スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2017/12/10(日) 10:41:19.42 _USER9
女優の前田敦子(26)は仕事を選ばない。所属事務所に薦められたものは全て引き受ける。
公開中の映画「探偵はBARにいる3」では「共感できるところがない」という女子大生役に挑んで巧みに演じ切った。
実生活は「不器用」を自認するが演技は器用。芸能歴12年にしてまだ20代半ば。
「面白い役を今だからこそやりたい」と笑った。

◆AKB卒業から5年
AKB48時代は「絶対的エース」。
5年前に女優の道を歩み始めてからも着実にキャリアを重ねてきた。
普通は自分が演じる役にこだわるところだが、前田敦子は違う。
「私は自分で判断しないですね」
所属事務所のマネジャーに「こういう役があるけれど、やってみる?」と尋ねられる。
それが映画「探偵はBARにいる3」で演じた“癖のある女子大生”のように「共感できるところがない」役だとしても断らない。

「やりたくない、ということはないです。マネジャーさんたちいろんな仕事の中から、私がやった方がいいと思うものを選んで薦めてくれる。だから、マネジャーさんたちに感謝してます」
優等生的な発言にも聞こえるが、前田は元々誰かにお世辞を言うタイプの人間ではない。
その言葉の底には、これまで所属事務所に薦められた仕事が結果的に女優としての成長につながっているという充足感がある。

◆演技は「器用」に
「自由で、幅が広がったなと思います。作品を変に選ばず、自分の立ち位置にこだわらないでいられるのは幸せです。王道で行かなければいけないとなると、苦しいと思うんですよ。楽しいものに乗っからせてもらっている感じです」
どんな役でも引き受けられるのは、自身の演技力への確信もあるだろう。
私生活では「不器用」を自認するが、撮影現場では適応力の高さを見せている。
「今年は一つの作品の撮影中に別の作品に出演させてもらう機会が多かったんです。3、4日で撮影が終わってしまう作品もあって、ちょっと前なら“3、4日で何ができる?”と思うようなところを、今はワーッと撮影を楽しんで、ワーッと帰って来られる。本当に経験というのは大事だと思います。今は、苦しいと思うことがありません」

この5年で確実に女優としてスキルアップした。
最近はフジテレビのドラマ「民衆の敵」に出演し、そのスピンオフドラマ「片想いの敵」に主演。
市議会議員の役だが、スピンオフでは毎回最後にキャンディーズ「年下の男の子」や松田聖子「赤いスイートピー」など昭和のヒット曲を歌った。

「あれは酔っぱらっている設定なので、カラオケの感じで歌いました。元々カラオケが大好きなんです。昔の曲も歌えるので、私はどの世代の人ともカラオケに行けると思いますよ」

元国民的アイドルではあるが、あの歌唱シーンは「アイドルに戻る」のではなく「女優がアイドルを演じる」という印象だった。
女優として、アイドルの世界からずいぶん遠い場所まで歩んできたことを感じさせた。
「もうアイドルに戻ることは絶対にないです。自分の経験年齢的に、きついなと思います。この世界に12年間いて、いまだにアイドルというわけにはいきません。でも、欅坂46には入りたい!欅の歌が大好きなんですよ」

◆欅坂入りたい!
そんな発言をすると、どこかで前田と欅坂のコラボ企画が浮上しそうだが…。
「絶対に出ないから大丈夫です。欅の邪魔はしないです」
普段、仕事は選ばないものの、その依頼だけは断るようだ。

これから女優としてどんな方向に進んでいくのだろうか。
「無理したくないです。私は良くも悪くも童顔で、スッピンだと小学生みたいで自分でもびっくりするんですよ。だから、背伸びはしたくない。変に大人っぽい役をやるのではなく、このくらいの年齢だからこそできる役をやっていきたい」

芸能歴12年だが、女優としてはまだ若い26歳。その可能性は無限に広がっている。
「面白い役を今だからこそやりたい。一番いろんなことができる年齢なんじゃないかと思いますね。仕事のことを考えるとワクワクしちゃいます」
今、誰よりも女優業を楽しんでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000087-spnannex-ent

元AKB48 前田敦子






続きを見る

1: 2017/12/10(日) 01:34:27.08 ID:876wikem0
【急募】視聴率を取る方法

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 14:43:14.93
これにはワイも納得

3: 2017/12/09(土) 14:43:47.61
ホンマかいな

続きを見る

1: 2017/12/10(日) 07:59:40.62 _USER9
人気漫画『るろうに剣心』(集英社)の作者・和月伸宏が11月21日、児童買春・児童ポ*ノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検され、ファンに衝撃を与えた。関係者の間でも今後の“処分”に注目が集まっているが、「集英社はそこまで厳しい対応をしない」(出版関係者)とみられている。

(略)

 さらに、漫画家だけがこうした甘い対応を受けているわけではないらしい。14年に乃木坂46・松村沙友理との“路上キス写真”を撮られた、元「ヤングジャンプ」編集者の今について、雑誌編集者は語る。

「この編集者は妻子ある身で、世間では“不倫スキャンダル”として騒がれましたが、会社からのお咎めはほとんどなかった。現在も編集者として活躍していて、担当しているウェブコンテンツはかなりの収益をあげているようです」

 そんな状況なので、本人も特に反省している様子はなく、松村との件に関しても「普通にナンパして成功しただけ」などと周囲に話しているという。

「彼のように、集英社のような一流企業なら厳しい処分になるはずの社員にすら、集英社は激甘。それに、和月といえば現在の集英社を支える『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎の師匠筋として知られている。

尾田が処分に口を出してきたら、誰も言い返せないでしょう。和月の容疑は本来、少年漫画から永久追放されるレベルの不祥事なだけに、それでも復帰が目に見えているという点で、同業者から『集英社は羨ましい』といった皮肉も聞かれます」(同)

 他社からも羨望される“聖域”に守られる和月だけに、『るろ剣』の復活はそう遠くない将来の話なのかもしれない。
(文=編集部)

http://biz-journal.jp/i/2017/12/post_21655_entry.html

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 15:40:49.11
番組では、「初公開!若槻千夏 あえて今密着したらスゴかった!」と題し、若槻の私生活に48時間密着する模様を放送した。中盤、若槻がスタジオでボイストレーニングに励む姿があった。

ボイトレの理由について若槻は「私、声優になりたいんです」と告白。「(芸能活動を)復帰して今後のプランをみたときに、
今から基礎作りして歌える声優になれたら(仕事の)幅が広がるんじゃないかなって」というのだ。若槻は11月から隔週でトレーニングをしているのだそう。

VTR後、スタジオの若槻は「本当にガチ」「声優さんって極めれば息が長いじゃないですか?。難しいけど(自分の)声に特徴があるかなって気になっていた」と、声優志望の情熱を語る。一方で「歌のレッスンもちゃんとして、
安定したところでみんなに披露したかった」と、密着取材で明かしてしまったことを後悔する様子を見せていた。

なお、SNS上では、若槻の志望動機に賛否両論の意見が散見しており、「(若槻は)声大きいから声優向いてる」「頑張れ!」といった応援が見受けられる一方で、
「声優甘くみられてる?」「簡単になれるもんじゃない」と厳しいコメントも寄せられていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/14004882/

続きを見る

1: 2017/12/09(土) 20:22:31.15 _USER9
https://www.cinematoday.jp/news/N0096810
2017年12月9日 19時13分

お笑いコンビ・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が、8日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)にゲスト出演し、先日行われた「M-1グランプリ2017」後のネット配信番組で福徳が号泣してしまった件の裏側を明かした。

「M-1グランプリ」で、ファイナルまで進んだものの、残念ながら敗退してしまった2人。
後藤は「抜け殻状態です。終わったあとのネット配信番組では、ファイナリストが何で負けたか敗因を語り合うみたいな……。なかなか酷でしたよ」と笑いを誘うと、話題はそのネット番組で福徳が号泣し始めたことに。

 福徳は「初めて泣きました。ずっと我慢してたんですよ」と切り出すと、「(自分たちの)点数出た時に、“泣きそう”と思ったんですよ。悔しさとかじゃなくて、めっちゃ悲しかったんです。まさに誰もが笑うネタだと思っていたんですよ」とネットでも話題になった涙のワケを語った。

 ただ、審査員の1人だった松本人志(ダウンタウン)から高い評価を得たことは大きいようで、後藤は「だいぶ救われましたよ」と感謝を表し、2人は次回に向け、「ネタを作るのに1年じゃ足りないんですよね。多分、来年がラストイヤーなんですよ。もちろん出ますよ!」と意気込みを見せた。(山田貴子)

続きを見る

1: 2017/12/08(金) 13:44:27.40 _USER9
 人気女優・有村架純のインスタグラムの書き込みが削除されてしまっていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同誌によると、削除されたのは10月23日の書き込み。「何年か分の心が、動いた気がして。久しぶりなもんだから消火できず、色んなものを眺めるだけで精一杯。
なんかわからないけど、涙がね、止まらなかったのです」と実に意味深な文面だった。

 その結果、ファンからは「精神的に参っているのかも」、「お疲れなんでしょうね……」など、心配するコメントが寄せられたというが、この書き込みは後日、削除されてしまったという。

 書き込みにつながった原因だが、ヒロインをつとめていたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の撮影がかなりハードで疲労困憊。

 さらに、その時期は今年の「NHK紅白歌合戦」の紅組の司会に内定。今年の紅白には、かつて“キス写真”が報じられた岡本圭人がメンバーであるHey! Say! JUMPの
初出場が内定したこともあり、岡本との共演が決まり、心身のバランスを崩し、インスタへの書き込みにつながったと思われるというのだ。

「所属事務所の先輩は、男性スキャンダルを連発する広末涼子、戸田恵梨香。そのため、事務所社長は有村の“スキャンダル対策”として、とにかく仕事を入れまくっている。
その流れで紅白の司会にオファーも受けたようだが、まさか、岡本と共演することまでは計算していなかったのでは。岡本との“キス写真”流出は、ブレーク前だったので別れさせたが、
有村の中ではその時のことが“トラウマ”になっているようだ」(テレビ局関係者)

http://npn.co.jp/article/detail/77988130/

続きを見る

2017年12月09日 20:12:00 芸能 佐々木希

9 コメント

【悲報】佐々木希、超絶劣化

1: 2017/12/09(土) 17:22:22.89


続きを見る

4567891011121314