スポンサードリンク

お知らせ

オワタあんてな ニュー速
紹介ありがとうございます。

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ

おすすめ記事

歌い手と絵師のカップル画像クソワロタwwwwwwwwwww 【閲覧注意】この動画怖すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwww のび太が100点とったテストの問題wwwww
1: 2018/06/11(月) 09:03:30.06 _USER9
長友佑都はスイス戦の試合を映像で見返したという。

写真



「クオリティの部分はもちろんだけど、(それ以前に)走れていない。戦える身体があって、走れる足があって、そこにプラスアルファで経験があってやっとチームに貢献できる。経験だけでは勝てない。僕自身を見ても、もっと攻守にやれることはいっぱいある」

 溢れ出てくるのは不甲斐ない自分への反省の言葉である。

「この前の試合(スイス戦で)で自分が何をやれたかといえば、得点にも絡めなかった。クロス、ラストパスの精度を上げられたかと言えばそうじゃないのでね」

「僕自身は相当危機感を持っているし、このままだとワールドカップで3戦全敗もあり得る。だからこそ大きな危機感を持っている。練習でも引き締めるところはもっと引き締めないといけない。やらなきゃいけないことはたくさんある」

「経験だけではチームなんかできないし、単純に戦えない。僕らベテランの選手たちもどれだけ戦えたのか、どれだけ走れたのか」

 エースとして期待しているからだろう。長友は本田圭佑にも苦言を呈した。

「圭佑なんかもまだまだ走んなきゃいけない。もっとミスを減らしてくれないと、チームは勝てない。そういうことはもちろん圭佑とも話しましたけど、もっと僕たちが若い選手よりも戦えないと、走れないと。経験だけでは勝負できないですよね。そんな甘い世界ではないと思いますよ、サッカーは」

 確かにスイス戦の本田はトップ下で特別な仕事をしたかと言えばしていない。むしろミスが目立ち、攻撃の起点になれなかった印象のほうが強い。だから、長友もそれではダメだと本田にハイパフォーマンスを求める。

「結局、彼にパフォーマンスをあげてもらわないと、このチームは勝てない。走って、もっとミスを減らして、そして得点に絡んでもらわないと。僕らが出ている意味もなくなる。経験を持った選手たちがもっと戦って、走らないと、それができないなら、『若い選手でいいでしょ』という話になる。だから、もっとやらないといけない。そんなワールドカップは甘くないです」

 ベテラン重視とか、「年功序列ジャパン」とか、そういう批判があるこその警告なのかもしれない。長友の叫びは本田の心に届いているだろうか。

2018年6月11日 5時32分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14844882/

続きを見る

1: 2018/06/08(金) 23:44:15.355
NEWS

森内→女性問題&飲酒&喫煙で脱退
内 →飲酒で脱退
草野→飲酒で脱退
山下→脱退後、飲酒で書類送検
錦戸→脱退後、飲酒で瑛太にボコられる
小山→未成年に飲酒強要で活動自粛
加藤→小山の上記現場に同席

手越→チャラい
増田→歌はうまい

続きを見る

1: 2018/06/10(日) 22:23:59.05 _USER9
6/10(日) 22:18配信

 元サッカー女子日本代表の澤穂希さん(39)が9日、テレビ東京のサッカー番組「FOOT×BRAIN(土曜深夜0・20)に出演。2017年1月に出産した第1子女児の驚異的な身体能力を明かした。

 MCの勝村政信(54)が「ここ2年で人生が大きく変わりましたね」と尋ねると澤さんは「現役を引退して子供を出産して。本当に生活がガラリと変わりました」と反応。子育てについて「サッカーとは違いますが、毎日が楽しい。朝起きるのが楽しみです。育児が合っているのかもしれません。娘は昨日できなかったことが今日できる。成長を間近に見られて充実しています」と話した。

 勝村が「娘さんは将来のなでしこジャパンの最有力候補では」と聞くと「普通1歳3カ月の子供ってボールを手で扱うのですが、足で扱うんです。私は何も教えてないのに」と告白。「動画を皆さんにお見せしたいぐらいなのですが、(撮影してたら)45秒くらいずっとドリブルしてました」と明かすと、都並敏史氏(56)ら共演者はビックリ。

 続けて「ドリブルの間にキックフェイントっぽいのをしていたり。私も見ていておもしろすぎちゃって。教えてないのに…。(人間の)DNA、遺伝子というものは本当に凄いんだなと思いました」と愛娘の身体能力に澤さん自身も驚いている様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000164-spnannex-ent

続きを見る

1: 2018/06/10(日) 18:09:35.55


続きを見る

1: 2018/06/10(日) 12:08:46.73 BE:228348493-PLT(16000)
テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」が現実味を帯びてきた。
ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設も視野にNHKが平成31年度の実施を目指す中、
政府の規制改革推進会議がまとめた答申が、「NHKの同時配信の是非について早期に結論を得る」と容認姿勢をにじませたためだ。
実施に向けた布石が次々と打たれるが、肥大化による民業圧迫も懸念される。

 「今、受信契約を結んでいる方を対象に同時配信をスタートさせたい」。
NHKの上田良一会長が7日の会見でそう述べたように、同時配信は開始時、受信契約締結世帯向けの付加サービスとして行う方針だ。
契約が確認できないネットのみの視聴世帯には画面にメッセージを表示して制限する。
しかし、将来的にはテレビを持たないネットのみの視聴世帯にも負担を求める可能性は極めて濃厚だ。

 こうした動きに対し、NHKの肥大化を懸念する民放側は猛反発。
その後、NHK幹部が「放送の補完」と火消しに走り、サービス開始時にはネットのみの視聴世帯に対する受信料を徴収しない考えも表明した。
民放と視聴者に配慮した格好だが、NHK幹部の“本来業務発言”には受信料新設のもくろみが透けて見える。

NHKは受信料制度について、29年12月の最高裁判決で「合憲」のお墨付きを得ており、29年度末には受信料の支払い率も目標の80%を達成。
32年度には受信料収入が7108億円に達し、過去最高を更新し続ける見込みだが、将来的には人口減に伴う受信料減は必至で、ネットのみの受信料新設は悲願といえる。

 受信料で運営されているNHKが事業を次々と拡大して肥大化すれば、民業圧迫は避けられない。
NHK検討委の答申によると、ネットのみの視聴世帯に対する新たな受信料は、スマートフォンやパソコンを持っているだけでは請求されず、
受信アプリをインストールした段階などでの課金を想定している。
しかし、テレビと同様に、その後はスマホなどを持っているだけで請求される可能性もあり、警戒が必要だ。

http://www.sankei.com/entertainments/news/180609/ent1806090013-n1.html


続きを見る

1: 2018/06/08(金) 23:40:32.83 _USER9
 元「ほっしゃん。」こと、お笑い芸人の星田英利が、6月から吉本の俳優部に移籍したと発表した。今後は、芸人としての活動を継続しながら、俳優業にも比重を置いていくという。

 星田は99年まで、宮川大輔と結成した「チュパチャップス」として活動。解散後はピン芸人として活動し、05年に「R-1ぐらんぷり」で優勝。12年にはNHKの朝ドラ「カーネーション」に俳優として出演し注目を集めた。

 そんな彼は変わり者として知られており、数々の異様な言動が、元相方・宮川によって暴露されている。

 コンビ時代、2人が星田の家でネタ合わせをしていた時のこと。一区切りついたため、星田は風呂に入り、宮川はタバコを吸いながらテレビを見ていたという。すると、風呂から上がって早々、星田は「おまえぇぇぇ! オラァァァ!!」と突然、宮川に殴りかかってきたそうだ。これに宮川は「なんやねん!?」と反撃しながら尋ねると、相手は「おまえの吸うてるタバコ、おじいちゃんのラス1じゃ!」と激怒。なんと宮川が口にしたタバコは、星田の祖父が亡くなった際、病室にあった最後の1本だったそうだ。しかし、あまりに普通に置いてあったことで、吸ってしまった宮川は「知るかーー!」と言い返し、喧嘩になったとのこと。

 星田の自宅といえば、過去、宮川があるロケで訪れた際、室内から亀のミイラや、4年放置したおでんが出てきたり、腐った卵には「上、下、下…」と、ファミコンの必殺技が書かれているなど、異様な部屋の状況が明かされ話題に。それほど無造作に物が置かれていれば、宮川が遺品であるタバコを吸ってしまったのも無理はないかもしれない。

 またその後、2人が再び、殴り合いの喧嘩をする事件が起こる。

 ある日、テレビ番組のロケが予定されていたそうだが、星田は集合時間から2時間も遅れて現場にやってきたという。だが、彼は一切謝罪をせず、鞄を机に叩きつけながら「で、どうするの!?」と高圧的な態度をとった。これに宮川は「で、どうするのやあらへんがな、ほっしゃん。やっぱ先、謝らな」と、優しく話しかけたとのこと。しかし、星田は、宮川の言葉に耳を傾けず、「で、どうすんの?」という言葉を連呼し続けた。さすがの宮川も頭に血が上り「表、出ろ!」と言うと、星田は「なんやオラァァァァーー!! アァァァァァァアア!!」と、突然の絶叫。

 急に大声で叫び出したため、宮川は急いで外の方に連れて行き、「ほっしゃん、どうした? どうした? おかしいよ」と宥めようとした瞬間、またしても、星田は「ウワァァァァァ!」と声を荒げ、顔面にパンチをしてきたという。それから宮川は2発ほど殴られるのを我慢したとのことだが、その後は殴り合いに発展。結局、アナウンサーに止められるまで、喧嘩は続いたようだ。

 近年は、ツイッター上での一般人とのバトルが注目を浴びる星田。今後、ドラマや映画の現場で、揉めるような事態に発展しなければいいのだが。

リアルライブ 2018年06月08日 23時20分
https://npn.co.jp/sp/article/detail/24773899/

写真

続きを見る

1: 2018/06/09(土) 15:15:32.10 _USER9
歌手の鈴木亜美が9日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」に出演し、2016年に結婚した7歳年下の夫とのなれそめを「ナンパです」と明かした。

 15年の年末に友達と2人で旅行したシンガポールで、声を掛けてきたのが現在の夫だという。「日本人ですか?と話しかけられた。私が1人でバーに並んでいたら向こうも並んできて。カッコ良かった」とデレデレ。

 MCの今田耕司が「すぐ部屋へ行った?」などとからかうと、鈴木は笑ってごまかした。鈴木の宿泊先は、豪華ホテル「マリーナベイ・サンズ」だったそうで、出会いはその最上階にある有名なインフィニティープール(壁がなく、水面の向こうに景色が見渡せるプール)のバーだった。

 MCの月亭八光は「あのプールは宿泊者しか入れないです。相手もそのホテルや。お互い同じホテルで部屋飲みや!このスケベ!」と興奮。鈴木が「旅行中、5日間くらいずっと一緒にいた」と話すほど意気投合した2人。帰国前に告白され、交際に発展し、7カ月で結婚したという。

 今田は「ダンナ、気をつけや。全ての運をそこで使ってるからな!旅行先で鈴木亜美と出会って、うまいこといって、結婚できたやろ。全部、運を使ってる!」と、ねたみながら毒づいていた。

6/9(土) 15:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000064-dal-ent

写真


続きを見る

1: 2018/06/07(木) 08:44:20.68 BE:837857943-PLT(16930)
6月3日放送のアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、あるキャラの秘密(?)が明らかに。今週もネット上で大反響が起こっていたので、
ネット民の声と共に内容を紹介していこう。
(略)
居間で家族そろって団らんしている時に、お父さんのひろしから「まる子、チャンネルナイターにかえろ」と日記とは別の行動を命令される。
まる子は「ダメダメ。今日はテレビでお笑い見て家族でいっぱい笑いましたって書いちゃったんだ」と拒否するが、
ひろしは「俺はビール飲んでナイター見るのが楽しみなんだ」と怒ってしまった。

書いてしまった日記の通りにしたいまる子は「悪いねえ。あたしも都合があってさ」と、どうしてもテレビのチャンネルを譲らない。
するとひろしは、「うるせえうるせえ! 1日働いて帰ってきた者のささやかな楽しみを奪われてたまるか!」とチャンネルを無理矢理変えてしまう。

ひろしの“1日働いて帰ってきた”発言にネットは「え、ひろしって働いていたのか」「お前、ニートじゃなかったんだな」「【悲報】ひろし、働いていた」
「ええええええ、ひろしが働いているなんて嘘だ~」「ひろしは俺らとは違ったようだ」と騒然。ひろしが働いていたことに驚く声が上がっている。

ひろしは、原作者・さくらももこの実父がモデル。さくらももこの実家は八百屋だったが、原作・アニメ共にひろしが八百屋で働いている描写はなく、
作品を見ているだけだと、ひろしは自由気ままに生きている親父、という印象を受ける。

ニート・無職とも描写されていなかったが、仕事をしている描写も特にないため、これまでにもネット民からニート扱いされていたひろし。
この回でようやく汚名返上できたようだ(?)。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00010000-otapolz-ent


続きを見る

4567891011121314