スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

フジ「めちゃイケ」打ち切りにして新番組始めた結果wwwwwwwwwwwwww 【悲報】本田翼(17)の卒アル、ガチでゲーム好きっぽいwwwww 【衝撃】内村光良の共演NGってこいつだったのかよwwwwwwwwwwwww
1: 2019/02/08(金) 08:56:14.03 ID:KdZQG2qg0
なんでや...

続きを見る

1: 2019/02/07(木) 12:29:19.55

続きを見る

1: 2019/02/08(金) 10:06:15.82 0
左な

続きを見る

1: 2019/02/07(木) 14:09:54.41
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/07/kiji/20190207s00041000146000c.html
2019年2月7日 13:13

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(48)が5日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~金曜後10・00)に出演。大阪の劇場で東京のお笑いコンビがネタを披露した際、下を向いて見ようとしない現地の観客にブチ切れた過去を明かした。

 「今でこそみんなウェルカムに笑ってくれるけど、それこそ昔って、大阪に東京の芸人さん来たら、大阪の劇場の若い子らは“誰が笑ってやるか”って」。宮迫によると、かつて大阪の観客は、東京の芸を認めない風潮があったという。

 以前、「バカルディ」時代の「さまぁ~ず」が心斎橋2丁目劇場でネタを披露し、宮迫が舞台の袖から2人を見ていた時のこととして「前列から何列目かの客がうつむいて、見ようともせえへん。“誰が見てやるか”って」。

 腹が立った宮迫は「さまぁ~ずさん終わった後、舞台で『お前らそれはお笑い好きな人間がやったら一番アカンことやぞ』って。『あんな面白いネタを。そんなんやったら、今すぐ出ていけ!』って、めっちゃキレて…」と、観客を叱ったのだという。

 終演後は、一緒に飲みに行き「すみませんでした、大阪の客が」と謝ったとも。その際、2人からは「でも逆に、東京に大阪の人が来たらこうなっちゃうからね」と気を使ってもらったことを明かしつつ、「だから俺たちで、頑張って売れて変えようよ」と熱い会話が交わしたことも披露した。

続きを見る

1: 2019/02/07(木) 16:23:53.81 ID:Edr2pir1M
って何?

続きを見る

1: 2019/02/07(木) 14:24:11.50



続きを見る

1: 2019/02/08(金) 07:19:05.80
2019年2月8日 7時02分
今夜の金ロー『ラ・ラ・ランド』をもっと楽しむ!トリビアまとめ

 映画『ラ・ラ・ランド』が8日、日本テレビ系「金曜ロードShow!」で地上波初放送される。
今夜の放送を前に、初めて観る人もすでに観たことがある人も、知っていれば本作がもっと楽しくなるトリビアを紹介したい。(編集部・中山雄一朗)

◆オープニングシーンはワンカット!?

 『ラ・ラ・ランド』といえば、ロサンゼルスの渋滞真っただ中の高速道路で、車に乗っていた人たちが突然、歌って踊り始めるオープニングナンバー「Another Day Of Sun」が大きな見どころの一つ。公開当時、あのシーンはワンカットの長回しだ! と話題になったが、実際は「3ショットを一つの長回しみたいにつなぎ合わせているんだ」と主演のライアン・ゴズリングが明かしていた。

◆ライアン本人がピアノ演奏している

<全文はソースで>
地上波初! - (C) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
https://www.cinematoday.jp/news/N0106698

続きを見る

1: 2019/02/07(木) 12:31:45.13
ケイコは元気な模様

2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。その元気な姿をキャッチした──。
小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。
しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、
彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。
さらにKEIKOは、すでに日常生活を自由に送れるほど回復していたと報じた。
不倫騒動からちょうど1年。騒動の中でも沈黙を貫いてきたKEIKOが、ツイッターを再開した意味とは何なのか。彼女が療養する大分県で話を聞いた。
「実家でお母さんと一緒に暮らしていますが、本当に元気。だいぶ前から完全復活していますよ。
小室さんは“音楽に関心がなくなった”なんて言っていましたけど、そんなこと全然ありません。
よくカラオケにも行ってるみたい。毎日のように自転車であちこち出かけて、ひとりでスーパーに買い物だって行きます。
“どうも、小学4年生のKEIKOです”って冗談を言うくらい明るくて元気。最近はジムでダンスを踊っています。
この地元には彼女の応援団がいっぱいいます。“復帰が楽しみだね”なんてみんなで話しています」(近隣住民)

https://www.news-postseven.com/archives/20190206_865615.html?PAGE=1

続きを見る

345678910111213