます! でも、世間の人らは、ずっと私がブスいじりが嫌でテレビを休んでると勘違いしてるみたいですね」
「テレビやネットで、無いことばっか言われて 勝手に可哀想だの、メンタル弱いだの 決めつけてるけど、」
「誰もブスいじりが嫌なんじゃない!ブスいじりが婚活に邪魔なだけ!」
などと綴っていた。


続きを見る

1: 2017/06/21(水) 13:15:43.91
結婚発表の“爆弾娘”NMB須藤凜々花 お相手は元ファン

 6月17日のAKB48選抜総選挙の壇上で、「結婚します」と唐突に発表したNMB48の“爆弾娘”須藤
凜々花(20)。そのお相手と結婚に至った経緯が徐々に明らかになってきた。

「現場スタッフ、メンバーは誰も知らされていなかった。ただ、須藤とホットラインを持つ、一部
の“雲上人”は内容を事前に知っていた。そもそも秋元康先生が首を縦に振らなければサプライズ
発表などできませんから」(メンバーの1人)

 須藤のお相手は20代半ばのA氏。交際は1年以上に及ぶ。出会いのきっかけは飲食店に勤める須藤
の母親だった。

「彼は母親の店の常連客の親友だったんです。その客筋が開いたパーティで、A氏は凜々花に出会
い、猛アタック。今では家族公認の仲です。彼は元々NMBのファンでもあったから、アイドル活動
に理解があり、2人で出歩くことはせず、これまでも彼のアパートで愛を育んできた」(須藤家の
知人)

彼のアパートを出た後、コンビニに立ち寄る須藤。第一報は週刊文春の公式ネット生放送「文春砲
Live」だった c文藝春秋
 A氏は医療関係の仕事に従事。愛媛出身で学生時代は心理学を学ぶ傍らバンド活動をしていた。
須藤のSNSに愛媛県のゆるキャラ「みきゃん」や、マイナーなバンドのTシャツが出てくるのも、A
氏の影響だという。

 詳しくは6月22日(木)発売の「週刊文春」で報じる。
http://bunshun.jp/articles/-/2998

続きを見る

1: 2017/06/21(水) 10:32:39.81
元バスガイド


続きを見る

1: 2017/06/21(水) 11:18:58.95 _USER9
17日に行われた「第9回AKB48選抜総選挙」で結婚を発表したNMB48の須藤凜々花(20)。ネット上では当然のようにファンからの批判が殺到。偏差値67で夢は哲学者と語る才女なら、こうした反響は百も承知だったはずだが、20歳での結婚宣言のウラには「生まれ育った環境も大きいのでは」と語るのは須藤家に近い人物だ。こう続ける。

「父親はひと昔前、ある有名飲食店グループの代表を務めており、一時期は業界の“風雲児”の異名をとっていました。須藤が幼少のころは、両親の稼ぎはかなりのもの。そのため、恵まれた環境で育ちました。しかし、父親の女性問題が原因で今から10年以上前に離婚。須藤は弟とともに母親に引き取られました」

■座右の銘は「人生を危険にさらせ」

 成長した須藤は東京・多摩地区で屈指の進学校に進学。高校在学中に「AKB48グループ ドラフト会議」の候補者オーディションに合格してドラフトにかかりAKB入り。昨年の総選挙のスピーチでは、母親が子宮頚がんを患っていることを告白。「本当は卒業発表しようと思っていた。東京の実家に帰ろうと思っていた」とも明かした。

「両親が早く離婚したので温かい家庭にあこがれているのではないでしょうか。弟の保育園の送り迎えもするなど素顔は優しい子なんです。『文春オンライン』で交際が報じられた相手は都内在住の医療関係に従事する一般男性。結婚して大阪から都内に戻り、母親のそばにいてあげることになるのでは」(同前)

 波乱の総選挙から一夜明けた18日には胸に英語で「こんちくしょう!」という意味を表すスラング「DAMN」と書かれたTシャツを着て空港に登場。近々予定されている会見では厳しい質問が飛び交うことは必至だが、ニーチェの言葉である「人生を危険にさらせ」を座右の銘とし、同名タイトルの著書を出版した“超人アイドル”は何を語るのか。

日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/207785/1

写真


続きを見る

1: 2017/06/20(火) 11:08:04.44 ID:G04TLr2Y0
ほんまかわいそうだと思う
供給過多で声だけじゃ食っていけなくなったってことやん

顔がダメな声優にチャンスが無いこともかわいそうやが声優として生きていきたいのに顔がちょっと可愛いだけでアイドルとしても売り出されるのがかわいそう


続きを見る

1: 2017/06/21(水) 09:16:55.73 _USER9


 女優の波瑠(25)が主演を務めたTBS「あなたのことはそれほど」(火曜後10・00)の最終回(第10話)が20日に15分拡大で放送され、平均視聴率は14・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。自己最高で有終の美を飾った。

 初回=11・1%と2桁発進したものの、第2話=9・0%、第3話=9・5%、第4話=9・9%、第5話=9・8%と1桁台で推移。それでも第6話=11・5%と初回の数字を超えると、第7話=12・4%、第8話=13・5%と右肩上がりで推移し、3週連続で自己最高を更新。第9話はサッカー日本代表のW杯アジア最終予選「日本―イラク」が裏番組にあり、10・1%。

 「潔く柔く」など多くのヒット作を持つ漫画家・いくえみ綾さんの同名コミックが原作。波瑠と東出昌大(29)、仲里依紗(27)と鈴木伸之(24)演じる2組の夫婦をめぐる不倫を軸にしたラブストーリー。波瑠演じるヒロインの“ゲス不倫”ぶりがSNS上で炎上し、反響を呼んだ。妻の嫉妬を疑う夫に扮した東出の猟奇的な演技が「冬彦さんの再来」「まるで21世紀の冬彦さん」と話題を集めたほか、不倫夫を追い詰める仲の演技も注目された。

 最終回は、美都(波瑠)は妊娠していなかったことを涼太(東出)に告げるが、淡白な返事に拍子抜け。有島(鈴木伸之)は、子供と共に実家へ戻った麗華(仲里依紗)を追って電話をかけるが、冷たく突き放される。その中、有島の元に涼太から電話。有島は今までの行いを涼太に謝罪するが、冷静に詰め寄られた揚げ句、逆に麗華との現状を笑われる。一方、涼太は香子(大政絢)に離婚届の証人として署名押印を頼んでいた。ある事に気付いた香子は、初めて涼太の狂気に触れる。そして、離婚届を役所に送るという涼太のメッセージを受け取った美都は「最後に一度だけ」と久々に夫婦で夕食を楽しむ…という展開だった。

2017年6月21日 09:03
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/21/kiji/20170621s
00041000091000c.html

続きを見る

123456789