スポンサードリンク

お知らせ

2chまとめx3
2chMX
情報屋さん
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2017/03/25(土) 13:58:33.17 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
 「色が黒すぎる女子アナ」で有名なフリーアナウンサーの岡副麻希(24)が25日、レギュラー出演していたフジテレビ系「めざましどようび」(土曜前6・00)を卒業した。

 2015年4月から同番組のお天気キャスターを担当。最後の出番となった終盤の天気予報のコーナーでは、原稿を読みながら涙声。最後まで伝えきったが、読み終わると涙を止めることができなかった。

 番組最後には「私はよくバカと言われることが多くて、こんな人を朝から見たくないって人も多かったと思いますけれど…」といつもの天然キャラ全開であいさつ。

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/25/kiji/20170325s00041000193000c.html






続きを見る

1: 2017/03/25(土) 10:49:58.92 ID:i46vHuxD0
順位] [販売数] [映画作品タイトル名]
 *1 *12132 仮面ライダー×スーパー戦隊 …
 *2 *11189 ドラえもん 2017 のび太…
 *3 **9376 キングコング 髑髏島の巨神

3週目のドラえもんに敗北
キングコングンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwww


続きを見る

2017年03月25日 19:12:00 音楽 中島美嘉

0 コメント

【悲報】中島美嘉さん・・・

1: 2017/03/25(土) 01:31:20.46
テロより


続きを見る

1: 2017/03/25(土) 15:17:08.40 _USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/12845792/
2017年3月25日 14時0分 トピックニュース

24日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、島田紳助さんが東京03を恫喝した真相を、島田洋七が語った。

番組では「ジュニア 鈴木奈々のノックが恐怖」と題し、Webサイトテレビジョンの記事を紹介した。
千原ジュニアは楽屋をノックされる音で毎回驚くそうで、特に鈴木のノック音が大きいというのだ。
スタジオではこの話題から、芸能界における楽屋挨拶について出演者が議論していった。

すると洋七が、2009年の「オールスター感謝祭」(TBS系)で、東京03が本番途中に、紳助さんから恫喝などを受けた件について言及したのだ。
その発端は、東京03が本番前に紳助さんのもとへ挨拶に行かなかったことが原因と言われている。

だが洋七は、「何回も会って(態度が)アレだったから言ったらしい」と明かす。
紳助さんと東京03は、本番前に楽屋の前やトイレなどで何度も会っていたのにも関わらず、挨拶がなかったとか。その結果、本番中に怒ってしまったそうだ。

続けて「何かないとさ。いきなり1回でワァーって言わへんわ!」と紳助さんの心情を推測するも、最後に洋七は「紳助はノイローゼやけどな」と発言し、共演者の笑いを誘っていた。
noomi_rapace.jpg

続きを見る

1: 2017/03/23(木) 13:28:35.75 0
727 山師さん@トレード中 sage 2017/03/23(木) 13:10:42.95 ID:dqy7BCVOd
最近JKとかがよく使う写真がプリクラみたいに肌が綺麗だから、大根で実験してみた。




続きを見る

1: 2017/03/23(木) 15:45:23.61
蘭→空手オリンピックがあったら金メダル取れる腕前
世良→蘭と互角レベルの截拳道の使い手、推理も出来る
赤井→推理力はコナン並で遠距離狙撃は世界一の腕前、ついでに近距離戦闘も世良の3倍強い
優作→コナン以上の推理力で電話で事件の概要聞いただけで解ける
平蔵→優作と同程度の推理力の持ち主
キッド→超変装技術とマジックで大抵の不可能を可能に
京極→世界最強の人間

続きを見る

1: 2017/03/24(金) 20:19:38.353





続きを見る

1: 2017/03/24(金) 20:20:44.01 _USER9
“史上最低視聴率の月9”として話題を呼んだ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)が、3月20日に最終回を迎えた。そして、粘り強く最後まで観た視聴者からでさえ「やっぱりスッカスカなドラマだった」と酷評されている。

「最終回も今までの回同様、ツッコミどころが多く、ご都合主義が目に付きました。例えば主人公あすか(西内まりや)に思いを寄せていた神谷(山崎育三郎)が、ライバルであるはずの名波(flumpool山村)の背中を押したり、その神谷の3年後の姿を見ると、あすかの後輩である桃子(岸井ゆきの)と結婚して子どもまでできていて、しかも皆のたまり場だったあすかの先輩の家に住んでいたり、さらにはあすかが名波からプロポーズされた後に登場人物総出の結婚パーティが突然催されたり‥‥。展開や設定が最後まで陳腐だったとしかいいようがありませんでした」(テレビ誌ライター)


以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://asajo.jp/26180

続きを見る

345678910111213